キューブ 86点

映画 キューブ

1997年公開のカナダ映画。立方体(キューブ)で構成されトラップが張り巡らされた謎の迷宮に、突如放り込まれた男女6人の脱出劇を描く。「ワンセット物で登場する役者は7人」という低予算作品。終始張り詰めた緊張感の中で物語が進んでゆく。ビデオ版、DVD版に収録されているナタリ監督の短編映画「Elevated」が本作の原点である。後に売れっ子になるテレビドラマ『スターゲイト・アトランティス』のロドニー・マッケイ役デヴィッド・ヒューレットや『スーパー・ナチュラル』のデス(死)役ジュリアン・リッチングスが出演している。

キューブ 映画批評・備忘録





脚本:38点
演技・演出:17点
撮影・美術:16点
編集:9点
音響・音楽:6点
合計86点


90年代後半に登場したカルト映画キューブ、テイストは80年代風のSF映画なんですが、現在の主人公(登場人物全員が主人公)がいないリアリティ番組を見ているような感覚があり、無機質で閉鎖的な空間が舞台だからこそ登場人物に感情移入してしまう作品です。オープニングのデス(スーパーナチュラル)のイメージが強い名優ジュリアン・リッチングスの解体ショーが衝撃的でした。このシーンは、『バイオハザード』『ゴーストシップ』などに影響を与えるというかほぼ丸パクリされています。オープニングが衝撃的過ぎて出オチしちゃってる感じですが、この映画の秀逸なところは人間ドラマにあります。過去の経験から自信過剰なタイプ、暴力的で根拠もなく感情に訴えるタイプ、黙々と理論立てて結果を注視するタイプ、正義感が強いものの融通が利かないタイプ、極限状況でも無気力なタイプ、〇〇〇〇だけど実は数学の天才だったキャラクターなど登場人物が実に個性的です。サバイバル・リアリティ番組になっていて視聴者がずっと観客的視点で登場人物を見守る感覚になってしまいます。肩書や職業といったもので人を判断してはいけないことや敵対することのデメリットが見て取れる作品で、短時間の中でよくも表現できたなと思える素晴らしい脚本でした。

※キューブの続編は、キューブ2とキューブゼロが正式な続編ですが、監督が異なることから一作目の面白さが無いので評価が低いです。また、続編に見せかけたキューブ〇〇〇といった偽物が多数あるので要注意です。



amazonプライム・ビデオ

キューブ あらすじ


ある日突然理由もなく、男女6人が鋼鉄の立方体の部屋に閉じ込められる。そこは他にもたくさんの同じ部屋があり、その集合体で作られた、巨大な立方体(CUBE)になっている。各部屋に6つあるハッチの中からひとつを選び隣室へ移動しながら出口を探す以外、脱出方法はない。しかも部屋には様々な殺人トラップが仕掛けられている!そんな極限状態の下、絶望的なサバイバルを繰り広げる6人。やがて一つ一つ謎と罠をクリアしてゆくうちに、彼らの精神状態が徐々に狂い始めてゆく・・・果たして無事にこのCUBEから脱出できるのか?あるいは本当に出口はあるのか? 今ギリギリの緊張の中、死のゲームがセットされた・・・

キューブ スタッフ


監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
脚本:ヴィンチェンゾ・ナタリ,グレーム・マンソン,アンドレ・ビジェリク
製作:メーラ・メー,ベティ・オア
製作総指揮:コリン・ブラントン
音楽:マーク・コーヴェン
撮影:デレク・ロジャース,スコット・スミス
編集:ジョン・サンダース
配給:シネプレックス・オデオン・フィルムズ,トライマーク・ピクチャーズ,ポニーキャニオン,クロックワークス

キューブ キャスト


クエンティン
演 – モーリス・ディーン・ウィント
肉体派黒人男性。3人の子供がいるが、妻とは別居している。警察官という職業柄、その行動力でメンバーを牽引する。
ハロウェイ
演 – ニッキー・グァダーニ
中年独身女性。職業は精神科の開業医。博愛主義的な理想を持ち、正義感を振りかざしてキューブに閉じ込められた不条理に立ち向かう。
レブン
演 – ニコール・デ・ボア
数学科の女子学生。退屈でつまらない毎日を送っていた若者であったが、突然キューブに放り込まれてパニック状態に陥る。クエンティンのリーダーシップに助けられ、徐々にやる気を持ち始める。
レン
演 – ウェイン・ロブソン
小柄な初老の男性。7つの刑務所から脱獄し、“アッティカの鳥”の異名を持つ。目の前のことだけに集中し、無駄なことは一切考えない主義。
ワース
演 – デヴィッド・ヒューレット
無気力な独身男性。脱出に真剣味がなく胡散臭い雰囲気。
カザン
演 – アンドリュー・ミラー
途中から参加した青年。他のメンバーから発見されるまでずっと部屋から動かなかったらしい。行動上の特徴から何らかの精神障害を持つと思われる。現状把握を全くできないため何度もメンバーの足を引っ張るが、ハロウェイが献身的にサポートする。
オルダーソン
演 – ジュリアン・リッチングス
オープニングに登場するスキンヘッドの男性。物語冒頭でただ独りキューブの中で目覚め、事情も分からぬまま内部を移動しようとしたところ、折り畳み式の網状のワイヤーナイフの罠にかかり、サイコロステーキのようにバラバラに切り刻まれて死亡した。
わずか数十秒間のこのシーンで「部屋にはトラップが仕掛けられており、むやみに動くと危険である」という設定を強烈に印象付けている。

キューブ 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ