スポンサーリンク

デッド・ノート|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

デッド・ノート/デス・ノート
この記事は約6分で読めます。

2014年公開のイギリス・アイルランド合作映画。公開時の邦題はデス・ノートだが現在の邦題はデッド・ノートである。新人女性警官が赴任してきた警察署で起こる一夜の惨劇を描く。

デッド・ノート 映画批評・備忘録


デッド・ノート/デス・ノート(原題:Let Us Prey)

脚本:23点
演技・演出:14点
撮影・美術:15点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計66点

ゲームオブスローンズのダヴォス役の印象が強いリアム・カニンガムが謎の男を演じ、どことなくジャン・レノに似た雰囲気を感じます。

また主演のポリアナ・マッキントッシュは、ウォーキングデッドのゴミ山のリーダージェイディス役で怪演を見せていましたが、どちらもこういう映画に出るんだなと、ちょっと驚きました。

オカルトホラーではあるんですが、背筋がゾクゾク凍る空気もなく、心理的に来るような映像でもありません。狂気じみた映像でガンガン押してくるバイオレンスとスプラッター映画だと思いました。

原題Let Us Preyの意味は「祈りをささげる」後半の謎が解明すると、謎の男の正体と絡めてそういうことかと理解できます。


amazonプライム・ビデオ

デッド・ノート あらすじ(ネタバレ)

謎の男がスコットランドの小さな町に到着し、PCレイチェルヘギーはパトロールに出かける前に子供として虐待されたことについての悪夢から目覚めます。パトロール中、ヘギーはフランシス「シーザー」サージソンの車が謎の男を襲うのを目撃します。彼は姿を消し、ヘギーはシーザーを逮捕します。警察署で、彼女はシーザーを無謀運転で起訴したジム・マクレディ軍曹に迎えられました。ヘギーはPCのジェニファー・マンディとジャック・ワーノックを無線で被害者を見つけ、シーザーを独房に連れて行き、そこで彼は教師のラルフ・ベスウィックと合流し、妻を殴打したとして逮捕された。 マンディとワーノックは、シーザーが殴った男を見つけて、彼を駅に連れて行き、無言で、引っかき傷で覆われ、名前のリストが書かれたノートだけを持っていた。ヘギーはダンカン・ヒューム博士に電話して彼を診察しますが、診察時にヒュームはフラッシュバックを経験し、ヒュームが何をしたかを知っていると思われるために患者を殺そうとします。ヒュームは独房に入れられ、未知の男は20年以上前に亡くなった老人の指紋を持っていると特定されます。彼は旧約聖書にいくつかの言及をしていますMacreadyの前の正義もフラッシュバックに苦しみ、怒ってHeggieとMundieに彼をセル6に配置させます(このため、映画の中で他のキャラクターによってそのように言及されることはありませんが、キャラクターはエンドクレジットで「6」と呼ばれます)。マンディーは、ワーノックで囚人を殴打したことへのフラッシュバックを持っています。 デッド・ノート/デス・ノート マックレディはマンディとワーノックにヒュームの家に行って妻を探してから、マックレディは自分の家に車で行きます。Heggieは、Sixのノートにある名前を調べて、それらがすべて死亡した犯罪者であることを発見しました。細胞の中で、超自然的な姿を見せているシックス権力、彼が彼の妻を殴る本当の理由についてベズウィックにクイズ。ベズウィックの答えに不満を持っていたシックスは、彼に自殺未遂を促します。シーザーはヘギーに警告し、ヘギーはヒュームがベズウィックを調べることを許可します。ベズウィックはシックスが誰であるかを知っていると主張した後に死にます。他の場所では、マンディとワーノックがヒュームの家に入り、彼が家族を殺害したことに気づきました。Macreadyは、警察署でいくつかの行方不明のポスターによって示されているように、若い男性を誘惑して殺害する連続殺人犯であることが明らかにされています。彼は、酔っぱらった怒りで殴り殺されたポスターに示されている男性の一人の遺体と一緒に、解体された遺体を急いで冷蔵庫に捨てました。

ヒュームはヘギーがベズウィックを二階に運ぶのを手伝うが、彼女が彼の家族について知ると彼は彼女を攻撃する。彼を拘束した後、彼女は彼を彼の独房に戻します。シックスは彼がヘギーの子供時代の虐待について知っていることを明らかにし、彼女が去るとき、彼が若い女の子に出くわして彼女を死なせた夜の早い時間から二度目のひき逃げ事故を告白した場合、彼はシーザーの償還を申し出る。マンディとワーノックは戻ってヒュームを尋問に引きずり込み、シーザーの告白の試みを無視した。ヒュームがニヒリズムから家族を殺すことについてマンディに告白するとき彼のキャリアと不死の秘密を解き明かしたいという願望に退屈しているワーノックは、シックスと話し、彼とマンディが殴った男の自殺をステージングするためのフラッシュバックを持っています。激怒したワーノックは尋問に駆けつけ、ヘギーとマンディーの前でヒュームを残酷に殺します。ヘギーは沈黙を守ると脅されています。

シーザーはヘギーに少女を殴ったことを告白するが、シックスは、少女が2分前に亡くなり、シーザーが道路の隣に彼女を残したため、償還するには遅すぎると述べた。ヘギーはまたフラッシュバックを持っており、シックスが彼女の子供時代の虐待者の気をそらし、彼女の時間を逃れることができたことを覚えています。シックスは彼女のマンディーとワーノックが彼女を殺す計画をしていることを知らせます。ヘギーはマンディーとワーノックと戦います。マンディーとワーノックは首を絞めることにほぼ成功しましたが、有刺鉄線に包まれ、ショットガンを振り回し、聖書の詩を引用して、マックレディが突然戻ってくるまで、今は正気ではありません。彼はワーノックを撃ち殺し、ヘギーとマンディーの両方が独房でバリケードをしているときに負傷した。Macreadyが火に建物を設定している間、六は、彼への参照を作る正体」と引数を失う、古くからの友人「人間の罪について、そしてヘギーのような追放者であることについて。彼は彼女を助けることを申し出ますが、彼女が彼に頼んだ場合に限ります。彼女は拒否します。

逃げる間、マンディは壊れた窓で喉を滑らせて切り、マックレディがライフルの尻で壊れたガラスに喉をさらに押し付けて殺され、マックレディはさらにヘギーを傷つけた後、顔を傷つけた後、銃でシーザーを殺した。ヘギーはマックレディの燃料缶を彼に投げつけたが、彼はそれを誤って撃った。爆発で致命傷を負った彼は、最後の聖書の一節を引用しています。ヘギーは「アーメン」と反応し、破城槌で顔を押しつぶして殺します。ヘギーは警察署を脱出し、シックスは彼のノートを持って燃えずに現れ、彼はその中にみんなの名前が入っていることを明らかにした。彼はヘギー以外のすべての名前を消し去り、他の人たちを彼らのさまざまな罪のために地獄に非難します:結婚したワーノックはマンディー、ベズウィックは偽善者、マックレディは変態、ヒュームは「臆病で悪質」であり、車で少女を殴ったことと、弱すぎて告白できないことの両方のシーザー。シックスは彼がヘギーに恋をしていることを明らかにし、有罪の復讐を求めるために彼の側に彼女に場所を提供します。彼女は同意し、彼らはキスします。

デッド・ノート スタッフ

監督:ブライアン・オマリー
製作:ブレンダン・マッカーシー,ジョン・マクドネル,エディー・ディック
脚本:フィオナ・ワトソン,デビッド・ケアンズ
音楽:スティーブ・リンチ
撮影:ピアーズ・マッグレイル
編集:トニー・カーンズ
配給:カレイドスコープエンターテインメント

デッド・ノート デッド・ノート キャスト

リアム・カニンガム
ポリアナ・マッキントッシュ
ブライアン・ラーキン
ハンナ・スタンブリッジ
ダグラス・ラッセル
ニール・グレイグ・フルトン

デッド・ノート 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ