モンスター映画

モンスター映画

モンスター映画は、古くはユニバーサルホラーに代表されるフランケンシュタイン、狼男、吸血鬼、ミイラ男、透明人間、オペラ座の怪人、半魚人、UMA、宇宙人などが人間を襲う作品。または怪物や怪獣を主体的に描いた映画。ゾンビ映画、ヴァンパイア映画、特撮映画はリンクを参照

ゾンビ映画

ゾンビ映画
ゾンビを主要な題材として扱っている映画。何らかの力で死体のまま蘇った人間の総称で「腐った死体が歩き回る」という描写が特徴。

ヴァンパイア映画

ヴァンパイア(吸血鬼)映画
人間の血を吸い、不老不死の怪物・超人のキャラクターが登場する吸血鬼を題材にした作品。退治方法としては、首を切り落とす、心臓に杭を打つ、死体を燃やす、銀の弾丸もしくは呪文を刻んだ弾丸で撃つ、などの方法が挙げられる。

特撮映画

特撮映画(とくさつえいが)は、特撮(特殊撮影)を主眼にした映画のこと。主にそういう技術を目玉にした怪獣映画、SF映画、戦争映画を指す。ただ、この呼称は次第に使われなくなっている。現在、ほぼ全ての商業映画において映像素材に手が加えられており、こうした技術を前面に出した呼称で作品を売ることは少なくなっている。

また、特撮という言葉が技術よりもジャンルとして定着した事で、着ぐるみやミニチュア撮影を使った作品という偏見が定着しており、SFXを使用した海外の大作映画を特撮映画と呼ぶ事は慣例として少なくなった。

日本の特撮映画は、円谷英二が創始したと見てよい。円谷は第二次世界大戦前に映画界でカメラマンとして働いていたが、映画『キングコング』に出会い、同作に使用されている特殊撮影技術に興味を惹かれ、その研究に没頭した。戦時中はその経験を活かし、戦争映画とくに空戦ものを多数制作した。そのため彼は戦後に公職追放の処分を受けたが、公職追放が解けると映画『ゴジラ』の制作に特撮監督として参加し、その後のSF映画・怪獣映画・特撮テレビシリーズといった日本の特撮の礎を築いた。

ホラー映画

トレマーズ 地獄島|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2020年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。人気モンスターパニックアクションシリーズ第7弾。遺伝子操作されたモンスターが島に持ち込まれる。だが、最強のグラボイドハンター・バートはやる気を失い引退していた。 トレマーズ 地獄島 映画批評・備忘録 トレマーズ 地獄島(原題:Tremors: Shrieker Island)脚本:21点演技・演出:14点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:6点合計61点 トレマーズのタイトルよりも、バート・ガンマーの生きざまを見守る作風が濃くなってきてついに7作目。バートを演じるマイケル・グロスの演技とグラボイドのバリエーションで生き残...
ホラー映画

トレマーズ コールドヘル|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2018年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。カナダを舞台に、地中、そして空から襲い来るモンスターとの死闘が繰り広げられる。 トレマーズ コールドヘル 映画批評・備忘録 トレマーズ コールドヘル(原題:Tremors: A Cold Day in Hell)脚本:20点演技・演出:14点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:6点合計62点 シャークネードシリーズみたいなノリになってきたトレマーズシリーズなんですが、もはやこのシリーズが好きな人しか見てないだろうと思えるマンネリ具合です。いやそれがいい。マイケル・グロスが老体にむち打ち演技で魅せてくれます。もはや彼が演じ...
ホラー映画

トレマーズ ブラッドライン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2015年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。テレビシリーズ『トレマーズ・ザ・シリーズ』の続編。「トレマーズ」シリーズの10年ぶりとなる第5弾。グラボイズを追い続けるバート・ガマーの下に、グラボイズが南アフリカで住民たちを襲っているという情報がもたらされる。バートは新たな相棒、トラヴィス・ウェルカーと共にアフリカに飛ぶ。 トレマーズ ブラッドライン 映画批評・備忘録 トレマーズ ブラッドライン(原題:Tremors 5: Bloodlines)脚本:20点演技・演出:14点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:7点合計62点 前作よりは工夫されて面白くなっていますが、...
ホラー映画

トレマーズ4|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2004年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。第1作『トレマーズ』の100年前を描いた前日譚である。1889年のネバダ州。地中をうごめくモンスター“グラボイズ”専門のハンターであるバート・ガンマーの曽祖父、ラム・ガンマーの鉱山では、炭鉱夫が謎の死を遂げる事件が頻発していた。 トレマーズ4 映画批評・備忘録 トレマーズ4(原題:Tremors 4: The Legend Begins)脚本:15点演技・演出:12点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:6点合計53点 トレマーズのサーガ作品になるのですが、トレマーズファンでなければ、視聴もつらい感じがする間の悪い(退屈)...
ホラー映画

トレマーズ3|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2001年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。アルゼンチンでの怪物退治を終え、アリゾナの故郷パーフェクションに戻ったグラボイス専門のハンターたち。観光地と化した田舎町に再びグラボイスが出現した。しかも今度のモンスターは空を飛べるのだった。 トレマーズ3 映画批評・備忘録 トレマーズ3(原題:Tremors 3: Back to Perfection)脚本:29点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:7点合計74点 シリーズ屈指の面白さで、ラストまで飽きさせない演出が満載です。今作から主人公が個性派キャラのバート・ガンマーになります。バートを演じるマイ...
ホラー映画

トレマーズ2|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

1996年販売のアメリカ合衆国のビデオ映画。1990年に公開されたモンスター・ウェスタン・ムービー『トレマーズ』の続編。前作では地中を這い回るだけだったグラボイズだが、地上でも動き回れる新種が出現。より凶悪になって人間に襲いかかる。 トレマーズ2 映画批評・備忘録 トレマーズ2(原題:Tremors 2: Aftershocks)脚本:26点演技・演出:15点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:6点合計68点 前作ほど予算もないビデオ映画ですが、アイデアを捻って進化要素を加えた結果、シリーズ化されカルト人気を誇る立派なものになっていきます。面白いのが、進化したのに弱くなるところで...
ホラー映画

トレマーズ|正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。

トレマーズは、1990年公開のアメリカ合衆国の映画。正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

イグジスツ 遭遇|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

イグジスツ 遭遇は、2014年公開のアメリカ合衆国の映画。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の共同監督を務めたエドゥアルド・サンチェスが再びポイント・オブ・ビュー(POV)手法を駆使し、未確認生物の恐怖を描くホラー。テキサスの国立保護区を訪れた5人の若者が、伝説上の存在であるはずの未確認生物のビッグフットに次々と襲われていくさまを映し出す。あえて原点であるPOV形式に立ち戻ったサンチェス監督による、まるで現実であるかのような緊張感あふれる映像に注目。 イグジスツ 遭遇 映画批評・備忘録 イグジスツ 遭遇(原題:Exists)脚本:22点演技・演出:13点撮影・美術:14点編集:7点音響...
ホラー映画

ビッグ・バグズ・パニック|昆虫と人類の戦いをコンパクトにまとめたコメディ・ホラー映画

ビッグ・バグズ・パニックは、2009年公開のアメリカ合衆国の映画。『スターシップ・トゥルーパーズ』のスタッフが放つパニック・アクションの傑作誕生!昆虫と人類の戦いをコンパクトにまとめたコメディ・ホラー映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

ヒルコ/妖怪ハンター|古墳から蘇った妖怪ヒルコと、ドジできまじめな考古学者と甥の中学生が対決する。

ヒルコ/妖怪ハンターは、1991年公開の日本映画。『鉄男』で注目された塚本晋也の初となる35ミリ映画作品。大自然に囲まれた田舎町の中学校を舞台に、古墳から蘇った妖怪ヒルコと、ドジできまじめな考古学者と甥の中学生が対決する。 ミニチュアワーク、人形アニメ、マットアート、ハイビジョン合成など、当時の特撮の総力を結集してアドベンチャーホラーを実現させた。
ホラー映画

ローンウルフ 真夜中の死闘|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ローンウルフ 真夜中の死闘は、2014年公開のアメリカ合衆国・メキシコ合作映画。アルゼンチンの鬼才、アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ監督によるアクションホラー。盲目の退役軍人が挑む、最期の戦い! ローンウルフ 真夜中の死闘 映画批評・評価・考察 ローンウルフ 真夜中の死闘(原題:Late Phases)脚本:28点演技・演出:16点撮影・美術:14点編集:8点音響・音楽:7点合計73点 原題はLate Phasesで意味は遅延相、後期なのですが、晩年と考えた方がこの映画には良さそうです。まさに盲目の退役軍人が余生を過ごすためにやってきたシニアタウンでの物語になります。そして父親と息...
アクション映画

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男|かつてヒトラーを暗殺した元兵士に舞い込んだ<ビッグフット討伐>難易度MAXの任務!

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男は、2018年公開のアメリカ合衆国の映画。かつてヒトラーを暗殺した元兵士に舞い込んだ<ビッグフット討伐>難易度MAXの任務! 最強の兵士vsビッグフット! 勝つのはどちらか! ?サム・エリオット主演によるモンスターアクション映画。
ファンタジー

ヴァン・ヘルシング|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ヴァン・ヘルシングは、2004年公開のアメリカ合衆国の映画。モンスター・ハンターであるヴァン・ヘルシングの活躍を描くモンスターアクション映画である。本来、ヴァン・ヘルシングとは、ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』で、ドラキュラと戦う大学教授の名であるが、本作では大胆に設定を変更して「不死身のモンスターハンター」というヒーロー像を作り上げた。演じたヒュー・ジャックマンも30代であり、従来の初老のイメージも払拭している。 ヴァン・ヘルシング 映画批評・備忘録 ヴァン・ヘルシング(原題:Van Helsing) 脚本:20点演技・演出:11点撮影・美術:16点編集:7点音響・音楽:...
ホラー映画

ウェア 破滅|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ウェア 破滅は、2013年公開のアメリカ合衆国の映画。ある一家惨殺事件を担当することになった女性弁護士と科学捜査班が、調査を進めていくうちに恐るべき真実に行き当たるホラー。古くから伝わるモンスター伝説をベースに、遺伝子異常によって人間を超越した凶暴性を示す大男が引き起こす惨劇と、彼の秘密が科学的視点から解明されていくさまを描く。 ウェア 破滅 映画批評・評価・考察 ウェア 破滅(原題:Wer)脚本:20点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:7点合計64点 演出面で容赦ないゴア描写で恐怖心を煽るので、子供には見せられないような内容ですが、狼男系の映画では、かなり今...
ホラー映画

クリープショー|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

クリープショーは、1982年公開のアメリカ合衆国の映画。5話の短編で構成されたオムニバスのホラー映画。1950年代のECコミックに代表される、20世紀中盤に隆盛を誇った“ホラーや犯罪物語を題材としたアメリカン・コミックス”の再現を作品全体のテーマとしている。スティーヴン・キングがオリジナル脚本を書き下ろし、製作陣には『ゾンビ』他の監督ジョージ・A・ロメロ、特殊メイクアーティスト、トム・サヴィーニなど数多くの著名人が名を連ね、キング本人とその息子ジョー・ヒル、サヴィーニは俳優としても出演している。カンヌ国際映画祭での成功により配給権はワーナー映画となり、ロメロ作品初のメジャー系公開となった。日本...
ホラー映画

リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ/JEEPERS CREEPERS 3|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2017年製作のアメリカ合衆国の映画。23年に1度、23日間にわたって人間を捕食する伝説の怪物クリーパーの恐怖を描くホラー「ジーパーズ・クリーパーズ」シリーズ第3弾。時系列では、1作目と2作目の間となる。 リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ 映画批評・備忘録 リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ/JEEPERS CREEPERS 3(原題:Jeepers Creepers 3)脚本:10点演技・演出:13点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:6点合計50点  1,2作目よりも予算が大幅に減ってしまったため、当初の予定を変更し、1作目と2作目の間の話となりました。また、監...
ホラー映画

ヒューマン・キャッチャー/JEEPERS CREEPERS 2|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2003年公開のアメリカ合衆国の映画。巨匠フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮で話題となった大ヒットホラー『ジーパーズ・クリーパーズ』の続編。姿を消した息子の復讐に燃えるタガートが、23年ごとに現れるおぞましき化け物“クリーパー”に挑む。23年に一度の周期で蘇り、23日間に渡って人間を捕食する謎の生物“クリーパー”の恐怖を描いたパニック・モンスター・ホラー。 ヒューマン・キャッチャー 映画批評・備忘録 ヒューマン・キャッチャー/JEEPERS CREEPERS 2(原題:Jeepers Creepers II)脚本:23点演技・演出:14点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:...
ホラー映画

ジーパーズ・クリーパーズ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2001年公開のアメリカ合衆国の映画。フランシス・F・コッポラ製作総指揮だったことから話題を呼んだ都市伝説ホラー作品。23年に一度、23日間人々が消える都市伝説の謎を描く。タイトルは1938年の曲『Jeepers Creepers』に由来し、作中でも使用されている。 ジーパーズ・クリーパーズ 映画批評・備忘録 ジーパーズ・クリーパーズ(原題:Jeepers Creepers)脚本:19点演技・演出:13点撮影・美術:12点編集:6点音響・音楽:6点合計56点  コッポラが借金返済のため、渋々引き受けた作品が今作で、配給会社は全面にコッポラの名前を押し出した広報で興行的に成功を収めまし...
ホラー映画

ジーパーズ 恐怖の都市伝説|満月の夜、ヤツは喰らいにやってくる ─ 巨大トラックを操るクリーチャーが人間を執拗に追い回すモンスターホラー。

ジーパーズ 恐怖の都市伝説は、2003年製作のアメリカ合衆国の映画。アメリカの田舎町を舞台に、巨大トラックを操るクリーチャーが人間を執拗に追い回すモンスターホラー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
香港・台湾・中国映画

怪怪怪怪物!|2017年東京国際映画祭で絶賛を浴びた、血も凍る台湾発学園ホラー!

怪怪怪怪物!は、2017年公開の台湾映画。2017年東京国際映画祭で絶賛を浴びた、血も凍る台湾発学園ホラー!台湾では、ポスターが発売禁止処分となったほどの衝撃作。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFパニック

クローバーフィールド/HAKAISHA|その時、何が起きたのか?怪獣よりもその足元を逃げ惑う人々の状況に焦点を当てた擬似ドキュメンタリー

クローバーフィールド/HAKAISHAは、2008年公開のアメリカ合衆国のSF・怪獣・パニック映画。日本でのキャッチコピーは「その時、何が起きたのか?」。巨大怪獣が大都会を襲う古典的な題材をモチーフとしているが、怪獣よりもその足元を逃げ惑う人々の状況に焦点を当てた擬似ドキュメンタリー作品として仕上がっている。
ホラー映画

クワイエット・プレイス|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

クワイエット・プレイスは、2018年公開のアメリカ合衆国の映画。エミリー・ブラントが主演、ブラントの夫でもある俳優のジョン・クラシンスキーが監督・脚本を手がけ、全米でスマッシュヒットを記録したサスペンスホラー。 クワイエット・プレイス 映画批評・評価・考察 クワイエット・プレイス(原題:A Quiet Place) 脚本:37点 演技・演出:18点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計87点 主演のエミリー・ブラントを初めて見たのは『プラダを着た悪魔』の秘書役で、その頃に感じていたものとは全く違うくらい大物女優になっていて、『オール・ユー・ニード...
ホラー映画

人狼村 史上最悪の田舎|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

人狼村 史上最悪の田舎(じんろうむら しじょうさいあくのいなか)は、2011年製作のスペイン映画。狼人間と若者の戦いを描いたアクションホラーコメディ。特集上映「“シッチェス映画祭”ファンタスティック・セレクション」にて劇場初公開。 人狼村 史上最悪の田舎 映画批評・評価・考察 人狼村 史上最悪の田舎(原題:Lobos de Arga) 脚本:20点 演技・演出:16点 撮影・美術:14点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計62点 狼男もの作品なのですが、呪いがキーワードになっているので謎解き要素もあり、ラストのオチも良かったです。中盤からのワルノリ演出が過激でユニ...
ホラー映画

トム・ホランドの世にも恐怖な物語|恐怖映画界のレジェンドが、自身38年に及ぶホラー映画人生の集大成として放つ、9話から成るオムニバス恐怖物語集!

トム・ホランドの世にも恐怖な物語は、2014年に製作されたアメリカ合衆国の映画。恐怖映画界のレジェンド:トム・ホランドが、自身38年に及ぶホラー映画人生の集大成として放つ、9話から成るオムニバス恐怖物語集!映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFパニック

ランペイジ 巨獣大乱闘|米国第3の大都市シカゴで巨大化したゴリラ、ワニ、オオカミなどが大暴れする。

ランペイジ 巨獣大乱闘は、2018年制作のアメリカ合衆国のパニック・アクション映画。謎の化学物質を浴びた3匹の動物達は突如巨大化し、凶暴なモンスターと化した。米国第3の大都市シカゴで巨大化したゴリラ、ワニ、オオカミなどが大暴れする。1986年にアメリカでリリースされたミッドウェイゲームズのアーケードゲーム「RAMPAGE」をベースにした映画。ドウェイン・ジョンソン主演・製作総指揮。
ホラー映画

IT イット “それ”が見えたら、終わり。|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

IT イット “それ”が見えたら、終わり。は、2017年公開のアメリカ合衆国の映画。2度目の映像化で初の劇場版であり、本作は小説の前半を映画化した。キャッチコピーは、『子供が消える町に、"それ"は現れる。』北米での興行収入は3億2,748万ドルで、これは、M・ナイト・シャマラン監督のホラー映画No.1の大ヒットを記録した『シックス・センス』が稼いだ2億9,350万ドルを上回り、事実上のホラー映画No.1の大ヒットを記録。 IT イット “それ”が見えたら、終わり。 映画批評・備忘録 IT イット “それ”が見えたら、終わり。(原題:IT:chapter one) 脚本:37点 ...
ホラー映画

マニアック・コップ2|甦えった警官殺人鬼の人間的葛藤とそれを追う刑事、警察精神科医たちのスプラッタ・バイオレンス・ホラー。

マニアック・コップ2は、1990年製作のアメリカ合衆国の映画。「マニアックコップ」のラリー・コーエン、ウィリアム・ラスティグのコンビによるシリーズ2作目。甦えった警官殺人鬼の人間的葛藤とそれを追う刑事、警察精神科医たちのスプラッタ・バイオレンス・ホラー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

マニアックコップ|次々と殺人を犯す警察官を主役に、彼と彼の殺人を阻止しようとする警察官の対決を描いたバイオレンスホラー。

マニアックコップは、1988年公開のアメリカ合衆国の映画。次々と殺人を犯す警察官を主役に、彼と彼の殺人を阻止しようとする警察官の対決を描いた映画。日本では劇場未公開となっており、テレビ放映時には「地獄のマッドコップ」という邦題がつけられていた。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFホラー

ミミック|遺伝子が泣き叫ぶ。遺伝子操作により現れた新種の昆虫と人間との戦いをギレルモ・デル・トロ監督が描くSFホラー

ミミックは、1997年公開のアメリカ合衆国の映画。ギレルモ・デル・トロ監督の2作目の映画。ニューヨーク市を舞台に、遺伝子操作により現れた新種の昆虫と人間との戦いを描くSFホラー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

ミスト|ある町を覆った濃い霧の中から現われたものは……。原作と異なる結末は賛否両論を呼んだが、キング自身は絶賛した衝撃のラスト!

ミストは、スティーヴン・キングの1980年の中編小説『霧』を原作とした、2007年のアメリカ合衆国のSFホラー映画。深い霧に包まれた街で巻き起こる怪異と、徐々に秩序を失う人々が描かれる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。