スポンサーリンク

ダイアリー・オブ・ザ・デッド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ダイアリー・オブ・ザ・デッド
この記事は約7分で読めます。

2007年公開のアメリカ合衆国の映画。ゾンビ映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督による作品。主観映像によるフェイクドキュメンタリータッチの作品となっている。ハンディ・カメラに映し出される極限の世界。
目前に迫りくる恐怖を“体感”せよ。

ダイアリー・オブ・ザ・デッド 映画批評・備忘録


ダイアリー・オブ・ザ・デッド(原題:Diary of the Dead)

脚本:25点
演技・演出:11点
撮影・美術:13点
編集:6点
音響・音楽:6点
合計61点

期待値が高かったので、今一つの出来栄えにちょっとがっかりしてしまったのが正直な感想です。
前作の『ランド・オブ・ザ・デッド』がエンタメ性に優れていたので、その路線かと思っていたらPOVに行ってしまったんだなと・・・

ランド・オブ・ザ・デッド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2005年公開のアメリカ・カナダ・フランス合作映画。ジョン・レイグザモ、サイモン・ベイカー、デニス・ホッパーなどの豪華キャスト。『ゾンビ』などのヒット作で世界中にファンを持つロメロが、約20年ぶりにメガホンを取ったゾンビ映画である。残虐性の裏にあるテーマは、過去の作品でロメロが提唱してきた「世界事情(戦争・紛争など)の他方向からのアプローチ」であり、一握りの強者が多数の弱者を力で押さえ込もうとする覇権主義の姿を色濃く取り入れている。作中では明らかにされていないが、時系列上ではゾンビ発生から3年後であり、ピッツバーグで復活した共和党が作った都市が舞台である。 ランド・オブ・ザ・デッド 映画...

同時代性の中のゾンビを表現しているのですが、緊張感が今一つ無いし、登場人物の個性も微妙でした。ただゾンビのキャラクターは冴えてるというか、特殊メイクは良くできていました。

amazonプライム・ビデオ

ダイアリー・オブ・ザ・デッド あらすじ(ネタバレ)

ニュースクルーからのフィルム映像には、ある移民の男性が妻と息子を殺して自殺するという話が映し出されています。息子と妻はゾンビになり、数人の医療関係者と警察官を殺害したが、1人の衛生兵と1人の記者が噛まれたまま殺されてしまう。ナレーターのデブラは、カメラマンが撮影した映像のほとんどは放送されなかったと説明しています。

若者のグループ映画学の学生ピッツバーグ大学は、彼らが明らかに大量暴動や大量殺人のニュースを聞いたとき、彼らの教員の顧問、アンドリュー・マクスウェルと一緒にホラー映画を作る森の中にあります。生徒のうちの 2 人、リドリーとフランシーヌはグループを去ることを決め、プロジェクト ディレクターのジェイソンはガールフレンドのデブラ (ナレーター) を訪ねます。彼女が家族と連絡を取ることができないとき、彼らはペンシルベニア州スクラントンにあるデブラの実家に向かいます。途中、メアリーは生き返ったペンシルベニア州兵にoperかれたそして3体のゾンビ。グループは停止し、メアリーは自殺を試みます。彼女の友人たちは彼女を病院に連れて行き、そこで死んだ者がゾンビになっているのを見つけ、その後、デブラの両親のもとを旅しながら生き残るために戦います。

メアリーはゾンビになり、マクスウェルに殺される。その後、ゴルドはゾンビに噛まれ、すぐに死にます。彼のガールフレンドのトレイシーは、すぐに彼を撃たないように他の人に懇願しますが、後で自分自身を撃つことを余儀なくされます。すぐに彼らは車の燃料ラインが壊れて立ち往生します。トレイシーがサミュエルという耳の聞こえない アーミッシュの男性の助けを借りて車を修理している間、彼らはゾンビに襲われます。逃げる前に、サミュエルは噛まれ、自分と彼の襲撃者を鎌で殺します。

町を通り過ぎると、彼らは国家警備隊のメンバーであるリーダーである生存者の武装グループに止められます。そこでデブラは弟からメッセージを受け取り、最初の襲撃時には両親と一緒にウェストバージニア州でキャンプをしていて、今は家に帰る途中だと告げる. 生徒たちはデブラの家に向かいます。

彼らの唯一の信頼できる情報源は、ブロガーの支援を受けているインターネットです。彼らがデブラの家に到着すると、彼女の生き返った母親と兄が彼女の父親を食べているのを見つけました。彼らは家から逃げ出し、別の国家警備隊員に止められ、彼らは彼らを強奪し、武器と 2 つのカメラだけを残しました。彼らはリドリーの邸宅に到着し、リドリーは両親、スタッフ、フランシーヌが殺され、彼らを埋め戻したと説明する. リドリーはデブラとトニーに、両親、スタッフ、フランシーヌの遺体を家族のプールに投げ入れて「埋めた」ことを示します。

その後、リドリーはデブラとトニーを見捨て、彼自身がゾンビに噛まれたことが明らかになり、彼の奇妙な行動を説明する. リドリーはすぐに死亡し、ゾンビとして戻ってきてエリオットを殺し、トレーシーとジェイソンを攻撃します。ジェイソンは、トレーシーが土壇場で逃げるのに十分な時間、リドリーの注意をそらすことができます。ジェイソンを助けようとカメラを離れなかったことに腹を立てたトレイシーは、グループの RV にグループを残します。残りの生存者は家の中の密閉されたシェルターに隠れますが、ジェイソンは例外で、ジェイソンは撮影を続けるためにグループを離れ、その後リドリーに襲われて感染しました。マクスウェルはリドリーをアンティークの剣で殺し、デブラはジェイソンを安楽死させる。その後、多数のゾンビが邸宅を攻撃し始め、生存者は邸宅のパニック ルームに避難することを余儀なくされます。

デブラはジェイソンの狩猟隊の録画を見て、命を落として生き返らせた人々を射殺対象として取り、人類を救う価値があるかどうか疑問に思う。

ダイアリー・オブ・ザ・デッド スタッフ

監督:ジョージ・A・ロメロ
脚本:ジョージ・A・ロメロ
製作:ピーター・グルンウォルド,アート・スピゲル,サム・イングルバート,アラ・カッツ
製作総指揮:ダン・ファイアマン,ジョン・ハリソン,スティーヴ・バーネット
音楽:ノーマン・オレンスタイン
撮影:アダム・スウィカ
編集:マイケル・ドハティ
配給:サード・レイル・リリーシング,プレシディオ

ダイアリー・オブ・ザ・デッド キャスト

デブラ・モイナハン
演 – ミシェル・モーガン
ピッツバーグ大学の学生でジェイソンの恋人。ジェイソンの遺作となった映画を完成させ、インターネット上で公開する。
ジェイソン・クリード
演 – ジョシュ・クローズ
ピッツバーグ大学映画学科の学生で、卒業制作映画の監督。本作は、ジェイソンが撮影していたドキュメンタリー映画『死の終焉』を編集した映像という設定になっている。
トニー・ラヴェロ
演 – ショーン・ロバーツ
ピッツバーグ大学映画学科の学生。どんな時でもカメラを回し続けるジェイソンに対し、批判的な態度を取る。
トレイシー・サーマン
演 – エイミー・ラロンド
ピッツバーグ大学映画学科の学生で、卒業制作映画の中でヒロイン役。ゴードの恋人。父親のおかげで車の簡単な修理も出来る。リドリーに襲われた際、助けずカメラを回し続けるジェイソンに愛想を尽かし、最終的に生き残っていた仲間達を全員見捨てる形で一人キャンピングカーで逃亡してしまう。
エリオット・ストーン
演 – ジョー・ディニコル
ピッツバーグ大学映画学科の学生。眼鏡をかけている。
アンドリュー・マクスウェル
演 – スコット・ウェントワース
ピッツバーグ大学の教授。従軍経験があるらしい。アーチェリーの名手。
リドリー・ウィルモット
演 – フィリップ・リッチオ
ピッツバーグ大学映画学科の学生で、卒業制作映画の中でミイラ男役。実家は室内プールや警備カメラを多数備えた豪邸。序盤に登場して少し間をおいて再登場する。再登場時は、親がゾンビになってしまったり、フランシーンが襲われたりで、酒に溺れてしまっていると思われたが、実は噛まれており徐々にゾンビ化。何故かカメラを回しているジェイソンは襲わず、卒業制作映画通りトレーシーを襲う。風呂に入っているエリオットを襲ったあとジェイソンを襲い、アンドリューに剣で裂かれる。
ゴード・ソーセン
演 – クリス・ヴァイオレット
ピッツバーグ大学映画学科の学生。トレイシーの恋人。
フランシーン・シェーン
演 – ミーガン・パーク
ピッツバーグ大学映画学科の学生。
メアリー・デクスター
演 – タチアナ・マスラニー
ピッツバーグ大学映画学科の学生。キャンピングカーの運転手。
サミュエル
演 – R・D・レイド
農夫。耳が悪い。
ストレンジャー
演 – マーティン・ローチ
州兵の隊員の黒人。デブラ達に物資を提供する。
キャッツ警察署長
演 – ジョージ・A・ロメロ
ノンクレジット。
大佐
演 – アラン・ヴァン・スプラング
ジェイソンたちを襲う強盗。続編『サバイバル・オブ・ザ・デッド』の主人公。

声の出演
“VERY SPECIAL THANKS”としてクレジット。

ウェス・クレイヴン
ニュースの声。
スティーヴン・キング
ニュースの声。
サイモン・ペッグ
ニュースの声。
ギレルモ・デル・トロ
ニュースの声。
クエンティン・タランティーノ
ニュースの声。
トム・サヴィーニ
警察無線の声。

ダイアリー・オブ・ザ・デッド 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ