スポンサーリンク

ライト/オフ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ライト/オフ
この記事は約5分で読めます。

2016年公開のアメリカ合衆国の映画。スウェーデンの映像作家デヴィッド・F・サンドバーグが2013年にネットで発表し話題となった短編映画Lights Outを、『ソウ』のジェームズ・ワン製作、サンドバーグ自身が監督して長編映画化した作品。電気を消すと現れる謎の存在に迫られる姉弟が体験する恐怖を描く。脚本は『遊星からの物体X ファーストコンタクト』などのエリック・ハイセラーが担当。

ライト/オフ 映画批評・備忘録


ライト/オフ(原題:Lights Out)

脚本:31点
演技・演出:16点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計79点

怖過ぎず怖いホラーです。どんなんやねん。って感じかもしれませんが、精神的ガーン、ドォーンとなるものでもなく、恐怖心を刻んでくる感じでファンタジーホラー色が強いですね。最近は心霊系ホラーはファンタジー色が強く、オカルト色が薄いです。グロがなく映像が美しいといえます。
今作品はAmazonプライムで見ました。

amazonプライム・ビデオ

ライト/オフ [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥1,572(2021/09/17 08:22時点)

ライト/オフ あらすじ(ネタバレ)

エスターという名前の従業員が持つ奇妙な女性のシルエットに遭遇した爪状のライトがオフになっているが、ライトがオンになっているときにそれを見ることができない手。彼女が去った後、彼女の上司のポールは女性に出会い、殺されます。

ポールの継娘レベッカは、彼女の弟、マーティンのために学校の看護師のオフィスに呼ばれます。レベッカとマーティンは半兄弟で、同じ母親のソフィーを共有しています。看護師は、マーティンが最近クラスで眠りに落ちていることを彼女に知らせるためにソフィーと連絡を取ることができませんでした。児童保護サービスにマーティンの生活状況について質問されるレベッカ。レベッカは、ソフィーがうつ病を患っており、抗うつ薬を服用していると当局に伝えています。

マーティンは、母親が「ダイアナ」という女性と話していると姉に話します。レベッカは、ダイアナは本物ではなく、母親が子供の頃に架空の少女と話しているのを聞いたことがあると彼に保証します。レベッカは、母親が薬を服用していないことに気付いたとき、ソフィーと口論になり、マーティンをアパートに連れて行きます。その夜、レベッカはパウロを殺したのと同じ影の女性に起こされました。明かりをつけると攻撃をかろうじて逃れ、女を失踪させる。翌朝、彼女は「ダイアナ」という名前が彼女の床に引っかかれていることに気づき、棒人間の引っかき絵が描かれています。彼女は子供の頃に同じ名前を見つけて絵を描いたことを覚えており、ダイアナが本物であることに気づきました。

レベッカはポールのオフィスで医療記録と研究の箱を見つけました。彼の調査結果は、彼女の母親が子供の頃に精神病院に入院したことを明らかにしています。そこにいる間、彼女はダイアナという名前の若い患者と友達になりました。ダイアナは、日光の下で外出できないほどのひどい皮膚状態に苦しんでおり、強い光の下で彼女に実験的手術を試みたときに、病院のスタッフによって誤って殺されました。彼女は邪悪で「人々の頭に入る」ことができたと信じられていました。ダイアナが頭に入って自殺するように影響を与えた後、ダイアナの父親は自殺した。

レベッカ、彼女のボーイフレンドのブレット、マーティンは、ソフィーがダイアナに彼らを悩ませている方法について、ソフィーとの介入を行います。ソフィーは怒りますが、ダイアナはソフィーを手放さないので、密かにレベッカに助けを求めます。グループはソフィーズに一晩滞在し、朝に彼女の助けを借りようとしています。夜間のダイアナからの攻撃を避けるために、彼らは家をできるだけ明るく照らすように装備します。ダイアナが近所の力を切ったとき、これは役に立たないことがわかります。彼女は地下室でレベッカとマーティンを罠にかけ、ブレットを殺そうとします。ブレットは自分の車のヘッドライトを照らして逃げ出し、他の人を見捨てたようです。地下室で、レベッカはブラックライトを見つけます。彼女がダイアナをはっきりと見たとき・・・

ブレットは2人の警官と一緒に戻ってきます。警官はマーチンとレベッカを地下室から解放します。警官もダイアナの影を見るが、彼女は彼らを殺す。レベッカとマーティンは出かけますが、マーティンは彼らのお母さんも出て行くことを主張します。彼女はマーティンとブレットを送り出し、母親のために戻ってきます。彼女が階段を上るとき、ダイアナはレベッカに何年も前にレベッカの父親を殺したと言います。ダイアナが彼女を殺す準備をしていると、ソフィーは死んだ警官の一人から銃を持って現れます。ソフィーは、ダイアナが現実の世界に存在するためのテザーであることに気づき、レベッカを救うために自分自身を犠牲にしました。彼女の体が落ちると、ダイアナは存在から消えます。

長い夜の後、ブレットは家の外の救急車でマーティンとレベッカを慰め、ダイアナが本当にいなくなったことを彼らに保証した。

ライト/オフ スタッフ

監督:
脚本:
製作:,,
製作総指揮:,,
音楽:
撮影:
編集:,
製作会社:,,
配給:

ライト/オフ キャスト

レベッカ:
マーティン:
ポール:
ブレット:
ソフィー:
ダイアナ:
少女時代のレベッカ:
少女時代のソフィー:
少女時代のダイアナ:

ライト/オフ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ライト/オフ [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥1,572(2021/09/17 08:22時点)

コメント