スポンサーリンク

ロミオ+ジュリエット|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ロミオ+ジュリエット
この記事は約6分で読めます。

1996年公開のアメリカ合衆国の映画。シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』が原作で、台詞もそのままであるが、時代設定を現代に変えて、両家の争いをマフィア同士の抗争に置き換えられている。物語の舞台はヴェローナ・ビーチ(架空の都市)。そのため、服はアロハシャツを着、城は高層ビル、剣による決闘ではなく街を巻き込む銃撃戦となる。しかし銃のブランド名は”Sword”である。この映画は 1996年11 月1日に20 世紀フォックスによって公開され、商業的に成功を収めました。この映画は1450 万ドルの予算に対して1億5180万ドル以上の収益を上げました。1997年の第47 回ベルリン国際映画祭で、ディカプリオは銀熊賞を受賞し、ラーマン監督はアルフレッド・バウアー賞を受賞しました。

ロミオ+ジュリエット 映画批評・備忘録


ロミオ+ジュリエット(原題: Romeo + Juliet)

脚本:34点
演技・演出:18点
撮影・美術:17点
編集:8点
音響・音楽:10点
合計87点

公開当時は、この映画の影響もあり天使の羽をつけた女子を街中でよく見かけたものです。最初は、なんだあれは、と思っていたのですがこの映画の影響だということに気づきました。

当時、レオナルド・ディカプリオの人気がかなり凄かったように思います。翌年の『タイタニック』でレオ様、デカ様とか言われるようになったと思います。

タイタニック|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1997年公開のアメリカ合衆国の映画。1912年に実際に起きた英国客船タイタニック号沈没事故を基に、貧しい青年と上流階級の娘の悲恋を描く。主にSFアクション映画を手掛けてきたジェームズ・キャメロン監督が、一転して挑んだラブロマンス大作である。タイタニック号沈没の史実を架空のラブストーリーを交えて展開される。前半のラブストーリーから一転して、後半ではパニック映画さながらの緊迫感のある展開で、ラストは悲劇的な別れとなる恋人たちが描かれている。興行収入は、全世界で21.9億ドルに達し、『ジュラシック・パーク』(1993年)を抜いて世界最高興行収入を記録した。第70回アカデミー賞では、歴代最多の1...

配役、音楽、演出、バズ・ラーマン監督のセンスってすごいと思うんですよね。今見ても素晴らしいと感性だなと、映像も音楽も。。。透明感もあるし、力強さもある。後の作品『ムーランルージュ』も素晴らしかったです。

ムーラン・ルージュ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2001年公開のアメリカ合衆国の映画。ミュージカル映画嫌いの僕が、この映画は好きだ!と思えた作品。幻想的な映像と煌びやかな世界、素敵な音楽の数々。歌を通して愛や情熱、憎しみ、悲しみが伝わってきます。ユアン・マクレガーとニコール・キッドマンの心を通わせながらの愛の歌のデュエットは素晴らしく感動的なものでした。

兵士やギャングといった小さな役をしていたジョン・レイグザモが、ものすごいインパクトを残した作品でもあり、彼はこういう演技ができる人なんだと、感嘆しました。また、後にドラマ『LOST』のドーソン役でも有名になった、マキューシオを演じたハロルド・ペリノーの演技が素晴らしいです。躍動感があって情熱的なものが画面越しに伝わってきました。この時はまだ新人だったはずです。

この映画のサントラは今だ現役というか、テレビ番組でもずっと使われています。映画を見たことがなくても音楽は聞いたことがある人が多いと思います。


amazonプライム・ビデオ

ロミオ+ジュリエット あらすじ(ネタバレ)

ヴェローナ ビーチでは、キャピュレットとモンタギューが 2 つの競合するビジネス帝国です。年上の世代、フルヘンシオとグローリア・キャピュレット、テッドとキャロライン・モンタギューの敵意は、若い親戚に感じられます。モンタギューの間で銃撃戦が率いるベンヴォリオ、ロミオのいとこ、とキャピュレット家が率いるティボルト、ジュリエット”街中に混乱を作成し、いとこ。警察本部長、キャプテン王子は、このようなイベントが再び発生した場合に、自分たちの生活は、「平和の没収を納付しなければならない」と彼らに警告し、家族を戒告します。

ベンヴォーリオとロミオは、その夜、キャピュレットのパーティーを知って大暴れすることに。ロミオは、恋に落ちたロザリンが出席していると聞いて同意する。彼らは彼らの友人、会うマーキューシオパーティーのチケットを持っている、とロミオがかかる、エクスタシーを彼らはキャピュレットの屋敷に進むように。麻薬とパーティーの影響で、トイレに行くロミオは圧倒される。そこでジュリエットと出会い、ふたりはすぐに恋に落ちますが、どちらも相手が誰なのかはわかりません。ティボルトはロミオを見つけ、家族の家に侵入したロミオを殺すと誓う。

ロミオがパーティーを去った後、ロミオとジュリエットはそれぞれが対立する家族に属していることを知るが、ロミオは彼女に会いに戻ってくる。 ジュリエットは、翌日までに連絡をくれれば婚約すると告げる。翌日、ロミオはローレンス神父に二人の結婚を申し入れ、彼は同意する。ロミオはジュリエットの乳母を介してその言葉を伝え、ふたりはまもなく結婚する。

ティボルトは海辺でマキューシオとロミオに出会う。ロミオは和解しようとするが、ティボルトに襲われる。マキューシオが介入してティボルトを打ち負かし、ロミオが彼を止めたときに彼を殺そうとしています。ティボルトは、マキューシオに致命傷の傷を負わせました。マキューシオは死を前にして両家を呪った。マキューシオを殺され、激怒したロミオは逃げるティボルトを追いかけ、射殺する。

プリンス署長はロミオを街から追放し、ローレンス神父と共に身を隠します。乳母が到着し、ジュリエットが彼を待っていることを伝えます。ロミオはジュリエットのバルコニーに登り、結婚を完了し、ロミオはすぐに出発します。そんな中、フルヘンシオはジュリエットが知事の息子であるデイブ・パリスと結婚することを決める。

翌朝、グロリアはジュリエットにパリスとの結婚を告げ、ジュリエットがそれを拒むと、フルゲンシオは彼女を失脚させると脅す。ジュリエットは逃げ出し、ローレンス神父を探し、自殺すると脅しながら、彼女を助けてくれるように懇願します。ローレンス神父は彼女に自分の死を偽る薬を与え、その後、彼女はキャピュレットの金庫室に置かれ、24 時間後に目を覚まします。ローレンス神父は手紙でロミオに陰謀を知らせると誓い、ロミオは金庫室に忍び込み、ジュリエットと再会した後、二人はマントヴァへと逃亡する。しかし、ロミオは配達された手紙を見ておらず、ジュリエットが死んでいると信じて、薬屋から毒の入った小瓶を購入します。

ロミオはジュリエットが眠る教会に入り、ジュリエットが目覚めると同時に毒を飲んでしまう。ロミオの死に取り乱したジュリエットは、銃を手に取り、頭を撃ち、命のない体の横に倒れる。映画の最後の部分では、ロミオとジュリエットの両親が現場に到着したとき、ロミオの遺体が救急車の中に運ばれ、大勢の見物人や記者が警察の後ろから事件を監視しているのが見られる。 プリンス署長は父親に近づき、彼らの確執の結果として生じた惨劇を見るように頼みます。彼は親族を失い、天は彼らの喜びを愛で殺す手段を見つけたのです。プリンス署長は、全員が罰せられると彼らに叫びます。

ロミオ+ジュリエット スタッフ

監督:バズ・ラーマン
脚本:バズ・ラーマン,クレイグ・ピアース
製作:バズ・ラーマン,ガブリエラ・マルチネリ
音楽:ネリー・フーパー,クレイグ・アームストロング
撮影:ドナルド・マカルパイン
配給:20世紀フォックス

ロミオ+ジュリエット キャスト

レオナルド・ディカプリオ
クレア・デインズ
ジョン・レグイザモ
ハロルド・ペリノー
ピート・ポスルスウェイト
ポール・ソルヴィノ
ダイアン・ヴェノーラ
ブライアン・デネヒー
クリスティナ・ピックルズ
ポール・ラッド
ヴォンディ・カーティス=ホール
ダッシュ・ミホク
ジェシー・ブラッドフォード
ザック・オース
ジェイミー・ケネディ
ヴィンセント・ラレスカ
ミリアム・マーゴリーズ
M・エメット・ウォルシュ

ロミオ+ジュリエット 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ