デス・レース2000年 44点

デス・レース2000年
この記事は約4分で読めます。

1975年公開のアメリカ合衆国の映画。カルト映画の奇才であるポール・バーテルがメガホンを取り、B級映画の帝王であるロジャー・コーマンが製作、デヴィッド・キャラダインほか、『ロッキー』により人気を博したシルヴェスター・スタローンのブレイク直前の出演作品であり、低価格なギャラで主役のライバルを演じている。国民から絶大な人気を誇る“デス・レース”が開催され、優勝に意気込む5組のレーサーたちが死闘を繰り広げる本作だが、レース中に人を殺せばポイントを獲得できるなどという過激な内容と、随所に満載されたコミカルなブラック・ユーモアが支持されて製作されてから30年以上経つ今もなお、カルト的な人気を誇っている。

デス・レース2000年 映画批評・備忘録


デス・レース2000年(原題:Death Race 2000)

脚本:15点
演技・演出:8点
撮影・美術:9点
編集:5点
音響・音楽:7点
合計44点

 この映画、クソ映画と思うか、傑作と思うか、判断に困ります。とんでもない演出とチープ感がなんともいえない味となっており、一度見たら脳裏に焼き付いて離れない作品です。主演のキャラダインは、特殊な性癖の持ち主で2009年に滞在先のタイで自慰行為中に事故ってしまいお亡くなりになってしまいました。4番目の奥さん(マリナ・アンダーソン)の離婚理由にデヴィッドは性的倒錯者であり、死に至る可能性があるような性的行為を好む傾向があった」「マリナが嫌がる性的行為を繰り返し強要した」「近親相姦的な行為もあった」とあるのでかなりの変態であったことは間違いなさそうです。そんな彼も俳優としては素晴らしい才能の持ち主で、穏やかな役も振り切れた悪党も演じ分けられる人でした。個人的にはこの映画の頃より老いてからのキル・ビルに出演したころが渋くてかっこよかったです。
 『ロッキー』で売れる前のスタローンが出演していることでも有名な今作ですが、おもいっきり大根役者なのが笑えます。このころは気持ちばかり前に出てて、空振り気味の演技だったんでしょうね。
 今作のカルト人気は、人間の本質的な暴力性があると思います。人間は殺し合いが詰まるところ大好きで熱狂してしまうというところにあります。今作はブラックユーモアで茶化してるところはありますが、『グラディエーター』や『バトル・ロワイアル』、『ハンガーゲーム』など人間同士が殺しあってる映画は演出次第で盛り上がるんですよね。

amazonプライム・ビデオ

デス・レース2000年 あらすじ

時は西暦2000年。その年も国民から絶大な人気を誇る“デス・レース”が開催されることになる。ニューヨークからロサンゼルスまでの距離を競うため、国民たちが待ちかねる競技場に、奇抜な武装を装着したレーシング・カーに乗り5組のレーサーたちが登場した。ナチスの恋人と称されるマチルダをはじめ、暴君ネロが操縦するライオン号、西部劇風のカラミティ・ジェーンが乗る雄牛号、レースの嫌われ者こと人呼んでマシンガン・ジョー(演:)たちが続々とスタートラインに着く。そして、去年の優勝者でレースの人気者フランケンシュタイン(演:)も新しいナビゲーターのアニー(演:)を連れてクールに登場。大統領のスタートコールと同時に出場者たちはそれぞれの思惑を胸に、ゴールに向けて一気にスタートを切った。

走行中、マシンガンジョーの操縦する車が工事現場の作業員を轢き殺すのだが、それを見たレース司会者は鼻息を荒くしてレースのルールを説明し始める。レース中に一般市民を轢き殺せば年齢、性別に応じてポイントが加算されるというのだ。そのルールに則ってレーサーたちは次々と市民を轢き殺しながら我先にとゴールへ直進するのだが、同じくしてレースに異議を唱える反政府組織の計画も着々と進んでいた…。

暴力の歴史を遡ってみますと、今を去ること200万年前、人類がまだ猿に近く言葉をしゃべる能力を持たなかった頃、すでに石斧を使って殺し合っていたことが考古学上の資料から明らかになっております。そうした道具を使っての殺し合いが、脳の発達を促し、さらに強力な武器を次々と生み出していったのです。つまり、殺人は人間がモノを考える力を持つ以前から存在していたのであります。そして今日〝人類は考える動物である″と、私たちは等しく自負しているのであります。

デス・レース2000年 スタッフ

監督:
脚本:,
原作:
製作:
音楽:
撮影:
編集:
配給:

デス・レース2000年 キャスト











デス・レース2000年 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

デス・レース2000年 商品情報