ホラー映画

ホラー映画
観る者が恐怖感(英語で言うところのHorror、Fear、Terror等)を味わって楽しむことを想定して制作されているものを広く指す。また、ゾンビ、殺人鬼など、観客に恐怖感を与えるためにホラー映画で用いられる素材・題材を含むものを(それが恐怖感を与えるための物か否かに関わらず)ホラー映画とする場合もある。

ジャパニーズホラー映画

ジャパニーズホラー映画は、1990年代まで「ホラー」という言葉はほとんど知られておらず、怪奇映画の名称が一般的であった。1998年に『リング』が公開され、『呪怨』(2003年)、『着信アリ』(2003年)など、後に続くジャパニーズホラーブームの火付け役となった。2000年代のホラー映画に見られるもう一つの注目すべき傾向はリメイクであり、『リング』や『呪怨』などのジャパニーズホラーのリメイク作品がアメリカで次々に製作されている。

SFアクションホラー映画

SFアクションホラー映画は、リドリー・スコット監督による『エイリアン』(1979年)が大ヒットし、SFホラーという新たなジャンルを確立する。続いて『遊星からの物体X』(1982年)や『プレデター』(1984年)などが立て続けにヒットするも、SFホラーはすぐにSFアクションへと吸収されていき、SFアクションホラー映画になった。

パニック・ホラー映画

パニック・ホラー映画は、天変地異・災害やさまざまな動物や昆虫が人間を襲う作品です。

スプラッター映画

スプラッター映画とは、殺害シーンにおける生々しい描写に特徴のある、映画の様式のひとつである。大部分は広義のホラー映画に含まれるが、身体の一部が切断されてはね飛んだり、血しぶきが吹き上がったりするといった、誇張を含むあからさまな表現は、スプラッター映画独自のものといってよい。

スラッシャー映画

スラッシャー映画は、ホラー映画のサブジャンルのうち、サイコパスの殺人鬼が集団をつけ狙い刃物で殺害する内容のものを指す。「スラッシャー」という用語は人殺しを含むホラー映画全体を指して使用されることがあるが、映画批評家はスラッシャー映画を、スプラッターやサイコロジカルホラーなどとは一線を画す特徴をもつ一つのサブジャンルであるとみなしている。

オカルト映画

オカルト(英語: occult)は、秘学・神秘(的なこと)・超自然的なもの。1970年代には『ローズマリーの赤ちゃん』(1968年)を起源として、ウィリアム・フリードキン監督による『エクソシスト』(1973年)が爆発的なヒット。それを皮切りに、オカルト映画の大ブームが巻き起こる。かねてから注目を集めていた占いや自称超能力者のユリ・ゲラーが仕掛けた超能力ブームに後押しされる形で、悪魔や心霊現象や超能力と言った神秘的な事柄に対する人々の関心が高まり、世界各国の映画会社は積極的にオカルト映画を発表。

コメディ・ホラー映画

コメディ・ホラー映画は、「ブラック コメディ、パロディ、なりすまし」の 3 つのタイプに分類できると説明されています。基本的に「ある瞬間を笑い、次の瞬間に悲鳴をあげる」というものである。

ゾンビ映画

ゾンビ映画
ゾンビを主要な題材として扱っている映画。何らかの力で死体のまま蘇った人間の総称で「腐った死体が歩き回る」という描写が特徴。

ヴァンパイア映画

ヴァンパイア(吸血鬼)映画
人間の血を吸い、不老不死の怪物・超人のキャラクターが登場する吸血鬼を題材にした作品。退治方法としては、首を切り落とす、心臓に杭を打つ、死体を燃やす、銀の弾丸もしくは呪文を刻んだ弾丸で撃つ、などの方法が挙げられる。

モンスター映画

モンスター映画は、古くはユニバーサルホラーに代表されるフランケンシュタイン、狼男、吸血鬼、ミイラ男、透明人間、オペラ座の怪人、半魚人、UMA、宇宙人などが人間を襲う作品。または怪物や怪獣を主体的に描いた映画。

ホラー映画

ラストナイト・イン・ソーホー|魅惑的で恐ろしい、60年代のロンドンへようこそ 驚愕のタイムリープ・サイコ・ホラー!

ラストナイト・イン・ソーホーは、2021年公開のイギリス映画。夢と恐怖が “シンクロ”する、タイムリープ・サイコ・ホラー!映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

Zアイランド|勝つのは人か、それとも”Z”か|謎の島”Z”アイランドで最後に生き残るのは誰だ!?

Zアイランドは、2015年公開の日本映画。哀川翔の芸能生活30周年を記念したオリジナル作品。謎の病気が蔓延した島を舞台にヤクザたちの抗争とゾンビが引き起こすパニックを描いたアクション娯楽作。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

ウィリーズ・ワンダーランド|最恐で最悪の戦いに巻き込まれた男と6人の若者VS悪魔のアニマルロボット

ウィリーズ・ワンダーランドは、2021年公開のアメリカ合衆国の映画。悪魔の魂を持つアニマルロボット VS 容赦なき男の対決が今始まる!ニコラス・ケイジが完膚なきまでに叩きのめすアクション・ホラー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

セミマゲドン|最終蝉戦争、勃発。巨大な殺人蝉の大群と人類が存亡を懸けた戦いを繰り広げるパニックムービー!

セミマゲドンは、2018年製作のアメリカ合衆国の映画。巨大な殺人蝉の大群と人類が存亡を懸けた戦いを繰り広げるパニックアクション風コメディー・ホラー映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

学校の怪談|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

学校の怪談は、1995年公開の日本映画。どこの小学校にも、ひとつはある怪談話。子供たちの間で秘かなブームを呼んでいるそれらの話をベースに、お化けが出ると噂される旧校舎に迷い込んだ先生と生徒たちの一夜の恐怖の体験を描く。 学校の怪談 映画批評・備忘録 学校の怪談(がっこうのかいだん)脚本:33点演技・演出:16点撮影・美術:14点編集:9点音響・音楽:8点合計80点 子供向けホラーとなっていますが、背筋がゾクっとするような演出は上手く表現できています。大人が見た場合はコメディ・ホラーのようなところもありますし、懐かしさ、ジュブナイル映画としても楽しめます。童心を思い出させてくれるので人...
ホラー映画

トレマーズ 地獄島|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2020年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。人気モンスターパニックアクションシリーズ第7弾。遺伝子操作されたモンスターが島に持ち込まれる。だが、最強のグラボイドハンター・バートはやる気を失い引退していた。 トレマーズ 地獄島 映画批評・備忘録 トレマーズ 地獄島(原題:Tremors: Shrieker Island)脚本:21点演技・演出:14点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:6点合計61点 トレマーズのタイトルよりも、バート・ガンマーの生きざまを見守る作風が濃くなってきてついに7作目。バートを演じるマイケル・グロスの演技とグラボイドのバリエーションで生き残...
ホラー映画

トレマーズ コールドヘル|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2018年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。カナダを舞台に、地中、そして空から襲い来るモンスターとの死闘が繰り広げられる。 トレマーズ コールドヘル 映画批評・備忘録 トレマーズ コールドヘル(原題:Tremors: A Cold Day in Hell)脚本:20点演技・演出:14点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:6点合計62点 シャークネードシリーズみたいなノリになってきたトレマーズシリーズなんですが、もはやこのシリーズが好きな人しか見てないだろうと思えるマンネリ具合です。いやそれがいい。マイケル・グロスが老体にむち打ち演技で魅せてくれます。もはや彼が演じ...
ホラー映画

トレマーズ ブラッドライン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2015年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。テレビシリーズ『トレマーズ・ザ・シリーズ』の続編。「トレマーズ」シリーズの10年ぶりとなる第5弾。グラボイズを追い続けるバート・ガマーの下に、グラボイズが南アフリカで住民たちを襲っているという情報がもたらされる。バートは新たな相棒、トラヴィス・ウェルカーと共にアフリカに飛ぶ。 トレマーズ ブラッドライン 映画批評・備忘録 トレマーズ ブラッドライン(原題:Tremors 5: Bloodlines)脚本:20点演技・演出:14点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:7点合計62点 前作よりは工夫されて面白くなっていますが、...
ホラー映画

トレマーズ4|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2004年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。第1作『トレマーズ』の100年前を描いた前日譚である。1889年のネバダ州。地中をうごめくモンスター“グラボイズ”専門のハンターであるバート・ガンマーの曽祖父、ラム・ガンマーの鉱山では、炭鉱夫が謎の死を遂げる事件が頻発していた。 トレマーズ4 映画批評・備忘録 トレマーズ4(原題:Tremors 4: The Legend Begins)脚本:15点演技・演出:12点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:6点合計53点 トレマーズのサーガ作品になるのですが、トレマーズファンでなければ、視聴もつらい感じがする間の悪い(退屈)...
ホラー映画

トレマーズ3|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2001年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。アルゼンチンでの怪物退治を終え、アリゾナの故郷パーフェクションに戻ったグラボイス専門のハンターたち。観光地と化した田舎町に再びグラボイスが出現した。しかも今度のモンスターは空を飛べるのだった。 トレマーズ3 映画批評・備忘録 トレマーズ3(原題:Tremors 3: Back to Perfection)脚本:29点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:7点合計74点 シリーズ屈指の面白さで、ラストまで飽きさせない演出が満載です。今作から主人公が個性派キャラのバート・ガンマーになります。バートを演じるマイ...
ホラー映画

トレマーズ2|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

1996年販売のアメリカ合衆国のビデオ映画。1990年に公開されたモンスター・ウェスタン・ムービー『トレマーズ』の続編。前作では地中を這い回るだけだったグラボイズだが、地上でも動き回れる新種が出現。より凶悪になって人間に襲いかかる。 トレマーズ2 映画批評・備忘録 トレマーズ2(原題:Tremors 2: Aftershocks)脚本:26点演技・演出:15点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:6点合計68点 前作ほど予算もないビデオ映画ですが、アイデアを捻って進化要素を加えた結果、シリーズ化されカルト人気を誇る立派なものになっていきます。面白いのが、進化したのに弱くなるところで...
ホラー映画

エンドレス・エクソシズム|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2018年公開のアメリカ合衆国の映画。悪魔祓いで死んだ少女が遺体安置所に運び込まれたことから巻き起こる恐怖を描いたオカルトホラー映画。ティーン版「デスパレートな妻たち」とも呼ばれる大人気ドラマシリーズ、「プリティ・リトル・ライアーズ」で一世を風靡し、10代女性からの圧倒的支持を誇るシェイ・ミッチェルが主演を務める! エンドレス・エクソシズム 映画批評・備忘録 エンドレス・エクソシズム(原題:The Possession of Hannah Grace)脚本:24点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:6点合計67点 ストーリーはありふれたもので、脚本は褒められたも...
ホラー映画

バトル・インフェルノ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2019年製作のアメリカ合衆国の映画。人間に取り憑いた悪魔を払い“エクソシスト”の儀式を題材にしたオカルトホラー。題材そのものはホラーの定番だが、主人公が本物の聖職者ではなく、真っ赤なニセ者というのがユニーク。幼なじみの友人とともに、毎週悪魔払いの儀式をリアルタイム中継するというヤラセ番組を配信していた主人公が、あるとき本当に降臨した悪魔を相手にすることに……。本当は信仰心も神のご加護も持たない主人公は本物の悪魔と戦えるのか?特集企画『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。 バトル・インフェルノ 映画批評・備忘録 バトル・インフェルノ(原題:The Cleansing Hour)脚...
ホラー映画

マリグナント 狂暴な悪夢|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

マリグナント 狂暴な悪夢は、2021年公開のアメリカ合衆国の映画。製作・監督・原案を彼が担い、完全オリジナルストーリーを展開。謎の殺人鬼が人々を襲う“狂暴な悪夢"の正体=Gとは?!ネタバレ厳禁のストーリー展開。ジェームズ・ワン監督が放つ、想像を遥かに超える衝撃の展開。一人ではみれない、トラウマになる恐怖。“今までとは一線を画す"ジャンルを超越したジェームズ・ワン作品「今までの作品とは一線を画すような、様々な ジャンルをミックスしたオリジナル映画」と監督自身がコメント。ホラー映画のルーツとも言える80年代ホラー・スリラー作品からの影響と、これまでにない新しさが合わさって生まれた、ジャンルを超越し...
ホラー映画

悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

1990年公開のアメリカ合衆国の映画。テキサスに潜む人肉嗜好一家が残虐な殺人を引き起こす。1974年のホラー映画『悪魔のいけにえ』の3作目。『ゾンビ』のケン・フォリーとレザーフェイスとの対決が脚光を浴び、ホラー・ファンには人気の作品。レザーフェイスが人肉フェイスマスクを製作する様子が初めて描かれる!! 悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲 映画批評・備忘録 悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲(原題:Leatherface: Texas Chainsaw Massacre III)脚本:24点演技・演出:15点撮影・美術:13点編集:8点音響・音楽:7点合計67点 ケン・フォーリーと...
SFホラー

パンドラム|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2009年公開のドイツ・アメリカ合作映画。人類の生き残りをかけた異色SFアクション!ドイツの新鋭クリスチャン・アルバートがメガホンをとり、「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督が製作を務める。デニス・クエイドが閉所恐怖症の宇宙飛行士に扮する。 パンドラム 映画批評・備忘録 パンドラム(原題:Pandorum)脚本:35点演技・演出:14点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:7点合計81点 手塚治虫の夏の特番アニメを思い出すようなSFアクションホラー映画でした。一人の船員が発症したパンドラムをきっかけに宇宙移民船内で繰り広げられる連鎖的に起こる複数の恐怖を描い...
SFホラー

CUBE 一度入ったら、最後|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

CUBE 一度入ったら、最後は、2021年公開の日本映画。ヴィンチェンゾ・ナタリの大ヒットサスペンスを、豪華キャストでリメイクした日本版。突然、謎の立方体に閉じ込められた6人の男女。お互いに何の接点もなく、職業もバラバラ。理由もわからぬまま、脱出を試みる彼らに、次々と殺人トラップが襲い掛かる。 CUBE 一度入ったら、最後 映画批評・備忘録 CUBE 一度入ったら、最後脚本:4点演技・演出:7点撮影・美術:10点編集:5点音響・音楽:5点合計31点 久しぶりに迷走している映画を見てしまった感じですね。自主映画レベルの低予算なのは、美術やCGを見れば分かると思うのですが、リメイク元より...
SFホラー

プラットフォーム|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

2019年公開のスペイン映画。現実の階層社会を暗喩するような建物を舞台にした不条理シチュエーションスリラー。ゴレンが目を覚ますと、部屋の真ん中に穴が開いた建物にいた。食事は上の階層からプラットフォームと呼ばれる台座に乗って運ばれてくる。彼は生きてここから出られるのか? 2019年シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀作品賞を含む4冠、2020年ゴヤ賞特殊効果賞受賞。 プラットフォーム 映画批評・備忘録 プラットフォーム(原題:El hoyo)脚本:32点演技・演出:17点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:6点合計78点 『キューブ』を彷彿とさせるシチュエーション・スリラー映画で...
ホラー映画

光る眼|謎の生命体との接触によって生まれた奇怪な子供たちの恐怖を描いたSFホラー

光る眼(ひかるめ)は、1995年公開のアメリカ合衆国の映画。謎の生命体との接触によって生まれた奇怪な子供たちの恐怖を描いたSFホラー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFホラー

スピーシーズ4 新種覚醒|人間×エイリアンDNAの融合体、美しきエイリアンの新種が誕生!

スピーシーズ4 新種覚醒は、2007年製作のアメリカ合衆国の映画。人気SFホラーシリーズ第4作。美しい体と類い稀な頭脳を併せ持ったミランダは田舎町で叔父と平穏に暮らしていたが、ある日突如としてエイリアンに変貌。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFホラー

スピーシーズ3 禁断の種|より怖く、より激しく、より美しく ─ |美しきエイリアンがまたも人類を危機に追い込む!究極の純粋種の誕生を描くシリーズ第3弾

スピーシーズ3 禁断の種は、2004年公開のアメリカ合衆国の映画。世界中で大ヒットした「スピーシーズ/種の起源」シリーズ。スピーシーズの純粋種サラの誕生により、人類に新たな危機が訪れる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFホラー

スピーシーズ2|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

スピーシーズ2は、1998年公開のアメリカ合衆国の映画。凄まじい生殖能力を持つエイリアンと地球人との死闘を描くSFXアクション「スピーシーズ 種の起源」の続編。今回は凶悪な男性エイリアンと前作のスピーシーズから生まれたクローンの女性エイリアンとの戦いを描く。前作のイヴ役のナターシャ・ヘンストリッジは、シル役として出演した前作に引き続き出演。 スピーシーズ2 映画批評・備忘録 スピーシーズ2(原題:Species II)脚本:24点演技・演出:13点撮影・美術:14点編集:8点音響・音楽:7点合計66点 前作よりB映画要素が濃くなっており、エログロ街道まっしぐらになっています。そこが好...
SFホラー

スピーシーズ 種の起源|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

スピーシーズ 種の起源は、1995年公開のアメリカ合衆国の映画。宇宙からの信号に基づくDNA操作実験によって生まれた、“新たな種”の恐怖を描くSFホラー。エロティシズムの強調と、ベテラン勢が結集したSFXが見もの。監督は「カクテル」「ゲッタウェイ(1994)」のロジャー・ドナルドソン。製作は「13日の金曜日」シリーズのフランク・マンキューソ・ジュニアとオリジナル脚本も手掛けたデニス・フェルドマン。撮影は「スピード」のアンジェイ・バートコウィアク、音楽は「告発」のクリストファー・ヤング、美術はジョン・ムート。怪物のデザインを「エイリアン」の前衛画家H・R・ギーガーが担当し、「スター・ウォーズ」「...
韓国映画

整形水|美(にく)をください。|底なしの欲望が暴れ、狂い出す。韓国発!容赦なき整形サイコホラー。

整形水(せいけいすい)は、2020年公開の韓国映画。美しくなりたいという人間の果てなき欲望と狂気を映し出す韓国アニメ。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

墓地裏の家|周囲を荒れ果てた墓地に囲まれた屋敷に引っ越してきた歴史学者家族が体験する恐怖を描くゾンビホラー

墓地裏の家(ぼちうらのいえ)は、1981年製作のイタリア映画。周囲を荒れ果てた墓地に囲まれた屋敷に引っ越してきた歴史学者家族が体験する恐怖を描くゾンビホラー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFホラー

バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ|「絶望」が この街で 産声を あげる ─ 。

バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティは、2021年公開のアメリカ合衆国の映画。大ヒットゲームが原作の人気ホラーアクションシリーズを新たなスタッフ&キャストで映画化。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
SFホラー

漂流教室 (DRIFTING SCHOOL)|あの惨劇から9年・・・。今度はアメリカで学校が消えた!

漂流教室 (DRIFTING SCHOOL)は、1995年製作の日米合作のビデオ映画。アメリカの高校が舞台となった漂流教室。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

トレマーズ|正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。

トレマーズは、1990年公開のアメリカ合衆国の映画。正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
韓国映画

ヨンガシ 変種増殖|全土を滅ぼす戦慄のパラサイト。|致死率100%の殺人寄生虫ヨンガシが人間に寄生!

ヨンガシ 変種増殖(よんがしへんしゅぞうしょく)は、2012年公開の韓国映画。人間を死に追いやる寄生虫の恐怖を描き韓国で観客動員数451万人を記録したパニックムービー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ホラー映画

Z Bull ゼット・ブル|兵器試作品のエナジードリンクを飲んで社員たちが凶暴化したオフィスを舞台に繰り広げられるサバイバルアクション

Z Bull ゼット・ブルは、2018年公開のアメリカ合衆国の映画。兵器試作品のエナジードリンクを飲んで社員たちが凶暴化したオフィスを舞台に繰り広げられるサバイバルアクション。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。