スポンサーリンク

バイオハザードII アポカリプス|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

バイオハザードII アポカリプス
この記事は約5分で読めます。

2004年にイギリスで制作されたホラーアクション映画。サブタイトルの『アポカリプス』とは、『黙示録』を意味する。『黙示録』とは新約聖書における最後の一書のことであり、そこには世界の破滅やイエス・キリストの再来などの預言的内容が象徴的表現で描かれている。

バイオハザードII アポカリプス 映画批評・備忘録


バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse)

脚本:30点
演技・演出:16点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計78点

シリーズ最高傑作(個人的には)。作品の世界観や設定の一部を取り入れただけのオリジナルストーリーだった『I』とは違い、ゲームの主要人物を登場させるなど、ゲーム世界との融合が大きなテーマとなっているが、依然として映画版の独自要素は強い。本作では特に『バイオハザード3 LAST ESCAPE』の世界観や要素とリンクした形を取っており、原作主人公の1人ジル・バレンタインやその仲間カルロス・オリヴェイラ、クリーチャーの追跡者(ネメシス)が登場しているが、共通しているのは名前のみで、設定には相違が見られる。ジルを演じたシエンナは、役作りにおいてゲームのジルの動きを事細かく研究し、演技で実践した。その評判は高く、ゲームシリーズの大ファンだったミラを唸らせたほか、映画版に対して否定的だったゲームファンからも「容姿を含め、ゲームから飛び出した本物のジル」と絶賛された。その結果、主役のアリスよりもジルの方が人気を得ることになった。本作でシエンナは英国でいくつか受賞をしている。このシエンナの主人公を食う完璧な役作りは、3以降のキャスティングに残念ながら結果的に悪い影響を与えることになった。

amazonプライム・ビデオ

バイオハザードII アポカリプス あらすじ

アンブレラ社の地下秘密研究所「ハイブ」でのバイオハザード発生から2日後、汚染は研究所内部で食い止められたことで、その真上にあるラクーンシティの住民達はいつもと変わらぬ日常を送ることが出来た。しかし、ハイブで起きた事件を調査すべく派遣されたアンブレラ社の社員が封鎖された地下入り口を開けると、高濃度のウイルス反応が検知され調査隊は内部から出てきたクリーチャーによって襲われてしまう。その結果、ウイルスによる汚染が街にまで蔓延し人々は次々と感染してゾンビ化、街中で人を襲い始めて、連鎖的にアンデッド達が溢れ出し、壊滅状態になった。事件の隠蔽を図るアンブレラ社は、中央警備局(以降、「CSA」)やU.B.C.S.を派遣してラクーンシティを封鎖。U.B.C.S.隊長のカルロス・オリヴェイラは、ビル屋上でアンデッドに追われていた女性を助けるが、彼女は既にアンデッドに噛まれた後であり、ゾンビ化する絶望から飛び降り自殺してしまう。ほぼ同じ頃、アンブレラ社は敵の侵攻を食い止めるべく出動した警官隊に警備部隊を応援として派遣したものの圧倒的な敵の物量に成すすべなく壊滅。更に街の外へ出るゲートに向かう避難民の中から感染者が発生した事実を受けて、感染が街の全域に到達し制圧が失敗したと認識して感染拡大阻止のため別の手を打つことを決定した。
一方、町に取り残された人々の中にはS.T.A.R.S.に所属し、不祥事を起こして停職処分を受けていたジル・バレンタインの姿があった。ジルは同僚の警官や一般市民を連れ、教会へ辿り着く。だが、その中には既に3匹のリッカー達が待ち構えていた。何とか反撃を試みるものの、敏捷なそれらに翻弄されて絶体絶命の窮地を迎えた時、オートバイに乗った女性が教会のステンドグラスを割って飛び込んでくる。女性は背負っていた散弾銃を手にすると、素早い身のこなしで瞬時にリッカー達を殲滅してみせた。女性の名はアリス…ハイブから生還した唯一の人物だった。
その頃、町の外れに設けられたアンブレラ社の仮設テントでは、今回の事件の発端となったT-ウィルスを開発した博士チャールズ・アシュフォードがノートパソコンを使って町のメインコンピュータの監視システムへ侵入し、一人娘アンジェラ・アシュフォードの姿を探していた。アンジェラは事故の発生を察知したアンブレラ社が関係者を街から退避させる際に交通事故に遭い、行方不明となっていたのだ。「アンジェラを救うには、半身不随で車椅子による移動を余儀なくされている自分に代わって動ける生存者を探す必要がある」と考えたチャールズは、町中をさまようアリス達への接触を試みていた。ところが、アリス達の背後にはネメシスの影が迫っていた。

バイオハザードII アポカリプス スタッフ

監督:アレクサンダー・ウィット
製作:ポール・W・S・アンダーソン,ジェレミー・ボルト,ドン・カーモディ
製作総指揮:ベルント・アイヒンガー,サミュエル・ハディダ,ヴィクター・ハディダ,ロバート・クルツァー
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
撮影:クリスチャン・セバルト,デレク・ロジャース
編集:エディ・ハミルトン
音楽:ジェフ・ダナ
原案:カプコンバイオハザード
視覚効果:ダブル・ネガティブ
製作会社:コンスタンティン・フィルム
配給:スクリーン・ジェムズ,ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

バイオハザードII アポカリプス キャスト

ミラ・ジョヴォヴィッチ
シエンナ・ギロリー
ラズ・アドティ
マイク・エップス
サンドリーヌ・ホルト
ソフィー・ヴァヴァサー
オデッド・フェール
ザック・ウォード
ステファン・ヘイズ
トーマス・クレッチマン
ジム・コドリントン
ジャレッド・ハリス
イアン・グレン
エリック・メビウス

バイオハザードII アポカリプス 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

バイオハザード 映画シリーズ

バイオハザード|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2002年公開のイギリス映画。人気ゲームソフト『バイオハザード』を「ジャンヌ・ダルク」のミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化したSFアクション・スリラー。研究中の兵器ウィルスが蔓延し、ゾンビ化した人間があふれる巨大研究所内を舞台に、壮絶なサバイバル戦を描く。後に夫婦となる監督・脚本のポール・W・S・アンダーソンと主演のミラ・ジョヴォヴィッチは共に原作のファンで、自ら望んで本作に携わった。 バイオハザード 映画批評・備忘録 バイオハザード (原題:Resident Evil) 脚本:25点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:7点 音響・音楽:8点 合計70点 ...
バイオハザードII アポカリプス|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2004年にイギリスで制作されたホラーアクション映画。サブタイトルの『アポカリプス』とは、『黙示録』を意味する。『黙示録』とは新約聖書における最後の一書のことであり、そこには世界の破滅やイエス・キリストの再来などの預言的内容が象徴的表現で描かれている。 バイオハザードII アポカリプス 映画批評・備忘録 バイオハザードII アポカリプス(Resident Evil: Apocalypse) 脚本:30点 演技・演出:16点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計78点 シリーズ最高傑作(個人的には)。作品の世界観や設定の一部を取り入れただけのオリジ...
バイオハザードIII|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2007年に公開されたアメリカ・イギリス・ドイツの合作映画。バイオハザードシリーズ3作目。原題の「Extinction」は「絶滅」を意味する。ウィルスによる未知の人災が進み、荒れ果てた砂漠のラスベガスに舞台を移した本作では、アンブレラ社の陰謀に勇敢に立ち向かう女戦士アリスの過酷な運命が描かれる。 バイオハザードIII 映画批評・備忘録 バイオハザードIII(原題:Resident Evil: Extinction) 脚本:10点 演技・演出:15点 撮影・美術:18点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計57点 2の出来栄えが良かった事から3作目に期待するファンの熱...
バイオハザードIV アフターライフ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2010年公開のイギリス映画。バイオハザードシリーズ4作目。サブタイトルの「アフターライフ」はあの世、死後の世界を意味する。監督のポール・W・S・アンダーソンは、本作の制作にあたって、公開当時の原作ゲームのナンバリングタイトル最新作である『バイオハザード5』から非常に強い影響を受けていると語っており、本作に登場する原作ゲームキャラクターのアルバート・ウェスカーとクリス・レッドフィールドが、同ゲームと同じ動きをする場面が存在したり、クリーチャーとして『5』から「処刑マジニ」、「アジュレ」、そして「マジニ」の特徴を踏襲したアンデッドが登場する。また、処刑マジニが原作同様、門を断頭斧で破壊して建物に...
バイオハザードV リトリビューション|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2012年公開のイギリス映画。サブタイトルの Retribution は報復、報いを意味する。本作は前作『IV』のラスト直後から続く形で始まる展開となっている。主な舞台はアンブレラ社の生物兵器研究における最高機密オペレーション施設「アンブレラ・プライム」であるが、その中にある生物兵器のシミュレーション実験場という形でアメリカのニューヨーク(タイムズ・スクエア)、日本の東京(渋谷)、ロシアのモスクワ(赤の広場)の街が登場する。クリーチャーはリッカーや処刑マジニが再登場する他、『バイオハザード4』『バイオハザード5』に登場した寄生虫プラーガが初登場。その他、ゲームでの主要人物である「エイダ・ウォン...
バイオハザード: ザ・ファイナル|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2016年公開のイギリス映画。カプコンのサバイバルホラーゲーム『バイオハザードシリーズ』を原作とした、ポール・W・S・アンダーソン製作の実写映画版シリーズ第6作の最終作。 本作は『IV』や『V』にあったような、原作ゲームのシーンをそのまま再現したような描写は少なくなり、『I』や『バイオハザードIII』(以降『III』)同様、映画オリジナル要素が強い作風となっているが、舞台装置や演出などには、依然として多くの原作ゲームへのオマージュ要素が見て取れる。最終作ということで前作までの全5作品のハイライトが多く描写されている。 シリーズの主人公であるミラ・ジョヴォヴィッチが演じるアリス以外の主要...