ファンタジー映画

ファンタジー映画
超自然的、幻想的、空想的な事象を、プロットの主要な要素、あるいは主題や設定に用いるフィクション作品のジャンルである。超常現象を含む架空の世界を舞台としている。魔法使い、異世界、魔法生物などの題材がよく扱われる。

SFファンタジー
SFとファンタジー両方の性質を併せ持った境界線上の作品

サイエンス・フィクション (SF) と比較すると、SFは世界設定や物語の展開において自然科学の法則が重要な役割を果たすのに対し、ファンタジーは空想や象徴、魔法が重要な役割を果たす。ただし、SF作品においても、空想科学というだけあって現実世界には存在しない科学法則を仮定し、それに基づいた世界や社会を描く試みがその歴史の初期から存在すること、逆にファンタジー作品においても錬金術や魔法などに、体系的であることを期待させる説明が用意されている場合があることなど、両者の線引きを困難にするようなケースがある

アドベンチャー映画

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女|怪奇映画の古典「ミイラ再生」を、トム・クルーズ主演でリメイクしたホラーアクション超大作。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女は、2017年公開のアメリカ合衆国の映画。怪奇映画の古典「ミイラ再生」を、トム・クルーズ主演でリメイクしたホラーアクション超大作。古代エジプトで、ミイラとして封印された呪われし王女が現代によみがえる!ハリウッドの名門映画会社ユニバーサル・スタジオが、同社の誇るモンスター映画の古典の数々を最新技術でリブートさせる一大プロジェクト“ダーク・ユニバース”の第1弾。
ファンタジー

ベイブ/都会へ行く|ベイブが農場経営資金を捻出するために出稼ぎに出た都会で、路頭に迷う動物たちを救う大活躍。

ベイブ/都会へ行くは、1998年公開のオーストラリア・アメリカ合衆国合作映画。世にも珍しい牧羊豚の成長物語「ベイブ」の続編。本作では豚のベイブが農場経営資金を捻出するために出稼ぎに出た都会で、路頭に迷う動物たちを救う大活躍。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ファンタジー

ベイブ|立派な牧羊犬ならぬ牧羊豚になることを夢見る無垢な子ブタの奮闘を描く感動作。

ベイブは、1995年公開のアメリカ合衆国の映画。立派な牧羊犬ならぬ牧羊豚になることを夢見る無垢な子ブタの奮闘を描く感動作。500匹にも上る本物とSFXを巧みに組み合わせた、動物たちの“演技”がみごと。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ファンタジー

僕のワンダフル・ジャーニー|犬の転生とともに描かれる、人間の愛情、成長、挫折。全世界が涙した号泣必須の壮大な愛の物語。

僕のワンダフル・ジャーニーは、2019年公開のアメリカ合衆国の映画。バラバラに離れた家族をひとつにするために、何度も生まれ変わる犬のベイリー。その犬の転生とともに描かれる、人間の愛情、成長、挫折。全世界が涙した号泣必須の壮大な愛の物語。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ファンタジー

竹取物語|〈かぐや姫〉の誕生から、月の世界に戻るまでをロマンスを織りまぜて描く。

竹取物語(たけとりものがたり)は、1987年公開の日本映画。〈かぐや姫〉の誕生から、月の世界に戻るまでをロマンスを織りまぜて描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFアドベンチャー

E.T.|地球に取り残された地球外生命体(E.T.)と仲良くなる少年エリオットの物語。

E.T.(いーてぃー)は、1982年公開のアメリカ合衆国の映画。地球に取り残された地球外生命体(E.T.)と仲良くなる少年エリオットの物語。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
時代劇

陰陽師II|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

陰陽師II(おんみょうじつー)は、2003年公開の日本映画。陰陽師・安倍清明の活躍を描くSF時代劇シリーズの第2作。前作と同様、陰陽師・安倍晴明が都で起こる奇怪な事件を解決するという伝奇時代劇。 陰陽師II 映画批評・評価・考察 陰陽師II(おんみょうじ2)脚本:20点演技・演出:16点撮影・美術:14点編集:6点音響・音楽:8点合計64点 前作が大ヒットし、一大ブームを築きましたが今作は脚本が悪く、衣装については、前作も今作も素晴らしいのですが、残念ながらそれを活かせず、映像的(特撮・特殊メイク・舞台セット)なチープさが目立っています。ただし、俳優の演技力については上質なところがあ...
時代劇

陰陽師|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

陰陽師(おんみょうじ)は、2001年公開の日本映画。夢枕獏原作の陰陽師・安倍晴明の活躍を描いた伝奇小説『陰陽師』の映画化作品。平安京を舞台に、陰陽師・安倍晴明の活躍を描く時代活劇。監督は「秘密」の滝田洋二郎。第56回毎日映画コンクール録音賞、第44回ブルーリボン賞主演男優賞(野村萬斎)、ゴールデングロス賞銀賞、第25回日本アカデミー賞最優秀録音賞&新人俳優賞(野村萬斎)ほか(優秀主演男優賞(野村萬斎)、優秀助演女優賞(小泉今日子)、優秀監督賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀編集賞、優秀美術賞、優秀音楽賞)受賞作品。 陰陽師 映画批評・評価・考察 陰陽師(おんみょうじ)脚本:33点演技・演...
ファンタジー

魔女の宅急便(実写版)|空とぶお届け屋、はじめました。|13歳で見知らぬ町で1年間暮らす。それが魔女になるための決まりなのです。

魔女の宅急便(実写版)は、2014年公開の日本映画。宮崎駿によってアニメ化もされた、角野栄子の名作児童文学を原作にしたファンタジードラマ。一人前の魔女になるための修行として、知らない町で1年間生活する13歳の少女キキがさまざまな出来事を通して成長するさまを見つめる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ファンタジー

ブラザーズ・グリム|グリム童話の誕生秘話を、斬新な発想のもとに映像化した大人のファンタジー

ブラザーズ・グリムは、2005年公開のイギリス映画。グリム童話の誕生秘話を、斬新な発想のもとに映像化した大人のファンタジー作品。監督は『12モンキーズ』の天才テリー・ギリアムが務め、グリム兄弟にはのマット・デイモンと、のヒース・レジャーが扮する。“あかずきんちゃん”“ヘンゼルとグレーテル”などおなじみのキャラクターたちが登場する。
アドベンチャー映画

ゴールデン・チャイルド|謎の邪教集団に誘拐された神の子「ゴールデン・チャイルド」の奪還に奔走することになった探偵を描く。

ゴールデン・チャイルドは、1986年公開のアメリカ合衆国の映画。謎の邪教集団に誘拐された神の子「ゴールデン・チャイルド」の奪還に奔走することになった探偵を描いたコミカルな冒険アクション映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFパニック

漂流教室|学校が突然、消えた!時を超え遥か「異空間」へ|楳図かずおの同名SFコミックを映像化。

漂流教室(ひょうりゅうきょうしつ)実写版は、1987年公開の日本映画。ある日、突然学校が未来にタイム・スリップする。中にいた先生と生徒の必死のサバイバルを描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
アニメーション映画

えんとつ町のプペル|信じぬけ。信じて、信じて、世界を変えろ。原作キングコング西野亮廣著『えんとつ町のプペル』を映画化!

えんとつ町のプペルは、2020年公開の日本映画。原作キングコング西野亮廣著『えんとつ町のプペル』を映画化!原作者の西野が製作総指揮と脚本も兼任し、絵本では描かれなかった部分も描かれている。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ファンタジー

約束のネバーランド(実写版)|「約束のネバーランド」(原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか)を禁断の実写映画化!

約束のネバーランド(実写版)は、2020年公開の日本映画。2016年8月より『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載され、コミックス全20巻までの全世界での累計発行部数が2500万部を超えた、「約束のネバーランド」(原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか)が禁断の実写映画化!エマを「君の膵臓をたべたい」の浜辺美波、レイを「万引き家族」の城桧吏、ノーマンを「仮面ライダージオウ」の板垣李光人がそれぞれ演じる。「僕だけがいない街」の監督・平川雄一朗と脚本家・後藤法子が再タッグを組んだ。
アクション映画

孔雀王 アシュラ伝説|大予言に刻印された”週末への七日間”!|いま、天空に九字印が響き、孔雀明王呪が闇を裂く─!

孔雀王 アシュラ伝説は、1990年公開の日本・香港合作映画。『孔雀王』の続編。鬼神・阿修羅の血を引く少女をめぐってふたりの若き退魔師の活躍を描くアクション映画の第二弾。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

樹海村|「コトリバコ」と呼ばれる呪いの箱と、樹海がもたらす負の引力によって巻き起こる狂気と混沌を描く。

樹海村は、2021年公開の日本映画。「犬鳴村」に続き、実在した心霊スポットを題材に描く「恐怖の村シリーズ」第2弾。自殺の名所として世界的にも広く知られる富士の樹海を舞台に、インターネット上の怪談スレッドで「絶対に検索してはいけない」と語り継がれる通称「コトリバコ」と呼ばれる呪いの箱と、樹海がもたらす負の引力によって巻き起こる狂気と混沌を描く。
ファンタジー

ヴァン・ヘルシング|モンスター・ハンターであるヴァン・ヘルシングの活躍を描くモンスターアクション

ヴァン・ヘルシングは、2004年公開のアメリカ合衆国の映画。モンスター・ハンターであるヴァン・ヘルシングの活躍を描くモンスターアクション映画である。本来、ヴァン・ヘルシングとは、ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』で、ドラキュラと戦う大学教授の名であるが、本作では大胆に設定を変更して「不死身のモンスターハンター」というヒーロー像を作り上げた。演じたヒュー・ジャックマンも30代であり、従来の初老のイメージも払拭している。
SFアドベンチャー

ナビゲイター|8年間行方不明だった少年と謎のUFOをめぐって展開するSFファンタジー。

ナビゲイターは、1986年公開のアメリカ合衆国の映画。8年間行方不明だった少年をめぐって展開するSFファンタジー。8年間の行方不明のすえ、成長しないままの姿で発見された少年と、時を同じくしてアメリカ航空宇宙局(NASA)で調査されていた謎のUFOを巡るSFファンタジー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ロマンス

ゴースト ニューヨークの幻|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ゴースト ニューヨークの幻は、1990年公開のアメリカ合衆国の映画。愛する女性を守るため、命を落とした男が霊になって寄り添う――。ロマンティックな奇跡の愛に胸を打たれる永遠のラブストーリー。ロマンス、コメディ、ファンタジー、ホラーといったいくつかのジャンルに含まれる。愛する人が幽霊となって目の前に現れるというアイデアは、この映画のメガヒットで多くの亜流映画・小説を生む。 ゴースト ニューヨークの幻 映画批評・評価・考察 ゴースト/ニューヨークの幻(原題:Ghost)脚本:35点演技・演出:18点撮影・美術:14点編集:8点音響・音楽:10点合計85点 CGの粗さなどツッコミどころがな...
ホラー映画

HOUSE ハウス|大林宣彦監督の劇場映画デビュー作。現在もカルト的人気を得ているファンタジック・ホラー

HOUSE ハウスは、1977年公開の日本映画。ファンタジータッチのホラー・コメディ作品。大林宣彦監督の劇場映画デビュー作で、現在もカルト的人気を得ているファンタジック・ホラー。本作の登場は一種の"映画革命"をもたらしたと評された。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ファンタジー

丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる|“霊界の宣伝マン”こと丹波哲郎が製作・企画・原案・脚本・総監督・出演を兼任した霊界ファンタジー。

丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなるは、1989年公開の日本映画。心霊学と霊界の研究家としても知られる俳優の丹波哲郎のベストセラー「丹波哲郎の大霊界」の映画化作品。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ファンタジー

奇蹟の輝き|地獄に落とされた愛する妻を救うべく天国を抜け出した男の冒険を驚異の映像で綴ったファンタジー映画。

奇蹟の輝き(きせきのかがやき)は、1998年公開のアメリカ合衆国の映画。幻想作家リチャード・マシスンの原作。地獄に落とされた愛する妻を救うべく天国を抜け出した男の冒険をSFXを駆使した驚異の映像で綴ったファンタジー映画。天国の世界を油絵タッチのCGで表現し、話題を呼んだ。
特撮映画

牙狼-GARO- 〜蒼哭ノ魔竜〜|これまでよりもファンタジー要素を前面に押し出し、最強の魔戒騎士・冴島鋼牙の最後の物語を描く。

牙狼-GARO- 〜蒼哭ノ魔竜〜は、2013年公開の日本映画。『牙狼〈GARO〉シリーズの劇場版第2作(呀〈KIBA〉を含めると第3作目)であり、“冴島鋼牙編”の最終作。 これまでの『牙狼シリーズ』とは趣が異なり、異世界・約束の地を舞台にファンタジー色を前面に出した独特の世界観となっており、前作『牙狼〈GARO〉 RED REQUIEM』と同様に、これまでのTVシリーズを知らなくても楽しめる作品となっている。
特撮映画

呀-KIBA- 〜暗黒騎士鎧伝〜|暗黒騎士キバが魔戒騎士バラゴであったころに遭遇した事件を描く暗黒騎士キバ誕生秘話のスピンオフ作品。

呀-KIBA- 〜暗黒騎士鎧伝〜は、2011年公開の日本映画。『牙狼〈GARO〉』のスピンオフである特撮オリジナルビデオ作品。暗黒騎士キバが魔戒騎士バラゴであったころに遭遇した事件を描く暗黒騎士キバ誕生秘話のスピンオフ作品。2011年5月、TVシリーズ第2弾製作と共に製作発表されている。キバ(バラゴ)の語りをメインに、イラストレーションとグラフィックにデジタル処理を施し、実写映像と融合させた「映像絵巻」として表現する。
特撮映画

牙狼-GARO- 〜RED REQUIEM〜|3Dの魔界を黄金騎士が駆ける!牙狼〈GARO〉シリーズ初の劇場版3D映画。

牙狼-GARO- 〜RED REQUIEM〜は、2010年10月30日公開の『牙狼〈GARO〉』の3D映画。牙狼〈GARO〉シリーズ初の劇場版だが、TVシリーズを見ていない人でも楽しめるように、TVシリーズ・TVスペシャルの登場人物は、主人公の鋼牙と魔導輪ザルバを除き一切登場しない。ただしTVシリーズでヒロインを演じた肘井美佳は今作の敵であるカルマの声を特別出演という形で担当しており、クルス役の笠原紳司はTVシリーズにて別の役でゲスト出演している。キャッチコピーは「3Dの魔界を黄金騎士が駆ける!」。
ホラー映画

MAMA|謎の存在“ママ”に育てられた幼い姉妹と暮らす男女が怪奇現象に襲われる。

MAMA(ママ)は、2013年公開のスペインとカナダの共同制作映画。精神を病んだ父が母を殺害、さらに森深い山小屋で幼い2人の娘をも手にかけようとするが、その小屋には“何か”がいた。アンディ・ムスキエティ監督が2008年に発表した短編映画を原作に、映画監督のギレルモ・デル・トロが製作総指揮を務め、ハリウッドで長編映画化した作品。
SFホラー

寄生獣 完結編|2部作の後編。主人公・新一の前には最強のパラサイトである後藤が立ちはだかる。

寄生獣 完結編は、2015年公開の日本映画。2部作の後編。主人公・新一の前には最強のパラサイトである後藤が立ちはだかる。2部構成の作品であり、前編にあたる『寄生獣』は2014年11月29日に公開され、後編にあたる『寄生獣 完結編』が2015年4月25日に公開された。原作全10巻の内容を全2部作の映画に圧縮するため、物語の主軸は「生物としての人類、人類としての母」というテーマに絞られ、そこに関わらない登場人物については制作スタッフ個人の好き嫌いに関わりなく整理された。
SFホラー

寄生獣|日常は、ある日とつぜん、食べられた。岩明均の同名漫画を原作とする2部構成の実写化映画前編。

寄生獣(きせいじゅう)は、岩明均の同名漫画を原作とする実写の日本映画。2部構成の作品であり、前編にあたる『寄生獣』は2014年11月29日に公開され、後編にあたる『寄生獣 完結編』(きせいじゅう かんけつへん)が2015年4月25日に公開された。原作全10巻の内容を全2部作の映画に圧縮するため、物語の主軸は「生物としての人類、人類としての母」というテーマに絞られ、そこに関わらない登場人物については制作スタッフ個人の好き嫌いに関わりなく整理された。キャッチコピーは「日常は、ある日とつぜん、食べられた。」
ファンタジー

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章|荒木飛呂彦の大ヒットコミック「ジョジョの奇妙な冒険」初の実写映画化作。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章は、2017年公開の日本映画。シリーズ累計発行部数1億部を超える荒木飛呂彦の大ヒットコミック「ジョジョの奇妙な冒険」初の実写映画化作。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFアクション

東京喰種 トーキョーグール|喰種(グール)VS人間 二つの世界が激突する壮絶バトル・アクション!

東京喰種 トーキョーグール(実写版)は、2017年公開の日本映画。石田スイの人気コミック「東京喰種トーキョーグール」を実写映画化。人間を捕食する異形・喰種が潜む東京を舞台に、ある事故を契機に半喰種となった青年の運命を謎めいた少女との出会いを交えながら描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。