バイオレンス映画

バイオレンス映画
暴力映画。暴力を行う者、暴力で傷つけられる者を描いた映画。リンチや拷問、殺人などの犯罪行為がある映画。

60点台の映画

サベージ・キラー 69点

2013年公開のアメリカ合衆国の映画。シッチェス・カタロニア国際映画祭など、各国の映画祭で話題となったバイオレンスムービー。ギャングたちに暴行されて生死をさまよっていた女性が奇跡的によみがえり、リベンジを果たすべく壮絶な戦いを繰り広げていく。メガホンを取る...
愛と憎しみのクソ映画

Diner ダイナー 13点

2019年公開の日本映画。藤原竜也と蜷川実花監督が初タッグを組み、平山夢明の小説「ダイナー」を映画化。キャッチコピーは「ようこそ 殺し屋専用の食堂ダイナーへ。」「美味いメシを食うか? それとも死ぬか?」「客は全員、殺し屋。命が“クズ同然”の食堂ダイナーで、...
80点台の映画

悪魔を見た 86点

2010年公開の韓国映画。韓国の異才、キム・ジウン監督を務め、人間の内なる悪魔を凄惨に描いたサイコ・サスペンス映画。婚約者を殺された男が、血も涙もない卑劣なシリアル・キラーを執拗に追い詰める様子を描く。 悪魔を見た 映画批評・備忘録 悪魔を見た(あくま...
70点台の映画

ロジャー・コーマン デス・レース 2050 70点

2016年製作のアメリカ合衆国の映画。B級映画の帝王ロジャー・コーマンが1975年に製作し、カルト的作品を誇る「デス・レース2000年」を、自らの製作でリブート。フランケンシュタイン役に「ホビット」シリーズのマヌー・ベネット。共演に「時計じかけのオレンジ」...
70点台の映画

デス・レース3 インフェルノ 78点

2013年製作のアメリカ合衆国の映画。「デス・レース」「デス・レース2」に続く第3弾。刑務所で行われる「死のレース」を描いたバトルカーアクション映画。前2作に引き続きール・W・S・アンダーソンがプロデュースを担当。 デス・レース3 インフェルノ 映画批評...
40点台の映画

デス・レース2000年 44点

1975年公開のアメリカ合衆国の映画。カルト映画の奇才であるポール・バーテルがメガホンを取り、B級映画の帝王であるロジャー・コーマンが製作、デヴィッド・キャラダインほか、『ロッキー』により人気を博したシルヴェスター・スタローンのブレイク直前の出演作品であり...
60点台の映画

女囚さそり 701号怨み節 68点

1973年公開の日本映画。東映製作の女囚さそりシリーズの第4作目である。過去に殺人を犯して逃亡中の松島ナミが警察に捕まるが逃げ出し、直後に出会った元過激派学生運動家に一度は犯罪者的意識で心を許したさそりが、その男に裏切られた怨念に燃え、刑務所を脱走して復讐...
70点台の映画

女囚さそり けもの部屋 74点

1973年公開の日本映画。東映製作の女囚さそりシリーズの第3作目である。ナミが一般社会で逃亡生活を送りながら、知り合った女たちの哀しい運命を垣間見てあくどい仕事をする鮫島たちに復讐し、権藤刑事から逃亡を図る様を描く。 女囚さそり けもの部屋 映画批評・備...
60点台の映画

女囚さそり 第41雑居房 68点

1972年公開の日本映画。同年8月25日公開『女囚701号/さそり』に次ぐ、女囚さそりシリーズの第二弾。前作の続編で脱走したナミが再び刑務所に入れられ、刑務所の外での作業終わりに移送中の車から女囚6人たちと共に脱走し、街まで逃亡を試みるという内容になってお...
60点台の映画

極道の妻たち 68点

1986年公開の日本映画。任侠映画の世界では脇役であった'極道の妻'に焦点をあて、'強い女'を描く異色の作品。家田荘子の原作ルポルタージュをベースにした大ヒットシリーズ'極妻'の記念すべき第1作である。五社英雄監督がヤクザ社会の裏側で生きる妻たちの泣き笑い...
60点台の映画

ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録 64点

2012年公開のアメリカ合衆国の映画。『ユニバーサル・ソルジャー』シリーズ第4作目。R18+指定。第1作と前作にも出演したドルフ・ラングレンを筆頭に、『NINJA』のスコット・アドキンス、UFC元世界王者のアンドレイ・“ザ・ピットブル”・アルロフスキーが集...
70点台の映画

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ 79点

2013年公開のアメリカ合衆国の映画。冷酷な殺人鬼へと化した男が惨劇を繰り広げるバイオレンス・アクション。キャッチコピーは「狂った愛が、全てを殺す。」 NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ 映画批評・備忘録 NO ONE LIVES ノー・ワン...
70点台の映画

仁義なき戦い 完結篇 79点

1974年公開の日本映画。『仁義なき戦いシリーズ』の最終作。広島抗争を描いたシリーズの完結篇であるが、実際は第四部『仁義なき戦い 頂上作戦』のラストで第二次広島抗争は終焉を迎えていたため、内容は第三次広島抗争を描いている。第四部まで続けてヒットしてきたため...
80点台の映画

仁義なき戦い 頂上作戦 80点

1974年公開の日本映画。『仁義なき戦いシリーズ』の第四弾。昭和38年春から翌年にかけての、敵対する2つの広域暴力団の代理戦争となった広島抗争を実録タッチで描く。本作の時代背景は1963年(昭和38年)~1964年(昭和39年)である。このときの暴力集団間...
80点台の映画

仁義なき戦い 代理戦争 80点

1973年公開の日本映画。『仁義なき戦いシリーズ』の第三弾。ヤクザ組織の抗争の中で展開する欲望と裏切り、そして凄惨な復讐のさまを描く。集団心理劇を描いた第一部から、情念の物語である第二部を経て、再び本作では集団心理劇が描かれた。その脚本の構成とダイナミック...
90点台の映画

仁義なき戦い 広島死闘篇 93点

1973年公開の日本映画。『仁義なき戦いシリーズ』の第二部。日本のヤクザ社会でも他に類を見ない壮絶をきわめた“広島ヤクザ抗争”を描くバイオレンス・アクション・ヤクザ映画。配役はもともと千葉真一が山中正治、北大路欣也が大友勝利でクランクインするはずだったが、...
90点台の映画

仁義なき戦い 90点

1973年公開の日本映画。やくざ同士の抗争を題材にしながら仲間を裏切り、裏切られることでしか生きられない若者たちが描かれている。本作では様式美をまったく無視して、殺伐とした暴力描写を展開させた点、ヤクザを現実的に暴力団としてとらえた点、手記→実話小説→脚本...
80点台の映画

ハードコア 84点

2015年に公開されたロシア連邦・アメリカ合衆国共同制作のSFアクション映画。初の全編一人称視点で作られた映画である。監督のナイシュラーがフロントマンを務めるロシアのロックバンド「バイティング・エルボウズ」の楽曲のPVが話題となり、その映像を見たプロデュー...
50点台の映画

鉄男II BODY HAMMER 53点

1991年公開の日本映画。平凡なサラリーマンと、彼を鋼鉄の人間兵器にしようと企む謎の集団との闘いを描いた異色SFバイオレンスホラー映画。『鉄男』第2弾は、モノクロからカラーに変わり、再び塚本晋也が製作・監督・脚本・撮影・美術・編集などを1人でこなして作りあ...
愛と憎しみのクソ映画

コンクリート 12点

2004年に公開された日本映画。ノンフィクション小説『十七歳、悪の履歴書』を原作とし、女子高生コンクリート詰め殺人事件をモチーフとして、わずか5日間で撮り上げた作品。公開をめぐって、「モチーフとなった事件の残虐性」「そもそも映画にする必要があるのか?」など...
70点台の映画

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ 76点

2010年公開のアメリカ合衆国の映画。過激なセックスと暴力描写が災いして『発情アニマル』という邦題でポルノ映画扱いされた1978年製作のカルト・ムービーを、現代的なテイストでリメイクしたリベンジ・バイオレンス。野獣のような男たちに何度もレイプされ肉体も精神も踏...
70点台の映画

デス・ウィッシュ 79点

2018年公開のアメリカ合衆国の映画。本作はブライアン・ガーフィールドが1972年に上梓した小説『狼よさらば』を原作とした映画作品『狼よさらば』(Death Wish)のリメイク作である。 デス・ウィッシュ 映画批評・備忘録 デス・ウィッシュ(原題:D...
70点台の映画

ブラック・レイン 74点

1989年公開のアメリカ合衆国の映画。大阪の街を舞台に日米の刑事たちが協力してヤクザと戦う物語を描いた。豪華な日本人キャストでも話題になった。劇場映画作品としては松田優作の遺作である。松田優作は、この映画の撮影の時点ですでに癌に侵されていたが、病をおして撮影に...
80点台の映画

野獣死すべし 82点

1980年公開の日本映画。大藪春彦の同名小説の映画化作品の一作である。松田優作が鬼気迫る演技で主演を務めたが、人物描写などに原作との差異が少なからず存在するため、原作とは同名異作のハードボイルド映画とする評価もある。 野獣死すべし 映画批評・備忘録 野...
90点台の映画

蘇える金狼 90点

1979年公開の日本映画。大藪春彦の小説。これを原作とした同名の映画。「動く標的、撃ち落とせ!」 「気をつけろよ、刺すような毒気がなけりゃ、男稼業もおしまいさ―」 昼は平凡なサラリーマン、しかし夜には組織へ反逆の牙を剥く一匹の狼へと変貌する主人公朝倉哲也。彼は...
70点台の映画

俺たちに墓はない 78点

1979年公開の日本映画。アクションの面白さこそ、映画の原点!これは、その活劇精神をさらに炸裂させる東映ニューアクションの野心作である。「最も危険な遊戯」「殺人遊戯」に続き、80年代を疾走したヒーロー・松田優作が出演。ハードなアクションが続く中、三人の男と一人...
60点台の映画

処刑遊戯 64点

1979年公開の日本映画。遊戯シリーズの第3弾にして最終作。前2作と比較して、コミカルなシーンが全くない終始ハードボイルドな作風で台詞もほとんどなく優作の「今度は『サムライ』でいこう!」の一声でアラン・ドロン主演のサムライのような無口な殺し屋の映画に仕上げられ...
70点台の映画

殺人遊戯 75点

1978年公開の日本映画。遊戯シリーズ第2弾。当初の仮題タイトルは『ゴキブリ用心棒 俺が裁く!!』という名前であったことが、後の松田優作のドキュメンタリー映画「SOUL RED 松田優作」でも確認できる。冒頭のツケ取り立てシーンの際に乗っている軽トラックには「...
80点台の映画

最も危険な遊戯 80点

1978年公開の日本映画。遊戯シリーズ第1弾。低予算にも関わらず大ヒットとなったことから、日本映画で最も利益を上げた作品のひとつとされる。 ロケ地としては、都内の渋谷、代々木、中野、六本木、霞が関、中目黒、芝浦ふ頭などが出てくる。ストーリー後半に、鳴海が警官...
60点台の映画

暴力教室 60点

1976年公開の日本映画。1955年のアメリカ映画『暴力教室』を参考に製作されたアクション・バイオレンス映画。松田優作が本格的にアクションに挑んだ作品で、松田の原点的作品。また舘ひろしの映画デビュー作品で、若き日の松田優作vs.舘ひろし率いるクールスのスクリー...
80点台の映画

ダーティハリー 80点

1971年製作のアメリカ合衆国の映画。サンフランシスコを舞台に、職務遂行のためには暴力的な手段も辞さないアイルランド系のハリー・キャラハン刑事が、ベトナム帰還兵の偏執狂的連続殺人犯との攻防を繰り広げるアクション映画。1970年代のハリウッド・アクション映画を代...
70点台の映画

KARATE KILL カラテ・キル 75点

2016年公開の日本映画。最愛の妹を救うため単身アメリカへと乗り込む日本人空手家の活躍を描いた空手アクション映画。監督はロサンゼルス在住の日本人映画監督・光武蔵人。日本公開時のタイトルは『KARATE KILL カラテ・キル』。プロデューサーの久保がゆうばり映...
60点台の映画

極道兵器 60点

2011年公開の日本映画。永井豪と共作の「ゲッターロボ」などで知られる漫画家・石川賢の同名コミックを実写映画化したバイオレンスアクション映画。『SUSHI TYPHOON まつり』の1作として日活による制作・配給で、2011年7月23日公開。R15+指定。坂口...
70点台の映画

チェイサー 74点

2008年公開の韓国映画。ナ・ホンジン監督の長編デビュー作品。2004年に韓国で起こった、ユ・ヨンチョルによる連続殺人事件をベースとしている。韓国では観客動員数が500万人を超えるヒット作となり、2008年大鐘賞(韓国のアカデミー賞)主要6部門の他、大韓民国映...
60点台の映画

マチェーテ・キルズ 60点

2013年公開のアメリカ合衆国の映画。偽予告編を長編化した2010年の映画『マチェーテ』の続編です。メキシコ最凶の悪人と世界屈指の武器商人を相手に、大型ナイフの名手である元捜査官マチェーテが世界存亡の危機も絡んだ戦いに挑んでいきます。 前作の味のあるB級感から、どちらかというとZ級のチープ感が漂ってる作品です。最後の方は『オースティンパワーズ』のノリになっています。それでもこの豪華すぎるキャストと、スタッフのほとんどがロドリゲス一族という、メキシカン・パワーズのカオス作品です。 前作に比べるとオマージュが強く、パクリ感があるので、やや不満があるものの、まぁいいかと優しい気持ちで見てしまえば楽しめます。
70点台の映画

マチェーテ 76点

2010年9月3日に公開されたアメリカ合衆国の映画。ロバート・ロドリゲスとイーサン・マニキス監督によるアクション映画であり、2007年の映画『グラインドハウス』で使われた偽予告編の本編。これまで脇役を演じてきたダニー・トレホにとって初の主演作品です。 マチェ...