デス・レース4 アナーキー 19点

デス・レース4 アナーキー
この記事は約6分で読めます。

2017年製作のアメリカ合衆国の映画。「デス・レース」シリーズの第4作となるバイオレンスカーアクション映画。

デス・レース4 アナーキー 映画批評・備忘録


デス・レース4 アナーキー(原題:Death Race 4: Beyond Anarchy)

脚本:2点
演技・演出:2点
撮影・美術:7点
編集:3点
音響・音楽:5点
合計19点

 僕は何も考えずに今作品のDVDを買いました。デス・レースシリーズに外れ無しと。そう思っていたのです。今作品を見るまでは。。。。調べるとデス・レース2、デス・レース3を低予算ながら見事な手腕で面白くした監督と脚本家が降板し、新たなスタッフで製作していました。それは別にいいのです。おもしろければ。。。
 だらだらと長いだけでこれという演出もないため、一度目は寝落ちしてしまいました。アクション映画で寝落ちすることは無いのですが、あまりにもダラダラなので眠気が沸き起こってしまいました。見直したのですが、ストーリーが全く入ってこず、ダニー・グローヴァー出てったっけ?ダニー・トレホはちょこっと出てたような気がするみたいな感じです。どういうキャラクターだったか忘れました。 もうこの映画のことは忘れましょう。
 

ガチでつまらないクソ映画を見てしまった。

amazonプライム・ビデオ

デス・レース4 アナーキー あらすじ

民営化された警備会社が、約42万人の囚人を収容する巨大な刑務所であるスプロールを運営しています。内部では、人気のあるデス・レース大会(囚人が重火器で武装した改造車をレースする最後の人の大会)が、刑務所の所有者であるウェイランド・インターナショナルに雇われた新しい監視員によって違法にされました。彼は、刑務所のデス・レースのチャンピオンであり王であるフランケンシュタインを連れ出す任務を負っています。

デス・レースでライバルを倒した後、フランケンシュタインはアフターパーティーに到着します。刑務所のSWATチームが彼を連れ出そうとします。彼らはその地域で数人の囚人を殺しましたが、最終的にはフランケンシュタインの忠実な囚人軍によって追い詰められ、虐殺されました。フランケンシュタインは彼らのボディカメラの1つを通して監視員に話し、監視員が彼を殺すために送るすべての人を殺すと言った。監視員は、フランケンシュタインを殺さなかったとして上司であるウェイランドインターナショナルの幹部から警告を受け、最後のチャンスがあることを警告します。

新しい囚人のヘリコプターがスプロールの上を飛んで、警備員が土地の規則を説明します。彼らはそれぞれ、刑務所に入るのを助けるために銀貨のロールを与えられます。着陸するとすぐに、デスレーサーのジョニー・ローが運営する刑務所のギャングである「警官」が新しい囚人に出くわし、彼らのほとんどを殺します。2人は生き残りますが、コインの引き渡しを拒否します。彼らはギャング全体を打ち負かし、非常に巧妙なテクニックを示し、別々の道を進みます。

男性の囚人であるコナーは、彼の印象的な戦いを見た女性のグループに迎えられました。彼は、おそらくデスレースを実行していると思われるヘリコプターで彼が耳にした名前であるボルチモアボブを探していると彼らに話します。彼らは彼をフランケンシュタインが経営するバーに連れて行き、そこでジョニー・ローは新しい囚人からすべてのコインを手に入れることができなかったために殺されようとしています。コナーはフランケンシュタインの子分をさらに2人倒し、フランケンシュタインは彼と個人的に対峙します。彼らは戦いませんが、コナーは彼らの交換でフランケンシュタインに対する恐れや敬意を示していません。バーテンダーのジェーンは、コナーとボルティモア・ボブをつなぎます。ボルティモア・ボブも彼の戦いを目撃しました。

ボルティモアボブはコナーを刑務所の周りに連れて行き、彼らは死のレースについて話し合います。彼らはデスピットでのデスレースの予選試合に参加します。そこでは、オートバイのライダーは生き残るために障害物や罠を避けなければなりません。着陸時に警官と戦ったもう一人の囚人、ジプシー・ローズが予選の試合に勝ちました。その夜、ジェーンは再びコナーに会い、彼を彼女の家に連れて行きます。彼らはどのようにしてスプロールに参加したかについて話します。彼女は彼が彼女と一緒に寝たいと思っていると思いますが、コナーは彼女の驚きを拒否します。

翌日、コナーはボルティモア・ボブにデス・レースに参加したいと言った。彼の予選試合は塔への足跡であり、車の鍵を要求するために登らなければなりません。彼は塔への道を戦い、鍵を手に入れましたが、今や彼はスレッジハンマーと鎌を持った巨大な男である肉屋に直面しなければならないことに気づきました。コナーはひどく彼を打ち負かし、フランケンシュタインは彼の妾カーリーにコナーを連れてくるように言いました。シャワーの中で、カーリーはコナーをパスしますが、彼は再びそれを拒否します。フランケンシュタインは、彼がデス・レースに勝った場合、彼はスプロールの王になるだろうと彼に言い、彼がその責任の準備ができているかどうか尋ねます。会議の後、コナーはジェーンに再び会いに行きます。今回、彼らは関係を始めているように見えます。

コナーはボルティモアボブと彼のデスレーサーの建設を開始します。警官との戦いの後で彼を迎えに行った女性は彼の副操縦士になることを要求し、彼はしぶしぶ同意します。彼は再びジェーンとデス・レースの前夜を過ごし、刑務所に入る前は何も気にする必要がなかったと彼女に話し、今は彼女だけを気にかけていることを暗示しています。

翌朝、彼は刑務所全体がジェーンの家に降りてくるのを見る。彼は外に出て、フランケンシュタインに直面します。フランケンシュタインは、コナーが実際には彼を殺すために内部に送られた特別な工作員であるコナー・ギブソン軍曹であることを刑務所全体に明らかにします。彼はコナーがデス・レースに出場することを許可されると宣言します、しかし多くはこの裏切りに怒り、彼が死ぬことを望みます。

デスレーサーがスタートラインに到着すると、フランケンシュタインは、彼の新しい副操縦士が、コナーに対する「保険契約」として使用している捕虜のジェーンになることを明らかにします。デス・レースを通して、コナー、フランケンシュタイン、ジョニー・ロー、ジプシー・ローズだけが残るまで、競技者は一人ずつ連れ出されます。コナーは、最後に、ボルティモアボブによってルート変更されます。彼はダウンした橋を越えて250フィートのほぼ不可能なジャンプを実行し、フランケンシュタインのすぐ後ろに戻ります。ジョニー・ローが排除され、ジプシー・ローズが3位になりました。

最後のストレッチ中に、コナーはガスを使い果たします。フランケンシュタインは振り返り、ジェーンはコナーを殺さないように彼に頼みます。フランケンシュタインはコナーと彼の副操縦士を運転します。彼らは効果なしに彼にミサイルを発射します。最後の1秒で、ジプシーローズTボーンフランケンシュタイン。コナーは急いでジェーンを助け、ジプシーローズは出て行ってフランケンシュタインを撃ち殺します。彼女はコナーにヘリコプターがすぐにそれらを拾うためにそこにいるだろうと言います。彼は彼女が特別捜査官でもあることに気づきました。コナーは、彼の過去の人生とジェーンとの新しい人生の間で引き裂かれ、とどまることにしました。ボルティモア・ボブは、マスクをかぶってフランケンシュタインになり、スプロールを実行するように彼に言います。彼はフランケンシュタインのコートとマスクを取り、デス・レースに勝ち、おそらくスプロールにとどまります。

デス・レース4 アナーキー スタッフ

監督:ドン・マイケル・ポール
製作:マイク・エリオット,グレッグ・ホルステイン
脚本:トニー・ジリオ,ドン・マイケル・ポール, ポール・W・S・アンダーソン
音楽:フレデリック・ウィードマン
撮影:アレクサンダー・クルモフ
編集:バニック・モラディアン

デス・レース4 アナーキー キャスト

ザック・マッゴーワン
ダニー・トレホ
ダニー・グローヴァー
フレデリック・ケーラー
クリスティン・マルツァーノ
ルーシー・アーデン
イェニス・チャン
ニコラス・アーロン
キャシー・クレア
ヴェリスラフ・パブロフ
テレンス・メイナード

デス・レース4 アナーキー 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ