日本映画

日本映画(邦画)
一般的に日本国内の映画館などで公開されることを前提として、日本国籍を持つ者、あるいは日本の国内法に基づく法人が出資(製作)している映画を指すが、詳細な定義は識者によって異なる。邦画(ほうが)とも呼称される。また、時代によって活動写真、キネマ、シネマ等とも呼ばれる。

ヒューマンドラマ

60歳のラブレター|日本全国80万人以上が涙した、9万通の愛の実話が紡ぎだす話題の感動作

60歳のラブレターは、2009年公開の日本映画。長年連れ添った夫婦が、口に出しては言えない互いへの感謝の言葉を1枚のはがきに綴る応募企画「60歳のラブレター」。2000年から毎年募集され、日本中から約8万通を超えるはがきが寄せられ大きな反響と共感を得ている人気企画に着想を得て製作された映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
時代劇

居眠り磐音|この男、切ないほどに、強く、優しい。/全著作累計6500万部の佐伯泰英作品が初の映画化!

居眠り磐音(いねむりいわね)は、2019年公開の日本映画。友を斬り、愛する人を失った。男は、哀しみを知る剣で、悪を斬る。全著作の累計発行部数が6500万部を超える佐伯泰英の最高傑作にして初の映画化!シリーズ累計2000万部突破の<最強時代小説>×<超豪華俳優陣>で贈る、本格時代劇エンターテインメント!映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
戦争

戦場のメリークリスマス|二次世界大戦下、ジャワ山中の日本軍俘虜収容所を舞台に、男たちの交流を描く

戦場のメリークリスマスは、1983年公開の日本映画。第二次世界大戦下、ジャワ山中の日本軍俘虜収容所を舞台に、男たちの交流を描く。サー・ローレンス・ヴァン・デル・ポストの「影の獄にて」の映画化で、脚本は「愛の亡霊」の大島渚とポール・マイヤースバーグの共同執筆、監督も同作の大島渚、撮影は成島東一郎がそれぞれ担当。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

八日目の蝉|不倫相手の子供を誘拐した女と、誘拐犯に育てられた女。ふたりの4年間の逃亡生活と、その後の運命を描く。

八日目の蝉(ようかめのせみ)は、2011年公開の日本映画。不倫相手の子供を誘拐した女と、誘拐犯に育てられた女。ふたりの4年間の逃亡生活と、その後の運命を描いたヒューマンサスペンスドラマ。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
任侠・ヤクザ・実録ドラマ映画

櫂(かい)|時代設定は大正3年。激しく揺れる人生の荒波に、愛憎の櫂を操る男と女を描く。

櫂(かい)は、1985年公開の日本映画。『鬼龍院花子の生涯』・『陽暉楼』と合わせ、宮尾登美子原作、五社英雄監督のコンビ作品で「高知三部作」とも呼ばれる。時代設定は大正3年。激しく揺れる人生の荒波に、愛憎の櫂を操る男と女を描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
コメディ

シコふんじゃった。|ひょんな事から大学の相撲部に入ることになった大学生の奮闘をコミカルに描いた異色相撲コメディ。

シコふんじゃった。は、1992年公開の日本映画。卒業のための単位と引き換えに、廃部寸前の弱小相撲部に入ることになった大学生の奮闘をコミカルに描いたコメディ映画。第35回ブルーリボン賞作品賞ならびに第16回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
アニメーション映画

アーヤと魔女|魔女の家に引き取られた孤児の少女アーヤの奮闘を描く。

アーヤと魔女は、2021年公開の日本映画。『ハウルの動く城』のダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童小説を原作に、宮崎駿が企画を担当したスタジオジブリ初のフル3DCGアニメ。NHKで放送されたバージョンに新規カットを追加して劇場公開。魔女の家に引き取られた孤児の少女アーヤの奮闘を描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
任侠・ヤクザ・実録ドラマ映画

激怒|狂っているのは世界か俺か。 《安心・安全な町》が牙をむくとき、暴走刑事の怒りが爆発する!

激怒は、2021年公開の日本映画。映画評論家、アート・ディレクターとして様々に活躍する高橋ヨシキが企画し、オリジナル脚本で長編初監督に挑んだバイオレンス・エンターテインメント。激怒すると暴力が止まらない中年刑事の主人公・深間に「ローリング」「犯る男」の川瀬陽太が扮し、唯一無二のパワフルなダークヒーローを生み出した。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

そして父になる|子どもを取り違えられた二組の家族を通して、家族とは何か掘り下げるヒューマン・ドラマ

そして父になるは、2013年公開の日本映画。是枝裕和監督が、子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や絆、家族といったテーマを感動的に描くドラマ。自らの手で人生を切り拓いてきたエリート会社員の子が取り違えられていたことが発覚、取り違えられた先の家族と交流するうちに彼の価値観が変わっていく。エリート会社員を福山雅治が、その妻を尾野真千子が、子どもを取り違えられたもう一組の夫婦をリリー・フランキーと真木よう子が演じている。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ミステリー

犬神家の一族|大財閥・犬神家の一族に遺された巨額の遺産をめぐって繰り広げられる殺人事件を、名探偵・金田一耕介が解き明かす推理ドラマ。

犬神家の一族(いぬがみけのいちぞく)は、2006年公開の日本映画。大財閥・犬神家の一族に遺された巨額の遺産をめぐって繰り広げられる殺人事件を、名探偵・金田一耕介が解き明かす推理ドラマ。横溝正史の金田一耕助シリーズである推理小説『犬神家の一族』を、30年前の映画版と同じ監督・主演コンビで再映画化したもので、他のキャストが豪華なことも話題となっている。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
任侠・ヤクザ・実録ドラマ映画

陽炎|昭和初期の熊本を舞台に、愛憎がうずまく料亭を巡って一人の女胴師の活躍を描く。

陽炎(かげろう)は、1991年公開の日本映画。昭和初期の熊本を舞台に、愛憎がうずまく料亭を巡って一人の女胴師の活躍を描く任侠アクション。脚本は「極道の妻たち 最後の戦い」の高田宏治が執筆。監督は「226」の五社英雄。撮影は「利休」の森田富士郎がそれぞれ担当。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

ミンナのウタ|そのメロディを聞いてはいけない・・・少女の願望が呪詛へと変わる!

ミンナのウタは、2023年公開の日本映画。ENERATIONSのメンバーがカセットテープから流れる呪いのメロディーを聴いてしまったことから始まり、このメロディーを聴いた者は自らも口ずさんでしまうように恐怖とともに伝染していき、不可解な事件に巻き込まれてゆく姿が描かれる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
時代劇

敦煌|戦乱の世、11世紀のシルクロードで、敦煌の文化遺産を守ろうとした青年の活躍を描く。

敦煌(とんこう)は、1988年公開の日本・中国合作映画。史上最大のスペクタクルが、限りなく壮大なロマンが、無限の大地に広がる――戦乱の世、11世紀のシルクロードで、敦煌の文化遺産を守ろうとした青年の活躍を描く。井上靖原作の同名小説の映画化で、脚本は「必殺!ブラウン館の怪物たち」の吉田剛と「植村直己物語」の佐藤純彌が共同で執筆。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
任侠・ヤクザ・実録ドラマ映画

博奕打ち外伝|男五人五色、それぞれの意地を賭けて相争う激しい生きざまを、東映任侠オールスター大競演で描いた火花散る迫力編。

博奕打ち外伝は、1972年公開の日本映画。明治の中期、北九州若松を舞台に、重たい一家一門の代紋をめぐって義理に生き、情に耐え、心で涙する男たちを描く。鶴田浩二、高倉健、菅原文太ら東映任侠オールスター競演!男五人五色、それぞれの意地を賭けて相争う激しい生きざまを描いた『博奕打ちシリーズ』の第10作目。鶴田浩二と高倉健が共演した最後の映画作品でもある。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

博士の愛した数式|記憶を80分しか維持出来ない数学博士と若い家政婦母子の心の交流を描いたヒューマン・ドラマ。

博士の愛した数式は、2006年公開の日本映画。「阿弥陀堂だより」「雨あがる」の小泉堯史監督、寺尾聰主演で小川洋子の同名小説を映画化。「私」の視点で描かれた原作に対し、映画では中学校の数学教師になった29歳のルート(原作に準ずれば教員生活7年目)が、クラスでの最初の授業で博士との思い出を語るというものになっている。また、原作では深く描かれなかった博士と未亡人の関係についても触れている(2人が不義の関係にあったことをうかがわせる)などの違いはあるが、原作をほぼ忠実に映画化している。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

次郎物語|幼いときに里子を経験した少年の成長を、家族との交流を軸に描く。

次郎物語は、1987年公開の日本映画。親と子の心のふれあいを描いた古典的名作の映画化。幼いときに里子を経験した少年の成長を、家族との交流を軸に描く。原作は下村湖人の同名小説、脚本は「白い野望」の井手雅人、監督は「きみが輝くとき」の森川時久、撮影は「親鸞 白い道」の山崎善弘がそれぞれ担当。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
犯罪(クライム)

大脱獄|雪原脱獄の果てに、遂げねばならない復讐があった! 石井輝男監督が壮大なスケールで描いたスーパーアクション

大脱獄は、1975年公開の日本映画。網走刑務所を脱獄した死刑囚が列車強盗を計画する、刑務所映画というよりバディものの強盗映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

オズランド 笑顔の魔法おしえます。|突然配属されたのは、ド田舎の遊園地。不満だらけの毎日を変えたのは、”魔法使い”のような上司との出会い

オズランド 笑顔の魔法おしえます。は、2018年公開の日本映画。「海猿」の原案などで知られる小森陽一の小説「オズの世界」を実写映画化。就職が決まったものの田舎の遊園地に配属されてしまった新入社員が、上司や個性的な従業員たちの中で経験を積んでいく。主人公をNHKの連続テレビ小説「あさが来た」などの波瑠、彼女の上司を『MOZU』シリーズなどの西島秀俊が演じる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
時代劇

雨あがる|現代に失われつつある“優しさ”を見事に表現した、心が晴れ晴れとする温かい感動作!

雨あがるは、2000年公開の日本映画。人を押しのけてまで出世することが出来ない心優しい武士と、そんな夫を理解し支える妻の心暖まる絆を描いた時代劇。監督は、98年に亡くなった黒澤明監督の助監督として活躍し、本作でデビューを飾った小泉堯史。脚本は、山本周五郎による短編を基にした「まあだだよ」の黒澤明の遺稿。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
時代劇

椿三十郎|剛勇無双! 命知らずの三十郎が敢然と悪を斬る秘剣の早技!

椿三十郎は、1962年公開の日本映画。主演・三船敏郎、監督・黒澤明監督の傑作娯楽時代劇。三船敏郎と仲代達矢との決闘は映画史上の名場面としてあまりにも有名。ダイナミックな殺陣、ラストの決闘シーンの映像表現は、その後の多くの作品に影響を与えた。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
時代劇

新源氏物語|せめて一夜でも光の君と…… 女性なら誰でも一度は憧れた夢の恋を現代に結ぶ絢爛の大ロマン!

新源氏物語は、1961年公開の日本映画。「週刊文春」連載の川口松太郎の同名小説を「美少年変化 竜の岬の決闘」の八尋不二が脚色、「怪談 蚊喰鳥」のコンビ、森一生が監督、本多省三が撮影した王朝もの。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
時代劇

用心棒|関八州の無法地帯に血の雨降らす。居合抜きの名人がやって来た!

用心棒は、1961年公開の日本映画。桑畑三十郎を名乗る浪人が、宿場町で対立するヤクザ同士を衝突させて壊滅させるという物語。1962年に続編の『椿三十郎』が作られた。三船は本作品で第22回ヴェネツィア国際映画祭の男優賞を受賞。本作品は刀の斬殺音や残酷な描写を取り入れるなど、従来の時代劇映画の形式を覆して後の作品に大きな影響を与え、1964年にはセルジオ・レオーネ監督のマカロニ・ウエスタン『荒野の用心棒』で非公式にリメイクされている。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

秋刀魚の味|老いと孤独という深刻なテーマを喜劇的に描いた、小津安二郎の遺作。

秋刀魚の味は、1962年公開の日本映画。娘の縁談がまとまり娘が嫁ぐ日、父は孤独な後ろ姿を見せるのだった。老いと孤独という深刻なテーマを喜劇的に描いた、偉大なる映像作家・小津安二郎の遺作。これまでに小津安二郎が一貫して描いてきた、妻に先立たれた初老の父親と婚期を迎えた娘との関わりが、娘を嫁がせた父親の「老い」と「孤独」というテーマと共に描かれている。また、笠智衆演じる父親と中村伸郎、北竜二演じる友人たちとの応酬が喜劇味を加えている。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜|リリー・フランキーが、亡き母への思いをつづった自伝的ベストセラー小説を映画化。

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜は、2007年公開の日本映画。リリー・フランキーが、亡き母への思いをつづった自伝的ベストセラー小説を映画化。主人公のボクをオダギリジョー、母=オカンを樹木希林、若き日のオカンを内田也哉子が演じて話題となった、母と子の絆を描く感動作。 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 映画批評・評価・考察 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(英題:Tokyo Tower: Mom and Me and Sometimes Dad)脚本:34点演技・演出:18点撮影・美術:17点編集:7点音響・音楽:7点合計83点 リリー・フランキー原作の同名ベス...
コメディ

お早よう|わんぱく兄弟はテレビ欲しさに父親と大ゲンカ。小津安二郎監督の喜劇作家としての手腕が冴える傑作。

お早ようは、1959年公開の日本映画。子どもたちを主人公に、東京郊外の新興住宅地での隣近所の人間模様やテレビをめぐる家族のやり取りなど、庶民の日常をナンセンスで軽妙なユーモアで描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

東京物語|上京した年老いた両親とその家族たちの姿を通して、家族の絆、親と子、老いと死、人間の一生、それらを冷徹な視線で描く。

東京物語は、1953年公開の日本映画。上京した年老いた両親とその家族たちの姿を通して、家族の絆、親と子、老いと死、人間の一生、それらを冷徹な視線で描いた作品である。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
アニメーション映画

獣兵衛忍風帖|徳川幕府転覆を図る闇広方がさしむけた謎の忍者軍団・鬼門八人衆と、はぐれ忍び・牙神獣兵衛の戦いを描く時代劇アニメ。

獣兵衛忍風帖は、1993年公開の日本映画。徳川幕府転覆を図る闇広方がさしむけた謎の忍者軍団・鬼門八人衆と、はぐれ忍び・牙神獣兵衛の戦いを描く時代劇アニメ。『妖獣都市』『バンパイアハンターD』などで知られる川尻善昭の原作・脚本・監督による長編劇場アニメ。作画監督は「ロードス島戦記」の箕輪豊が担当。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
コメディ

舞妓はレディ|とある少女が舞妓を夢見て京都の花街に飛び込み、立派な舞妓を目指し成長していく姿を歌や踊りを交えて描く。

舞妓はレディは、2014年公開の日本映画。地方出身の少女が、京都の架空の花街・下八軒で舞妓を目指す成長物語を、歌とダンスを交えたエンターテインメント作として描く。主演は、半年に及ぶ選考とおよそ800名に上る応募者の中から選ばれた新星・上白石萌音。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

幸福のスイッチ|田舎の電器屋で繰り広げられる、頑固オヤジと三人姉妹の心温まる物語。

幸福のスイッチ(しあわせのスイッチ)は、2006年公開の日本映画。田舎へ帰省して家業の電気店を手伝う次女と、職人気質のガンコ親父の葛藤を中心とした家族ドラマ。家族の絆はプラスとマイナス。くっ付いたり、離れたり。お客様第一!で儲けは二の次の電気屋の父と、そんな生き方が理解できなくて反発する娘。和歌山県田辺市を舞台に、ガンコ親父と三人姉妹の家族愛を明るく優しく、じんわり暖かく描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

キネマの神様|これは“映画の神様”を信じ続けた男とその家族に起きる奇跡の物語ー。

キネマの神様は、2021年公開の日本映画。名匠・山田洋次監督が、映画に青春をささげた男の人生、愛と友情、そして家族を現在と過去を交錯させながら描くヒューマンドラマ。田研二が、撮影中に亡くなった志村けんの遺志を継いで主人公ゴウを熱演。菅田将暉が若き日のゴウを演じるほか、豪華共演者も話題となった。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。