スポンサーリンク

ウェア 破滅|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ウェア 破滅
この記事は約5分で読めます。

2013年公開のアメリカ合衆国の映画。ある一家惨殺事件を担当することになった女性弁護士と科学捜査班が、調査を進めていくうちに恐るべき真実に行き当たるホラー。古くから伝わるモンスター伝説をベースに、遺伝子異常によって人間を超越した凶暴性を示す大男が引き起こす惨劇と、彼の秘密が科学的視点から解明されていくさまを描く。

ウェア 破滅 映画批評・備忘録


ウェア 破滅(原題:Wer)

脚本:20点
演技・演出:15点
撮影・美術:15点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計64点

演出面で容赦ないゴア描写で恐怖心を煽るので、子供には見せられないような内容ですが、狼男系の映画では、かなり今風の映画じゃないかと思います。クラシックキャラクター、狼男や吸血鬼などを題材にした映画は奥ゆかしさや上品なところがあり、かつては子供が見ても怪談みたいな感覚で楽しめるものでした。今作品のような描き方だと、そういうものは微塵も感じれません。それが良い悪いというわけではありませんが、最近は血なまぐさいのが受けるのかな?なんて思ったりします。
主演のAJ・クックは『デッドコースター』の頃は、か弱い感じでたが、随分タフな女性に成長してきたなって思います。『クリミナル・マインド FBI行動分析課』などの経験が活きてるんでしょうね。

人物描写が、単調なところがあり、狼男の嫌疑をかけられるタランは、インパクトがある良いキャラクターだと思いますが、あまり活かせてるようには思えませんでした。ギャビンについても演出面で不満に思うことが多かったです。ケイトについても、いまひとつ。続編作りそうな終わり方でしたが、はたして。。。。


amazonプライム・ビデオ

ウェア 破滅 あらすじ

クラウス・ピスター大尉が率いるフランス警察は、病院のベッドで回復したクレア・ポーターに尋問する. フランスで休暇を過ごすアメリカ人観光客、クレアの夫のヘンリーと息子のピーターは、未知の獣による残忍な攻撃で致命傷を負った. クレアがその影の人物が男に似ていると主張すると、警察は野蛮な地元の男、タラン・グウィネクを殺人容疑で逮捕する。クレアはその後、彼女の傷が原因で病院で死亡した。

駐在員の弁護士キャサリン・ムーアは、タランの代理を依頼する。仲間のアメリカ人エリック・サリンが彼女の調査員として働いています。ケイトは、5 年前に恋愛関係にあった動物専門家のギャビン・フレミング博士を弁護団に雇います。

警察署でタランに事情聴取をしている最中、当局との争いが勃発する。ケイトを守ろうとしたギャビンは、タランにひっかかれる。

ケイトのチームは、タランの母親にインタビューするために、森の中にある人里離れたタランの家に行きます。グウィネク夫人は、ルーマニア出身だと言います。彼女は、タランは家族の男性から受け継がれるまれな遺伝的状態に苦しんでいたため、殺人を犯すには身体が弱すぎたと主張しています。彼女はまた、政府が彼らの土地を核廃棄物処分場として使用することを望んでいるために、警察がタランを標的にしていると主張している.

ギャビンはケイトとイチャイチャしようとするが、エリックの恨みをかき立てる。ギャビンもまた、警察署で傷を負って以来、次第に気分が悪くなり始める。

弁護団は、タランがポルフィリン症にかかっている可能性があると考えるようになります。警察に拘留されて健康診断を受けているとき、ストロボライトを使用したスト​​レステストが原因でタランは暴動を起こす。明らかな怪力を使って、タランは部屋のほぼ全員を殺し、建物から脱出します。

市全体のマンハントは、最終的にタランを放棄された建物まで追跡します。タランは、武装した攻撃チームを攻撃する前にウェアウルフに変身し、8 階の階下に落下し、捕獲を回避するカメラに捉えられています。

タランが数人の警察官を殺害した後、2 回目のマンハントがついにタランを追い詰める。タランは銃弾をまき散らされ、死体は警察車両で運ばれる。ケイトとエリックは警察の隊列を追う。タランが生き返って暴れ続けると、タランを乗せたバンは横転する。

一方、病状が悪化した後、ギャビンはグウィネク邸を調査し、彼がタランと同じ苦しみを抱えていることに気づき、グウィネク夫人を殺害してしまう。ギャビンは、彼の新しい狼男の分身に屈し始め、体毛をすべて剃り落とします。

墜落現場での騒動の中で、タランはエリックを殺害する。タランは次にケイトを攻撃しようと動きますが、ギャビンは他の人狼と戦うために到着します。ギャビンがタランを絞殺し、おそらく彼を殺したとき、戦いは終わります。

ケイトは変身したギャビンに銃口を向ける。彼女が行動する前に、ピスターが警察のヘリコプターから発射した狙撃兵の銃弾がケイトのお腹に命中する。ギャビンは激怒し、突撃チームのメンバーの体をチョッパーに投げ込み、墜落させた。

事件後のニュース映像は、ケイトが生き残ったことを明らかにする。ピスターは、タランの父ジョージを殺してグウィネックの土地を奪った陰謀に関与している。タランの遺体は回収されず、彼は逃亡したままであり、継続的な殺害の責任があると考えられていますが、一方で、人狼としてのギャビンの本当のアイデンティティは秘密のままです。

ウェア 破滅 スタッフ

監督:ウィリアム・ブレント・ベル
製作:マシュー・ピーターマン,モリス・ポールソン,スティーブン・シュナイダー
脚本:ウィリアム・ブレント・ベル,マシュー・ピーターマン
音楽:ブレット・デタール
撮影:アレハンドロ・マルティネス
編集:ウィリアム・ブレント・ベル,ティム・ミルコビッチ
制作会社:フィルム・ディストリクト,シエラ・ピクチャーズ
配給:フィルム・ディストリクト

ウェア 破滅 キャスト

A・J・クック
ブライアン・スコット・オコナー
サイモン・クォーターマン
セバスチャン・ロシェ
ヴィク・サヘイ
ステファニー・ルメリン
オークリー・ペンダーガスト
アンジェリーナ・アルマーニ
ブライアン・ジョンソン

ウェア 破滅 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ