スポンサーリンク

ラスト・オブ・モヒカン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ラスト・オブ・モヒカン
この記事は約6分で読めます。

1992年公開のアメリカ合衆国の映画。原作はジェームズ・フェニモア・クーパーの小説『モヒカン族の最後』(原題同じ)。ネイティヴ・アメリカンとヨーロッパ人による植民地戦争とその中で燃え上がる激しい恋を描いたアクションドラマ。アカデミー録音賞を受賞。

ラスト・オブ・モヒカン 映画批評・備忘録


ラスト・オブ・モヒカン(原題:The Last of the Mohicans)

脚本:38点
演技・演出:19点
撮影・美術:19点
編集:9点
音響・音楽:10点
合計95点

ホーク・アイを演じるダニエル・デイ=ルイスの完璧な役作りとその演技に魅了され、ヒロインのマデリーン・ストウの透き通った美しさの虜になる。見るたびに胸が熱くなり、強く美しい愛に心が打たれる。映像も音楽も演技もどれも素晴らしい。

主演のダニエル・デイ=ルイスは、モヒカン族の役を演じるため6ヶ月間にわたって野営や釣りを行い、獣の皮を剥ぎ方などのサバイバル術を習得。最終的には自分でカヌーを作れるまでになったそうです。今作は、英国アカデミー賞 主演男優賞にノミネートされました。

 正確な衣装や小道具を再現するために細心の注意が払われました。ダニエル・ウィンクラーが映画で使用されたトマホークを作り、ナイフメーカーのランドール・キングがナイフを作りました。ウェイン・ワトソンは、映画で使用されているホークアイの「キルディア」ライフルのメーカーです。

コスチュームは元々、複数のアカデミー賞を受賞したジェームズ・アチェソンによってデザインされましたが、マン監督との芸術的な違いのために、彼は映画を離れ、名前を削除しました。デザイナーのエルザ・ザンパレッリが最終的に仕上げました。

※無敗の柔術家のヒクソン・グレイシーが、今作のテーマ曲を入場曲にしていた。日本においては、総合格闘技の試合で高田延彦や船木誠勝など著名なプロレスラー、格闘家を相次いで破った。

amazonプライム・ビデオ

ラスト・オブ・モヒカン あらすじ(ネタバレ)

1757年、フランス・インディアン戦争中にイギリス陸軍少佐のダンカン・ヘイワードがニューヨーク州アルバニーに到着した。彼は、アディロンダック山地のフォートウィリアムヘンリーの指揮官であるエドモンドマンロー大佐に配属された。ヘイワードは、マンローの2人の娘、コーラとアリスを護衛する任務を頼まれた。彼らが去る前に、ヘイワードはコーラにプロポーズしたが、コーラは返答しなかった。

マグアという名前のモホーク族は、ヘイワード、2人の女性、およびイギリス兵の軍隊を砦に導く任務を負っているが、彼は実際にはヒューロン族であり、彼らを待ち伏せ場所に連れていく。一般の兵士が殺されていたところ、モヒカン族のチンガチェック、彼の息子ウンカス、そして彼の白人の養子「ホークアイ」が到着し、逃げるマグアを除くすべてのヒューロン族を殺した。三人は、女性とヘイワードを砦に連れて行くことに同意する。トレッキング中に、彼らは農場で別の虐殺を見つけたが、ヒューロン族に存在がばれないようにするため犠牲者を埋葬するために立ち止まりません。コーラとホークアイは、ウンカスとアリスと同様に、お互いに惹かれ合った。

彼らは砦がフランス人とそのヒューロン族の同盟国によって包囲されているのを見つけ、なんとか忍び込みました。マンロー大佐は娘たちに近づかないように警告する手紙を送ったので驚いたが、マグアからは配達されませんでした。コーラがヘイワードにプロポーズを受け入れないと言ったとき、ヘイワードはホークアイに嫉妬した。民兵は夜、ホークアイ、チンガチェック、ウンカスが砦からの制圧射撃を提供して、ウェッブ砦のウェッブ将軍に援軍を送り込もうと試みた。

マンローが脅迫された場合に民兵が家屋を守るために去ることができるという合意を尊重することを拒否した後、ホークアイは彼らがこっそり逃げるのを手伝う。彼は扇動罪で逮捕され、絞首刑を宣告された。しかし、ウェッブが兵士を派遣しないことを知ったとき、マンローはフランスのルイ=ジョゼフ・ド・モンカルム将軍の申し出を受け入れることを余儀なくされた。マグアはマンローに対して個人的な恨みを抱いているので激怒した。

マンローの兵士と民間人が砦を離れると、ヒューロン族の戦士は波状攻撃して彼らを虐殺します。マンローは生きたまま捕らえられ、マグ​​アは彼の心臓を切り取った。ホークアイ、ウンカス、チンガチェックは、コーラ、アリス、ヘイワード、その他数人を連れて戦った。彼らは滝の後ろの洞窟に隠れたが、マグアは彼らを見つけた。ホークアイ、ウンカス、チンガチェックが滝から飛び降りて逃げる前に、ホークアイは囚われてもコーラに生き続けるように言い、彼女を見つけることを誓う。

マグアは3人の囚人をヒューロン族の集落に連れて行く。彼がサケムに取り組んでいる間、ホークアイは彼らの命を嘆願するために武装していない状態で歩き続けた。ヘイワードはイギリス人に返還され、アリスはマンローによって犯された過ちのためにマグアに与えられ、コーラは生きたまま燃やされるというサケムのルール。ホークアイは勇気が認められ去ることができると言われたが、コーラの代わりをすることを申し出る。通訳を務めるヘイワードは、ヒューロン族に自分がコーラの身代わりになると伝えた。

コーラはホークアイと一緒に村を去った後、ホークアイが生きたまま燃やされているヘイワードを撃った。その後、チンガチェック、ウンカス、ホークアイは、アリスを救出するためにマグア達を追跡した。ウンカスは先陣を切ったが、マグアによって決闘で殺される。それからアリスは崖から身を投げた。ホークアイとチンガチェックは、ヒューロン族の一部に追いつき、殺害した。その後、ホークアイは残りを寄せ付けず、チンガチェックがマグアと戦って殺すことができるようにした。その後、チンガチェックはウンカスを受け入れるように大いなる神秘に祈り、自身が「最後のモヒカン」と宣言した。

ラスト・オブ・モヒカン スタッフ

監督:マイケル・マン
脚本:マイケル・マン,クリストファー・クロウ
製作:マイケル・マン,ハント・ロウリー
製作総指揮:ジェームズ・G・ロビンソン
音楽:トレヴァー・ジョーンズ,ランディ・エデルマン
撮影:ダンテ・スピノッティ
編集:ドヴ・ホウニグ,アーサー・シュミット
配給:20世紀フォックス,東宝東和

ラスト・オブ・モヒカン キャスト

ホークアイ:ダニエル・デイ=ルイス
コーラ:マデリーン・ストウ
アリス:ジョディ・メイ
チンガチェック:ラッセル・ミーンズ
ヘイワード少佐:スティーヴン・ウォディントン
ウンカス:エリック・シュウェイグ
マグア:ウェス・ステュディ
マンロー大佐:モーリス・ローヴス
ビームス大尉:ピート・ポスルスウェイト
モントカーム将軍:パトリス・シェロー
アンブローズ少佐:コルム・ミーニイ

ラスト・オブ・モヒカン 予告編


amazonプライム・ビデオ