スポンサーリンク

ラッシュアワー3|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画

ラッシュアワー3
この記事は約5分で読めます。

2007年公開のアメリカ合衆国の映画。リー捜査官とカーター刑事がマフィアとの壮絶な死闘を繰り広げるアクション・ムービー・シリーズ第3弾。監督は前作に引き続きブレット・ラトナー。出演はのジャッキー・チェン、クリス・タッカー、真田広之ほか。

ラッシュアワー3 映画批評・備忘録


ラッシュアワー3(原題: Rush Hour 3)

脚本:25点
演技・演出:13点
撮影・美術:15点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計67点

シリーズ3作目は、マンネリ化とジャッキーに衰えを感じてしまう残酷な映画になってしまったな~と個人的には感じてしまう作品でした。真田広之、工藤夕貴と日本人キャストの出演も嬉しいのですが、真田広之をクライマックスから外してしまったのは演出の盛り上がりから考えると、ジャッキーを食うような演技を見せているだけに勿体ないです。アクション映画なだけに・・・クリス・タッカーが嫌いでなければ、楽しめるシリーズだったように思います。


今作品はAmazonプライムで見ました。
amazonプライム・ビデオ

ラッシュアワー3 あらすじ(ネタバレ)

リー(ジャッキー・チェン)はハン大使の警護についていた。ハン大使が中国マフィアの“シャイシェン”の存在を突き止めたと発言した瞬間、暗殺者の放った銃弾により倒れる。暗殺者の姿を確認したリーは追跡を開始。リーは暗殺者を追い込むが、彼は旧知の仲のケンジ(真田広之)だった。そこへ無線でこの銃撃戦を聞きつけたカーター(クリス・タッカー)が暴走する車で駆け付けたため、ケンジに逃げられてしまう。大使の娘のスーヤンも狙われていることを知ったリーとカーターが病院へ戻ると、暗殺者たちが襲撃してくる。一人の暗殺者を取り押さえて尋問するが、何故か中国人でありながらフランス語しか話さない。やっとのことで謎を解く鍵となるジャンビエーブという人物の名前を聞き出した二人は、パリへと向かう。ジャンビエーブを追い求める二人にマフィアが襲いかかる。二人はタクシーで市内を派手なカーチェイスを繰り広げながら逃げる。そこで再会したケンジから、リーとケンジが兄弟同然に育ったことをカーターは知らされる。リーはカーターに、ケンジと一緒に孤児院で育った仲であること、自分は11歳のときに警官である育ての父の養子になり、一方ケンジはストリートで暮らすうちにマフィアの一員になったことを話す。

カーターは地下カジノで見かけたジャンビエーブを追って劇場に向かい、リーは国際刑事法廷のレイナード委員長からジャンビエーブの居場所を教えられ、劇場に向かう。彼女はシャイシェンの存在を知っており、それをハンに引き渡そうとしたため組織に命を狙われていた。二人は彼女を連れて組織の追手から逃れ、現場に駆け付けたジョージの家に匿ってもらう。二人はジャンビエーブから、シャイシェンの正体は自分の頭に彫られた組織指導者の名簿だと告げる。翌朝、レイナードと面会した三人はシャイシェンを引き渡そうとするが、組織の一員だったレイナードに殺されそうになったため反撃して取り押さえる。その直後、ケンジから電話がかかり、「スーヤンの命と引き換えにシャイシェンを引き渡せ」と告げられる。

二人は引き渡し場所のエッフェル塔に向かい、ケンジはリーに一騎討ちを挑む。その末、リーは窓から落ちそうになったケンジを助けようとするが、ケンジは逆にリーを突き落とし、止めを刺そうと襲いかかった。二人は塔から落下防止用ネットまで落ち、さらにネットが武器の刀で破けてしまい、地上に落下しそうになる。リーは再びケンジを助けようとするが、ケンジはリーを助けるため手を離して転落死する。上階に戻ったリーは、カーターに助け出されたスーヤンと再会し、彼女を地上に逃がす。その直後、組織の追手が集団で現れ、二人はフランス国旗をパラシュート代わりにして塔から脱出する。無事に地上に降りた二人の元にレイナードが現れて二人を殺そうとするが、彼は二人の後を追ってきたジョージに射殺される。事件の解決後、休暇をもらったリーはカーターを旅行に誘い、イザベラとジャンビエーブが乗ったチャーター機でフィジーに旅立つ。

ラッシュアワー3 スタッフ

監督:ブレット・ラトナー
脚本:ジェフ・ナサンソン
原作:キャラクター創造 ロス・ラマナ
製作:アーサー・サルキシアン,ロジャー・バーンバウム,ジェイ・スターン,ジョナサン・グリックマン,アンドリュー・Z・デイヴィス
製作総指揮:トビー・エメリッヒ
音楽:ラロ・シフリン
撮影:ジェームズ・ミューロー
編集:ドン・ジマーマン,ディーン・ジンマーマン,マーク・ヘルフリッチ
配給:ニュー・ライン・シネマ,東宝東和

ラッシュアワー3 キャスト

リー捜査官:ジャッキー・チェン
カーター刑事:クリス・タッカー
ケンジ:真田広之
ジャンビエーブ:ノエミ・ルノワール
スーヤン:チャン・ジンチュー
ジャスミン:工藤夕貴
レイナード委員長:マックス・フォン・シドー
ジョージ:イヴァン・アタル
ジョージの妻:ジュリー・ドパルデュー
ハン大使:ツィ・マー
レヴィ警視:ロマン・ポランスキー
カンフー道場の巨人:ソン・ミンミン
シスター・アグネス:ダナ・アイヴィ
イザベラ:ロゼリン・サンチェス
ウィリアム・ディール署長:フィリップ・ベイカー・ホール
中国外務大臣:マイケル・チャウ
ゾーイ:サラ・シャヒ

ラッシュアワー3 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ラッシュアワー 映画シリーズ

ラッシュアワー|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画
1998年公開のアメリカ合衆国の映画。口八丁なロス市警の刑事と腕の立つ香港警察の捜査官がコンビを組んで敵に立ち向かう、コミカルなポリス・アクション。スタンダップ・コメディアン出身のクリス・タッカーの話術と、これがハリウッド映画への本格的進出の第1弾となるジャッキー・チェンのアクションの共演が見どころ。 ラッシュアワー 映画批評・備忘録 ラッシュアワー(原題:Rush Hour)脚本:32点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:8点音響・音楽:7点合計80点 ジャッキー・チェンのハリウッド進出映画で『レッド・ブロンクス』に続き大成功した作品が今作。これまでも『キャノンボール』などの...
ラッシュアワー2|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画
2001年公開のアメリカ合衆国の映画。でこぼこ刑事コンビが大活躍する人気アクション・コメディの1998年の『ラッシュアワー』の続編である。主演コンビはシリーズ前作に引き続き、ジャッキー・チェンとクリス・タッカー。共演はチャン・ツィイー、ジョン・ローンほか。 ラッシュアワー2 映画批評・備忘録 ラッシュアワー2(原題:Rush Hour 2)脚本:35点演技・演出:18点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:7点合計85点 前作はジャッキーが控えめな演技に終始しているように見えましたが、今作は本領発揮してる感じがしますし、相変わらず空気感がおかしい(誉め言葉)クリス・タッカーとの掛け...
ラッシュアワー3|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画
2007年公開のアメリカ合衆国の映画。リー捜査官とカーター刑事がマフィアとの壮絶な死闘を繰り広げるアクション・ムービー・シリーズ第3弾。監督は前作に引き続きブレット・ラトナー。出演はのジャッキー・チェン、クリス・タッカー、真田広之ほか。 ラッシュアワー3 映画批評・備忘録 ラッシュアワー3(原題: Rush Hour 3)脚本:25点演技・演出:13点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:7点合計67点 シリーズ3作目は、マンネリ化とジャッキーに衰えを感じてしまう残酷な映画になってしまったな~と個人的には感じてしまう作品でした。真田広之、工藤夕貴と日本人キャストの出演も嬉しいのです...