時代劇

時代劇
主に平安時代から明治維新までを扱った作品が「時代劇」とも解釈されている。しかしあくまで解釈であって、厳密に定義があるわけではない。奈良時代以前の古代も含まれるという解釈も当然存在する。時代劇映画をさして「明治維新の頃より以前の時代を扱った劇映画の呼称で、現代劇に対するジャンルとして多様な広がりを持っている」とするもの、また「髷(マゲ)を結んだ人物が主な登場人物であれば全て時代劇映画と定義する」とするもの、など解釈は多様である。

90点台の映画

ラスト サムライ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2003年公開のアメリカ合衆国の映画。明治初頭の日本を舞台に、時代から取り残された侍達の生き方を描く。トム・クルーズが演じる主人公ネイサン・オールグレンのモデルは、江戸幕府のフランス軍事顧問団として来日し、榎本武揚率いる旧幕府軍に参加して箱館戦争(戊辰戦争(1868年 - 1869年))を戦ったジュール・ブリュネである。アメリカ映画ながら、日本を舞台に日本人と武士道を偏見なく描こうとした意欲作で、多数の日本人俳優が起用されたことも話題を呼ぶ。その中でも「勝元」役を演じた渡辺謙は、ゴールデングローブ賞助演男優賞、ならびに第76回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。 ラスト サムライ ...
60点台の映画

三国志英傑伝 関羽|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2011年公開の中国映画。『三国志演義』に登場する劉備の部下の武将・関羽の「過五関、斬六将」のエピソードを描いている。DVD邦題は『KAN-WOO/関羽 三国志英傑伝』。 三国志英傑伝 関羽 映画批評・備忘録 三国志英傑伝 関羽脚本:19点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:7点音響・音楽:7点合計66点  今作品は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年公開)で熱くも悲しい演技で沸かせた英雄二人の競演作品です。今作をローグ・ワンの製作陣が見ていたかどうかは分かりませんが、関羽を演じるドニー・イェンは、盲目の戦士チアルート・イムウェ役に、曹操を演じるチアン...
50点台の映画

北斎漫画|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1981年公開の日本映画。矢代静一の戯曲を新藤兼人監督が映画化、葛飾北斎の波瀾に満ちた生涯を描く。絵師・葛飾北斎と友人の戯作者・滝沢馬琴の二人の交遊を長い年月にわたって追い、北斎の娘・お栄、馬琴の女房・お百、魔性の美女・お直の存在を絡めて描いた作品。15歳から70歳までを演じた田中裕子と、35歳から90歳までを演じる緒形拳が、ともに熱演。 北斎漫画 映画批評・備忘録 北斎漫画脚本:10点演技・演出:18点撮影・美術:10点編集:6点音響・音楽:6点合計50点 表現の自由と思想の自由を、とことん追求した監督『新藤兼人』の代表作の一つ。今作品、終盤のタコと美女(のちの大女優)の触手プレイ...
70点台の映画

将軍家光の乱心 激突|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1989年公開の日本映画。東映が久々に放った大型集団時代劇。「ザ・痛快・時代劇」「命がけだからおもしれぇ」をテーマにし、アクション・サスペンスを盛り込み、異なる戦闘・戦術のプロフェッショナルである7人の浪人が、徳川幕府から放たれた剣豪・大軍と壮絶な死闘を展開する作品。映画の最も面白い要素の一つ、ある者を巡って繰り広げられる攻防に、浪人たちの奇抜な戦闘・戦術が描かれている。 将軍家光の乱心 激突 映画批評・備忘録 将軍家光の乱心 激突 脚本:26点 演技・演出:17点 撮影・美術:14点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計71点 クライマックスの緒形拳と千葉真一の一...
80点台の映画

超高速!参勤交代 リターンズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2016年公開の日本映画。幕府の陰謀で5日以内の「参勤」という難題を突き付けられた東北の弱小貧乏藩が、知恵を絞って危機に立ち向かう『超高速!参勤交代』の続編。前作で行きの「参勤」を果たし藩の取り潰しを免れた湯長谷藩一行が、彼らへの復讐(ふくしゅう)に燃える老中が仕掛けた謀略により、帰りの「交代」でさらなる大ピンチに見舞われるさまを描く。 超高速!参勤交代 リターンズ 映画批評・備忘録 超高速!参勤交代 リターンズ 脚本:30点 演技・演出:18点 撮影・美術:18点 編集:9点 音響・音楽:7点 合計82点 前作の出来が素晴らしかったので、今作も期待して見ましたが...
90点台の映画

超高速!参勤交代|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2014年公開の日本映画。江戸時代の参勤交代を題材にした土橋章宏作の脚本。2011年に第37回城戸賞を全審査員満点で受賞し、土橋自身により小説化され2013年に講談社から刊行、2014年に松竹の製作・配給で映画化され第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞した。 超高速!参勤交代 映画批評・備忘録 超高速!参勤交代 脚本:38点 演技・演出:18点 撮影・美術:17点 編集:10点 音響・音楽:8点 合計91点 タイトルがあれなんで、期待せずに見たものの、これがなかなか、いやすごく面白い。 勧善懲悪のドラマ性がありながらシリアスで...
50点台の映画

さくや妖怪伝|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2000年公開の日本映画。興行収入2.6億円。 悪しき妖怪退治に立ち上がった少女剣士の活躍を描く時代冒険活劇。監督は、日本を代表する特殊メイク・造型の第一人者で、本作が初監督作となる原口智生。特技監督に樋口真嗣。 主演の安藤希が、2000年度毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、第3回日本デジタルビデオ大賞主演女優賞を受賞した。同年代の女優にはきわめて珍しいクールビューティーぶりが高く評価されている。 さくや妖怪伝 映画批評・備忘録 さくや妖怪伝 脚本:18点 演技・演出:12点 撮影・美術:10点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計54点 ヒット作に恵...
70点台の映画

花宵道中|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2014年公開の日本映画。『花宵道中』(はなよいどうちゅう)は、宮木あや子による日本の小説作品。第5回(2006年)R-18文学賞受賞作。映画は、R15+指定作品で主演の安達祐実は、劇場版『家なき子』(1994年)以来20年ぶりの映画主演となる。 花宵道中 映画批評・備忘録 花宵道中(はなよいどうちゅう) 脚本:28点 演技・演出:17点 撮影・美術:13点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計72点 安達祐実の女優魂を感じる素晴らしい演技でした。子役のイメージが強すぎる彼女ですが、それを払しょくするには十分な作品だったと思います。 中盤の津田寛治が安達祐実を弄ぶ...
40点台の映画

忍 SHINOBI|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2005年公開の日本映画。「文春きいちご賞」の2005年のワースト1として選ばれた山田風太郎「甲賀忍法帖」の実写化映画。海外40カ国以上で劇場公開とDVD発売がされている。台湾では興収3位を記録、フランスでは全国ロードショー公開され、アメリカのDVD販売サイトでは外国映画部門で1位を記録した。 忍 SHINOBI 映画批評・備忘録 SHINOBI-HEART UNDER BLADE- (シノビ-ハート・アンダー・ブレイド-、仮称:忍-SHINOBI-) 脚本:5点 演技・演出:11点 撮影・美術:14点 編集:5点 音響・音楽:5点 合計40点 最初見たときは、...
70点台の映画

BALLAD 名もなき恋のうた|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2009年公開の日本映画。アニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を原案とした作品で、主演の草彅剛が演じる武士と新垣結衣が演じる姫のラブストーリーを実写化した。タイムスリップしてきた一家中心だった原案に対し本作は戦国時代を中心に描いている。本作では合戦時に出血する場面が無いが、これは山崎の「子供にも見てほしい」という思いからである。 BALLAD 名もなき恋のうた 映画批評・備忘録 BALLAD 名もなき恋のうた 脚本:30点 演技・演出:10点 撮影・美術:18点 編集:7点 音響・音楽:8点 合計73点 山崎貴監督は、VFX担当者として...
60点台の映画

どろろ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2007年1月27日公開の日本映画、手塚治虫の漫画どろろの実写映画である。興行収入34億5000万円!邦画ではめずらしく大作規模の製作費20億円を費やした。原作は室町時代後期から戦国時代前期を舞台にしていたが、本作は架空の異世界を舞台にし所々に現代的な物品が盛り込まれ、ジャパニーズ・ファンタジーとも言うべき内容となっている。キャッチフレーズは「運命を、ぶった斬れ。」、「物語が、動き出す。」、「必死に生きて、何が悪い!」。手塚作品で初のPG-12指定を受けている。 どろろ 映画批評・備忘録 どろろ 脚本:20点 演技・演出:14点 撮影・美術:12点 編集:7点 音響・音楽...
80点台の映画

忠臣蔵外伝 四谷怪談|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1994年の日本映画。松竹誕生100周年記念作品で、複数の映画賞を受賞した。深作欣二は1978年に忠臣蔵を題材にした映画『赤穂城断絶』を製作していたが、歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』が昼の部、『東海道四谷怪談』が夜の部で伊右衛門が赤穂浪士であるという繋がりのある設定を活かして映画化した。冒頭に松の廊下の刃傷シーン、終盤に赤穂浪士の吉良邸討ち入りが描かれ、そこに亡霊となったお岩が浪士の助太刀をするなど(自分を殺害した吉良の侍に復讐)、四谷怪談に赤穂事件を取り入れたホラー映画となっている。 忠臣蔵外伝 四谷怪談 映画批評・備忘録 忠臣蔵外伝 四谷怪談 脚本:35点 演技・演出:16点 ...
60点台の映画

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2016年1月23日に公開された日本映画。主演の小栗ほか、主要キャストは実写ドラマ版と同じ役者たちが演じた。ストーリー面ではドラマ版の直接的な続編として「本能寺」に至るサブロー(信長)の物語に一つの区切りを付ける「最終章」となる。 信長協奏曲 映画批評・備忘録 信長協奏曲(のぶながコンツェルト) 脚本:25点 演技・演出:13点 撮影・美術:13点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計66点 良い意味でも悪い意味でも娯楽時代劇で、コメディタッチで明るい信長を楽しむ映画。小栗旬の痛快時代劇と言っていいだろうし、もっとも信長のイメージから遠い人が演じる信長っていうのも新...
90点台の映画

戦国自衛隊|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1979年公開の日本映画。千葉真一芸能生活20周年・ジャパンアクションクラブ (JAC ) 発足10周年記念作品。原作は角川文庫にも収められている半村良のSF小説『戦国自衛隊』で、プロデューサー・角川春樹はUFOや映画『スター・ウォーズ』などの時代に合わせて時代劇にSFを加味して、角川の意図で青春映画として製作した。 戦国自衛隊 映画批評・備忘録 戦国自衛隊 脚本:38点 演技・演出:19点 撮影・美術:20点 編集:9点 音響・音楽:9点 合計95点 SFでありながら時代劇特有の生々しさや本能の赴くままのエロティシズムも表現されており、国内外を問わず異色の傑作S...
80点台の映画

五条霊戦記 GOJOE|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2000年に製作・公開された日本映画。12世紀の京都を舞台に、弁慶と遮那王の五条大橋での対決を描いたアクション時代劇であり、その後の二人についても新しい解釈が盛り込まれている。 五条霊戦記 GOJOE 映画批評・備忘録 五条霊戦記 GOJOE 脚本:32点 演技・演出:17点 撮影・美術:17点 編集:8点 音響・音楽:6点 合計80点 五条大橋での義経と弁慶の対決を新しい解釈で、ストーリーを構築しており、今作では鬼と呼ばれているのが義経(演:浅野忠信)でそれを退治しようとするのが弁慶(演:隆大介)になっており、この2人の出会いと血戦までを描いている。また、刀狩り...
愛と憎しみのクソ映画

大帝の剣|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2007年公開の日本映画。夢枕獏が著した長編伝奇小説、SF時代小説が原作となっています。原作が完結していなかったため、原作を基盤としながらオリジナルストーリーを作り上げている。また、原作にあるようなエロティシズム(性描写)はない。夢枕獏の伝奇小説を堤幸彦監督が映画化したSF時代劇。“三種の神器”を求めて旅する一行が、行く手を阻む妖怪忍者軍団らと死闘を展開する。 大帝の剣 映画批評・備忘録 大帝の剣 脚本:5点 演技・演出:2点 撮影・美術:2点 編集:1点 音響・音楽:2点 合計10点 堤幸彦監督の才能が枯れたと思われる今作。 SF時代劇なのでストーリーがハチャ...
90点台の映画

柳生一族の陰謀|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1978年公開の日本映画。映画・演劇・テレビ界の豪華スター陣を結集したオールスターキャスト作品で東映が威信を賭けて時代劇復興を目指して12年ぶりに製作した巨篇。徳川幕府で発生した兄弟による三代将軍位争奪戦を基に、実在した歴史上の人物と史実をフィクションで織り交ぜ、“権力”に生きる柳生一族の存続を賭けた壮大な時代劇ドラマ。 柳生一族の陰謀 映画批評・備忘録 柳生一族の陰謀 脚本:40点 演技・演出:20点 撮影・美術:19点 編集:10点 音響・音楽:10点 合計99点 萬屋錦之介演ずる柳生但馬守宗矩のラストシーンのセリフ、「夢だ、夢だ、夢だ夢だ夢だ~、夢でござ~る...
60点台の映画

伊賀忍法帖|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1982年12月18日に公開。配給は東映。『魔界転生』(1981年、東映)に続く、山田風太郎原作映画の第2弾。『汚れた英雄』との2本立てで上映され、配給収入15億2500万円を記録した。 制作前には「角川映画大型新人女優コンテスト」が開催され、本作でのヒロインデビューが優勝特典とされた。応募総数5万7480人の中から、九州地区代表の渡辺典子がグランプリに輝き、本作では新人ながら一人三役に挑んでいる。また、本作には出演しないが、コンテストの特別賞に選ばれた原田知世も芸能界にデビューした。 金剛坊役を演じたプロレスラーのストロング小林は、この役名が気に入り「ストロング金剛」に改名した。 製作...
70点台の映画

里見八犬伝|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1983年公開の日本映画。1984年の配給収入では邦画1位の23億2000万円。映画公開と同時に発売されたビデオも5万本、7億円を売り上げた。日本映画で初めて特殊メイクがクレジットに表示された作品でもある。 里見八犬伝 映画批評・備忘録 里見八犬伝(Legend of the Eight Samurai ) 脚本:28点 演技・演出:17点 撮影・美術:16点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計75点 娯楽性の高い時代劇で、深作欣二監督の狙い通り、当時としては斬新な映像と音楽、JACの迫力ある殺陣、やや唐突感あるがラブシーンも混ぜて善玉が悪玉を倒す子供から大人まで...
40点台の映画

魔界転生|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2003年に公開された日本映画。デジタル技術の向上により、1981年版では描写されなかった原作のシーンが映像化され、魔界衆が誕生する様子が描写されています。1981年版で特撮を担当した矢島信男の弟子である佛田洋が特技監督を務めています。 魔界転生 映画批評・備忘録 魔界転生 脚本:15点 演技・演出:5点 撮影・美術:14点 編集:6点 音響・音楽:7点 合計47点 1981年版の出来が非常に良いこともあるんですが、それはリメイクする地点で分かっていた事で、この程度の出来栄えならリメイクしなくてもよかったと思います。 天草四郎役の窪塚洋介は見た目の印...
80点台の映画

魔界転生|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1981年公開の日本映画。原作は、山田風太郎の伝奇小説「魔界転生」。原作に漂うエロティシズム・エゴイズム・バイオレンスを、深作欣二のダイナミックでスピーディーな演出で映画として新たな作品に変身し、日本国外では『Samurai Reincarnation』のタイトルで人気を呼んだ。観客動員数200万人・配給収入10億5000万円と大ヒットした。 魔界転生 映画批評・備忘録 魔界転生 脚本:35点 演技・演出:18点 撮影・美術:18点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計86点 千葉真一演じる柳生十兵衛の惚れ惚れするほどの見事な殺陣(たて)とセリフの重厚感、対照的に妖...
60点台の映画

TAJOMARU|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2009年9月12日公開の日本映画。芥川龍之介の小説『藪の中』を原作とし、作中の登場人物の一人である盗賊・多襄丸を主人公としたオリジナルストーリーである。イラストレーターの形部一平によりキャラクター化され、アニメ及び漫画として展開された。2009年に映画化されたが、これは、プロデューサーの山本又一朗が主演の小栗旬の舞台『カリギュラ』を観て、小栗の舞台の世界を映像化できないかと着想したことから始まった。 TAJOMARU 映画批評・備忘録 TAJOMARU(たじょうまる) 脚本:20点 演技・演出:15点 撮影・美術:17点 編集:6点 音響・音楽:7点 合計65点 ...
80点台の映画

MUSA -武士-|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2001年制作の韓国・中国合作映画。14世紀に実際に起きた、高麗の使節団が行方不明になった歴史上の事件をヒントにして描かれたスペクタクル映画。明の時代に、敵の姫を守るために命がけで壮絶な戦いに身を投じた9人の武士の運命を、オール中国ロケを敢行し、壮大なスケールで描いた映画。オリジナルは154分で、日本で劇場公開されたのは133分のインターナショナル・バージョン。 MUSA -武士- 映画批評・備忘録 MUSA -武士-(むさ) 脚本:32点 演技・演出:18点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計81点 殺陣がすごい!これはな...
60点台の映画

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2007年公開の日本映画。三池崇史が放つ異色和製ウエスタン活劇。『荒野の用心棒』を思わせるマカロニウエスタンに、源平の戦いという時代劇の要素を大胆に融合させたユニークな世界が展開する。キャストには伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介ら日本を代表する豪華な顔ぶれが集結。全編英語セリフ、演歌界の大御所、北島三郎が歌う主題歌など、常識を覆す型破りな演出がすごい! スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ 映画批評・備忘録 スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ 脚本:25点 演技・演出:10点 撮影・美術:18点 編集:7点 音響・音楽:8点 合計68点 タイトルどおり、ス...