パニック・ホラー映画

パニック・ホラー映画

パニック・ホラー映画は、天変地異・災害やさまざまな動物や昆虫が人間を襲う作品です。

60点台の映画

ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画 

1973年公開のアメリカ合衆国の映画。ジョージ・A・ロメロ監督によるカルト・パニックホラー。人間を発狂させる細菌兵器の事故による人々の混乱をセミ・ドキュメンタリータッチで描く。軍が極秘に開発した細菌兵器を積んだ輸送機が墜落、感染した人間は次々と発狂し平和な田舎町はパニックに。狂人と軍隊の殺戮シーンを始めとした残酷描写が秀逸。 ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖 映画批評・備忘録 ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖(原題:The Crazies, The Crazies/Code Name: TRIXI)脚本:28点演技・演出:12点撮影・美術:12点編集:6点音響・音楽:6点合計64点 ...
80点台の映画

マンイーター|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2007年公開のオーストラリア映画。グレッグ・マクリーンが製作と監督と脚本の三役をこなしたサバイバルムービー。浮かれ気分の観光旅行から一転、奈落の底に落とされる人々の恐怖に迫る。 マンイーター 映画批評・備忘録 マンイーター(原題: Rogue)脚本:34点演技・演出:15点撮影・美術:16点編集:9点音響・音楽:7点合計81点 地味な作品かと思っていたらワニ映画の中でも最高峰になりえる作品でした。ストーリーは単純明快なのですが、ワニの特性などを脚本に加えて『ハント・エサ』なみに面白いパニック映画でした。また、好き嫌いはあるかと思いますが前半の登場人物のメロドラマやイライラは後半への...
50点台の映画

メガ・シャークvsグレート・タイタン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2015年製作のアメリカ合衆国の映画。アサイラムの「メガ・シャークシリーズ」第4作。これまで巨大タコ、巨大ワニ、メカのサメを相手にしてきたメガ・シャークが、巨大な人型兵器と対決する。 メガ・シャークvsグレート・タイタン 映画批評・備忘録 メガ・シャークvsグレート・タイタン(原題:Mega Shark VS Kolossus)脚本:20点演技・演出:11点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:5点合計56点 日本で予想外の人気が出たアサイラムの鮫映画を記念にしたような作品で、怪獣映画とアニメなどのオマージュを取り入れています。シャークネードシリーズ以上の超Z級と言いましょうかとん...
50点台の映画

ディープブルー・ライジング|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2016年製作のアメリカ合衆国の映画。サメの大群に科学者たちが戦いを挑むパニックアクション作品。史上最恐の巨大人喰いサメ現る!喰われるか?生きて還るか?極限サバイバル・アクション!!名作『ディープ・ブルー』のオマージュを散りばめた『シャークネード』でお馴染みのアサイラム製作。アサイラムにしてはシリアス路線の作品でZ級を期待したファンや評論家から酷評されている。 ディープブルー・ライジング 映画批評・備忘録 ディープブルー・ライジング(原題:Ice Sharks)脚本:18点演技・演出:11点撮影・美術:12点編集:5点音響・音楽:5点合計51点 原題はアイスシャークなので、邦題もアイ...
50点台の映画

トリプルヘッド・ジョーズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2015年製作のアメリカ合衆国の映画。『ダブルヘッド・ジョーズ』に続く。シリーズ第2弾。3つの頭を抱えた巨大サメが迫り来るモンスターパニック映画。 トリプルヘッド・ジョーズ 映画批評・備忘録 トリプルヘッド・ジョーズ(原題: 3-HEADED SHARK ATTACK)脚本:19点演技・演出:9点撮影・美術:9点編集:8点音響・音楽:5点合計50点 ダブルヘッド・ジョーズとは、ストーリーとしては繋がっていませんが、とんでも具合は繋がっています。 さらに前作の思わぬスマッシュヒットにより今作は予算が増えて豪華な舞台設定に加え、Z級俳優ダニー・トレホが出演しています。期待を裏切らな...
40点台の映画

ダブルヘッド・ジョーズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2012年製作のアメリカ合衆国の映画。大学の研究合宿でソロモン諸島をクルージングしていた教授と学生たち。彼らの前に、なんと頭を2つ持った大型のサメが現われた! 驚愕の“多頭ザメ”パニック第1弾。 ダブルヘッド・ジョーズ 映画批評・備忘録 ダブルヘッド・ジョーズ(原題: 2-HEADED SHARK ATTACK)脚本:12点演技・演出:11点撮影・美術:9点編集:8点音響・音楽:5点合計45点 『シャークネード』でお馴染みのZ級映画を量産するアサイラム製作の多頭数ジョーズのシリーズ第一弾!ハルク・ホーガンの娘であるブルック・ホーガンが熱く勇ましい演技で魅せてくれます。採点は低いんです...
40点台の映画

スナッチャーズ・フィーバー -喰われた町-|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2014年製作のカナダ映画。映画学科の学生たちが課題制作ための取材に訪れた町で体験する壮絶な恐怖を、緊迫感たっぷりに描くカナダ製SFスリラー。 スナッチャーズ・フィーバー 映画批評・備忘録 スナッチャーズ・フィーバー -喰われた町-(原題:THERE ARE MONSTERS)脚本:15点演技・演出:14点撮影・美術:9点編集:4点音響・音楽:2点合計44点 POV(Point of View Shot)映画にしては、リアリティが無い映像なのが残念ですが、ビビらせる演出は冴えてるので、予想外にびっくりさせられました。でもかなりイライラさせられるくらい無駄なシーンが多いです。こういうモ...
60点台の映画

シャーク・ナイト|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2011年公開のアメリカ合衆国の映画。湖にバカンスにやって来た若者たちが、46種類もの人食いザメに襲われるパニック・ホラー。監督は大ヒット映画デッドコースター (原題:Final Destination 2 )のデヴィッド・エリスで、彼が映画『Kite』(日本のアダルトアニメ『A KITE』の実写版)の撮影準備で訪れていた南アフリカ共和国のヨハネスブルグで急死したため、今作が遺作となった。 シャーク・ナイト 映画批評・備忘録 シャーク・ナイト(原題:Shark Night 3D) 脚本:23点 演技・演出:14点 撮影・美術:15点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計6...
70点台の映画

パニック・マーケット3D|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2012年公開のオーストラリア・シンガポール合作映画。外界から隔絶されてしまったスーパーマーケットで、次々と絶体絶命の危機に襲われる人々の姿を3Dで描いたサバイバルパニック。原題のBaitの意味は餌。 パニック・マーケット3D 映画批評・備忘録 パニック・マーケット3D(原題:Bait) 脚本:32点 演技・演出:15点 撮影・美術:12点 編集:9点 音響・音楽:7点 合計75点 Z級サメ映画かと思いきや、ピラニア3Dを彷彿とさせる3D演出が冴えている映画でした。ストーリーの展開が良く編集スキルが高いのでストレスを感じることなく見ていられます。CGが荒いことや全...
60点台の映画

アフターショック|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2012年にアメリカ合衆国で制作されたスリラーパニック映画。南米チリを訪れた男3人組が、未曾有の大地震と、大量の凶悪犯罪者の襲撃に見舞われる。日本では「“シッチェス映画祭”ファンタスティック・セレクション2013」の中の一作として2013年10月26日から限定公開された。タイトルは「余震」や「余波」を意味する。 アフターショック 映画批評・備忘録 アフターショック(原題:Aftershock) 脚本:28点 演技・演出:14点 撮影・美術:15点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計69点 宇多丸さんが大絶賛していたので見てみました。面白いんですが、かなりツッコミど...
60点台の映画

ディープ・ブルー2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2018年公開のアメリカ合衆国の映画。巨大な人喰いザメの恐怖を描いたパニックスリラー「ディープ・ブルー」の19年ぶりとなる続編。 ディープ・ブルー2 映画批評・備忘録 ディープ・ブルー2(原題: Deep Blue Sea 2) 脚本:25点 演技・演出:13点 撮影・美術:13点 編集:7点 音響・音楽:6点 合計64点 前作の続編というよりは、スケールダウンしたリメイク作品でした。 前作のオマージュや海底パニック映画、アニマルパニック映画などのオマージュがあり、思ってたよりは楽しめる作品でした。ジェイソン・ステイサム主演『MEG ザ・モンスター』...
60点台の映画

スパイダー パニック!|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2002年公開のアメリカ合衆国の映画。町を襲う巨大グモ軍団と、それに立ち向かう人間たちの激闘を、圧巻のVFX映像で描く痛快作。 スパイダー パニック! 映画批評・備忘録 スパイダー パニック!(原題:Eight Legged Freaks) 脚本:28点 演技・演出:11点 撮影・美術:13点 編集:7点 音響・音楽:6点 合計65点 B級モンスター・パニック映画。あえてB級感を出すような演出がありスタッフが分かって撮ってる映画。脚本も産業廃棄物が原因で巨大化したクモや、頑丈だからという理由でショッピングモールに立て籠るという設定、ラストは大爆発するとか、どっかで...
40点台の映画

ピラニア リターンズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2012年公開のアメリカ合衆国の映画。リゾート地の湖で浮かれ騒ぐ能天気な若者たちを、地底湖より出現した人食い魚が恐怖に陥れるパニック・ホラー『ピラニア3D』の続編。前作をしのぐ過激さと、コミカル要素やお色気をふんだんに盛り込み、オープンしたばかりのウォーター・パークを舞台にピラニアの大群が人々に猛威を振るうさまを描く。 ピラニア リターンズ 映画批評・備忘録 ピラニア リターンズ(原題: Piranha 3DD) 脚本:10点 演技・演出:10点 撮影・美術:12点 編集:6点 音響・音楽:5点 合計43点 前作の続編だと思って見たらエライ目に合う作品で、グロさも...
80点台の映画

ピラニア3D|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2010年公開のアメリカ合衆国の映画。1978年のアメリカ映画『ピラニア』のリメイクであり、アレクサンドル・アジャが監督した。本作はポストプロダクション時に3D変換され、3D映画として公開された。 ピラニア3D 映画批評・備忘録 ピラニア3D(原題:Piranha 3D) 脚本:35点 演技・演出:17点 撮影・美術:17点 編集:10点 音響・音楽:9点 合計88点 オリジナルを超えたリメイク作品。 恐怖もエロさも会心の出来栄え! 冒頭にジョーズのリチャード・ドレイファスが登場し、早々に退場するわけですが、スタッフからの熱い要望に応える形で出演したよ...
70点台の映画

アリゲーター|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1980年公開のアメリカ合衆国のホラー映画、パニック映画。 スティーヴン・キングが大絶賛!良質なB級ホラーエンターテインメント作品にして元祖ワニパニック映画。といっても映画「ジョーズ」の大ヒットにより生物パニック映画ブームが起こり、この作品もその一つでピラニアでも脚本を書いたジョン・セイルズが今作の脚本を書いている。ピラニア同様、老若男女、子供も襲うアリゲーター。 アリゲーター 映画批評・備忘録 アリゲーター(原題:Alligator) 脚本:35点 演技・演出:12点 撮影・美術:12点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計73点 アリゲーターは主人公の女性が幼少...
40点台の映画

殺人魚フライングキラー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1981年公開のアメリカとイタリアとオランダの合作映画。元日活女優の筑波久子がチャコ・ヴァン・リューウェンの名でプロデュースした。 空中を跳び人を襲う殺人魚の恐怖を描く。『ピラニア』の続編にあたり、低予算で製作されたいわゆるB級映画。 殺人魚フライングキラー 映画批評・備忘録 殺人魚フライングキラー (原題:Piranha II: Flying Killers) 脚本:15点 演技・演出:10点 撮影・美術:5点 編集:5点 音響・音楽:5点 合計40点 ジェームズ・キャメロンにとっては黒歴史で監督の名を外したかった作品。 作品の質としては全て中途半端な作...
70点台の映画

ピラニア|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1978年公開、ニュー・ワールド・ピクチャーズ製作のアメリカ合衆国の映画。アメリカ陸軍によって改良された肉食魚ピラニアの恐怖を描いた作品。1981年には、ピラニアに飛行能力を加えた新種が登場する続編『殺人魚フライングキラー』(ジェームズ・キャメロン監督)が製作された。2010年には今作のリメイクとして『ピラニア3D』が製作された。 ピラニア 映画批評・備忘録 ピラニア(原題:Piranha) 脚本:32点 演技・演出:14点 撮影・美術:15点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計73点 『ジョーズ』の世界的大ヒットを受けて数多く製作された生物パニック映画の一つ。監...
60点台の映画

シャークネード4|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2016年のアメリカ合衆国のテレビ映画。邦題には『シャークネード ザ・フォース・アウェイクンズ』という別題も存在し、テレビ東京『午後のロードショー』では『シャークネード4(フォース) サメ覚醒』の邦題で放送された。 シャークネード4 映画批評・備忘録 シャークネード4(原題:Sharknado: The 4th Awakens) 脚本:25点 演技・演出:12点 撮影・美術:11点 編集:7点 音響・音楽:6点 合計61点 シリーズ4作目ともなると、出演者の息もピッタリの演技とお約束的演出も嫌味なく楽しめる。3作目のラストの落ちシーンから、今作ではママが遂にアンド...
50点台の映画

シャークネード エクストリーム・ミッション|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2015年製作のアメリカ合衆国のテレビ映画。無数の人食いザメを巻き込んだ巨大竜巻「シャークネード」の恐怖を描くアサイラム社製モンスターパニックのシリーズ第3弾。 シャークネード エクストリーム・ミッション 映画批評・備忘録 シャークネード エクストリーム・ミッション(原題:Sharknado 3: Oh Hell No!) 脚本:20点 演技・演出:10点 撮影・美術:10点 編集:5点 音響・音楽:5点 合計50点 Z級映画の最高峰シャークネード遂に宇宙へ!前作よりパロディ色が濃くなり、演出面でギャグ要素が増えている。主人公の父親役でナイト・ライダーのデヴィッド...
40点台の映画

シャークネード カテゴリー2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2014年のアメリカ合衆国のテレビ映画。?Z級映画の最高峰シャークネードの続編。人喰いザメの大群を巻き込んだ巨大竜巻の恐怖を描いたテレビ映画で、全米で高視聴率を記録したアサイラム社製モンスターパニック「シャークネード」のシリーズ第2弾。 シャークネード カテゴリー2 映画批評・備忘録 シャークネード カテゴリー2(原題:Sharknado 2: The Second One) 脚本:15点 演技・演出:10点 撮影・美術:11点 編集:5点 音響・音楽:5点 合計46点 オープニングの飛行機がサメに襲われるシーンが印象深、ドキドキ感満載で掴みは上々!と思いきやここ...
60点台の映画

シャークネード|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2013年のアメリカ合衆国のテレビ映画。タイトルのサメ(シャーク)+トルネード(竜巻)の合成語の通り、サメを内包してやってきた竜巻と人間との死闘を描く。シリーズ化されており、『シャークネード カテゴリー2』、『シャークネード エクストリーム・ミッション』、『シャークネード4』、『シャークネード5 ワールド・タイフーン』と後続作品が公開されており、2018年8月(日本では11月)に公開された『シャークネード ラスト・チェーンソー』で完結となった。 シャークネード 映画批評・備忘録 シャークネード(原題:Sharknado) 脚本:30点 演技・演出:10点 撮影・美術:6点 ...
愛と憎しみのクソ映画

ジョーズ’87 復讐篇|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1987年公開のアメリカ合衆国の映画。大ヒット映画『ジョーズ』シリーズの第4作であり、完結編。巨大な人食いザメ(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向うブロディ一家を描いた作品。前作と同じく、たくましく成長して海洋生物学者になったマイケル・ブロディと、夫を失い悲しみにくれるエレン・ブロディが主人公である。マーティン・ブロディはすでに故人となっている。 ホオジロザメが殺された仲間の復讐であるかのようにブロディ一家を執拗に狙う、同じ個体と思われるサメがアメリカ東海岸のアミティからバハマへ移り住んだ一家を数日で追撃してくるという強引極まりないストーリーに加え、肝心のサメが作り物としか思えない外見...
40点台の映画

ジョーズ3|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1983年公開のアメリカ合衆国の映画。大ヒット映画『ジョーズ』、『ジョーズ2』の続編である。大型水族館を襲う人食い鮫(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描いた作品。本作では、たくましく成長して海上レジャー施設のエンジニアとなったマイケル・ブロディ(1、2の主人公マーティン・ブロディの息子)が主人公で、マーティン・ブロディは登場しない。 本作に登場する鮫の模型は、非常にチープでスティーヴン・スピルバーグを初めとするスタッフを苦労させた1作目のそれと違い、口から水を取り込んでエラから噴射することで自進するというハイテクなものだった。 また、同時期に公開された『13日の金曜日 PART...
90点台の映画

ジョーズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1975年公開のアメリカ合衆国の映画。平和なビーチを襲う巨大人食い鮫(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描いた作品。スリラー映画、ホラー映画、パニック映画など様々なジャンル分けがなされる。第48回アカデミー賞で作曲賞、音響賞、編集賞を受賞し、スティーヴン・スピルバーグの名前を全世界に浸透させた一作である。 ジョーズ 映画批評・備忘録 ジョーズ(原題:Jaws) 脚本:39点 演技・演出:19点 撮影・美術:17点 編集:10点 音響・音楽:10点 合計95点 当時28歳だったスティーヴン・スピルバーグ監督が抜擢され、映画史に残る作品を製作することになった...
70点台の映画

ディープ・ブルー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1999年公開のアメリカ合衆国の映画。ヒットメーカー、レニー・ハーリンが生み出した海洋生物サバイバル・アクション映画。 ディープ・ブルー 映画批評・備忘録 ディープ・ブルー(原題: Deep Blue Sea) 脚本:30点 演技・演出:16点 撮影・美術:15点 編集:9点 音響・音楽:7点 合計77点 アクション映画を得意とするレニー・ハーリン監督作の今作品もテンポが良くスリリングな展開で油断すると驚かされる演出が多数ありどれも記憶に残るシーンとなっている。 この映画は、そもそもなぜ?サメを使ってアルツハイマー病の研究をするのか、なぜ?大規模な海洋の地下施設...
80点台の映画

ザ・グリード|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1998年公開のアメリカ合衆国の映画。豪華客船を舞台に未知の深海生物との死闘を描いたSFXアクション・アドベンチャー。クリーチャーデザインは「トータル・リコール」でアカデミー視覚効果賞を獲得したロブ・ボッティン。視覚効果は「アビス」のドリームクエスト・イメージズ社と「ディープ・インパクト」のインダストリアル・ライト・アンド・マジック社が担当。 ザ・グリード 映画批評・備忘録 ザ・グリード (原題:Deep Rising) 脚本:35点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計80点 公開された1998年当時のキャッチコピーは「『タ...