スポンサーリンク

ボーン・スプレマシー|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察

ボーン・スプレマシー
この記事は約6分で読めます。

2004年公開のアメリカ合衆国の映画。最強のエージェント=ジェイソン・ボーン 失われた記憶を求め、新たな戦いが始まる!『ボーン・アイデンティティー』の続編。ロバート・ラドラムのベストセラーとなったスパイ・スリラー小説『殺戮のオデッセイ』の映画化。続編は『ボーン・アルティメイタム』。

ボーン・スプレマシー 映画批評・備忘録


ボーン・スプレマシー(原題:The Bourne Supremacy)

脚本:22点
演技・演出:17点
撮影・美術:17点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計70点

ファンに怒られそうだけど、正直、ボーンシリーズの特別な面白さがあまり分からない。確かにアクション映画としては秀逸だと思える部分はある。でも絶賛するような映画でもないし、斬新かというとそうでもない。一作目は面白いと思えた、でも今作以降については、ボーンが強いというより敵が弱い、そして賢くない。ボーンは話が通じない相手ではないにも関わらず追い回すというのが理解できない。シリーズで何人が返り討ちになってるのよ。その辺がご都合主義で脚本に魅力を感じることができません。


今作品はAmazonプライムで見ました。
amazonプライム・ビデオ

ボーン・スプレマシー あらすじ(ネタバレ)

ジェイソン・ボーンとマリー・クルーツは、インドのゴアに住んでいる。まだ記憶喪失に苦しんでいるボーンは、ノートにCIA暗殺者としての彼の人生のフラッシュバックを記録していた。

ベルリンでは、パメラ・ランディ副局長のために働いているCIAのエージェントが、7年前の2000万ドルの盗難に関する文書であるネスキ・ファイルの名前のないロシアの情報源に300万ドルを支払っていた。取引は、オリガルヒのユーリ・グレトコフのために働くロシア連邦保安局のエージェントであるキリルによって中断された。彼はエージェントと情報源を殺し、ファイルとお金を盗み、攻撃のためにボーンを特定する指紋を植えた。

ボーンの指紋を見つけた後、ランディは、ボーンが所属していた廃止されたCIAプログラムであるトレッド・ストーン作戦についてワード・アボット課長に尋ねた。彼女はアボットに、2000万ドルを盗んだCIAエージェントがネスキ・ファイルで名前を挙げられたと言う。数年前、ロシアの政治家ウラジミール・ネスキは、泥棒を特定しようとしていた時、ベルリンでの無理心中の疑いで妻に殺された。ランディは、ボーンとトレッド・ストーンの故監督者であるアレクサンダー・コンクリンが関与し、ボーンがネスキを殺したと信じた。アボットとランディはボーンを捕まえるためにベルリンに行く。

グレトコフはキリルにボーンを殺すためにゴアに向かわせる。ボーンはマリーと逃げる。キリルはマリーを追いかけて殺し、車を橋から落下させた。ボーンはゴアを離れてナポリに移動し、そこで彼は警備員によって身元を明かされることができた。彼は外交保安局のエージェントとカラビニエリの警備員を鎮圧し、携帯電話からSIMカードをコピーする。その後の電話から、彼はランディの仕事について調べた。

ボーンはミュンヘンに行き、残りの唯一のトレッドストーン工作員であるジャルダを訪問した。ジャルダはボーンに、コンクリンの死後にトレッドストーンがシャットダウンされたことを知らせ、彼を攻撃する。ボーンは、エージェントが入ってきたときにガス爆発で彼の家を破壊する前に、ジャルダを絞殺した。ボーンは、元トレッドストーンのサポート技術者であるニッキー・パーソンズに会い、ボーンについて彼女に質問するときに、ランディとアボットを追いかけた。CIAが再び彼を捜していると信じて、ボーンは近くの屋根からランディに電話をかけた。彼はニッキーとの交流会を要求し、ランディにオフィスで彼女に会えることを示した。

ボーンはアレクサンダー広場でニッキーを誘拐し、アボットがコンクリンではなくトレッド・ストーンの頭であったことを彼女から教えられた。ボーンは、文書化されていないため、ミッションについて何も知らないことを明らかにした後、ニッキーを惜しみません。ボーンはその後、殺害が行われたホテルを訪れ、彼の使命の多くを思い出した。彼はコンクリンの命令でネスキを殺し、ネスキの妻が現れたとき、彼は彼女を撃ち、それを無理心中のように見せかけた。

コンクリンの元助手であるダニー・ゾーンは、ボーンがエージェントの死に関与したという報告と矛盾を見つけ、爆弾にあったボーンの指紋が消えなかったことを示すことによって、彼の理論をアボットに説明した。アボットはゾーンを殺し、ランディに知らせないようにする。ボーンはアボットのホテルの部屋に侵入し、2000万ドルの盗難で彼らを非難する彼とグレトコフの間の会話を記録する。アボットはボーンにお金を盗んだことを認め、ネスキを殺害することを許可し、キリルにファイルを回収するように命じ、ボーンをフレームに入れてからゴアで沈黙させるよう手配した。アボットはボーンが彼を殺すことを期待しているが、ボーンは彼が銃をテーブルに置いたままにしているにもかかわらず、マリーがアボットを殺すことを望んでいないと信じて拒否した。ボーンが去った後、ランディは彼女の疑惑についてアボットに立ち向かい、彼は自殺する。ランディはホテルの部屋に戻り、グレトコフとボーンとのアボットの会話のテープが入った封筒を見つけた。

ボーンはウラジミール・ネスキの娘、イレーナを見つけるためにモスクワに旅行する。キリルは、ボーンを殺すことでグレトコフによって再び任務を与えられ、彼を見つけて傷つけた。ボーンは盗まれたタクシーで逃げ、キリルは彼を追いかけます。ボーンはキリルの車両をコンクリートの仕切りに押し込んだ。ボーンは立ち去り、重傷を負ったキリルを残した。グレトコフが逮捕される。ボーンはイレーナを見つけ、両親を殺害したことを告白し、彼が去るときに彼女に謝罪した。

後にニューヨークで、ボーンはランディに電話する。彼女は彼にテープを感謝し、彼に彼の元の名前、デビッド・ウェッブ、そして生年月日を明らかにし、会うように頼んだ。ボーンは、「パム、少し休んでください。疲れているように見えます」と言った。

ボーン・スプレマシー スタッフ

監督:ポール・グリーングラス
脚本:トニー・ギルロイ,ブライアン・ヘルゲランド
原作:ロバート・ラドラム『殺戮のオデッセイ』
製作:パトリック・クローリー,フランク・マーシャル,ポール・L・サンドバーグ
製作総指揮:ダグ・リーマン,マット・ジャクソン,ヘンリー・モリソン,ティエリー・ポトク,ジェフリー・M・ワイナー
音楽:ジョン・パウエル
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:リチャード・ピアソン,クリストファー・ラウズ
製作会社:ケネディ/マーシャル,ラドラム・エンターテインメント
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ,UIP

ボーン・スプレマシー キャスト

ジェイソン・ボーン:マット・デイモン
マリー・クルーツ:フランカ・ポテンテ
パメラ・ランディ:ジョアン・アレン
キリル:カール・アーバン
アレクサンダー・コンクリン:クリス・クーパー
ワード・アボット:ブライアン・コックス
ニコレット”ニッキー”・パーソンズ:ジュリア・スタイルズ
マーティン・マーシャル次官:トーマス・アラナ
ダニー・ゾーン:ガブリエル・マン
トム・クローニン:トム・ギャロップ
テディ:ジョン・ベッドフォード・ロイド
グレツコフ:カレル・ローデン
ジャーダ:マートン・チョーカシュ
キム:ミシェル・モナハン
ジョン・ネビンス:ティム・グリフィン

ボーン・スプレマシー 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ボーン・映画シリーズ

ボーン・アイデンティティー|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
ボーン・アイデンティティーは、2002年公開のアメリカ合衆国の映画。ヨーロッパを縦断して繰り広げられる壮絶なチェイス!記憶を失った男ジェイソン・ボーンを巡るサスペンス・アクション映画。原作はロバート・ラドラムのベストセラーのスパイスリラー小説『暗殺者』(The Bourne Identity)。『ボーン』シリーズの第一作で、続編は『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』、『ボーン・レガシー』、『ジェイソン・ボーン』。 ボーン・アイデンティティー 映画批評・備忘録 ボーン・アイデンティティー(原題:The Bourne Identity)脚本:32点演技・演出:18点撮影・...
ボーン・スプレマシー|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
2004年公開のアメリカ合衆国の映画。最強のエージェント=ジェイソン・ボーン 失われた記憶を求め、新たな戦いが始まる!『ボーン・アイデンティティー』の続編。ロバート・ラドラムのベストセラーとなったスパイ・スリラー小説『殺戮のオデッセイ』の映画化。続編は『ボーン・アルティメイタム』。 ボーン・スプレマシー 映画批評・備忘録 ボーン・スプレマシー(原題:The Bourne Supremacy)脚本:22点演技・演出:17点撮影・美術:17点編集:7点音響・音楽:7点合計70点 ファンに怒られそうだけど、正直、ボーンシリーズの特別な面白さがあまり分からない。確かにアクション映画としては秀...
ボーン・アルティメイタム|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
2007年公開のアメリカ合衆国の映画。CIAが生み出した究極のエージェント!ジェイソン・ボーン誕生の謎が明らかに!?記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンを主人公としたサスペンス・アクション映画『ボーン』シリーズの3作目である。原作はロバート・ラドラムの『最後の暗殺者』。題名のアルティメイタムとは最後通牒のこと。第80回アカデミー賞では、編集賞、録音賞、音響効果賞を受賞。 ボーン・アルティメイタム 映画批評・備忘録 ボーン・アルティメイタム(原題:The Bourne Ultimatum)脚本:23点演技・演出:15点撮影・美術:17点編集:10点音響・音楽:10点合計75点 結局のと...
ボーン・レガシー|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
2012年公開のアメリカ合衆国の映画。ボーンシリーズ4作目。前作「ボーン・アルティメイタム」と同じ時間・世界が舞台となり、ジェイソン・ボーンが奮闘する闘いの裏側で、もう一つ別の事件が起こっていたという設定のスピンオフ作品。 ボーン・レガシー 映画批評・備忘録 ボーン・レガシー(原題:The Bourne Legacy)脚本:23点演技・演出:16点撮影・美術:16点編集:8点音響・音楽:7点合計70点 個人的に脚本がよくないと思っているボーンシリーズの脚本家トニー・ギルロイが監督した作品になります。シリーズの脚本家が監督なのでストーリーに矛盾が生じないのは当たり前と言えば当たり前で、...