スポンサーリンク

コカイン・ベア|このクマ、最高にキマってる。まさかの実話!? クマがコカインを食べちゃった!

コカイン・ベア
この記事は約6分で読めます。

コカイン・ベアは、2023年公開のアメリカ合衆国の映画。コカインを食べて凶暴化したクマが起こす騒動を描いた森林公園を舞台に繰り広げられる究極のワイルド・パニック・アドベンチャー。本作は2022年5月に死去したレイ・リオッタの遺作となっている。実際の事件にインスピレーションを得て製作された。《1985年9月、アンドリュー・ソーントンという麻薬密売業者が、ジョージア州北部でコカインの入ったバッグを投棄。それから3か月後、約40個の開封済みプラスチック容器の隣で、薬物の過剰摂取により死亡したと見られるツキノワグマが捜査員によって発見された。ソーントンは、大量のコカインを体に巻き付けて過積載の飛行機から飛び降りた際、パラシュートの不備によって死亡。》このクマは剥製にされ、ケンタッキー州の土産物屋に置かれているという。

コカイン・ベア 映画批評・評価・考察

コカイン・ベア ブルーレイ+DVD [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥5,280(2024/04/12 20:29時点)

コカイン・ベア(原題:Cocaine Bear)

脚本:30点
演技・演出:16点
撮影・美術:16点
編集:9点
音響・音楽:7点
合計78点

1985年、アメリカ。墜落した麻薬輸送機から失踪したコカインをクマが食べてしまうという事件が発生。そんなウソのようなホントの話に着想を得た、前代未聞の問題作が誕生!突如としてスクリーンに“出没”した<コカイン・ベア>=コカインを食べて狂暴化したクマは、“コーキー”という愛称でソーシャルメディアを中心に話題沸騰。予告編の総再生数は6600万回超え、今年2月の全米公開では初登場第2位を記録し、ついにはアカデミー賞授賞式にも登場し全米のハートを鷲掴みにした!

『コカイン・ベア』は、ユニバーサル・ピクチャーズによって2023年2月24日に米国で公開(日本公開は9月29日)されました。この映画は批評家から概ね好意的な評価を受け、3,000万〜3,500万ドルの製作費に対して8,900万ドル以上の興行収入を記録しました。また、この映画は、2022年5 月に亡くなったレイ・リオッタに捧げられています。

今作品はAmazonプライムで見ました。(吹替版はこちら
amazonプライム・ビデオ

コカイン・ベア あらすじ(ネタバレ)

1985年、麻薬密輸業者のアンドリュー・C・ソーントンが飛行機からコカインを落としてしまう。彼は麻薬の入ったダッフルバッグを持ってパラシュートで降下しようとしたが、ドア枠に叩きつけられて意識を失い、転落死した。彼の遺体はテネシー州ノックスビルに到着し、そこで地元の刑事ボブによって身元が特定される。彼は、コカインはセントルイスの麻薬王シド・ホワイトのものである可能性が高く、残りは行方不明であると結論づけた。一方、チャタフーチー・オコニー国有森林では、アメリカツキノワグマがコカインの一部を食べ​​て非常に攻撃的になり、2人のハイカー、エルサとオラフを攻撃し、エルサとオラフを殺害した。

ジョージア州北東部で、中学生のディーディーは母親で看護師のサリと暮らしていた。ディーディーは森の滝の絵を描くために親友のヘンリーと一緒に学校をさぼる。滝へ向かう途中、二人は紛失したコカインのレンガを見つけ、クマに襲われる前にコカインを摂取する。サリはパークレンジャーのリズと野生生物活動家のピーターとともに子供たちを探すために森へ足を踏み入れる。3人はヘンリーが木にしがみついてクマから隠れているのを発見する。クマが襲いかかり、ピーターはコカインの山につまずき、その途中でリズを切りつけた。クマは木に登ってヘンリーを襲おうとするが、コカインを塗ったピーターに惹かれてしまう。ヘンリーを無視して、クマはピーターを殺した。サリとヘンリーは森の奥へ逃げ、リズは助けを求めた。

セントルイスでは、シドがフィクサーを送り込み、デイビードは残りのコカインを回収する。デイビードはシドの息子エディと一緒にジョージア州へ旅行するが、エディは妻の死で憂鬱になり、自分の息子を捨てた。彼らはボブと同様にジョージア州に到着した。森林駅でデイビードは、森で問題を起こす不良3人組、デュシャン一味と喧嘩になる。デイビードが彼らを殴った後、メンバーの一人であるスタッシュは、デイビードとエディを連れて展望台に隠していたコカインの一部を回収することに同意する。リズはクマに追われて駅に戻ってた。リズは、クマがもう一人のベストを殺す前に、デュシャン家の一人であるポニーテールを誤って殺してしまう。救急隊員のベスとトムが到着し、クマとの短い小競り合いの後、リズを救出する。彼らはリズと一緒に救急車で出発したが、クマは追いかけて車に飛び込んだ。その後の混乱の中で、トムはクマに襲われて死んでしまう。一方、リズは救急車から転落し、路上で引きずり込まれて死亡した。ベスは救急車のコントロールを失い木に激突し、フロントガラスを突き破って死亡した。

サリとヘンリーは、ディーディーが絵の具の痕跡を残したことを発見し、それを使って彼女を追跡する。デイビードとエディはガゼボに連れて行かれるが、そこでコカインのダッフルを隠し持ったボブを見つけ、ボブはデイビードに傷を負わせる。クマが現れたが、ボブはコーラの袋でクマの気をそらす。ボブは突然シドに射殺され、シドは上司からコカインを回収するよう圧力を受けていることを明かす。

サリとヘンリーは、悲しんでいるオラフを見つけ、ディーディーの隠れ家であるクマの洞窟に案内した。そこには2匹の子グマがいて、クマが母親であることが分かった。オラフは立ち去り、クマに殺されてしまう。シド、エディ、デイビードは、滝の後ろの棚につながる洞窟を見つける。クマが洞窟に戻ってきた。サリ、ヘンリー、ディーディーは安全な場所へ下の水に飛び込み、次にエディとデイビード(一緒に麻薬ビジネスをやめる選択をした)が続き、全員が生き残る。しかし、シドは洞窟で見つかったコカインの入った袋を手放すことを拒否した。彼はクマを撃ち、負傷させたが、殺すことはできず、クマとその子熊によって 内臓を切り取られた。

その後、スタッシュはコカインの入ったダッフルバッグを持ってニューヨークへヒッチハイクし、エディはデイビードとボブの犬を連れて息子と再会する。

コカイン・ベア スタッフ

監督:エリザベス・バンクス
脚本:ジミー・ウォーデン
製作:フィル・ロード,クリス・ミラー,エリザベス・バンクス,マックス・ハンデルマン,ブライアン・ダッフィールド
音楽:マーク・マザーズボー
撮影:ジョン・ガレセリアン
編集:ジョエル・ネグロン
製作会社:ブラウンストーン・プロダクションズ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ,パルコ=ユニバーサル映画

コカイン・ベア キャスト

サリ:ケリー・ラッセル
デイビード:オシェア・ジャクソン・Jr
エディー:オールデン・エアエンライク
ヘンリー:クリスチャン・コンベリー
ディーディー:ブルックリン・プリンス
ボブ:イザイア・ウィットロック・Jr
リズ:マーゴ・マーティンデイル
シド・ホワイト:レイ・リオッタ
ピーター:ジェシー・タイラー・ファーガソン
オラフ:クリストファー・ヒヴュ
トム:スコット・ザイス
アンドリュー・ソーントン:マシュー・リース

コカイン・ベア 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ
コカイン・ベア ブルーレイ+DVD [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥5,280(2024/04/12 20:29時点)