ドラマ映画

コメディ

ベートーベン|キュートなセントバーナード犬“ベートーベン”が大活躍!ファミリーに大人気の定番コメディ

ベートーベンは、1992年公開のアメリカ合衆国の映画。犬嫌いの父親がいる一家に住みついたセントバーナードの活躍を描く動物コメディ。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
犯罪(クライム)

アウト・オブ・サイト|刑務所を脱獄した全米屈指の銀行強盗と、女性連邦保安官との惹かれあう恋の行方を描いたラブサスペンス。

アウト・オブ・サイトは、1998年公開のアメリカ合衆国の映画。プロの銀行強盗と女連邦保安官の恋愛をスタイリッシュに描いたラヴ・サスペンス。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
歴史・伝記ドラマ

ホテル・ムンバイ|“楽園”の日常は、一瞬にして惨状へ―― “銃”に“信念”で立ち向かった、名もなき人々の真実の物語

ホテル・ムンバイは、2018年公開のオーストラリア・インド・アメリカ合衆国合作映画。2008年インドムンバイでイスラム武装勢力による同時多発テロが発生。歴史あるタージマハル・ホテルが燃え盛る映像は世界を震撼させた。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
西部劇

奴らを高く吊るせ!|たとえ心が忘れても首に残った傷あとが俺の憎しみをかきたてる復讐は一つ!奴らを吊るせ!

奴らを高く吊るせ!は、1968年公開のアメリカ合衆国の映画。レナード・フリーマンとメル・ゴールドバーグの脚本を、TV出身のテッド・ポストが監督した西部劇。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
犯罪(クライム)

ランナーランナー|人生は、ギャンブルだ。|まさかの実話。最高にスリリングな”大逆転”ギャンブル・テンターテイメント!

ランナーランナーは、2013年公開のアメリカ合衆国の映画。オンライン・カジノの世界を舞台に冷酷な経営者と対峙することとなった秀才学生を描くスリラー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
歴史・伝記ドラマ

ユナイテッド93|2001年9月11日、ユナイテッド航空93便テロ事件をドキュメンタリー・タッチで描く人間ドラマ

ユナイテッド93は、2006年公開のアメリカ合衆国の映画。2001年9月11日、ユナイテッド93便がペンシルベニア州に悲運の墜落を遂げるまでをドキュメンタリー・タッチで描く人間ドラマ。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

エレファント・マン|真実は語りつくせないドラマを生んだ。1981年の日本での興行収入1位を記録。

エレファント・マンは、1980年公開のイギリス・アメリカ合衆国の合作映画。19世紀末のロンドンを舞台に、生まれながらの奇型ゆえ“エレファント・マン”と呼ばれ人間扱いされなかった実在の人物ジョゼフ・メリックの数奇な運命と彼をとりまく人間たちとの触れ合いを描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
サスペンス・スリラー

ゲーム|全米No.1「セブン」を超える驚愕と戦慄。ラストの衝撃、緊張度120%|私は盲目であったが今は見える─ヨハネ第9章25節─

ゲームは、1997年公開のアメリカ合衆国の映画。金持ちの男が軽い気持ちで参加してしまったゲームによって不条理な危機を味わうスリラー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
パニック・アクション・ドラマ

パーフェクト ストーム|その日、地球がゆがんだ 史上稀な大嵐に遭遇した漁師たちの苦闘を描く海洋パニック大作

パーフェクト ストームは、2000年公開のアメリカ合衆国の映画。実話を元に、史上稀な大嵐に遭遇した漁師たちの苦闘を描く海洋パニック大作。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
パニック・アクション・ドラマ

クーデター|東南アジア某国 クーデター勃発 標的は”外国人” 敵は全国民 あなたは生き残れるか?

クーデターは、2015年公開のアメリカ合衆国の映画。監督・脚本はジョン・エリック・ドゥードル、出演はオーウェン・ウィルソン、レイク・ベル、ピアース・ブロスナンなど。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
歴史・伝記ドラマ

仮面の男|この夏、あなたは2人のディカプリオを目撃する・・・ 静と動 繊細と大胆 優しさと激しさ

仮面の男は、1998年公開のアメリカ合衆国の映画。太陽王と呼ばれた皇帝ルイ14世と仮面の男の謎を描く大河ロマン。文豪アレクサンドル・デュマの名作『鉄仮面』を、「ブレイブハート」の脚本家で本作が監督デビューとなるランダル・ウォレスの監督・脚本で映画化。
歴史・伝記ドラマ

キャプテン・フィリップス|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

キャプテン・フィリップスは、2013年公開のアメリカ合衆国の映画。2009年にソマリア沖で起きた海賊による輸送船襲撃事件を、人質となった船長の回顧録を原作に映画化。船長と海賊たちの駆け引きと米軍による救出劇を、「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督が息詰まるタッチで描く。 キャプテン・フィリップス 映画批評・備忘録 キャプテン・フィリップス(原題:Captain Phillips)脚本:37点演技・演出:18点撮影・美術:18点編集:8点音響・音楽:8点合計89点 ソマリアの海賊といえば、すしざんまいの社長が非暴力で全滅させたエピソードが頭にあったせいか、今作品はノ...
ファンタジー

ベイブ/都会へ行く|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ベイブ/都会へ行くは、1998年公開のオーストラリア・アメリカ合衆国合作映画。世にも珍しい牧羊豚の成長物語「ベイブ」の続編。本作では豚のベイブが農場経営資金を捻出するために出稼ぎに出た都会で、路頭に迷う動物たちを救う大活躍。監督・製作・脚本は「ベイブ」(製作)「ロレンツォのオイル」のジョージ・ミラー。 ベイブ/都会へ行く 映画批評・備忘録 ベイブ/都会へ行く(原題:Babe: Pig in the City)脚本:29点演技・演出:15点撮影・美術:18点編集:8点音響・音楽:7点合計77点 1作目よりもメッセージ性が強く出ているので、良いところと嫌なところが演出されている作品になり...
ファンタジー

ベイブ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ベイブは、1995年公開のアメリカ合衆国の映画。立派な牧羊犬ならぬ牧羊豚になることを夢見る無垢な子ブタの奮闘を描く感動作。500匹にも上る本物とSFXを巧みに組み合わせた、動物たちの“演技”がみごと。イギリスの童話作家ディック・キング・スミスの『The Sheep-Pig』を、「マッドマックス」シリーズや「ロレンツォのオイル 命の詩」のジョージ・ミラーの製作・脚本で映画化。第68回アカデミー賞で作品賞、監督賞など7部門でノミネート。CGやアニマトロニクスなどの特殊効果が評価され、アカデミー視覚効果賞を受賞した。1998年に続編『ベイブ/都会へ行く』が製作された。 ベイブ 映画批評・備忘録...
ファンタジー

僕のワンダフル・ジャーニー|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

僕のワンダフル・ジャーニーは、2019年公開のアメリカ合衆国の映画。バラバラに離れた家族をひとつにするために、何度も生まれ変わる犬のベイリー。その犬の転生とともに描かれる、人間の愛情、成長、挫折。全世界が涙した号泣必須の壮大な愛の物語。本作はW・ブルース・キャメロンが2012年に発表した『A Dog's Journey』を原作としている。また、本作は2017年の映画『僕のワンダフル・ライフ』の続編でもある。 僕のワンダフル・ジャーニー 映画批評・備忘録 僕のワンダフル・ジャーニー(原題:A Dog's Journey)脚本:33点演技・演出:17点撮影・美術:17点編集:9点音響・音楽...
サスペンス・スリラー

マシニスト|すでに1年間365日眠っていない。|人間の想像を超えた 限界点から始まる 未体験ショックムービー

マシニストは、2004年公開のスペイン・アメリカ合衆国合作映画。重度の不眠症で痩せ衰えた男が周囲で起きた奇妙な事件を何者かの陰謀と疑うようになっていく姿を描いたサイコ・スリラー映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
サスペンス・スリラー

トゥルー・クライム|死刑執行まであと12時間・・・事件記者は男の無実を信じた。

トゥルー・クライムは、1999年公開のアメリカ合衆国の映画。死刑執行当日、無実の死刑囚を救うために奔走するヴェテラン新聞記者の姿を描くサスペンス。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
サスペンス・スリラー

パーフェクト・ゲッタウェイ|誰も信じてはいけない。何も見逃してはいけない。─あなたは必ず騙される。

パーフェクト・ゲッタウェイは、2009年公開のアメリカ合衆国の映画。「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ主演のサスペンス・アクション。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
サスペンス・スリラー

ハンニバル・ライジング|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ハンニバル・ライジングは、2007年公開のアメリカ・イギリス・フランス合作映画。トマス・ハリスによる小説「ハンニバル・レクター」シリーズ4作目となる同名小説の映画化。レクター博士の幼少期から青年期にかけてを描いている、時間軸では1番目の作品。 ハンニバル・ライジング 映画批評・備忘録 ハンニバル・ライジング(原題:Hannibal Rising)脚本:34点演技・演出:16点撮影・美術:16点編集:7点音響・音楽:7点合計80点 ハンニバル・レクターの生い立ちを描いた作品になります。日本人の文化に影響を受けた設定なので、興味深いところはありますが、ちょっとそれが『?』と思ってしまうと...
サスペンス・スリラー

レッド・ドラゴン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

レッド・ドラゴンは、2002年公開のアメリカ合衆国の映画。トマス・ハリスの小説『レッド・ドラゴン』の2度目の映画化である。ハンニバル・レクター博士シリーズ4部作のうちの3作目。アカデミー賞受賞作品となった『羊たちの沈黙』で登場するFBI捜査官クラリス・スターリングに出会う直前までを映像化している。 レッド・ドラゴン 映画批評・備忘録 レッド・ドラゴン(原題:Red Dragon)脚本:35点演技・演出:18点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:7点合計85点 時系列では1作目の前日譚にあたる作品で『ハンニバル』のような派手なゴア描写はありませんが、登場人物の内面の描き方は秀逸でキ...
コメディ

クロコダイル・ダンディー in L.A|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

クロコダイル・ダンディー in L.Aは、2001年公開のアメリカ合衆国の映画。オーストラリアが生んだ1986年の大ヒット作品「クロコダイル・ダンディー」が、13年ぶりに復活。今度はL.A.を舞台に、“ダンディー”ことポール・ホーガンがまたまた大暴れする。『クロコダイル・ダンディー』シリーズの第3作であり、『クロコダイル・ダンディー2』(1988年)以来13年ぶりとなる続編である。 クロコダイル・ダンディー in L.A 映画批評・備忘録 クロコダイル・ダンディー in L.A(原題:Crocodile Dundee in Los Angeles)脚本:27点演技・演出:16点撮影・美...
コメディ

クロコダイル・ダンディー2|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

クロコダイル・ダンディー2は、1988年公開のオーストラリア映画。オーストラリアの奥地から大都会ニューヨークへやって来たミック・ダンディーの活躍を描くシリーズ二作目。 カルチャー・ギャップをあっけらかんとした笑いで包み込むきことで大ヒットした前作の続編。 クロコダイル・ダンディー2 映画批評・備忘録 クロコダイル・ダンディー2(原題:Crocodile Dundee II)脚本:26点演技・演出:16点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:8点合計73点 前作の大ヒットを受けて、勢いを持って製作された続編映画になります。好感度の高いクスっと笑えるコメディ要素やセリフは前作を凌ぐくら...
サスペンス・スリラー

ハンニバル|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ハンニバルは、2001年公開のアメリカ・イギリス・イタリア合作映画。原作はトマス・ハリスの小説『ハンニバル』(1999年出版)。『羊たちの沈黙』の続編にあたる。監督はリドリー・スコット。前作で映画史に残るキャラクターとなったレクター博士をアンソニー・ホプキンスが再び演じ、クラリス役は新たにジュリアン・ムーアが務めた。 ハンニバル 映画批評・備忘録 ハンニバル(原題:Hannibal)脚本:35点演技・演出:16点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:8点合計84点 前作を超えるレクターの猟奇性と残虐性の描写が際立つ作品になります。当時劇場で見ていた人は目を背けてしまう人が多かったよ...
コメディ

クロコダイル・ダンディー|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

クロコダイル・ダンディーは、1986年公開のオーストラリア映画。オーストラリアの奥地で生活する“クロコダイル・ダンディー”と呼ばれる探検家がニューヨークへ来て巻き起こす騒動を描く。続編に『クロコダイル・ダンディー2』(1988年)と『クロコダイル・ダンディー in L.A.』(2001年)がある。 クロコダイル・ダンディー 映画批評・備忘録 クロコダイル・ダンディー(原題:Crocodile Dundee)脚本:36点演技・演出:17点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:8点合計84点 公開当時に一大ブームを巻き起こした映画で、ワイルドでチャーミングな男に都会の仕事ができるいい女...
サスペンス・スリラー

羊たちの沈黙|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

羊たちの沈黙は、1991年公開のアメリカ合衆国の映画。原作はトマス・ハリスの同名小説。 連続殺人事件を追う女性FBI訓練生と、彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との奇妙な交流を描く。第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞。アカデミー賞の主要5部門すべてを独占したのは『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次いで3作目である。 本作はアカデミー作品賞を受賞した唯一のホラー映画でもある。2011年にはアメリカ国立フィルム登録簿に新規登録された。物語の主役である精神科医のレクター博士はアンソニー・ホプキンスが演じ、アカデミー主演男優賞を受賞した。続編である『ハンニバル』でもホプキンス...
サスペンス・スリラー

レッドロック/裏切りの銃弾|裏切りの銃弾が、欲望の街をつらぬく ─ 。殺意は狂気と欲望で加速する ─ 。

レッドロック/裏切りの銃弾は、1993年公開のアメリカ合衆国の映画。アメリカ中西部の町を舞台に殺し屋に間違えられた男と、彼が巻き起こす事件を描くサスペンス作品。秀逸な脚本とクセ者キャストで展開する必見作。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
犯罪(クライム)

オーバードライヴ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

オーバードライヴは、2013年公開のアメリカ合衆国の映画。実際にあった潜入捜査を題材にしたクライム・サスペンス。濡れ衣によって投獄された息子の解放と引き換えに、麻薬組織への潜入捜査をする男の姿を息詰まるタッチで活写する。『G.I.ジョー バック2リベンジ』などのドウェイン・ジョンソンが主人公にふんし、等身大の父親像を巧みに体現。『デッドマン・ウォーキング』などのスーザン・サランドン、『ローン・レンジャー』などのバリー・ペッパーら、実力派が脇を固めている。壮絶なカースタントやガンファイトはもとより、家族の絆を見つめたドラマ部分にも注目。 オーバードライヴ 映画批評・備忘録 オーバードライ...
パニック・アクション・ドラマ

エアポート’75|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

1974年公開のアメリカ合衆国の映画。数百人の乗客を乗せた巨大なジャンボ・ジェット機ボーイング747が、飛行中に小型機と激突、操縦不能となった。乗客の恐怖と地上の救援活動を描くスカイ・アドベンチャー。 エアポート'75 映画批評・備忘録 エアポート'75(原題:Airport 1975)脚本:36点演技・演出:18点撮影・美術:14点編集:8点音響・音楽:10点合計86点 70年代の傑作パニック・アクション・ドラマのひとつで、大ヒットを得てシリーズ化されたのはもちろん、後のスカイアクション映画やシーンでオマージュが散見されるなど非常に影響が大きい作品です。90年代に話題を呼んだ『エグ...
犯罪(クライム)

アオラレ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

アオラレは、2020年公開のアメリカ合衆国の映画。ラッセル・クロウ主演のアクションスリラー。シングルマザーのレイチェルは、自動車で息子を学校に送り届ける途中、前のクルマを追い越したことから、その運転手の男と口論に。これをきっかけに、レイチェルは常軌を逸した男の行動に追い詰められていく……。 アオラレ 映画批評・備忘録 アオラレ(原題:Unhinged)脚本:27点演技・演出:16点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:7点合計73点 ラッセル・クロウが60歳手前で演じるキレるおっさんの行動が見どころなんですが、日本のみならず、アメリカでも社会問題になっている煽り運転とちょっとしたこ...
サスペンス・スリラー

ブレイブ ワン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ブレイブ ワンは、2007年公開のアメリカ合衆国・オーストラリア合作映画。アメリカが抱える9.11後の病理を、ひとりの女性の生き方に重ねるサスペンス・アクション。婚約者を殺害されて、銃を手にして自ら悪を裁く道を選択したヒロインに、「羊たちの沈黙」のジョディ・フォスター。本作では、製作総指揮も兼ねる。 ブレイブ ワン 映画批評・備忘録 ブレイブ ワン(原題: The Brave One)脚本:29点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:7点音響・音楽:7点合計76点 見ていてい辛い辛すぎる・・・序盤の内容は頭痛がするというか、見ていて不愉快極まりないシーンになります。ジョディ・フォ...