スポンサーリンク

ボーン・アルティメイタム|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察

ボーン・アルティメイタム
この記事は約4分で読めます。

2007年公開のアメリカ合衆国の映画。CIAが生み出した究極のエージェント!ジェイソン・ボーン誕生の謎が明らかに!?記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンを主人公としたサスペンス・アクション映画『ボーン』シリーズの3作目である。原作はロバート・ラドラムの『最後の暗殺者』。題名のアルティメイタムとは最後通牒のこと。第80回アカデミー賞では、編集賞、録音賞、音響効果賞を受賞。

ボーン・アルティメイタム 映画批評・備忘録


ボーン・アルティメイタム(原題:The Bourne Ultimatum)

脚本:23点
演技・演出:15点
撮影・美術:17点
編集:10点
音響・音楽:10点
合計75点

結局のところ普通のアクション映画になるんだなと思えた3作目。やはり脚本に全く魅力がなく、アクションや編集、音響など技術的なセンスの高さが目を引く作品でした。敵役にそれなりの人が配役されるものの、賢くなく弱い。セガールの映画をマット・デイモンが演じているだけのようにも思えてしまう。原作から離れていき、映画の都合上の脚本でしかないので、何も考えず純粋にアクションだけを楽しんだ方が正解のような気がしました。


amazonプライム・ビデオ

ボーン・アルティメイタム あらすじ

アメリカ合衆国の秘密プロジェクトとして、CIAが主宰した人間兵器作成計画「トレッド・ストーン作戦」の第1号として世へ送り出されたジェイソン・ボーンは、ある任務をきっかけに記憶を喪失してしまい、図らずも所属元のCIAから追われる。ボーンは記憶を取り戻す旅を続けながら、CIAと戦い、現場責任者であったコンクリンを追い詰めて恫喝して去る。しかし総責任者のアボットはコンクリンを暗殺、全ての責任を彼へ被せ「トレッド・ストーン作戦」を中止した。そして新たなプランとして「ブラックブライアー作戦」を開始する。しかし、イギリスの新聞記者サイモン・ロスが闇に葬られたはずの「トレッドストーン作戦」の存在を嗅ぎつけ内容を世間に暴露しようとする。ボーンは新聞記事を見てロスへ接触したが、ロスはCIAのスナイパーに射殺されてしまう。ボーンがロスの死の直前に聞いたのは「トレッド・ストーン作戦」の発展版「ブラック・ブライヤー(黒い荊棘)作戦」が進行中という情報だった。ロスへ接触した為、存在をCIAに察知されてしまったボーンは、またしてもCIAに命を狙われながら、自分を追う者の正体と自分が誰であるかを捜し求めて、再び動き始める。

ボーン・アルティメイタム スタッフ

監督:ポール・グリーングラス
脚本:トニー・ギルロイ,スコット・Z・バーンズ,ジョージ・ノルフィ
原案:トニー・ギルロイ
原作:ロバート・ラドラム『最後の暗殺者』
製作:パトリック・クロウリー,フランク・マーシャル,ポール・L・サンドバーグ
製作総指揮:ダグ・リーマン,ジェフリー・M・ワイナー,ヘンリー・モリソン
音楽:ジョン・パウエル
撮影:オリヴァー・ウッド
編集:クリストファー・ラウズ
製作会社:ケネディ/マーシャル,ラドラム・エンターテインメント
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ,東宝東和

ボーン・アルティメイタム キャスト

ジェイソン・ボーン:マット・デイモン
ニッキー・パーソンズ:ジュリア・スタイルズ
パメラ・ランディ:ジョアン・アレン
ノア・ヴォーゼン:デヴィッド・ストラザーン
エズラ・クレイマーCIA長官:スコット・グレン
アルバート・ハーシュ博士:アルバート・フィニー
サイモン・ロス:パディ・コンシダイン
ニール・ダニエルズ:コリン・スティントン
ウィリス(ヴォーゼンの部下):コーリイ・ジョンソン
トム・クローニン(ランディの部下):トム・ギャロップ
バズ:エドガー・ラミレス
マーティン・クルーツ(マリーの兄):ダニエル・ブリュール
ワード・アボット(自白の録音音声):ブライアン・コックス

ボーン・アルティメイタム 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ボーン・映画シリーズ

ボーン・アイデンティティー|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
ボーン・アイデンティティーは、2002年公開のアメリカ合衆国の映画。ヨーロッパを縦断して繰り広げられる壮絶なチェイス!記憶を失った男ジェイソン・ボーンを巡るサスペンス・アクション映画。原作はロバート・ラドラムのベストセラーのスパイスリラー小説『暗殺者』(The Bourne Identity)。『ボーン』シリーズの第一作で、続編は『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』、『ボーン・レガシー』、『ジェイソン・ボーン』。 ボーン・アイデンティティー 映画批評・備忘録 ボーン・アイデンティティー(原題:The Bourne Identity)脚本:32点演技・演出:18点撮影・...
ボーン・スプレマシー|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
2004年公開のアメリカ合衆国の映画。最強のエージェント=ジェイソン・ボーン 失われた記憶を求め、新たな戦いが始まる!『ボーン・アイデンティティー』の続編。ロバート・ラドラムのベストセラーとなったスパイ・スリラー小説『殺戮のオデッセイ』の映画化。続編は『ボーン・アルティメイタム』。 ボーン・スプレマシー 映画批評・備忘録 ボーン・スプレマシー(原題:The Bourne Supremacy)脚本:22点演技・演出:17点撮影・美術:17点編集:7点音響・音楽:7点合計70点 ファンに怒られそうだけど、正直、ボーンシリーズの特別な面白さがあまり分からない。確かにアクション映画としては秀...
ボーン・アルティメイタム|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
2007年公開のアメリカ合衆国の映画。CIAが生み出した究極のエージェント!ジェイソン・ボーン誕生の謎が明らかに!?記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンを主人公としたサスペンス・アクション映画『ボーン』シリーズの3作目である。原作はロバート・ラドラムの『最後の暗殺者』。題名のアルティメイタムとは最後通牒のこと。第80回アカデミー賞では、編集賞、録音賞、音響効果賞を受賞。 ボーン・アルティメイタム 映画批評・備忘録 ボーン・アルティメイタム(原題:The Bourne Ultimatum)脚本:23点演技・演出:15点撮影・美術:17点編集:10点音響・音楽:10点合計75点 結局のと...
ボーン・レガシー|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
2012年公開のアメリカ合衆国の映画。ボーンシリーズ4作目。前作「ボーン・アルティメイタム」と同じ時間・世界が舞台となり、ジェイソン・ボーンが奮闘する闘いの裏側で、もう一つ別の事件が起こっていたという設定のスピンオフ作品。 ボーン・レガシー 映画批評・備忘録 ボーン・レガシー(原題:The Bourne Legacy)脚本:23点演技・演出:16点撮影・美術:16点編集:8点音響・音楽:7点合計70点 個人的に脚本がよくないと思っているボーンシリーズの脚本家トニー・ギルロイが監督した作品になります。シリーズの脚本家が監督なのでストーリーに矛盾が生じないのは当たり前と言えば当たり前で、...