スポンサーリンク

ロジャー・コーマン デス・レース 2050|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ロジャー・コーマン デス・レース 2050
この記事は約6分で読めます。

2016年製作のアメリカ合衆国の映画。B級映画の帝王ロジャー・コーマンが1975年に製作し、カルト的作品を誇る「デス・レース2000年」を、自らの製作でリブート。フランケンシュタイン役に「ホビット」シリーズのマヌー・ベネット。共演に「時計じかけのオレンジ」のマルコム・マクダウェル。「フランクとシンディ」のG・J・エクターンキャンプが監督・脚本を手掛けた。

ロジャー・コーマン デス・レース 2050 映画批評・備忘録



ロジャー・コーマン デス・レース 2050(原題:Death Race 2050)

脚本:27点
演技・演出:15点
撮影・美術:14点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計70点

 『デス・レース 2000年』のリブート作品ですが、カルト人気の元祖よりもこちらの方が好みの映画でした。クソ映画評価も多い作品ですが、これはこれでいいんじゃないかと個人的には思います。
基本的にチープだったところが改善されているところや、オリジナルの良い所は残されている点がリブート作品としては成功しているように思います。これはまぁ好みなのでいろんな意見があると思います。ツボにはまったキャラは、ナイジェリア出身の歌手でもあるオロホフォイェクが演じるミネルヴァ・ジェファーソンです。彼女が歌う、あの歌、歌詞はふざけてるけど、ノリが良いというか、耳に残るなかなかいい曲です。主演のマヌー・ベネットはドラマ『ARROW/アロー』、『スパルタカス』出演している売れっ子俳優ですし、ドラマでも見られるようにその男臭さがフランケン役にピッタリです。
 総括としては、オリジナル同様に、ロジャー・コーマンが社会への批判やら風刺やらいろいろ言いたいことを映画にして表現したのが今作だと思います。例えるなら、言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン。を歌ったような映画でした。

amazonプライム・ビデオ

ロジャー・コーマン デス・レース 2050 [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥960(2022/08/11 21:51時点)

ロジャー・コーマン デス・レース 2050 あらすじ(ネタバレ)

年は2050年です。人口過多と99.93%の失業率に悩まされているアメリカのユナイテッドコーポレーションでは、デスレースは娯楽と人口管理の両方を提供しています。オールド・ニューヨークからの新しいロサンゼルスに及ぶ、現在のデスレースは、現チャンピオンのフランケンシュタイン、遺伝子組み換えアスリートのジェド・パーフェクトス、ヒップホップ歌手のミネルヴァ・ジェファーソン、狂信者タミー・テロリストとAI搭載のオートカーABE。各ドライバーにはドライバーの目線を撮影するための助手・プロキシが割り当てられています。これは、視聴者がバーチャルリアリティ(VR)を通じてデスレースを体験できるようにするメディアです。

ドライバーが東海岸を駆け抜けるとき、元ネットワークプロデューサーのアレクシス・ハミルトンが率いる反政府勢力(レジスタンス)は、セクター全体に罠を仕掛けました。タミーとミネルバは、お互いのカルト信者を殺害のために盗むとき、激しい競争を形成します。レジスタンスの罠にぶつかった後、ABEは誤動作し、プロキシを殺し、人生の目的を発見するためにレースを放棄します。最初のチェックポイントで、ハミルトンは彼女のスパイであることが発覚したアニーにフランケンシュタインを殺すように命じます。彼がレースに勝つことだけを気にかけているので、彼を誘惑する彼女の試みは失敗します。他の場所では、会長はフランケンシュタインが彼の長寿のための担い手になっていると説明しますが、パーフェクトスは彼の熱心なファンが彼の手で死ぬことを奨励します。

レースの2日目に、ドライバーは銃を振るう市民で知られる国の中心部を通過します。ミネルバの代理人であるチー・ワップは、タミーから送られた自爆テロ犯によって殺されました。フランケンシュタインは別のヒントに近道をしますが、彼の車はトウモロコシ畑で立ち往生しています。アニーがさまよっているとき、フランケンシュタインはレジスタンス忍者のグループをかわして、より多くのポイントを獲得します。2番目のチェックポイントに到達すると、アニーはレジスタンスの一員であることを認め、フランケンシュタインを仲間にしようとします。政治的に無関心なフランケンシュタインは、レジスタンスと政府の両方を呪い、彼の願望はレースに勝つことだけであると繰り返し述べた。バーで、ミネルバはアニーに、彼女が生き残るためにステレオタイプのヒップホップキャラクターを演じる教育を受けた知識人であることを明らかにします。フランケンシュタインの部屋に戻ると、アニーはフランケンシュタインに嫉妬しているパーフェクトスから命を救いました。その間、ハミルトンと会長が秘密裏につながっていることが分かりました。

レースの3日目に、政府はレジスタンスの攻撃を回避するためにドライバーに「承認された」ルートを設定します。アニーは、パーフェクトスとの戦いで右腕が損傷したフランケンシュタインがギアをシフトするのを助けます。ミネルバはタミーを追いかけますが、タミーのプロキシを避けるために崖から落ちます。戻ってきたABEが彼女を壁にぶつけて自爆し、両方を破壊する前に、タミーはミネルバの死にうめき声を上げた。フランケンシュタインとアニーはハミルトンとレジスタンスを一掃し、パーフェクトスはゴールに向かって秘密のルートを取ります。パーフェクトスが自分の車のコントロールを失い、バーチャルリアリティコントロールブースに衝突するまで、両方の車は位置を競います。ゴールを通過する前に、フランケンシュタインはファンにメッセージを放送し、会長自身が1,000ポイントの価値があることを示唆しています。議長を殺害した後、観客を喜ばせるために、フランケンシュタインは彼らに彼らの仮想現実を置き去りにして彼ら自身のデスレースを始めることを勧めます。国が激しい混乱に突入すると、フランケンシュタインとアニーは遠くから見守り、混乱が収まった後、彼らは国を再生するべきだと示唆しています。

ロジャー・コーマン デス・レース 2050 スタッフ

監督:G・J・エクターンキャンプ
製作:ロジャー・コーマン
製作総指揮:ジュリー・コーマン
脚本:マット・ヤマシタ,G・J・エクターンキャンプ
音楽:ガンター・ブラウン,シンディ・ブラウン
撮影:フアン・デュラン
編集:G・J・エクターンキャンプ

ロジャー・コーマン デス・レース 2050 キャスト

マヌー・ベネット
マーシー・ミラー
マルコム・マクダウェル
バート・グリンステッド
フォレイク・オロホフォイェク
アネッサ・ラムジー
ヤンシー・バトラー
チャーリー・ファレル
シャナ・オルソン
D・C・ダグラス

ロジャー・コーマン デス・レース 2050 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ロジャー・コーマン デス・レース 2050 [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥960(2022/08/11 21:51時点)

デス・レース 映画シリーズ

デス・レース2000年|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1975年公開のアメリカ合衆国の映画。カルト映画の奇才であるポール・バーテルがメガホンを取り、B級映画の帝王であるロジャー・コーマンが製作、デヴィッド・キャラダインほか、『ロッキー』により人気を博したシルヴェスター・スタローンのブレイク直前の出演作品であり、低価格なギャラで主役のライバルを演じている。国民から絶大な人気を誇る“デス・レース”が開催され、優勝に意気込む5組のレーサーたちが死闘を繰り広げる本作だが、レース中に人を殺せばポイントを獲得できるなどという過激な内容と、随所に満載されたコミカルなブラック・ユーモアが支持されて製作されてから30年以上経つ今もなお、カルト的な人気を誇ってい...
ロジャー・コーマン デス・レース 2050|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2016年製作のアメリカ合衆国の映画。B級映画の帝王ロジャー・コーマンが1975年に製作し、カルト的作品を誇る「デス・レース2000年」を、自らの製作でリブート。フランケンシュタイン役に「ホビット」シリーズのマヌー・ベネット。共演に「時計じかけのオレンジ」のマルコム・マクダウェル。「フランクとシンディ」のG・J・エクターンキャンプが監督・脚本を手掛けた。 ロジャー・コーマン デス・レース 2050 映画批評・備忘録 ロジャー・コーマン デス・レース 2050(原題:Death Race 2050)脚本:27点演技・演出:15点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:7点合計70点  ...
デス・レース|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2008年公開のアメリカ合衆国の映画。カルト的な人気を誇った『デス・レース2000年』のリメイク作品。 オリジナル版同様、B級映画の帝王と称されるロジャー・コーマンがプロデューサーを務め、オリジナル版で主演"フランケンシュタイン"を務めたデヴィッド・キャラダインが、先代"フランケンシュタイン"の声でカメオ出演している。本作ではオリジナル版とはレースの趣旨が違い、人を轢き殺すことで点数を稼ぐというルールはなく、レーサーたちによるデスマッチに留められている。 デス・レース 映画批評・備忘録 デス・レース(原題: Death Race)脚本:27点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集...
デス・レース2|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2010年製作のアメリカ合衆国の映画。2008年公開の『デス・レース』の続編。近未来を舞台に、囚人たちが自由を懸け、重火器搭載の改造車を駆りながら壮絶レース・バトルを繰り広げる『デス・レース』の前日譚を描いたバイオレンス・アクション第2弾。 デス・レース2 映画批評・備忘録 デス・レース2(原題: Death Race 2)脚本:34点演技・演出:16点撮影・美術:14点編集:9点音響・音楽:8点合計81点  前作も面白かったんですが、今作も面白い作品です。時系列としては1作目の前日譚になります。前作同様、脇役を含めてキャストがとても個性的です。ルーク・ゴスとジェイソン・ステイサ...
デス・レース3 インフェルノ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2013年製作のアメリカ合衆国の映画。「デス・レース」「デス・レース2」に続く第3弾。刑務所で行われる「死のレース」を描いたバトルカーアクション映画。前2作に引き続きール・W・S・アンダーソンがプロデュースを担当。 デス・レース3 インフェルノ 映画批評・備忘録 デス・レース3 インフェルノ(原題:Death Race 3: Inferno)脚本:33点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:7点合計78点 美女!美女!美女!シリーズの中でもダントツの美女が多数出演している今作。余興のデス・マッチで次々に消えていく美女たちが惜しい。。。。今作品は原点である『デスレー...
デス・レース4 アナーキー|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2017年製作のアメリカ合衆国の映画。「デス・レース」シリーズの第4作となるバイオレンスカーアクション映画。ポール・W・S・アンダーソンが手掛けた人気バトルカーアクション第4弾。謎の覆面レーサー・フランケンシュタインが君臨する殺人レースに、囚人・コナーが戦いを挑む。 デス・レース4 アナーキー 映画批評・備忘録 デス・レース4 アナーキー(原題:Death Race 4: Beyond Anarchy)脚本:2点演技・演出:2点撮影・美術:7点編集:3点音響・音楽:5点合計19点  僕は何も考えずに今作品のDVDを買いました。デス・レースシリーズに外れ無しと。そう思っていたのです。今...