スポンサーリンク

13ウォーリアーズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

13ウォーリアーズ
この記事は約5分で読めます。

1999年公開のアメリカ合衆国の映画。アラブ人旅行者アフマド・イブン・ファドラーンの旅行記と古英語の叙事詩『ベーオウルフ』に着想を得てマイケル・クライトンが書いた小説『北人伝説』が原作。1000年前の北欧を舞台に、人々の生活を脅かす、謎の魔物に立ち向かう13人の戦士の姿を描くスペクタクル・アクション。

13ウォーリアーズ 映画批評・備忘録


13ウォーリアーズ(原題:The 13th Warrior)

脚本:30点
演技・演出:12点
撮影・美術:16点
編集:7点
音響・音楽:8点
合計73点

巨額の製作費(1億6000万ドル(広告費含む)が投入されているので、舞台やロケーションは雄大ですが、ストーリーやキャラクターがあまり引き立っていません。13人の戦士を特徴的に描けていないのが残念でした。
単調ですが、グダグダな脚本ではないので、男の熱さや泥臭さは魅力がありました。

製作費1億6000万ドルを賭けた映画でしたが、残念ながら興行収入は6100万ドルでした。1億ドル以上の損失となり、出演者が引退を考えるほどスタッフ・キャスト共に落胆した作品でした。今作品は、試聴会で不評だったことから原作者クライトン自ら指揮を執り再撮影・再編集を行いました。公開が1年以上延期された理由になります。クライトンが事実上監督を兼任した形になりますが、クレジットはされていません。

2013年~2020年まで放送されたカナダのテレビドラマシリーズヴァイキング 〜海の覇者たち〜のヒットにより、この映画の再評価の機運があり、一部のレビュワーの話題となりました。

13ウォーリアーズ あらすじ(ネタバレ)

アフマド・イブン・ファドラーンは宮廷詩人である。バグダッドの有力な貴族の妻との恋の咎を受け、彼は辺境の地ヴォルガブルガールへ「大使」として追放されました。

彼の父の旧友メルチシデクと共に旅をしているところにタタール人が現れ、ノース人との戦闘が起きました。ヴォルガ川の集落に避難したところギリシャ語を話すノース人のメルチシデクとヘルガーが会話しました。ヘルガーから、2人は、ノース人によって開催されている祝賀会が実際には最近亡くなった王の葬式であることを学びます。

ヘルガーは、王の息子の一人であるブリウィフに彼らを紹介します。アフマドとメルチシデクはその後、ブリウィフが自衛のために兄を殺し、ブリウィフを後継者として確立し、続いて死んだ王のバイキング葬儀が行われたことを知ります。ヴァルハラに同行することに同意した若い女性と一緒に焼き討ちを目撃します。

翌日、ウルフガーという名前の若い王子がキャンプに入り、ブリウィフの援助を求めました。極北にある彼の父の王国は古代の悪から攻撃を受けているので、勇敢な戦士でさえ名前を付けません。「死の天使」であるvolva(賢者)は、13人の戦士がこの危険に直面した場合に任務が成功することを決定しますが、13人目はノース人であってはなりません。と告げ、異国人であるアフマドは彼の意志に反して採用されます。

アフマドは当初、彼の見た目の弱さと彼の小さなアラビアの馬を嘲笑するノース人によって揶揄われます。しかし、彼は洞察力や馬術のデモンストレーション、そして彼の書く能力を通して彼らの言語を素早く学ぶことによってある程度の尊敬を獲得しています。すでに多言語であるブリウィフは、アフマドにアラビア語で書く方法を教え、お互いの善意を固め、アフマドの分析的性質を彼らの探求の資産として認めるように頼みます。

フロースガール王の王国に到達すると、彼らは敵が確かに古代の「ウェンドル」であり、人間の頭部を殺して奪うために霧を持ってやってくる悪鬼であることを理解します。戦士達が襲撃された小屋を捜索している間、彼らは「ウェンドルの母」を表すと言われているヴィーナス小像を見つけます。彼らの最初の夜に、ハイグラクとラグナーは殺されます。一連の衝突の中で、ブリウィフの側近は、ウェンドルがクマのように見える服を着た人間の人食い人種であり、クマのように生き、自分たちをクマと考えていると徐々に推測しています。

彼らの数は減少し、スケルド、ハルガ、ロネス、ルテルも失い、彼らは窮地に陥り、彼らは村の巫女に相談します。彼女は彼らにウェンドルを彼らの隠れ家まで追跡し、彼らの指導者、「ウェンドルの女王」、そして「力の角」を身に着けている彼らの大将を攻撃するように言います。

ブリウィフと残りの戦士たちはウェンドルの洞窟群に潜入して女王を殺しますが、ブリウィフが毒のある爪のような指の爪で肩を深く引っ掻かれました。アフマドと最後のノース人の戦士は村に戻り(ただし、後ろに留まって戦うことを選択したヘルフデーンなしで)、生き残ることを期待していない最後の抵抗の準備をします。ブリウィフは戦いの前に外でよろめき、ヴァルハラに入る名誉ある死者のためにバイキングの祈りで戦士を鼓舞します。ブリウィフは、毒に屈する前に、ウェンドルの大将を殺すことに成功し、ウェンドルの敗北を引き起こしました。

アフマドは故郷に戻る前にブリウィフの王室の葬式を目撃し、彼が「人となり、神の有用な僕(しもべ)になる」のを助けてくれたノース人に感謝します。

彼は映画の終わりに彼らとの彼の時間の物語を書き留めているのが見られます。

13ウォーリアーズ スタッフ

監督:
脚本:,
原作:
製作総指揮:,
製作:,,
撮影:
音楽:
編集:
衣裳:
配給:

13ウォーリアーズ キャスト














13ウォーリアーズ 予告編・無料動画