80点台の映画

アクション映画

暗殺者|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1995年公開のアメリカ合衆国の映画。新旧二人の暗殺のプロフェッショナル同士の死闘を、ハードボイルド・タッチで描いたサスペンス・アクション。ヒットマンとして、ロバート・ラス(シルヴェスター・スタローン)の右に出る者はいない。しかし冷戦が終わり暗殺もただのビジネスと化すと、この業界で守られてきた仁義や掟も廃れ、彼は引退を決意する。だがミゲル・ベイン(アントニオ・バンデラス)は違う。野心旺盛な殺し屋の彼は邪魔者のラスを消して、闇の世界のトップにのし上がろうとしていた。2人の対決に巻き込まれながら、争いをさらにヒートアップさせる狡猾なハッカーにジュリアン・ムーア。 暗殺者 映画批評・備忘録 ...
アクション映画

アイガー北壁|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2008年公開のドイツ映画。若きドイツ人登山家の過酷な運命を描いた山岳映画の傑作!スイスを代表する山のひとつアイガー(標高3970メートル)にあるアイガー北壁と呼ばれる岩壁(高さ1800メートル)は、登攀が困難なルートとして多くの挑戦者の命を奪い《殺人の壁》と呼ばれ恐れられていた。そんな死の壁に挑む2人の若きドイツ人登山家の過酷な運命をリアリティかつ迫力あるタッチで描いていく。 アイガー北壁 映画批評・備忘録 アイガー北壁(原題: Nordwand)脚本:33点演技・演出:17点撮影・美術:19点編集:8点音響・音楽:8点合計85点 山岳映画の傑作とも名高い今作ですが、その評価に見合...
時代劇

陰陽師|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2001年公開の日本映画。夢枕獏原作の陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた伝奇小説『陰陽師』の映画化作品。平安京を舞台に、陰陽師・安倍晴明の活躍を描く時代活劇。監督は「秘密」の滝田洋二郎。第56回毎日映画コンクール録音賞、第44回ブルーリボン賞主演男優賞(野村萬斎)、ゴールデングロス賞銀賞、第25回日本アカデミー賞最優秀録音賞&新人俳優賞(野村萬斎)ほか(優秀主演男優賞(野村萬斎)、優秀助演女優賞(小泉今日子)、優秀監督賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀編集賞、優秀美術賞、優秀音楽賞)受賞作品。 陰陽師 映画批評・備忘録 陰陽師(おんみょうじ)脚本:33点演技・演出:17点撮影・美術:15点編...
ロマンス

ノッティングヒルの恋人|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1999年公開のイギリス映画。ロンドン西部のノッティング・ヒルを舞台に、冴えない書店主とハリウッド女優の恋愛を描く。人気俳優陣の出演もあり、今なおとても人気の高いラブ・ストーリー。出演はジュリア・ロバーツとヒュー・グラントなど。韓国で、チェ・ジウ主演で、『スターの恋人』という題名でテレビドラマ化された。 ノッティングヒルの恋人 映画批評・備忘録 ノッティングヒルの恋人(原題:Notting Hill)脚本:36点演技・演出:18点撮影・美術:16点編集:9点音響・音楽:10点合計89点 エルビス・コステロが歌う『She』を聞いたら今作の映像が頭の中で流れてくるくらい映画と主題歌がシン...
SFアクション

マトリックス レザレクションズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2021年公開のアメリカ合衆国の映画。真実の先を 知りたくないか? 全世界で空前の社会現象を巻き起こしたアクション超大作の新章! 未来を選ぶのはあなただ。映画『マトリックス』シリーズの第4作目に当たり、キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ジェイダ・ピンケット・スミス、ランベール・ウィルソンらが前作に引き続き出演する。 マトリックス レザレクションズ 映画批評・備忘録 マトリックス レザレクションズ(原題: The Matrix Resurrections)脚本:32点演技・演出:15点撮影・美術:18点編集:7点音響・音楽:8点合計80点 せっかく面白い映画なのに、あえてつまらな...
ヤンキー映画

下妻物語|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2004年公開の日本映画。嶽本野ばらによる同名小説を映画化。茨城県下妻市を舞台に、ロリータとヤンキーという正反対の価値観を持つ2人の少女の友情を描いた青春コメディ。ロリータ少女の桃子を深田恭子、ヤンキー少女のイチゴを土屋アンナがそれぞれ演じた。 下妻物語 映画批評・備忘録 下妻物語(しもつまものがたり英題:Kamikaze Girls)脚本:36点演技・演出:18点撮影・美術:15点編集:10点音響・音楽:7点合計86点 数々の名作コマーシャルを生み出してきた中島哲也監督なのでテンポの良い編集は神業のように思えますし、要所要所で笑いが起こるような構成・セリフも素晴らしい。CMを長年手...
コメディ

劇場版 おいしい給食 Final Battle|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2020年公開の日本映画。1980年代の中学校で、給食が大好きな教師と生徒が「どちらが給食をおいしく食べるか」を競うドラマを映画化。劇場版では学校から給食がなくなるという事態に、給食絶対主義者の教師が立ち上がる。主演の市原隼人、ライバルの佐藤大志ら主要キャストがドラマから続投し、『柴公園』シリーズの水野勝とドロンズ石本、ドラマシリーズ「3年B組金八先生」などの直江喜一が新たに出演。 劇場版 おいしい給食 Final Battle 映画批評・備忘録 劇場版 おいしい給食 Final Battle脚本:35点演技・演出:17点撮影・美術:15点編集:9点音響・音楽:8点合計84点 ドラマ...
SFサスペンス

LUCY/ルーシー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2014年公開のフランス・アメリカ合作映画。人類の脳は10%しか機能していない。 もしも脳が100%へ覚醒したら?という人間の根源的な謎に向き合いながらも極上のエンターテイメントに仕上げられた本作。パリ、台北を舞台に、グローバルに展開する大胆で予測不能なストーリーと、磨き上げられたスタイリッシュな映像世界で観るものを目醒めさせていく、覚醒型アクション・エンターテイメント!『レオン』『ニキータ』『フィフス・エレメント』――時代に先駆け、儚くも力強い女性像を確立してきた映画監督リュック・ベッソン。革新的な映像と、普遍的なメッセージで、孤独の中で壮絶な運命を切り拓くヒロインを描き続けてきたカリス...
犯罪(クライム)

身代金|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1996年公開のアメリカ合衆国の映画。1956年のアメリカ映画『誘拐』のリメイク作品。リスクを伴う危険な取引など日常茶飯事の実業家トム・ミューレン(メル・ギブソン)。しかし9歳になる一人息子が誘拐され、FBIの救出作戦が失敗に終わったとき、彼は人生で最も危険な賭けに出る。原作では息子を誘拐された被害者夫婦とその周囲、そして世間の世論にスポットライトが当てられていたが、本作では犯人グループについても細かく描写されているのが特徴である。 身代金 映画批評・備忘録 身代金(みのしろきん、原題: Ransom)脚本:35点演技・演出:16点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:7点合計80点...
西部劇

クイック&デッド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1995年公開のアメリカ合衆国の映画。悪名高き権力者によって支配された荒野の開拓地で命と賞金を賭けた早撃ちトーナメントが始まろうとしていた。主役の女ガンマンを演じるシャロン・ストーンが製作にも関わり、当時オーストラリアの知る人ぞ知る名優だったラッセル・クロウを相手役に抜擢。さらに当時は若手のホープとして名を鳴らしていたレオナルド・ディカプリオを必死に交渉して出演させた。 クイック&デッド 映画批評・備忘録 クイック&デッド(原題:The Quick and the Dead)脚本:32点演技・演出:17点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:9点合計83点 スーパー...
西部劇

荒野の用心棒|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1964年公開のイタリア映画。二人のボスが対立するニューメキシコの小さな町に現れた凄腕のガンマン。御存じ黒澤明の「用心棒」を西部劇に翻案したマカロニ・ウェスタンの代表作。イタリアで公開された黒澤明の『用心棒』を見て感銘を受けたセルジオ・レオーネが、日本の時代劇『用心棒』を西部劇に作り変えようとしたのが始まりである。レオーネは同僚の撮影監督や脚本家たちを誘って再度『用心棒』を鑑賞、脚本執筆の参考にするために映画の台詞をそのまま書き写したと言われている。この映画の後にイーストウッド主演による『夕陽のガンマン』、『続・夕陽のガンマン』の2作が制作され、『荒野の用心棒』と合わせて「ドル箱三部作」と...
スーパーヒーロー映画

インクレディブル・ハルク|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2008年公開のアメリカ合衆国の映画。マーベル・コミックから生まれた人気キャラクターを、演技派エドワード・ノートンを主演に迎え装いも新たに再映画化したヒーロー・アクション。怒りの感情によって緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう主人公ブルース・バナーが、葛藤を乗り越え自らの運命に立ち向かう姿を、迫力のアクション・シーン満載で描き出す。 インクレディブル・ハルク 映画批評・備忘録 インクレディブル・ハルク(原題: The Incredible Hulk)脚本:34点演技・演出:17点撮影・美術:17点編集:10点音響・音楽:9点合計87点 ひとつ前の『ハルク』の出来栄えが酷い状況だったの...
サスペンス・スリラー

ザ・ファーム 法律事務所|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1993年公開のアメリカ合衆国の映画。ジョン・グリシャム著の小説『法律事務所』を映画化。マフィアのボスを相手に、青年の必死の攻勢を描くスリル満点のサスペンス。 ザ・ファーム 法律事務所 映画批評・備忘録 ザ・ファーム 法律事務所(原題:The Firm)脚本:36点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:8点音響・音楽:7点合計84点 キラキラ輝くトム・クルーズが次第に追い込まれていく映画は最近では見られないので、新鮮に感じてしまう本格サスペンス映画です。ジーン・ハックマン、ゲイリー・ビジー、ホリー・ハンターに加えFBIの捜査官にエド・ハリス、殺し屋にトビン・ベルと脇役も含めて豪華...
コメディ

ハード・ウェイ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1991年公開のアメリカ合衆国の映画。マイケル・J・フォックス、ジェームズ・ウッズの競演で贈る、ジョン・バダム監督のスリル満点のアクション・コメディ。刑事役のジェームズ・ウッズは役作りのため、本物の警察官に密着した。まさに、マイケル・J・フォックスが演じたニックと同じ事をした訳である。 ハード・ウェイ 映画批評・備忘録 ハード・ウェイ(原題:The Hard Way)脚本:33点演技・演出:16点撮影・美術:16点編集:9点音響・音楽:8点合計82点 マイケル・J・フォックス主演映画ですが、ジェームズ・ウッズの演技が素晴らしく当たり役と言えるものです。ニックを演じるマイケルは子供のよ...
SFアクション

ターミネーター:ニュー・フェイト|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2019年公開のアメリカ合衆国の映画。ジェームズ・キャメロン完全復活!『T2』の正統な続編!人類の新たな運命を見届けよ。 メキシコシティの自動車工場で働く女性ダニーは、ある日突然、未来から来たターミネーター“REV-9”に襲われる。ダニーを守ったのは、同じく未来から送り込まれた強化型兵士、グレース。彼女の並外れた戦闘能力により、REV-9を撃退するが、決して死なないその最新型ターミネーターは、再び彼女たちに襲い掛かる。そんな中、必死に逃げ惑う2人を救ったのは、人類の未来のためにターミネーターと戦い続ける戦士、サラ・コナーだった――。「ターミネーター」シリーズの第6作目にして『ターミネーター...
SFアクション

ターミネーター:新起動/ジェニシス|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2015年公開のアメリカ合衆国の映画。未来の人類反乱軍のリーダーであるジョン・コナーの母サラ・コナーを歴史から抹消するため、未来から殺戮マシーンのターミネーター「T-800」が送り込まれる。しかし、そこには老いた姿の同型ターミネーターが待ち受けていた。本作は、「ターミネーター」フランチャイズのリブート作品であり、オリジナル作品の基本的なストーリーを別の方向に展開している。アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク、ジェイ・コートニー、J・K・シモンズ、ダヨ・オケニー、マット・スミスらが出演している。2015年7月1日にパラマウント・ピクチャーズからRealD...
SFアクション

ターミネーター3|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2003年公開のアメリカ合衆国の映画。『ターミネーター』シリーズの3作目であり、『ターミネーター2』(1991年)の続編。前作の10数年後、20代の青年ジョン・コナーの前に前2作のT-800そっくりのターミネーターT-850と、その進化型である女性型ターミネーターT-Xが出現。未来から彼らを送ってきたのは誰なのか? その目的は? シリーズの設定はもちろん、お約束セリフもすべて登場する正攻法の続編。2003年6月30日にロサンゼルスのウェストウッドでプレミア上映され、2003年7月2日に米国ではワーナー・ブラザース・ピクチャーズが公開した。全世界で4億3,340万ドル以上の興行収入を記録し、...
サスペンス・スリラー

アンノウン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2011年公開のアメリカ・ドイツ合作映画。ベルリンを舞台に繰り広げられるアクション・スリラー。交通事故から目覚めると妻が自分のことを忘れ、別の男が自分に成り済ましていた上に、何者かに命を狙われる羽目になった男が、奪われた身元を取り戻そうと奮闘する。監督は『エスター』が高い評価を得たジャウマ・コレット=セラ。 アンノウン 映画批評・備忘録 アンノウン(原題:Unknown)脚本:35点演技・演出:17点撮影・美術:17点編集:9点音響・音楽:7点合計85点 監督のジャウマ・コレット=セラの映画はどれも面白いといえるくらい良作メーカーな方で、スリラー表現が上手い監督です。特撮やCGを効果...
アクション映画

ゴースト&ダークネス|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1996年公開のアメリカ合衆国の映画。19世紀末のイギリス領東アフリカ(現・ケニア)で140人を殺害したといわれる2頭の人食いライオン(ツァボの人食いライオン)をモチーフにした動物パニック・アクション映画。かつて人気ジャンルでもあったアフリカ猛獣狩り映画を、『プレデター2』などの俊英スティーヴン・ホプキンス監督が再現。マイケル・ダグラス(兼・製作総指揮)、ヴァル・キルマー出演。 ゴースト&ダークネス 映画批評・備忘録 ゴースト&ダークネス(原題:The Ghost and the Darkness)脚本:31点演技・演出:14点撮影・美術:18点編集:8点音響・音楽:10点合計81点 ...
ロマンス

レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1994年公開のアメリカ合衆国の映画。20世紀初頭にモンタナの荒野と平原に住んでいた3人の兄弟とその父親、そして彼らの生活と自然、歴史、戦争、愛を描いた壮大な時代劇であり西部劇。ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス、エイダン・クインほか出演。 レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い 映画批評・備忘録 レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い(原題:Legends of the Fall)脚本:36点演技・演出:18点撮影・美術:18点編集:8点音響・音楽:8点合計88点 ブラッド・ピット主演作品で一番好きな作品です。ブラピのすべてが見れる映画というか、彼の表現者としてのすば...
戦争

ハート・ロッカー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2008年公開のアメリカ合衆国の映画。イラクに駐留するアメリカ軍の中でも、最大の危険を伴う爆発物処理班の兵士を描き、2009年の賞レースを席巻した戦争アクション。命知らずの兵士と仲間との確執と友情を軸に、緊張感溢れる爆発物処理の現場をリアルに映し出す。2008年のヴェネツィア国際映画祭、トロント国際映画祭で上映。第82回アカデミー賞では9部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響効果賞、録音賞の6部門で受賞した。2020年に、この映画は米国議会図書館によって「文化的、歴史的、または美的に重要」であるとして米国国立フィルム登録簿に保存されるように選ばれました。 ハ...
サスペンス・スリラー

交渉人|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1998年公開のアメリカ合衆国の映画。個性派俳優の競演でスリリングな頭脳戦が繰り広げられるサスペンス・アクション!IQ180の駆け引きを演じるのはサミュエル・L・ジャクソンとケビン・スペイシー。 交渉人 映画批評・備忘録 交渉人(こうしょうにん 原題:The Negotiator)脚本:36点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:8点音響・音楽:7点合計84点 IQ180の駆け引きのキャッチフレーズは、ピンとこないものですが、絶体絶命の状況下でも折れないローマンの巧みな交渉術で現状の打開を進めていくのは見ていて気持ち良いものでした。また、熱い雰囲気のサミュエル・L・ジャクソンに対...
ヒューマンドラマ

ウォルター少年と、夏の休日|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2003年公開のアメリカ合衆国の映画。名子役ハーレイ・ジョエル・オスメントと、マイケル・ケイン、ロバート・デュバルという老名優が共演したハートウォーミングなドラマ。父のいない14歳のウォルターがひと夏の間、母の親類である老兄弟の家に預けられる。どうやら母は、兄弟が隠し持つ大金を狙っているらしい。傍若無人な兄弟の生活に戸惑っていたウォルターだが、彼らの過去の冒険談を聞き、大人へと成長していく。 ウォルター少年と、夏の休日 映画批評・備忘録 ウォルター少年と、夏の休日(原題:Secondhand Lions)脚本:35点演技・演出:18点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:7点合計85...
ファンタジー

ブラザーズ・グリム|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2005年公開のイギリス映画。グリム童話の誕生秘話を、斬新な発想のもとに映像化した大人のファンタジー作品。監督は『12モンキーズ』の天才テリー・ギリアムが務め、グリム兄弟にはのマット・デイモンと、のヒース・レジャーが扮する。“あかずきんちゃん”“ヘンゼルとグレーテル”などおなじみのキャラクターたちが登場する。 ブラザーズ・グリム 映画批評・備忘録 ブラザーズ・グリム(原題:The Brothers Grimm)脚本:33点演技・演出:16点撮影・美術:17点編集:7点音響・音楽:7点合計80点 キャスティングや編集権を巡ってテリー・ギリアム監督とプロデューサーのワインスタイン兄弟が対...
ホラー映画

催眠(さいみん)|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1999年公開の日本映画。松岡圭祐の小説『催眠シリーズ』の映画化。催眠による連続殺人事件に挑む心理カウンセラーと老刑事の姿を描いたサイコ・サスペンス。映画の続編として2000年にTBSでテレビドラマ版が放送された。やや理知的で催眠を真面目に考証した原作と異なり、異常な事件が起こるサスペンスホラー映画として製作される。 ヒロインの入絵由香(菅野美穂)は特に大幅に変更され映画『リング』シリーズの山村貞子のような描写も登場する。 催眠 映画批評・備忘録 催眠(さいみん)脚本:34点演技・演出:18点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:8点合計83点 サイコ・サスペンス映画というよりホラ...
アドベンチャー映画

ハムナプトラ2/黄金のピラミッド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2001年公開のアメリカ合衆国の映画。1999年の映画『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』の続編で、リックとエヴリンは結婚し、二人の間に生まれたアレックスという息子が新しいキャラクターとして加わっている。腕輪が映し出す黄金のピラミッド―そこに隠された謎は解けるのか!?大ヒット・アドベンチャー大作の続編! ハムナプトラ2/黄金のピラミッド 映画批評・備忘録 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド(原題:The Mummy Returns)脚本:34点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:6点音響・音楽:7点合計80点 前作以上の作品するべくスケールアップした続編で、スコーピオン・キングなど...
アドベンチャー映画

ハムナプトラ/失われた砂漠の都|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1999年公開のアメリカ合衆国の映画。砂漠の奥地に眠る"死者の都"に財宝探しに赴いた一行。封印されていた邪悪な呪いをうっかり解き放してしまい、呪われたミイラがこの世によみがえり...。スティーヴン・ソマーズ監督・脚本のアドベンチャー映画。1959年に英国ハマー・フィルム・プロダクションが制作した『ミイラの幽霊』(テレンス・フィッシャー監督)に続き、1932年公開の『ミイラ再生』(カール・フロイント監督)の二度目のリメイク作品である。 ハムナプトラ/失われた砂漠の都 映画批評・備忘録 ハムナプトラ/失われた砂漠の都(原題:The Mummy)脚本:36点演技・演出:17点撮影・美術:17...
サスペンス・スリラー

背徳の囁き(はいとくのささやき)|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1990年公開のアメリカ合衆国の映画。 ロサンゼルス市警察内部に暗躍する悪徳警官と、内務調査班(インターナル・アフェア)の捜査官との対決を描く。 監督はマイク・フィギス、出演はリチャード・ギアとアンディ・ガルシアなど。リチャード・ギアが初めて悪の大役を演じたことが話題となったサスペンス映画。 背徳の囁き 映画批評・備忘録 背徳の囁き(原題:Internal Affairs)脚本:36点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:8点音響・音楽:7点合計84点 スタッフもキャストも猛者を集めたような作品ですが、リアリティのある脚本や迫力のあるシーンが随所に散りばめられているのでストーリー...
戦争

ワルキューレ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2008年公開のアメリカ・ドイツ合作映画。第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズがその計画の中心的人物であったシュタウフェンベルク大佐を演じたサスペンス。ヒトラーの独裁政権に屈する者と世界を変えようとする者、そして両者の裏で陰謀をたくらむ者が、戦争の混乱の中で繰り広げる駆け引きを描く。シンガー監督のこだわりにより、撮影の多くは実際に事件の起こった現場・史跡においてロケを行い、登場する建物や車輌も極力当時の本物が使われている。ただし、ヒトラーの住居兼大本営であったベルクホーフ・ハウスは既に破壊されていたため、ヒトラーの恋人エーファ・ブラウンの撮影したホームムー...
スポーツドラマ

メジャーリーグ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1989年公開のアメリカ合衆国の映画。メジャーリーグベースボール(MLB)に実在する球団、クリーブランド・インディアンスを舞台にしたコメディー映画である。落ちこぼれ球団インディアンスのオーナーに就任した前オーナーの未亡人は、球団本拠地を自分の好きなマイアミに移す為、インディアンスの観客動員数を最低レベルまで落とそうと画策する。集められた三流選手達は、いずれも曲者揃い。しかし、落ちこぼれ選手達は徐々にその潜在能力を発揮し始め・・・。続編に『メジャーリーグ2』、『メジャーリーグ3』がある。 メジャーリーグ 映画批評・備忘録 メジャーリーグ(原題:Major League)脚本:35点演技・...
アクション映画

ジャッカル|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1997年公開のアメリカ合衆国の映画。1973年の映画『ジャッカルの日』のリメイク作品でブルース・ウィリス、リチャード・ギア共演によるアクション。正体不明の暗殺者“ジャッカル”が動き出すという情報に、世界中のVIPが震え上がる。各国の情報組織は“ジャッカル”を狩り出すため、伝説のスナイパーを放つ。 ジャッカル 映画批評・備忘録 ジャッカル(原題:The Jackal)脚本:34点演技・演出:16点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:7点合計80点 ブルース・ウィリスの怪演ともいえる悪役の冷酷さが際立っていて怖いんです。一方でリチャード・ギアは情熱的な一面も見える闘士という雰囲気が...
アクション映画

ビバリーヒルズ・コップ2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1987年公開のアメリカ合衆国の映画。1984年の映画『ビバリーヒルズ・コップ』シリーズの2作目。監督はトニー・スコット。エディ・マーフィが演じるデトロイトの刑事、アクセル・フォーリーがふたたびビバリーヒルズに出向き、前作で知り合った刑事のビリー(ジャッジ・ラインホルド)、タガート(ジョン・アシュトン)とともに武装強盗団と対決するという内容。3億ドル近い興行収入を記録した。 ビバリーヒルズ・コップ2 映画批評・備忘録 ビバリーヒルズ・コップ2(原題:Beverly Hills Cop II)脚本:34点演技・演出:17点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:10点合計86点 今作は...
アクション映画

ビバリーヒルズ・コップ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1984年公開のアメリカ合衆国の映画。高級住宅街ビバリーヒルズへ単身出向くことになるデトロイトの刑事、アクセル・フォーリーの活躍を描いた作品。1982年に『48時間』で映画俳優としてデビューしたエディ・マーフィの映画初主演作であり、エディ・マーフィ・プロダクション名義でアソシエイト・プロデューサーも務めた。本作は3億1600万ドルを超える興行収入を記録し、第57回アカデミー賞の脚本賞、第42回ゴールデングローブ賞の作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にもノミネートされた。続編として1987年に『ビバリーヒルズ・コップ2』、1994年には『ビバリ...
ホラー映画

ヒルズ・ハブ・アイズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2006年公開のアメリカ合衆国の映画。「エルム街の悪夢」「スクリーム」のウェス・クレイヴンが発表した1977年のホラー映画『サランドラ』のリメイクで、『ハイテンション』を世界的にヒットさせたアレクサンドル・アジャ監督のハリウッド・デビュー作でもある。当初はオリジナルと同じロケ地で撮影する予定であったが、すでに分譲住宅開発地区となっていたため断念、撮影は最終的にモロッコで行なわれた。 ヒルズ・ハブ・アイズ 映画批評・備忘録 ヒルズ・ハブ・アイズ(原題:The Hills Have Eyes)脚本:33点演技・演出:16点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:8点合計82点 スプラッタ...
ホラー映画

ハイテンション|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2003年公開のフランス映画。とうもろこし畑に囲まれた、田舎の一軒家を襲った惨殺を描いたスプラッター・ホラー。あまりに残酷な演出とあからさまな殺人描写で日本での公開が長らく封印されてきたフランス発の究極の直球スプラッター!劇場では耐え切れずに途中で席を立つ観客が続出。あなたはこの極限恐怖体験を何分正視できるのか!? 監督は『ヒルズ・ハブ・アイズ』『ピラニア3D』などで観客を恐怖のどん底に落とし続けるアレクサンドル・アジャ。 ハイテンション 映画批評・備忘録 ハイテンション(原題: Haute Tension)脚本:29点演技・演出:17点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:9点合計...
SFパニック

ウエストワールド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1973年公開のアメリカ合衆国の映画。最も贅沢なレジャーが、最も危険なサバイバルに変わる。マイケル・クライトンの初監督作品。最新科学で作られたテーマパークが暴走するという着想を後にクライトンは「ジュラシック・パーク」に発展させた。マイケル・クライトンが脚本も担当。作家としてばかりでなく、脚本家および監督としての評価も高めた作品。2016年からは、本作に基づいた『ドラマシリーズ』がHBOで放送されている。 ウエストワールド 映画批評・備忘録 ウエストワールド(原題:Westworld)脚本:40点演技・演出:17点撮影・美術:12点編集:7点音響・音楽:7点合計83点 SF映画の金字塔...
SFアクション

世界侵略: ロサンゼルス決戦|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2011年公開のアメリカ合衆国の映画。ロサンゼルスに襲来した地球外生命体の軍勢にアメリカ海兵隊が立ち向かうアクション映画。日本の宣伝キャッチコピーは「それでも人類は戦うのか。」「映画史に残る2時間ノンストップの銃撃接近戦!」「戦うしか、選択肢はない。」 世界侵略: ロサンゼルス決戦 映画批評・備忘録 世界侵略: ロサンゼルス決戦(原題:Battle: Los Angeles)脚本:30点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:10点音響・音楽:7点合計80点 宇宙人侵略もの映画といえば、大規模な世界観と派手な破壊映像を見せつける作品が多い中、今作品は1小隊の任務と戦闘をリアルに描写...
アニメーション映画

GANTZ:O(ガンツ:オー)|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2016年公開の日本映画。GANTZ濃度300%のSFサバイバルアクション超大作! !死んだはずの人間と謎の星人の壮絶な戦いを描いた奥浩哉の大ヒットコミック「GANTZ」をフル3DCGでアニメーション映画化。原作の中でも特に人気の高い「大阪篇」を基に、東京と大阪のガンツチームが妖怪軍団と激しいバトルを繰り広げる。 GANTZ:O(ガンツ:オー) 映画批評・備忘録 GANTZ:O(ガンツ:オー)脚本:35点演技・演出:16点撮影・美術:18点編集:9点音響・音楽:8点合計86点 原作とかなり変えてきてますが、ものすごく楽しめました。原作どおりにやったら変態アニメになってしまったことでし...
ヒューマンドラマ

追憶の森|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2015年公開のアメリカ合衆国の映画。富士山の麓にある青木ヶ原樹海(自殺者が多いとされる森)で自殺するために日本にやってきたアメリカ人アーサーの物語である。樹海にやってきたアーサーはナカムラと名乗る男と出会う。ナカムラもまた樹海で自殺しようとしていたのである。2人の男は自己を見つめなおすための旅を始める。マシュー・マコノヒー×渡辺 謙×『グッド・ウィル・ハンティング/ 旅立ち』『ミルク』でアカデミー賞(R)監督賞にノミネートされた名匠監督:ガス・ヴァン・サントが贈る、感動のミステリー! 追憶の森 映画批評・備忘録 追憶の森(原題: The Sea of Trees)脚本:29点演技・演...
ホラー映画

ザ・リング2序章 RINGS|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2005年製作のアメリカ合衆国の映画。『ザ・リング』と『ザ・リング2』をつなぐ短編映画で、ザ・リング2の前日譚にあたる。ザ・リング2の冒頭直前につながる構成になっている。批評家からは本編より高い評価を得ている。監督は後に『テキサス・チェーンソー:ビギニング』『世界侵略: ロサンゼルス決戦』で名をはせた南アフリカ共和国出身のジョナサン・リーベスマン。 ザ・リング2序章 RINGS 映画批評・備忘録 ザ・リング2序章 RINGS(原題:Rings)脚本:34点演技・演出:18点撮影・美術:18点編集:10点音響・音楽:8点合計88点 リングシリーズで最もよくできている怖い作品です。ザ・リ...
SFコメディ

ゴーストバスターズ/アフターライフ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2021年公開のアメリカ合衆国の映画。日本国内では2022年2月4日に公開された。『ゴーストバスターズ』(1984年)、『ゴーストバスターズ2』(1989年)の続編であり、「ゴーストバスターズ」フランチャイズでは第4作目となる。監督は、シリーズ第1作目と第2作目の監督を務めたアイヴァン・ライトマンの息子であるジェイソン・ライトマン、脚本はライトマンとギル・ケナンが務める。出演は、キャリー・クーン、フィン・ウルフハード、マッケナ・グレイス、ポール・ラッドらで、ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、アーニー・ハドソン、シガニー・ウィーバー、アニー・ポッツがオリジナル作品からの再出演となる。 ゴ...
韓国映画

死体が消えた夜|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2018年公開の韓国映画。 2012年のスペイン映画『ロスト・ボディ』のリメイクで、完全犯罪を企んで毒殺した妻の死体が消えるなどの不可解な出来事によって追い詰められていく大学教授を描く。韓国では興収ランキング第1位となり、観客動員数は130万人を超えるヒットとなった。 死体が消えた夜 映画批評・備忘録 死体が消えた夜(英題:The Vanished)脚本:35点演技・演出:16点撮影・美術:16点編集:7点音響・音楽:7点合計81点 オリジナルの『ロスト・ボディ』を見てからこちらを見たのですが、韓国版の方がクライマックスが盛り上がったように思えました。どちらもミステリーは素晴らしく、...
ホラー映画

ゴーストランドの惨劇|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2018年公開のカナダ・フランス合作映画。「マーターズ」のパスカル・ロジェ監督が6年ぶりにメガホンをとり、絶望的な惨劇に巻き込まれた姉妹の運命を、全編に伏線と罠を張り巡らせながら描いたスラッシャー・ホラー。ロジェ監督が作り上げた"狂気の迷宮"に、いつ迷い込んだのか。凄惨な恐怖描写は2度と見たくないが、罠にはまったあなたは必ず2回観たくなるー。 ゴーストランドの惨劇 映画批評・備忘録 ゴーストランドの惨劇(原題:Incident in a Ghostland)脚本:33点演技・演出:18点撮影・美術:18点編集:10点音響・音楽:8点合計87点 あの『マーターズ』の監督の映画だと思うと...
ヒューマンドラマ

マスク|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1985年公開のアメリカ合衆国の映画。頭蓋骨形成異常疾患(ライオン病)と呼ばれる奇病を持った実在の人物ロッキー・デニスの生涯を描いたヒューマン・ドラマ映画。難病を抱える息子を支えたのは明るく力強い母の愛情だった…。16歳でこの世を去った少年の実話を基に、親子愛を描いたヒューマン・ドラマの秀作。主人公の母フローレンス役のシェールがカンヌ映画祭女優賞を受賞。第58回式典でアカデミーメイクアップ賞を受賞し、シェールとストルツはそのパフォーマンスでゴールデングローブ賞にノミネートされました。 マスク 映画批評・備忘録 マスク(原題:Mask)脚本:34点演技・演出:17点撮影・美術:15点編集...
アクション映画

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2018年公開のアメリカ合衆国の映画。かつてヒトラーを暗殺した元兵士に舞い込んだ<ビッグフット討伐>難易度MAXの任務! 最強の兵士vsビッグフット! 勝つのはどちらか! ?サム・エリオット主演によるモンスターアクション映画。ジョン・セイルズとダグラス・トランブルが製作総指揮をつとめ、トランブルは特殊効果も担当した。カナダのモントリオールで開催されたファンタジア映画祭でデビューし、2018年7月20日に初公開されました。米国初演は、2018年8月10日にテキサス州エルパソで開催されたプラザクラシック映画祭で行われました。 ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男 映画批評...
香港・台湾・中国映画

少林寺|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1982年公開の香港映画・中国映画。あらゆる武術のルーツといわれる少林拳の数々を駆使して、悪の手から少林寺を守る若い僧たちの活躍を描くアクション映画。中国はもとより、日本などでも少林寺・少林拳ブームを巻き起こした。5年連続中国武術大会で総合チャンピオンに輝いた経歴を持つリー・リンチェイ(現:ジェット・リー)の映画デビュー作。リンチェイの他にも、ユエ・ハイ(于海)やフー・チェン・チャン(胡堅強)などの本物の武術家を使い、すべてスタントなしで撮影された。 少林寺 映画批評・備忘録 少林寺(しょうりんじ 英題:The Shaolin Temple)脚本:33点演技・演出:20点撮影・美術:1...
香港・台湾・中国映画

霊幻道士|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1985年公開の香港映画。世期中期-20世紀初頭中国を舞台としたチャイニーズアクションホラーコメディ。日本での公開は1986年4月26日で観客動員数20万人。キョンシー映画の火付け役とも言われた。サモ・ハン・キンポーが監督、主演を兼任して手がけ、1980年に公開された香港映画『妖術秘伝・鬼打鬼』を元にして生まれたアクションホラー映画。中国古来の伝承に登場する妖怪「キョンシー」を物語の主軸に据え、特殊効果とカンフーアクションを織り交ぜたコミカルなホラー映画として「キョンシーホラー」と呼ばれるジャンルを作り上げ、後に続くキョンシーシリーズの基礎を確立した。香港、台湾、日本などで大ヒットを記録し...
犯罪(クライム)

ジョーカー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2019年公開のアメリカ合衆国の映画。DCコミックス「バットマン」シリーズに登場するヴィランであるジョーカーをベースとしたサイコ・スリラー映画。本作は、「DCエクステンデッド・ユニバース」をはじめ、過去に製作された「バットマン」の映画・ドラマ・アニメーションのいずれとも世界観を共有しない、完全に独立した映画である。ジョーカーの原点を描いた内容ではあるが、本作以前の映像作品に登場している、どのジョーカーの過去でもない。 ジョーカー 映画批評・備忘録 ジョーカー(原題:Joker)脚本:35点演技・演出:19点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:8点合計87点 人が悪の存在になるのは...
ホラー映画

アルカディア|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2017年公開のアメリカ合衆国の映画。ジャステイン・ベンソン&アーロン・ムーアヘッドが監督・脚本・撮影・製作を手がけてダブル主演も務め、超常現象を操るカルト集団の謎に挑む兄弟を描いたSFスリラー。本作は世界最高のジャンル映画祭、シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭など各国の映画祭に出品され、特にヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭では国際批評家賞とイマジン・ザ・フューチャー賞、プチョン国際ファンタスティック映画祭では最優秀作品賞を獲得。2012年の映画「キャビン・イン・ザ・ウッズ(原題:Resolution)」の部分的な続編として解釈される可能性があります。 アルカディ...
アドベンチャー映画

ノア 約束の舟|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2014年公開のアメリカ合衆国の映画。ダーレン・アロノフスキー監督、ラッセル・クロウ主演によるスペクタクル巨編。すべてを滅ぼし新たな世界を創るという神のお告げを背負ったノアが、人間同士の争いや家族への愛などに苦悩しながら課せられた使命に殉じる姿を描く。公開後、フィクションにも関わらず宗教関係者・信徒・環境保護活動家などから批判が起こったものの、映画批評家や観客などから概ね評価が高い作品だった。しかし、2014年度(第35回)ラジー賞においては最低監督賞、最低スクリーンコンボ賞、最低脚本賞、最低リメイク・盗作・続編賞の4部門でノミネート候補リストに入った。 ノア 約束の舟 映画批評・備忘録...
アクション映画

ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2019年公開のインド映画。動物保護区に侵入した密猟者と闘う獣医を描き、ジャームワールのマーシャルアーツとアクション・スタントが注目された。超一流のスタッフ陣がハリウッドから集結! ! 監督は『マスク』『スコーピオン・キング』のチャック・ラッセル!撮影監督に『ロボコップ2』のマーク・アーウィン、武術指導は『新少林寺/SHAOLIN』のニッキー・リー。製作陣が作品のテーマである野生動物の密猟問題の普遍性・重要性をラッセル監督に直訴、監督が快諾し実現した超話題作! !ラッセル監督は製作について「ボリウッドの音楽とダンス、素晴らしいアーティストたちと共に自然界への回帰についての普遍的な物語を作り...
ヒューマンドラマ

リバー・ランズ・スルー・イット|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1992年公開のアメリカ合衆国の映画。ノーマン・マクリーンの小説「マクリーンの川」をレッドフォードとリチャード・フリーデンバーグが脚色。主演はクレイグ・シェイファー、ブラッド・ピット。舞台となったモンタナ州の雄大な自然(特に川)とフライ・フィッシングの美しい描写で、第65回アカデミー賞では撮影賞を受賞。主演のブラッド・ピットは若手俳優としての地位を確立した。 リバー・ランズ・スルー・イット 映画批評・備忘録 リバー・ランズ・スルー・イット(原題:A River Runs Through It)脚本:32点演技・演出:17点撮影・美術:18点編集:8点音響・音楽:8点合計83点 渓流釣...
犯罪(クライム)

テルマ&ルイーズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1991年公開のアメリカ合衆国の映画。平凡な主婦“テルマ”とウエイトレスの“ルイーズ”の逃避行を描いた、リドリー・スコット監督が放つ傑作ロードムービー。主演はスーザン・サランドン、ジーナ・デイビス。第64回アカデミー賞において6部門にノミネートされ、脚本賞を受賞し、2016年にはアメリカ国立フィルム登録簿に追加された。しばしば「90年代の女性版」アメリカン・ニュー・シネマと評されており、また、ブラッド・ピットの出世作としても知られる。 テルマ&ルイーズ 映画批評・備忘録 テルマ&ルイーズ(原題:Thelma and Louise)脚本:36点演技・演出:18点撮影・美術:18点...
SFホラー

ライフ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2017年公開のアメリカ合衆国の映画。国際宇宙ステーションを舞台に、火星で発見された生命体の脅威にさらされた宇宙飛行士たちの運命を描く。傑作SFホラー「エイリアン」をほうふつとさせる恐怖を生み出したのは、レット・リース&ポール・ワーニックの脚本家コンビ。「デッドプール」の制作チームと聞くだけで、「絶対に面白い(怖い)はず」と確信できる。「チャイルド44 森に消えた子供たち」を手掛けたダニエル・エスピノーサ監督が、恐るべき緊張感と衝撃を描き出した。 ライフ 映画批評・備忘録 ライフ(原題:Life)脚本:35点演技・演出:18点撮影・美術:19点編集:8点音響・音楽:8点合計88点 『...