マフィア・ギャング映画

マフィア・ギャング映画

バラキ|組織の知られざる実態を公の場で赤裸々に語り、世間を震撼させた実在のマフィア幹部、ジョゼフ・ヴァラキの半生を描く。

バラキは、1972年公開のイタリア・フランス・アメリカ合衆国の合作映画。オメルタ(血の掟)を破り、現役のマフィア構成員で初めてマフィアおよびコーサ・ノストラの実態をアメリカ議会(バラキ公聴会)で証言したジョゼフ・ヴァラキの証言を基にした、ピーター・マーズ(彼は『セルピコ』の著者でもある)のベストセラー『マフィア/恐怖の犯罪シンジケート』(The Valachi Papers, 日本リーダースダイジェスト社)の映画化。
マフィア・ギャング映画

アンタッチャブル|かつて、アメリカの歴史を揺り動かした男たちがいた。愛する人々のために命を懸けた4人の男たちの壮絶なロマンがほとばしる!

アンタッチャブルは、1987年公開のアメリカ合衆国の映画。禁酒法時代のアメリカ・シカゴを舞台に、正義のためにギャングのボスであるアル・カポネを逮捕しようとするアメリカ合衆国財務省捜査官たちのチーム「アンタッチャブル」の戦いの日々を描いた実録映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
マフィア・ギャング映画

マラヴィータ|この”ファミリー”に要注意。父親は元マフィア。この家族、全員ワケあり。|極上のスリルとユーモアで魅せる、痛快エンターテイメント

マラヴィータは、2013年公開のアメリカ・フランス合作映画。ロバート・デ・ニーロ演じる元大物マフィア一家と現役マフィアとの対立を、製作総指揮マーティン・スコセッシ、監督リュック・ベッソンで描くクライムコメディー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
マフィア・ギャング映画

パルプ・フィクション|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

パルプ・フィクションは、1994年公開のアメリカ合衆国の映画。脚本/監督のクエンティン・タランティーノが満を持して送り出した忘れがたきキャラクターたち――いまいち冴えない二人組みのギャング(ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン)、ボスのセクシーな若妻(ユマ・サーマン)、捨て身のプロボクサー(ブルース・ウィリス)が、スリルと驚きに満ちたスピード感溢れる極上の冒険活劇を繰り広げる!時間的な順序とは異なった流れの当時としては珍しい手法で構成される。1994年のアカデミー賞では7部門にノミネートされ、そのうち脚本賞を受賞した。カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞。 パルプ・フィクシ...
マフィア・ギャング映画

ロード・トゥ・パーディション|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ロード・トゥ・パーディションは、2002年公開のアメリカ合衆国の映画。小池一夫、小島剛夕の漫画『子連れ狼』をモチーフとした重厚かつ繊細な世界観で、題名(地獄への道)は原作者が執筆の際に影響を受けた『子連れ狼』のキャッチコピー「冥府魔道を行く父子」からきている。『アメリカン・ビューティー』で第72回アカデミー賞の作品賞と監督賞をダブル受賞したサム・メンデスが、トム・ハンクス、ポール・ニューマン、ジュード・ロウといった新旧実力派スターを揃え大恐慌時代のシカゴを舞台に、マフィアの世界の掟と、父と息子の絆を描いた人間ドラマ。 ロード・トゥ・パーディション 映画批評・備忘録 ロード・トゥ・パーデ...