スポンサーリンク

ポルターガイスト(2015)|その家に、足を踏み入れてはいけない……映画史に残るホラーの金字塔が、鬼才サム・ライミによって再び!

映画 ポルターガイスト(2015)
この記事は約6分で読めます。

ポルターガイストは、2015年公開のアメリカ合衆国の映画。1982年の同名映画のリメイク作。郊外に引っ越して来たボーウェン一家。彼らは新たな生活をスタートさせるが、次第に不気味な雰囲気を感じ始める。1982 年の同名映画のリメイクであり、ポルターガイストシリーズで4番目の映画です。

ポルターガイスト 映画批評・評価・考察


ポルターガイスト(原題:Poltergeist)

脚本:28点
演技・演出:15点
撮影・美術:18点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計77点

1982年の『ポルターガイスト』を同時代性のエンタメに上書きした作品のように思えました。悪夢を見てしまいそうなオカルト色が強かった前作を、お化け屋敷やジェットコースターのようなアトラクションの恐怖にしたことで、びっくりするシーンはあっても不気味で怖い、心理的に追い詰められるようなシーンが無い映画になっています。これがつまらないかというとそうでもなく、分かりやすく前作よりも万人受けするような感じになっています。見終わった後もあっさりとしていますし、夢にうなされそうなトラウマもありませんでした。

ポルターガイストの都市伝説については、特集記事を書いていますので読んでみてくださいね!

映画都市伝説 第1回 映画ポルターガイストの呪い
ポルターガイストの呪い 映画界の都市伝説は数多く存在しますが、その中でもポルターガイストの呪いについては、キャストの死の連鎖や撮影中の怪奇現象など、なにかと噂が途切れない映画となっており、呪いとまで言われるようになりました。リメイク作品については、これを逆手にとってマーケティングに活かしたという話もあります。とはいえ、今回いろいろ調べたところ、本当に起きたことを拾っていくだけでも恐ろしい事実が分かりました。 映画ポルターガイストについて タイトル:ポルターガイスト(原題: Poltergeist) あらすじ引用元:Amazon Prime Video 家の中に、何かがいる。幼いキ...


今作品はAmazonプライムで見ました。
amazonプライム・ビデオ

ポルターガイスト あらすじ(ネタバレ)

エリックとエイミーのボーウェン夫妻は、自分たちと 3 人の子供たちのために新しく家を購入した。子供たちは16 歳の娘ケンドラ、9 歳の息子グリフィン、6 歳の娘マディソン。実はエリックは職場を最近解雇されていたが、最近市場に出た格安の家を見せられ、それを購入して引っ越したのだった。

最初の夜、彼らは壁に奇妙な音が聞こえ、グリフィンは家に残されていたピエロの人形が入った箱を見つけた。真夜中に、家の中を目に見えない力が動いているように見え、ライトと電子機器がオンとオフを切り替え始めた。騒ぎでグリフィンが目を覚まし、階下に行くと、マディがテレビの中で未知の存在と話しているのを見つけた。彼女はグリフィンに誰かが来ると言い、彼はテレビのプラグを抜こうとしたため、ライトが制御不能になった。次に、マディはテレビ画面に触れながら、家族に「彼らはここにいる」と伝えた。

次の夜、エリックとエイミーは子供達を家に残し、友達と夕食に行った。彼らは、その会話の中で不動産開発業者が人間の遺骨を移したはずだったが、彼らの家が古い墓地に建てられたことを知るのだった。ケンドラは洗濯室で奇妙な音に目覚めた。騒音を調べていると、床が割れて死体の手が現れた。それは彼女の足を引っ張り始めたが、彼女はなんとか自分自身を引き上げることができた。 一方、グリフィンは、ピエロの人形が自分で動いているように見えることに気付いた。1体のピエロ人形が彼を襲うが、足で破壊して寝室から逃げた。彼はマディが彼女の部屋で怖がって隅にしゃがんでいるのを見つけ、ケンドラを探しに行く間、とどまるように彼女に言った。その後、マディはランプとお気に入りのおもちゃの光に誘われてクローゼットに入り、終わりのない虚空に迷い込んでしまった。彼女が寝室が遠くに漂っているのを見ると、彼女は幽霊によって暗闇に引きずり込まれた。グリフィンは家の外にある古い木の枝に窓からつかまれ、外に引きずり出された。エイミーとエリックが家に着くと、グリフィンが木の枝に投げつけられ、両親が近づくと解放された。ケンドラはヒステリックにマディが見つからないと叫んだ。

家族は、テレビから発せられるマディの声を聞いた。エイミーはテレビ画面に手を置きますが、マディの静止した手は画面の反対側からエイミーの手に触れているように見えた。エイミーとグリフィンは助けを求めて超常現象研究部門を訪れた。スタッフが家に機材を設置し、GPSを設置家の全員のデバイス。セットアップ中、ボイドは壁に穴をあけるという臨死体験をし、悪霊に腕を引っ張られた。エリックはマディに連絡しようとしているときに、クローゼットの中で彼女に似た幽霊に待ち伏せされた。怒って、彼はクローゼットの壁を壊し、壊れたテーブルの一部をクローゼット内の暗闇に投げ込んだ。テーブルの部分がリビングルームに戻った、これによりマディが逃げるための潜在的な通り道が明らかになった。ブルック・パウエル博士は、幽霊がポルターガイストによって引き起こされていることを推測した。パウエル博士は、オカルトの専門家でテレビのパーソナリティであるキャリガン・バーク(パウエルの元夫)に電話することにした。

キャリガンは、マディは精霊とコミュニケーションをとることができる超能力者である可能性があると説明した。彼は、墓石だけが新しい墓地に移動されたが、遺体は残っているため、幽霊が閉じ込められて怒っていることを明らかにした。彼らはマディを使って「彼らを煉獄から解放する」ことを計画していた。キャリガンは、マディを取り戻す計画を思いつく。彼はマディの部屋にロープを固定し、渦に投げ込んだ。彼らはグリフィンのおもちゃのドローンを使ってマディを探したが、ポータル内に入るとすぐに悪霊によって破壊された。そもそもマディを一人にしておくことに罪悪感を感じていたグリフィンは、自分でポータルを通過した。彼がマディを見つけると、幽霊はロープを破壊して捕まえようとしたが、グリフィンとマディはロープをつかみ、ポータルを通って家に落ちた。 子供達は無意識で灰白質で覆われており、カリガンが洗うように指示すると、目が覚ますのだった。

家族は車に乗り込み、家を出始めますが、悪霊は彼らを家に引きずり込み、マディを再び誘拐しようとし、その過程で車をひっくり返した。マディが階段を上って連れ去られそうになったが、家族は彼女がポータルに吸い込まれるのを防ぎ、キャリガンは唯一の霊能力者として、渦に入り、精霊を光に導く必要があると判断した。ケンドラは、幽霊の手が見えるとテレビ画面を踏みつけて破壊し、マディと通信した。光のビーコンとして空に舞い上がる精霊によって家が破壊されると、ボーエン家族は近所から逃げ出した。調査チームは、キャリガンがなんとか戻ってきた兆候を探して、機器に駆け寄った。

ボーエン家族が新しい家を探すと、不動産業者は彼らにクローゼットスペースが多く、裏庭に古い木がある家を見せたが、ボーエン家族は笑いながら逃げ出した。エンドクレジットで、キャリガンが事件を生き延び、ゴーストプログラムの撮影に戻っており、現在はパウエル博士と一緒にTVショーを主催していることが明らかになった。

ポルターガイスト スタッフ

監督:ギル・キーナン
脚本:デヴィッド・リンゼイ=アベアー
原案:スティーヴン・スピルバーグポルターガイスト
製作:ロイ・リー,サム・ライミ,ロバート ・G・タパート
音楽:マルク・ストライテンフェルト
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
編集:ジェフ・ベタンコート,ボブ・ムラウスキー
製作会社:フォックス2000ピクチャーズ,メトロ・ゴールドウィン・メイヤー,ゴースト・ハウス・ピクチャーズ,TSGエンタテイメント,ヴァーティゴ・エンターテインメント
配給:20世紀フォックス

ポルターガイスト キャスト

エリック・ボーウェン:サム・ロックウェル
エイミー・ボーウェン:ローズマリー・デウィット
ケンドラ・ボーウェン:サクソン・シャービノ
グリフィン・ボーウェン:カイル・キャトレット
マディソン・ボーウェン:ケネディ・クレメンツ
キャリガン・バーク:ジャレッド・ハリス
ブルック・パウエル博士:ジェーン・アダムス
ソフィー:スーザン・ヘイワード
ボイド:ニコラス・ブラウン
ローレン:ソーマ・バティア

ポルターガイスト 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ