スポンサーリンク

トレマーズ3|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

トレマーズ3
この記事は約5分で読めます。

2001年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。アルゼンチンでの怪物退治を終え、アリゾナの故郷パーフェクションに戻ったグラボイス専門のハンターたち。観光地と化した田舎町に再びグラボイスが出現した。しかも今度のモンスターは空を飛べるのだった。

トレマーズ3 映画批評・備忘録


トレマーズ3(原題:Tremors 3: Back to Perfection)

脚本:29点
演技・演出:15点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計74点

シリーズ屈指の面白さで、ラストまで飽きさせない演出が満載です。今作から主人公が個性派キャラのバート・ガンマーになります。バートを演じるマイケル・グロスは、アメリカの人気ホームコメディドラマのファミリー・タイズ(マイケル・J・フォックス主演)で優しいパパを演じていましたが、イメチェンを図ったのが『トレマーズ』でした。そして主役を凌ぐ人気キャラクターとなり、3作目にして主役になりました。

今作品はU-NEXT で見ました。

トレマーズ3 あらすじ(ネタバレ)

第1作から11年後。バート・ガンマーはアルゼンチン政府から依頼されたシュリーカー狩りを終え、パーフェクションに帰ってくる。パーフェクションではグラボイドを利用して観光客を集める一方で、成長したメルビンが土地を買い占めて町を再開発しようとしていた。新しく町に住み着いたジャックは相棒ビュフォードと共にやらせのグラボイド体験ツアーを営んでいたが、本物のグラボイドが現れビュフォードと観光客が殺されてしまう。自前の警戒網でグラボイドが3体出現したことを察知したバートは再びグラボイド狩りを始めようとするが、ナンシーの通報で駆け付けた内務省のスタトラー捜査官たちに阻止されてしまう。スタトラーたちはグラボイドを「絶滅危惧種」として捕獲しようとするが発見することができず、ジャックの提案で「1体のみ捕獲し、残りは駆除してもよい」という条件でバートの協力を得る。バートはジャックを連れてグラボイドを誘い出すが、油断してグラボイドに食べられてしまう。バートは自宅にグラボイドを誘導するようにジャックに伝え、誘い出されたグラボイドはバート邸の地面に埋め込まれたコンクリート壁に激突して死亡し、バートは体内から助け出される。

バートとジャックはジョディ、ミゲルと共に残り2体を探すが、そこに重傷を負った内務省チームのメルリス博士が現れ、グラボイドがシュリーカーに変態し、捜査官たちは皆殺しにされたことを告げ息絶える。4人はシュリーカーのいる場所に向かおうとするが、そこに突然変異体のエル・ブランコが現れる。車を囮にエル・ブランコを引き離した4人はシュリーカーの元に向かうが、そこにはシュリーカーの抜け殻があるだけだった。シュリーカーは飛行可能なアスブラスターに変態し、ミゲルが殺される。アスブラスターが熱感知能力を身に付けたことを知ったバートは、町に残っているナンシーとミンディに連絡を取るが、2人はアスブラスターに襲われる。一方、3人は武器を調達するためバートの家に向かうが再びアスブラスターに襲われ、バートは爆薬を使い自宅ごとアスブラスターを爆殺する。そこにナンシーから「アスブラスターを捕獲した」と連絡が入り、満腹になったアスブラスターは睡眠状態に陥ることが判明する。しかし、バートが大量に所持していたMREは自宅ごと吹き飛んでしまっていた。

3人は廃棄物の溜まり場に逃げ込み、アスブラスターを倒すために廃品を利用してポテト銃を作り出し、アスブラスターを全滅させる。しかし、突然現れたエル・ブランコに襲われたバートは動けなくなり、さらに生き延びていたアスブラスターに発見される。エル・ブランコがバートの超音波腕時計に反応していることを知ったジャックは腕時計をアスブラスターに投げつけ、アスブラスターはエル・ブランコに食べられ、3人は生還する。騒動の終結後、ナンシーは捕獲したアスブラスターを高値で売却してミンディの学費を手に入れ、ジャックはジョディと親密になる。メルビンはバートの元を訪れ土地の売却を迫るが、バートは絶滅危惧種のエル・ブランコがいるパーフェクションは保護区に指定されることを告げる。そこにエル・ブランコが現れ、バートはメルビンを置き去りにして町に帰っていく。

トレマーズ3 スタッフ

監督:ブレント・マドック
脚本:ジョン・フェルプレイ,S・S・ウィルソン
製作:S・S・ウィルソン,ナンシー・ロバーツ
音楽:ケヴィン・カイナー
撮影:ヴァージル・L・ハーパー
製作会社:ユニバーサル・ピクチャーズ,スタンピード・エンターテインメント
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ・ホームエンターテイメント

トレマーズ3 キャスト

バート・ガンマー:マイケル・グロス
ジャック・ソーヤー:ショーン・クリスチャン
ジョディ・チャン:スーザン・チャン
ナンシー・スタングッド:シャーロット・スチュワート
ミンディ・スタングッド:アリアナ・リチャーズ
ミゲル:トニー・ジェナロ
アンドリュー・メルリス博士:バリー・リビングストン
チャーリー・ラスク捜査官:ジョン・パパス
メルビン・プラグ:ロバート・ジェーン
ビュフォード:ビリー・リーク
フランク・スタトラー捜査官:トム・エヴェレット

トレマーズ3 予告編・無料動画


トレマーズ シリーズ

トレマーズ|正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。
トレマーズは、1990年公開のアメリカ合衆国の映画。正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
トレマーズ2|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1996年販売のアメリカ合衆国のビデオ映画。1990年に公開されたモンスター・ウェスタン・ムービー『トレマーズ』の続編。前作では地中を這い回るだけだったグラボイズだが、地上でも動き回れる新種が出現。より凶悪になって人間に襲いかかる。 トレマーズ2 映画批評・備忘録 トレマーズ2(原題:Tremors 2: Aftershocks)脚本:26点演技・演出:15点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:6点合計68点 前作ほど予算もないビデオ映画ですが、アイデアを捻って進化要素を加えた結果、シリーズ化されカルト人気を誇る立派なものになっていきます。面白いのが、進化したのに弱くなるところで...
トレマーズ3|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2001年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。アルゼンチンでの怪物退治を終え、アリゾナの故郷パーフェクションに戻ったグラボイス専門のハンターたち。観光地と化した田舎町に再びグラボイスが出現した。しかも今度のモンスターは空を飛べるのだった。 トレマーズ3 映画批評・備忘録 トレマーズ3(原題:Tremors 3: Back to Perfection)脚本:29点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:7点合計74点 シリーズ屈指の面白さで、ラストまで飽きさせない演出が満載です。今作から主人公が個性派キャラのバート・ガンマーになります。バートを演じるマイ...
トレマーズ4|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2004年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。第1作『トレマーズ』の100年前を描いた前日譚である。1889年のネバダ州。地中をうごめくモンスター“グラボイズ”専門のハンターであるバート・ガンマーの曽祖父、ラム・ガンマーの鉱山では、炭鉱夫が謎の死を遂げる事件が頻発していた。 トレマーズ4 映画批評・備忘録 トレマーズ4(原題:Tremors 4: The Legend Begins)脚本:15点演技・演出:12点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:6点合計53点 トレマーズのサーガ作品になるのですが、トレマーズファンでなければ、視聴もつらい感じがする間の悪い(退屈)...
トレマーズ ブラッドライン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2015年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。テレビシリーズ『トレマーズ・ザ・シリーズ』の続編。「トレマーズ」シリーズの10年ぶりとなる第5弾。グラボイズを追い続けるバート・ガマーの下に、グラボイズが南アフリカで住民たちを襲っているという情報がもたらされる。バートは新たな相棒、トラヴィス・ウェルカーと共にアフリカに飛ぶ。 トレマーズ ブラッドライン 映画批評・備忘録 トレマーズ ブラッドライン(原題:Tremors 5: Bloodlines)脚本:20点演技・演出:14点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:7点合計62点 前作よりは工夫されて面白くなっていますが、...
トレマーズ コールドヘル|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2018年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。カナダを舞台に、地中、そして空から襲い来るモンスターとの死闘が繰り広げられる。 トレマーズ コールドヘル 映画批評・備忘録 トレマーズ コールドヘル(原題:Tremors: A Cold Day in Hell)脚本:20点演技・演出:14点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:6点合計62点 シャークネードシリーズみたいなノリになってきたトレマーズシリーズなんですが、もはやこのシリーズが好きな人しか見てないだろうと思えるマンネリ具合です。いやそれがいい。マイケル・グロスが老体にむち打ち演技で魅せてくれます。もはや彼が演じ...
トレマーズ 地獄島|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2020年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。人気モンスターパニックアクションシリーズ第7弾。遺伝子操作されたモンスターが島に持ち込まれる。だが、最強のグラボイドハンター・バートはやる気を失い引退していた。 トレマーズ 地獄島 映画批評・備忘録 トレマーズ 地獄島(原題:Tremors: Shrieker Island)脚本:21点演技・演出:14点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:6点合計61点 トレマーズのタイトルよりも、バート・ガンマーの生きざまを見守る作風が濃くなってきてついに7作目。バートを演じるマイケル・グロスの演技とグラボイドのバリエーションで生き残...