スポンサーリンク

バイオハザード: ザ・ファイナル|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

バイオハザード: ザ・ファイナル
この記事は約5分で読めます。

2016年公開のイギリス映画。カプコンのサバイバルホラーゲーム『バイオハザードシリーズ』を原作とした、ポール・W・S・アンダーソン製作の実写映画版シリーズ第6作の最終作。
本作は『IV』や『V』にあったような、原作ゲームのシーンをそのまま再現したような描写は少なくなり、『I』や『バイオハザードIII』(以降『III』)同様、映画オリジナル要素が強い作風となっているが、舞台装置や演出などには、依然として多くの原作ゲームへのオマージュ要素が見て取れる。最終作ということで前作までの全5作品のハイライトが多く描写されている。

シリーズの主人公であるミラ・ジョヴォヴィッチが演じるアリス以外の主要人物としては、アリ・ラーターが演じるクレア・レッドフィールドが『IV』以来ぶりに再登板するほか、ショーン・ロバーツ演じるアルバート・ウェスカーが前作に引き続き登場する。また、アンブレラ社の創設に携わったキーパーソンとして、原作ゲーム『0』などに登場したジェームズ・マーカスがT-ウイルス開発者として映画に初登場。ジェームズとその娘のアリシアは、映画の主人公を務めるアリスの出生の秘密にも大きく関わってくる。さらに『III』で死亡したはずのイアン・グレン扮するアイザックス博士が、シリーズの黒幕として『III』以来ぶりに再登板する。

バイオハザード: ザ・ファイナル 映画批評・備忘録


バイオハザード: ザ・ファイナル (原題:Resident Evil: The Final Chapter)

脚本:20点
演技・演出:16点
撮影・美術:17点
編集:6点
音響・音楽:7点
合計66点

今作が果たして最終話でいいのかどうかという出演者と終わり方。シリーズを通して脚本やキャラクターの個性が破綻しており、ポール&ミラ夫妻の自己満足映画だった。
それでもそこそこ楽しめる作品に仕上がっている事は評価したい。

amazonプライム・ビデオ

バイオハザード: ザ・ファイナル あらすじ

主人公のアリス・アバーナシーが目を覚ました時、その周りに広がっていたのは荒廃したワシントンD.C.だった。アリスはそこで巨大なコウモリのようなクリーチャー「ポポカリム」と死闘を繰り広げ、辛くも生還する。その後、アリスは廃墟と化したホワイトハウス周辺の建物を徘徊するうち、あるコンピューターが設置されている部屋を見つける。その室内のモニターに映し出されたのは、アンブレラ社の人工知能レッドクイーンだった。
レッドクイーンはアリスに「T-ウイルスに感染した、すべてのものを抹消できる抗ウイルス剤をアンブレラ社が開発した。それはラクーンシティの地下にあるハイブの中にある。そして、48時間以内に抗ウイルス剤を空気中へ放出させなければすべての人間が死亡し、アンブレラ社の真の目的が遂行されることになる。私はアンブレラ社に逆らえないが、人類を尊重するようにプログラミングされている。あなたに人類を救ってほしい。」と伝える。
アリスは以前にハイブやアンブレラ・プライムでレッドクイーンが自分や仲間たちを殺そうとしたため、レッドクイーンに対して半信半疑であったが、最後の望みをかけてラクーンシティへ向かう。その道中で襲ってきたアンブレラ社の隊員たちによる危機を脱した直後、アンブレラ社専用のバイクを使用しようとしたために電気ショックが発生し、アリスは失神してしまう。
意識が戻ったのは、アンブレラ社の装甲車内だった。そこには、アリスが以前に倒したはずのアイザックス博士が居た。アリスは移動中の装甲車上でアイザックスと死闘を繰り広げた果てに脱出し、かつての戦友クレア・レッドフィールドや新たな仲間と合流し、アルバート・ウェスカーの居るハイブへ向かう。その道中にはさまざまな罠が仕掛けられており、それらを切り抜けて最終決戦に挑むアリスは、自らの出生の真実を知ることとなる。

バイオハザード: ザ・ファイナル スタッフ

監督:ポール・W・S・アンダーソン
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
原作:カプコンバイオハザード
製作:ポール・W・S・アンダーソン,ジェレミー・ボルト,ロバート・クルツァー,サミュエル・ハディダ
製作総指揮:マルティン・モスコヴィッツ,ヴィクター・ハディダ
音楽:ポール・ハスリンジャー
主題歌:L’Arc?en?Ciel「Don’t be Afraid」
(日本語吹替版)
撮影:グレン・マクファーソン
編集:ドゥービー・ホワイト
製作会社:カプコン,コンスタンティン・フィルム,デイヴィス・フィルムズ,ドン・カーモディ・プロダクション,インパクト・ピクチャーズ
配給:スクリーン・ジェムズ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

バイオハザード: ザ・ファイナル キャスト

ミラ・ジョヴォヴィッチ
アリ・ラーター
ショーン・ロバーツ
ルビー・ローズ
ローラ
オーエン・マッケン
ウィリアム・レヴィ
イアン・グレン
イ・ジュンギ

バイオハザード: ザ・ファイナル 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

バイオハザード 映画シリーズ

バイオハザード|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2002年公開のイギリス映画。人気ゲームソフト『バイオハザード』を「ジャンヌ・ダルク」のミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化したSFアクション・スリラー。研究中の兵器ウィルスが蔓延し、ゾンビ化した人間があふれる巨大研究所内を舞台に、壮絶なサバイバル戦を描く。後に夫婦となる監督・脚本のポール・W・S・アンダーソンと主演のミラ・ジョヴォヴィッチは共に原作のファンで、自ら望んで本作に携わった。 バイオハザード 映画批評・備忘録 バイオハザード (原題:Resident Evil) 脚本:25点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:7点 音響・音楽:8点 合計70点 ...
バイオハザードII アポカリプス|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2004年にイギリスで制作されたホラーアクション映画。サブタイトルの『アポカリプス』とは、『黙示録』を意味する。『黙示録』とは新約聖書における最後の一書のことであり、そこには世界の破滅やイエス・キリストの再来などの預言的内容が象徴的表現で描かれている。 バイオハザードII アポカリプス 映画批評・備忘録 バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse) 脚本:30点 演技・演出:16点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計78点 シリーズ最高傑作(個人的には)。作品の世界観や設定の一部を取り入れただけのオリジ...
バイオハザードIII|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2007年に公開されたアメリカ・イギリス・ドイツの合作映画。バイオハザードシリーズ3作目。原題の「Extinction」は「絶滅」を意味する。ウィルスによる未知の人災が進み、荒れ果てた砂漠のラスベガスに舞台を移した本作では、アンブレラ社の陰謀に勇敢に立ち向かう女戦士アリスの過酷な運命が描かれる。 バイオハザードIII 映画批評・備忘録 バイオハザードIII(原題:Resident Evil: Extinction) 脚本:10点 演技・演出:15点 撮影・美術:18点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計57点 2の出来栄えが良かった事から3作目に期待するファンの熱...
バイオハザードIV アフターライフ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2010年公開のイギリス映画。バイオハザードシリーズ4作目。サブタイトルの「アフターライフ」はあの世、死後の世界を意味する。監督のポール・W・S・アンダーソンは、本作の制作にあたって、公開当時の原作ゲームのナンバリングタイトル最新作である『バイオハザード5』から非常に強い影響を受けていると語っており、本作に登場する原作ゲームキャラクターのアルバート・ウェスカーとクリス・レッドフィールドが、同ゲームと同じ動きをする場面が存在したり、クリーチャーとして『5』から「処刑マジニ」、「アジュレ」、そして「マジニ」の特徴を踏襲したアンデッドが登場する。また、処刑マジニが原作同様、門を断頭斧で破壊して建物に...
バイオハザードV リトリビューション|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2012年公開のイギリス映画。サブタイトルの Retribution は報復、報いを意味する。本作は前作『IV』のラスト直後から続く形で始まる展開となっている。主な舞台はアンブレラ社の生物兵器研究における最高機密オペレーション施設「アンブレラ・プライム」であるが、その中にある生物兵器のシミュレーション実験場という形でアメリカのニューヨーク(タイムズ・スクエア)、日本の東京(渋谷)、ロシアのモスクワ(赤の広場)の街が登場する。クリーチャーはリッカーや処刑マジニが再登場する他、『バイオハザード4』『バイオハザード5』に登場した寄生虫プラーガが初登場。その他、ゲームでの主要人物である「エイダ・ウォン...
バイオハザード: ザ・ファイナル|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2016年公開のイギリス映画。カプコンのサバイバルホラーゲーム『バイオハザードシリーズ』を原作とした、ポール・W・S・アンダーソン製作の実写映画版シリーズ第6作の最終作。 本作は『IV』や『V』にあったような、原作ゲームのシーンをそのまま再現したような描写は少なくなり、『I』や『バイオハザードIII』(以降『III』)同様、映画オリジナル要素が強い作風となっているが、舞台装置や演出などには、依然として多くの原作ゲームへのオマージュ要素が見て取れる。最終作ということで前作までの全5作品のハイライトが多く描写されている。 シリーズの主人公であるミラ・ジョヴォヴィッチが演じるアリス以外の主要...