スポンサーリンク

バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ|「絶望」が この街で 産声を あげる ─ 。

バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
この記事は約5分で読めます。

バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティは、2021年公開のアメリカ合衆国の映画。大ヒットゲームが原作の人気ホラーアクションシリーズを新たなスタッフ&キャストで映画化。巨大複合企業アンブレラ社が起こした事故で異変が発生したと伝える謎のメッセージを受け取ったクレア・レッドフィールドは、故郷ラクーンシティに戻ってくるが……。主演は「テッド・バンディ」のカヤ・スコデラリオ。監督は「海底47m」のヨハネス・ロバーツ。

バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ 映画批評・評価・考察


バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ(原題: Resident Evil: Welcome to Raccoon City)

脚本:19点
演技・演出:12点
撮影・美術:15点
編集:5点
音響・音楽:7点
合計58点

潤沢な予算で製作されたB級ホラー映画なのは、ミラ版のバイオハザードシリーズと同様なのですが、こちらの方は全体的にテンポが悪く、特に中盤は眠気を誘うほどでした。多くの方が指摘しているように原作愛や原作を忠実に再現したという広報の割に、キャスティングが原作のイメージとかけ離れている点や洋館編(バイオハザード1)とシティ編(バイオハザード2)をまとめてしまった脚本なのが中途半端に思えます。原作愛というより、映画独自の個性を出したいという気持ちの方が強そうです。アクションよりもホラー色を強くしたことは、個人的には良かった点ですが、緊張感が致命的にないので、もうちょっと編集や脚本でどうにかならなかったのかと思えました。続編が製作されたら見るとは思いますが、そんなに期待せずに待ってるかなぁ~。


amazonプライム・ビデオ

バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ あらすじ

バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

巨大複合企業アンブレラ社の拠点があるラクーンシティ。この街の孤児院で育ったクレア・レッドフィールド(カヤ・スコデラリオ)は、アンブレラ社が起こしたある事故が原因で街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、帰郷する。ラクーン市警(=R.P.D)に勤める兄クリス・レッドフィールド(ロビー・アメル)は、クレアの話を“ありえない陰謀論”と一蹴。だが、やがて2人は街を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。次々と襲い掛かってくる住民たち。そんな中、2人はアンブレラ社が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが……。

バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ スタッフ

監督:ヨハネス・ロバーツ
脚本:ヨハネス・ロバーツ
原作:カプコン『バイオハザード』
製作:マルティン・モスコヴィッツ,ジェームズ・ハリス,ハートリー・ゴーレンスタイン,ロバート・クルツァー
製作総指揮:ヴィクター・ハディダ,アレックス・チャン
撮影:マキシム・アレクサンドル
編集:デヴ・シン
製作会社:スクリーン ジェムズ,コンスタンティン・フィルム,フィズ・ファシリティ,ティー・ショップ・アンド・フィルム・カンパニー
配給:ソニー・ピクチャーズ・リリーシング

バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ キャスト

クレア・レッドフィールドカヤ・スコデラリオ
ラクーンシティの孤児院育ちで、クリスの妹。アンブレラ社による陰謀を知り、兄にそれを伝えるために故郷の街へと戻って来た。

クリス・レッドフィールドロビー・アメル
ラクーン市警察(R.P.D.)の特殊部隊・S.T.A.R.S.アルファチームの隊員。スペンサー邸の調査に派遣され連絡の取れなくなったブラヴォーチームを探して、スペンサー邸に入り込む。

ジル・バレンタインハナ・ジョン=カーメン
S.T.A.R.S.アルファチームの隊員。ウェスカーに気がある。

レオン・S・ケネディアヴァン・ジョーギア
R.P.D.に配属となった新人警官。クレアと行動を共にすることになる。

アルバート・ウェスカートム・ホッパー
S.T.A.R.S.アルファチームの隊長。何者かからの指示を受けて、怪しい行動をとるようになる。

ブライアン・アイアンズドナル・ローグ
R.P.D.の警察署長。

リサ・トレヴァーマリナ・マゼーパ
アンブレラ社の人体実験における被験体の一人。

ウィリアム・バーキンニール・マクドノー
アンブレラ社の人体実験における研究リーダーの一人。研究成果であるGウイルスを確保しようとする。

アネット・バーキンジャネット・ポーター
ウィリアムの妻であり、シェリーの母親。

シェリー・バーキンホリー・デ・バロス
アネットとウィリアムの娘。

ベン・ベルトリッチジョシュ・クルッダス
アンブレラ社を調べていた陰謀論者。

ブラッド・ヴィッカーズネイサン・デイルズ
S.T.A.R.S.アルファチームのヘリパイロット。

リチャード・エイケンチャド・ルック
S.T.A.R.S.アルファチームのメンバー。

エンリコ・マリーニサミー・アゼロ
S.T.A.R.S.ブラヴォーチームの隊長。

ケヴィン・ドゥーリーディラン・テイラー
S.T.A.R.S.ブラヴォーチームのメンバー。

ルイーズジェニー・ヤング
街のレストラン『エミーズ・ダイナー』のウエイトレス。

トラック運転手パット・ソーントン
クレアをヒッチハイクでラクーンシティまで同乗させてきたトラック運転手。

エイダ・ウォンリリー・ガオ
ラストに登場する謎の女性。

バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

バイオハザード 映画シリーズ

バイオハザード|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2002年公開のイギリス映画。人気ゲームソフト『バイオハザード』を「ジャンヌ・ダルク」のミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化したSFアクション・スリラー。研究中の兵器ウィルスが蔓延し、ゾンビ化した人間があふれる巨大研究所内を舞台に、壮絶なサバイバル戦を描く。後に夫婦となる監督・脚本のポール・W・S・アンダーソンと主演のミラ・ジョヴォヴィッチは共に原作のファンで、自ら望んで本作に携わった。 バイオハザード 映画批評・備忘録 バイオハザード (原題:Resident Evil) 脚本:25点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:7点 音響・音楽:8点 合計70点 ...
バイオハザードII アポカリプス|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2004年にイギリスで制作されたホラーアクション映画。サブタイトルの『アポカリプス』とは、『黙示録』を意味する。『黙示録』とは新約聖書における最後の一書のことであり、そこには世界の破滅やイエス・キリストの再来などの預言的内容が象徴的表現で描かれている。 バイオハザードII アポカリプス 映画批評・備忘録 バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse) 脚本:30点 演技・演出:16点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計78点 シリーズ最高傑作(個人的には)。作品の世界観や設定の一部を取り入れただけのオリジ...
バイオハザードIII|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2007年に公開されたアメリカ・イギリス・ドイツの合作映画。バイオハザードシリーズ3作目。原題の「Extinction」は「絶滅」を意味する。ウィルスによる未知の人災が進み、荒れ果てた砂漠のラスベガスに舞台を移した本作では、アンブレラ社の陰謀に勇敢に立ち向かう女戦士アリスの過酷な運命が描かれる。 バイオハザードIII 映画批評・備忘録 バイオハザードIII(原題:Resident Evil: Extinction) 脚本:10点 演技・演出:15点 撮影・美術:18点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計57点 2の出来栄えが良かった事から3作目に期待するファンの熱...
バイオハザードIV アフターライフ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2010年公開のイギリス映画。バイオハザードシリーズ4作目。サブタイトルの「アフターライフ」はあの世、死後の世界を意味する。監督のポール・W・S・アンダーソンは、本作の制作にあたって、公開当時の原作ゲームのナンバリングタイトル最新作である『バイオハザード5』から非常に強い影響を受けていると語っており、本作に登場する原作ゲームキャラクターのアルバート・ウェスカーとクリス・レッドフィールドが、同ゲームと同じ動きをする場面が存在したり、クリーチャーとして『5』から「処刑マジニ」、「アジュレ」、そして「マジニ」の特徴を踏襲したアンデッドが登場する。また、処刑マジニが原作同様、門を断頭斧で破壊して建物に...
バイオハザードV リトリビューション|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2012年公開のイギリス映画。サブタイトルの Retribution は報復、報いを意味する。本作は前作『IV』のラスト直後から続く形で始まる展開となっている。主な舞台はアンブレラ社の生物兵器研究における最高機密オペレーション施設「アンブレラ・プライム」であるが、その中にある生物兵器のシミュレーション実験場という形でアメリカのニューヨーク(タイムズ・スクエア)、日本の東京(渋谷)、ロシアのモスクワ(赤の広場)の街が登場する。クリーチャーはリッカーや処刑マジニが再登場する他、『バイオハザード4』『バイオハザード5』に登場した寄生虫プラーガが初登場。その他、ゲームでの主要人物である「エイダ・ウォン...
バイオハザード: ザ・ファイナル|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2016年公開のイギリス映画。カプコンのサバイバルホラーゲーム『バイオハザードシリーズ』を原作とした、ポール・W・S・アンダーソン製作の実写映画版シリーズ第6作の最終作。 本作は『IV』や『V』にあったような、原作ゲームのシーンをそのまま再現したような描写は少なくなり、『I』や『バイオハザードIII』(以降『III』)同様、映画オリジナル要素が強い作風となっているが、舞台装置や演出などには、依然として多くの原作ゲームへのオマージュ要素が見て取れる。最終作ということで前作までの全5作品のハイライトが多く描写されている。 シリーズの主人公であるミラ・ジョヴォヴィッチが演じるアリス以外の主要...