韓国映画

韓国映画
韓国国籍を持つ者または韓国の法人によって製作された映画で、ほとんどの場合、韓国人の映画スタッフと俳優で構成され、主に韓国国内の映画館等で公開されている映画。

70点台の映画

コンジアム|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2018年公開の韓国映画。2012年にCNNの「世界七大禁断の地」のひとつに選出された、韓国最恐の心霊スポット”といわれる京畿道広州市に実在するコンジアム精神病院跡を舞台にしたホラー映画。 コンジアム 映画批評・備忘録 コンジアム(原題:곤지암 英題:Gonjiam: Haunted Asylum)脚本:34点演技・演出:15点撮影・美術:16点編集:8点音響・音楽:6点合計79点 序盤から中盤までは、かなり面白く怖い映画でしたが、後半からクライマックスについては、先が読めてくることややり過ぎ感がありオカルト系映画特有のゾワゾワ背筋が凍る怖さというよりビックリ、ドッキリ系になってしま...
80点台の映画

感染家族|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2019年公開の韓国映画。古今東西のゾンビ映画へのオマージュにあふれ、パニックあり、アクションあり、笑いありの異色作。崖っぷち家族がゾンビを使ったビジネスに乗り出すサバイバルコメディ。田舎の寂れたガソリンスタンドで暮らすパク一家。定職もなく、その日暮らしの彼らの前に突然ゾンビが現れ、噛まれた父親が若返ったのを見た一家は一攫千金のビジネスを思い付く。 感染家族 映画批評・備忘録 感染家族(原題:The Odd Family: Zombie on Sale)脚本:38点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:9点音響・音楽:7点合計87点 ゾンビ映画あるあると韓国映画あるあるが、まさに...
80点台の映画

悪魔を見た|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2010年公開の韓国映画。韓国の異才、キム・ジウン監督を務め、人間の内なる悪魔を凄惨に描いたサイコ・サスペンス映画。婚約者を殺された男が、血も涙もない卑劣なシリアル・キラーを執拗に追い詰める様子を描く。 悪魔を見た 映画批評・備忘録 悪魔を見た(あくまをみた、原題:악마를 보았다)脚本:34点演技・演出:18点撮影・美術:18点編集:8点音響・音楽:8点合計86点 異常性癖を持つ殺人鬼に惨殺された婚約者の復讐を凄腕のエリート捜査官が行うという映画やドラマならではのストーリーですが、それを異常なまで描写しつくしたのが今作だと思います。殺人鬼の友達は殺人鬼というのも駄目押しで描かれていま...
80点台の映画

FLU 運命の36時間|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2013年公開の韓国映画。36時間で感染者を死に至らせるウイルスの拡散によって生じる混乱の行方や、完全閉鎖された都市の中で愛する女性の幼い娘や人々を救おうとする救急隊員の姿を描く。『MUSA -武士-』などのキム・ソンス監督が放つ、ウイルスパニック。 FLU 運命の36時間 映画批評・備忘録 FLU 運命の36時間(原題:風邪 Flu)脚本:33点演技・演出:14点撮影・美術:18点編集:8点音響・音楽:7点合計80点 ジェットコースター型のパニック映画で、エンタメ要素が強いものの迫力のある映像や臨場感は見応えがあります。愛や友情をしっかり描けてる点も好感が持てます。娯楽映画として出...
60点台の映画

殺人漫画|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2013年公開の韓国映画。死を予告するWEB漫画の恐怖を描き、韓国で大ヒットを記録したホラー。 この映画は、2008年のデスベル以来100万枚以上の映画のチケットを販売した韓国初のホラー映画であったため、興行で成功しました。 殺人漫画 映画批評・備忘録 殺人漫画(原題:KILLER TOON)脚本:22点演技・演出:14点撮影・美術:18点編集:8点音響・音楽:7点合計69点 オープニングが素晴らしく、もはや映像美といって良いほど恐怖を煽るテクニックがすごいです。高度な撮影技術もさることながら編集も素晴らしいものがありました。ただし、後半の脚本がかなり破綻してしまっていることから...
70点台の映画

チェイサー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2008年公開の韓国映画。ナ・ホンジン監督の長編デビュー作品。2004年に韓国で起こった、ユ・ヨンチョルによる連続殺人事件をベースとしている。韓国では観客動員数が500万人を超えるヒット作となり、2008年大鐘賞(韓国のアカデミー賞)主要6部門の他、大韓民国映画大賞を受賞した。第61回カンヌ国際映画祭の特別招待作品である。ワーナー・ブラザース映画とレオナルド・ディカプリオがリメイク権を獲得している。 チェイサー 映画批評・備忘録 チェイサー(原題:The Chaser 追撃者) 脚本:25点 演技・演出:15点 撮影・美術:17点 編集:9点 音響・音楽:8点 合計74...
70点台の映画

容疑者X 天才数学者のアリバイ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2012年公開の韓国映画。日本では福山雅治主演で映画化された東野圭吾の人気小説「容疑者Xの献身」を、韓国で映画化。ある殺人事件をめぐる天才数学者とその隣人、そして事件を追う刑事らが織り成すドラマを巧みな心理描写で映し出す。主人公を『クライング・フィスト』のリュ・スンボムが好演し、相手役を『光州5・18』のイ・ヨウォンが務める。原作とはまた違う、登場人物たちの感情の変化を際立たせた演出が観る者の琴線に触れる。 容疑者X 天才数学者のアリバイ 映画批評・備忘録 容疑者X 天才数学者のアリバイ 脚本:30点 演技・演出:15点 撮影・美術:18点 編集:8点 音響・音楽:7点 ...
80点台の映画

新感染 ファイナル・エクスプレス|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2016年7月20日に韓国で公開され、日本では2017年9月1日に公開された。時速300キロメートル以上で走行中の高速鉄道の車内を主な舞台として、ゾンビのパンデミックによる恐怖と、それに巻き込まれた人々の人間模様を描く。
80点台の映画

アジョシ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2010年公開の韓国映画。心に闇を抱えながら生きる男と、彼と心を通わせる少女のドラマ。ウォンビンの鍛え上げられた肉体で披露する本格アクションシーンやタイの俳優タナヨン・ウォンタラクンの渋さとキレのあるアクションも魅力です。2010年に韓国で公開され、その年のNo.1ヒット作となり、韓国の大鐘賞でウォンビンが主演男優賞を受賞したほか、計8部門にノミネートされたアクション映画。 アジョシ 映画批評・備忘録 アジョシ (原題:韓国語でおじさんの意) 脚本:32点 演技・演出:18点 撮影・美術:18点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計83点 孤独な男と孤独な少女の悲哀...
80点台の映画

シークレット・ミッション|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2013年公開の韓国映画。北朝鮮のエリートスパイたちに下された極秘任務とその孤独な戦いを描き、2013年映画興行成績5位、観客動員数600万人超えの韓国大ヒット作! 第50回大鐘賞:新人俳優賞(キム・スヒョン)を受賞。 シークレット・ミッション 映画批評・備忘録 シークレット・ミッション(英題:Secretly, Greatly) 脚本:34点 演技・演出:16点 撮影・美術:15点 編集:9点 音響・音楽:8点 合計82点 ストーリー前半と後半のギャップが良い意味であり、コメディタッチの前半とアクション主体の後半の流れが上手いし、俳優の演技力が素晴らしい。こうい...
70点台の映画

シングルス(韓国)|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2003年公開の韓国映画。日本の大ヒットドラマを、韓国で映画化。山口智子主演で日本でもドラマ化された鎌田敏夫原作「29歳のクリスマス」をリメイク。かつて思い描いていた29歳の自分と現実のギャップに悩みながらも生きる女性の姿を描いた作品。主演のチャン・ジニョンさんは、胃がんのため2009年9月1日にお亡くなりになりました。享年35歳。また、2017年10月30日、キム・ジュヒョクさんが交通事故でお亡くなりになりました。享年45歳。心からお悔やみ申し上げます。 シングルス 映画批評・備忘録 シングルス 脚本:32点 演技・演出:16点 撮影・美術:15点 編集:7点 音響・音...
80点台の映画

殺人の告白|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2012年公開の韓国映画。『殺人の追憶』の題材となった未解決事件「華城連続殺人事件」にインスピレーションを受けたサスペンスアクション。2017年に日本でリメイクされた『22年目の告白 -私が殺人犯です-』の元作品になるのが今作。 殺人の告白 映画批評・備忘録 殺人の告白(英題:Confession of Murder) 脚本:36点 演技・演出:18点 撮影・美術:18点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計87点 序盤からアクションシーンが多く、ノンストップのアクションサスペンス映画の仕上がりで、ラストまで飽きることなく楽しめる映画。終盤の波乱要素はかなり見事な脚...
80点台の映画

サッド・ムービー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2005年公開の韓国映画。8人の男女に訪れる様々な別れの瞬間を描く、韓国発のオムニバスドラマ。チョン・ウソンのような大スターから、のちに大スターになる「ファイ 悪魔に育てられた少年」で主演したヨ・ジング(子役)が出演している。「猟奇的な彼女」で主演だったチャ・テヒョンや「カル」のヨム・ジョンファ、「箪笥」のイム・スジョン、「火山高」のシン・ミナ、「ラブストーリー」のイ・ギウと出演者は実力者ばかり。 サッド・ムービー 映画批評・備忘録 サッド・ムービー(原題:Sad Movie) 脚本:34点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計80...
60点台の映画

シルミド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2003年公開の韓国映画。1971年に韓国政府が極秘に進めた、朝鮮民主主義人民共和国の金日成首相暗殺計画と、それにかかわった韓国の北派工作員部隊(684部隊)の実話を基にした映画。映画の製作を妨げる動きもあったとされ、この映画の反響を見た韓国政府は2005年1月に事件の真相追及を決定した。韓国では「映画が国を動かした」として再び反響を呼んだ。 シルミド 映画批評・備忘録 シルミド 脚本:25点 演技・演出:14点 撮影・美術:12点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計65点 ここ最近でいう斬首作戦(金正恩だけを暗殺する作戦)のような作戦を実行しようと組織を組んだけ...
70点台の映画

ユリョン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1999年公開の韓国映画。原子力潜水艦を舞台にした作品で、CGと特撮を駆使した韓国初の潜水艦映画。タイトルの『ユリョン』とは韓国語で“幽霊”の意味。日本への核攻撃の示唆や日本の潜水艦を撃沈することなどから反日映画とされ批判も多い作品。 ユリョン 映画批評・備忘録 ユリョン(英題:Phantom the Submarine) 脚本:32点 演技・演出:17点 撮影・美術:12点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計76点 韓国版『クリムゾン・タイド』で、見応えは十分あり日本への狂気のような恨みも感じるがそれだけではないため作品としての完成度は高い。チェ・ミンスが演じる...
70点台の映画

リベラ・メ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2000年公開の韓国映画。題名の『リベラ・メ 〈Libera Me〉』はラテン語で「我を救いたまえ」という意味の聖書から引用された言葉。ヤン・ユノ監督の5作目の作品。韓国での観客動員は100万人。青龍賞 百想芸術大賞 黄金撮影賞 大鐘賞 春史羅雲奎映画芸術祭にて多数の賞を受賞。消防車輌300台・火薬3トン・LPガス6トンを投入し、作品の舞台となる釜山市の警察・消防・市民の全面協力のもと街の中心地で撤去予定のアパートや病院を破壊したり、居住区にセット組んで燃やすなどして撮影された。自国の技術者たちがハリウッドの資料などを研究し、CG・ミニチュア・スタントマンを使わずして火災シーンをリアルに再現し...
60点台の映画

ロスト・メモリーズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2002年公開の韓国映画。1909年、ハルピン駅で伊藤博文が暗殺されなかったらという大胆な仮説に基づいた、韓国初の近未来SFアクション大作。 ロスト・メモリーズ 映画批評・備忘録 ロスト・メモリーズ(原題:2009 Lost Memories) 脚本:25点 演技・演出:10点 撮影・美術:15点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計62点 これぞウリナラ・ファンタジーな映画。 日本による朝鮮統治が継続しているパラレルワールドを舞台に、日本が体制悪として描かれている映画だが、仲村が演じるのはステレオタイプな悪役ではなく、家族を守るために親友との戦いに挑むという悲劇...
90点台の映画

ファイ 悪魔に育てられた少年|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2013年公開の韓国映画。ヨ・ジング、キム・ユンソク主演のサスペンスアクション。学校に通う代わりに“5人の父親”から犯罪のスキルを教え込まれて育った17歳のファイ。残酷な人生を背負ったファイと、彼を取り巻く男たちの凶行は容赦なき運命に導かれて疾走していく。 ファイ 悪魔に育てられた少年 映画批評・備忘録 ファイ 悪魔に育てられた少年 脚本:37点 演技・演出:18点 撮影・美術:18点 編集:9点 音響・音楽:9点 合計91点 新人とベテランが圧倒的な演技力を見せ合う映画ってなかなか出会えないものですが、韓国映画恐るべし。。。これはすごい映画ですよ。 初めての主...
80点台の映画

カル|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1999年公開の韓国映画。公開当時、韓国ではタブーとされていた猟奇殺人もののジャンルに真っ向から挑み、国内歴代観客動員記録を塗り替える驚異的大ヒットとなったハード・ゴア・スリラー映画。“カル”とは“刃物”を意味する言葉。 カル 映画批評・備忘録 カル(英題:Tell Me Something) 脚本:36点 演技・演出:16点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計84点 冒頭から片腕をメスで切り刻み、切断する残酷シーンから始まり、エレベーター内に置かれた黒いポリ袋から、バラバラ死体が飛び出し、パニックに陥る一般市民のシーン等などグロ・ビックリ!!...
90点台の映画

友へ チング|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2001年公開の韓国映画。釜山を舞台に4人の幼なじみの仲間が成長した後の悲劇を描いた映画。※”チング”という言葉は「親旧」と漢字で書いて、長く親しい友という意味。※韓国での観客動員数818万1377人は後の1000万映画に破られるまで歴代1位だった。 友へ チング 映画批評・備忘録 友へ チング 脚本:38点 演技・演出:19点 撮影・美術:18点 編集:10点 音響・音楽:10点 合計95点 物語の半分は、ノスタルジックな子供時代から思春期の男子のあるある的な内容であるものの、幼馴染であり親友に至るまでの経緯と育まれていく心の部分が丁寧に描かれています。4人がそ...
90点台の映画

オールド・ボーイ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2004年公開の韓国映画。2004年の第57回カンヌ国際映画祭に出品され審査員特別グランプリを受賞。審査委員長のクエンティン・タランティーノから「できればパルム・ドール(カンヌ国際映画祭の最高賞)を授与したかった」と激賞される。 オールド・ボーイ 映画批評・備忘録 オールド・ボーイ(英題:Old Boy) 脚本:38点 演技・演出:20点 撮影・美術:18点 編集:10点 音響・音楽:8点 合計94点 驚きの連続でかなりえぐいバイオレンス作品になっている。面白い。でもえぐい。クライマックスには不快感を感じずにはいられないが、チェ・ミンシクの演技については感嘆し、何...
90点台の映画

JSA|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2000年公開の韓国映画。大韓民国国軍(韓国軍)を筆頭とした国連軍と、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士が共同で警備に当たるJSAにおいて、ふとしたきっかけから許されざる友情を育む事になった南北の兵士達の交流と顛末を描いたフィクション映画。韓国では公開当時、ソウルでの入場者記録を塗り替え社会現象となった。韓国全土で583万人、うちソウルで253万人を動員。第38回大鐘賞で最優秀作品賞・最優秀主演男優賞(ソン・ガンホ)を、第21回青龍賞では最優秀作品賞を受賞した。 JSA 映画批評・備忘録 JSA 脚本:39点 演技・演出:18点 撮影・美術:18点 編集:10点 音響・音楽:8...
80点台の映画

アタック・ザ・ガス・ステーション!|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1999年公開の韓国映画。韓国で「シュリ」に次ぐヒットを記録した痛快ブラック・コメディ。夜の街でつるんでいたノーマーク、タンタラ、ペイント、ムデポの4人の若者が、「なんとなく暇だから」という理由でガソリンスタンドを襲撃する姿を描いた青春クライム・ムービー。 アタック・ザ・ガス・ステーション! 映画批評・備忘録 アタック・ザ・ガス・ステーション! 脚本:32点 演技・演出:17点 撮影・美術:17点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計81点 面白さがジワジワくる映画。物語の序盤は唐突的で短絡的な描写が続くため、ん~??なんか微妙な感じがしてきたな。。。。。と思いきや...
90点台の映画

シュリ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1999年公開の韓国映画。本国で「タイタニック」の動員記録を塗り替え、日本でも韓国映画としては異例の大ヒットとなったラブ・サスペンス。韓国では1999年2月13日に公開され、韓国国内で観客動員数621万人(うちソウルで244万人)という当時の記録を樹立、一種の社会現象を巻き起こした。日本では、1999年秋の東京国際映画祭にて主演のハン・ソッキュの舞台挨拶つきで渋谷公会堂で上映されたのち、2000年1月22日に公開され18億円の興行収入をあげた。 シュリ 映画批評・備忘録 シュリ(英題:Shiri) 脚本:38点 演技・演出:18点 撮影・美術:18点 編集:9点 音響・音...
80点台の映画

MUSA -武士-|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2001年制作の韓国・中国合作映画。14世紀に実際に起きた、高麗の使節団が行方不明になった歴史上の事件をヒントにして描かれたスペクタクル映画。明の時代に、敵の姫を守るために命がけで壮絶な戦いに身を投じた9人の武士の運命を、オール中国ロケを敢行し、壮大なスケールで描いた映画。オリジナルは154分で、日本で劇場公開されたのは133分のインターナショナル・バージョン。 MUSA -武士- 映画批評・備忘録 MUSA -武士-(むさ) 脚本:32点 演技・演出:18点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計81点 殺陣がすごい!これはな...
80点台の映画

僕の彼女を紹介します|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2004年公開の韓国映画。『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンとクァク・ジェヨン監督が再びコンビを組んだ純愛ラブストーリー。興行収入は約20億円で、『シュリ』のもつ日本における韓国映画興行記録を塗り替え当時ではトップとなった。韓国国内では2004年の韓国映画の年間観客動員数ランキング10位。 僕の彼女を紹介します 映画批評・備忘録 僕の彼女を紹介します 脚本:31点 演技・演出:17点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計80点 『猟奇的な彼女』ほど、脚本に味があって面白いといよりは、妄想がド派手にダイナミックに演出されています。今作品は、効果的に...
80点台の映画

猟奇的な彼女|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2001年公開の韓国映画。「猟奇的」な彼女とそれに翻弄される男子学生の恋愛を描いたロマンティック・コメディ。 猟奇的な彼女 映画批評・備忘録 猟奇的な彼女(原題(英題):My Sassy Girl) 脚本:38点 演技・演出:18点 撮影・美術:18点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計89点 最後にしてやられる面白いラブストーリー。撮影監督がキム・ソンボク(シュリ,JSA,シルミド)なので、クァク・ジェヨン監督の拘った演出に見事に応えており、遊びがありながら良くできた映像になっている。前半の演出が後半に生きてくる。 田中麗奈と草彅剛主演でドラマ化したが、映...
90点台の映画

私の頭の中の消しゴム|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2004年公開の韓国映画。キャッチコピーは「死より切ない別れがある」。ドラマ冬のソナタなどに代表される韓流ブームの火付け役になった作品。チョン・ウソンとソ・イェジンが熱演、あなたの記憶から絶対に消せない、永久不滅のラブストーリー。興行収入は、韓国で公開後3週連続第1位、日本では公開後4週連続第1位を記録。さらに日本での興行収入の累計総額は30億円に上った。これは日本で公開された韓国映画史上第1位である(興行通信社調べ)。 私の頭の中の消しゴム 映画批評・備忘録 私の頭の中の消しゴム(原題(英題):A Moment to Remember) 脚本:38点 演技・演出:17点 撮...