デス・レース3 インフェルノ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

デス・レース3 インフェルノ
この記事は約3分で読めます。

2013年製作のアメリカ合衆国の映画。「デス・レース」「デス・レース2」に続く第3弾。刑務所で行われる「死のレース」を描いたバトルカーアクション映画。前2作に引き続きール・W・S・アンダーソンがプロデュースを担当。

デス・レース3 インフェルノ 映画批評・備忘録


デス・レース3 インフェルノ(原題:Death Race 3: Inferno)

脚本:33点
演技・演出:15点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計78点

美女!美女!美女!シリーズの中でもダントツの美女が多数出演している今作。余興のデス・マッチで次々に消えていく美女たちが惜しい。。。。今作品は原点である『デスレース 2000年』のキラーロードレースになります。このシリーズ今作まで本当に面白い作品です。時間つぶしにもってこいの娯楽作品です。一作目より2作目、3作目の方の脚本がすごくよく出来ています。ビデオ映画の予算でこのクオリティを出せたのは賞賛に値します。

amazonプライム・ビデオ



デス・レース3 インフェルノ あらすじ

カール・ルーカスは、ターミナル島刑務所で行われ世界中にライブ中継される「デス・レース」に出場中、全身に大やけどを負ってしまい、治療と引き換えに、伝説のドライバー“フランケンシュタイン”を名乗ることになる。

カールはその後のレースで4勝目をあげ、あと1勝すれば彼と彼のクルーは自由の身になれるというところまで来た。だが、次のレースの直前、主催者のウェイランドがレースの世界イベントへの拡大を狙う実業家ナイルズに開催権を買収されてしまい、さらにレースの舞台がアフリカ南部のカラハリ砂漠へと変更される。

こうしてカールは、灼熱の砂漠を舞台に自由の身をかけてデス・レースを戦うことに。

デス・レース3 インフェルノ スタッフ

監督:ロエル・レイネ
脚本:トニー・ジグリオ
原案:ポール・W・S・アンダーソン,トニー・ジグリオ
製作:マイク・エリオット,ポール・W・S・アンダーソン,ジェレミー・ボルト
製作総指揮:ロジャー・コーマン
音楽:トレヴァー・モリス
撮影:ウェイン・シールズ
編集:ラドゥ・アイオン,マイケル・トレント
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ・ホーム・エンターテイメント,ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

デス・レース3 インフェルノ キャスト

カール・ルーカス / フランケンシュタイン:ルーク・ゴス
R・H・ウェイランド:ヴィング・レイムス
ゴールドバーグ:ダニー・トレホ
カトリーナ・バンクス:タニット・フェニックス
リスト:フレデリック・ケーラー
14K:ロビン・ショウ
ナイルズ・ヨーク:ダグレイ・スコット
ジェレミー・クラッチリー
フルビー・ンボヤ
バート・フーシェ
ユージン・クンバニーワ

デス・レース3 インフェルノ 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ

コメント