スポンサーリンク

トレマーズ|正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。

トレマーズ
この記事は約5分で読めます。

トレマーズは、1990年公開のアメリカ合衆国の映画。正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。『トレマーズシリーズ』の第1作目であり、これ以降続編としてオリジナルビデオやテレビシリーズが製作された。興行収入は控えめなものだったが、ビデオ販売やテレビ放送、インターネット配信などで好成績を記録した。そのため、本作は長年にわたりカルト映画として人気を集めている。

トレマーズ 映画批評・評価・考察


トレマーズ(原題:Tremors)

脚本:30点
演技・演出:15点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計75点

公開当時は、陸のジョーズと言われていた今作ですが、現在はシリーズ化されカルト人気の映画に育ちました。登場人物の個性が強く、後のシリーズ化の大きな役割となります。特にマイケル・グロスが演じたバート・ガンマーは、今作では脇役ですが、最終的に主人公に出世するキャラクターです。演じたマイケル・グロスはファミリー・タイズ(マイケル・J・フォックス主演ドラマ)の優しいお父さん役のイメージが強かったのですが、今作で全く逆のイメージのキャラクターを演じて、今やガンマーのイメージが強い俳優になりました。本人もイメチェンを図ってこの役を受けたようなので、俳優としては大成功だと思えます。ケヴィン・ベーコンは、ドラマ化の話が出た時、復帰しパイロット版まで出演したようですが、幻になってしまったようです。

amazonプライム・ビデオ

トレマーズ あらすじ(ネタバレ)

ネバダ州の田舎町パーフェクションで便利屋を営むバルとアールは貧乏生活に疲れ果て、隣町ビクスビーに移住しようと考える。ビクスビーに向かう途中、2人は鉄塔の上で死んでいる町民エドガーを発見する。遺体を町に運んだ2人は再びビクスビーに向かうが、今度はフレッド老人の遺体と彼の羊たちの食い殺された死体を発見する。町民たちに危険を知らせた2人はビクスビーに助けを求めに向かうが、ビクスビーへの一本道は土砂崩れで塞がっていた。町に戻った2人は車のタイヤに蛇のような怪物(グラボイド)の触手が絡みついているのを発見する。一連の事件の原因が怪物だと察知した町民たちは助けを呼ぼうと考え、2人はウォルターから馬を借りて町の外れに住むウォーラス夫妻を迎えに行くが、すでに夫妻はグラボイドに殺されていた。

2人はビクスビーに向かうが、途中でグラボイドに襲われる。馬を失った2人は逃げ回り、グラボイドは用水路のコンクリートに激突して死亡する。喜ぶ2人は地震の調査を行っている大学院生ロンダに出くわし、地震の正体がグラボイドだったことを知り、さらに彼女の調査記録からグラボイドが他に3体いることが判明する。3人は町に戻ろうとするがグラボイドに襲われ、岩の上に避難して一夜を過ごす。3人はロンダの車に乗り込みグラボイドを振り切り町に戻るが、町にグラボイドが現れウォルターが殺される。町民たちは屋根の上に避難するが、事情を知らないバート夫妻が襲われる。しかし、偏執的なプレッパーでガンマニアの夫妻は要塞化した自宅に保管していた大量の銃を使用してグラボイドを倒すことに成功する。

残り2体のグラボイドが家屋を破壊し始め、ネスターが殺される。車のタイヤをパンクさせられ窮地に陥った町民たちは、ブルドーザーを使用して脱出を図る。町民たちは山に向かうが、グラボイドが仕掛けた落とし穴にはまりブルドーザーが使用できなくなってしまい、近くの岩の上に避難する。バルとアールはバートの手製爆弾をおとりに使ってグラボイドに飲み込ませ、体内で爆破させ1体を仕留めることに成功する。しかし、最後の1体は同じ方法で倒すことはできず、飲み込んだ爆弾を吐き返して来たので失敗。更に吐き出した爆弾が予備の手製爆弾の上に落ち、多くの爆弾が使用不可能となる。相手が手強いことを察したバルは決死の特攻を開始。それに続くアール、ロンダもグラボイドに襲われるが、バルは残った手製爆弾でグラボイドを崖に誘い込む。しかしこれは「目が見えない」という相手の弱点を突いたバルの作戦。地中を突進して来たグラボイドを直前で避け、グラボイドは崖下に転落し最期を迎えた。町民たちは危機の去ったパーフェクションに戻り、バルはロンダとキスを交わす。

トレマーズ スタッフ

監督:ロン・アンダーウッド
脚本:ブレント・マドック,S・S・ウィルソン
原案:ブレント・マドック,S・S・ウィルソン,ロン・アンダーウッド
製作:ブレント・マドック,S・S・ウィルソン
製作総指揮:ゲイル・アン・ハード
音楽:アーネスト・トロースト,ロバート・フォーク(ノンクレジット)
撮影:アレクサンダー・グルツィンスキー
編集:O・ニコラス・ブラウン
製作会社:スタンピード・エンターテインメント
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ

トレマーズ キャスト

バレンタイン・”バル”・マッキー:ケヴィン・ベーコン
アール・バセット:フレッド・ウォード
ロンダ・レベック:フィン・カーター
バート・ガンマー:マイケル・グロス
ヘザー・ガンマー:リーバ・マッキンタイア
メルビン・プラグ:ロバート・ジェーン
ミンディ・スタングッド:アリアナ・リチャーズ
ウォルター・チャン:ヴィクター・ウォン
ナンシー・スタングッド:シャーロット・スチュワート
ミーガン・ウォーラス:ビビ・ベッシュ
ミゲル:トニー・ジェナロ
ネスター・カニンガム:リチャード・マーカス
グラボイドの鳴き声:フランク・ウェルカー

トレマーズ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

トレマーズ シリーズ

トレマーズ|正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。
トレマーズは、1990年公開のアメリカ合衆国の映画。正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
トレマーズ2|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1996年販売のアメリカ合衆国のビデオ映画。1990年に公開されたモンスター・ウェスタン・ムービー『トレマーズ』の続編。前作では地中を這い回るだけだったグラボイズだが、地上でも動き回れる新種が出現。より凶悪になって人間に襲いかかる。 トレマーズ2 映画批評・備忘録 トレマーズ2(原題:Tremors 2: Aftershocks)脚本:26点演技・演出:15点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:6点合計68点 前作ほど予算もないビデオ映画ですが、アイデアを捻って進化要素を加えた結果、シリーズ化されカルト人気を誇る立派なものになっていきます。面白いのが、進化したのに弱くなるところで...
トレマーズ3|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2001年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。アルゼンチンでの怪物退治を終え、アリゾナの故郷パーフェクションに戻ったグラボイス専門のハンターたち。観光地と化した田舎町に再びグラボイスが出現した。しかも今度のモンスターは空を飛べるのだった。 トレマーズ3 映画批評・備忘録 トレマーズ3(原題:Tremors 3: Back to Perfection)脚本:29点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:7点合計74点 シリーズ屈指の面白さで、ラストまで飽きさせない演出が満載です。今作から主人公が個性派キャラのバート・ガンマーになります。バートを演じるマイ...
トレマーズ4|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2004年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。第1作『トレマーズ』の100年前を描いた前日譚である。1889年のネバダ州。地中をうごめくモンスター“グラボイズ”専門のハンターであるバート・ガンマーの曽祖父、ラム・ガンマーの鉱山では、炭鉱夫が謎の死を遂げる事件が頻発していた。 トレマーズ4 映画批評・備忘録 トレマーズ4(原題:Tremors 4: The Legend Begins)脚本:15点演技・演出:12点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:6点合計53点 トレマーズのサーガ作品になるのですが、トレマーズファンでなければ、視聴もつらい感じがする間の悪い(退屈)...
トレマーズ ブラッドライン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2015年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。テレビシリーズ『トレマーズ・ザ・シリーズ』の続編。「トレマーズ」シリーズの10年ぶりとなる第5弾。グラボイズを追い続けるバート・ガマーの下に、グラボイズが南アフリカで住民たちを襲っているという情報がもたらされる。バートは新たな相棒、トラヴィス・ウェルカーと共にアフリカに飛ぶ。 トレマーズ ブラッドライン 映画批評・備忘録 トレマーズ ブラッドライン(原題:Tremors 5: Bloodlines)脚本:20点演技・演出:14点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:7点合計62点 前作よりは工夫されて面白くなっていますが、...
トレマーズ コールドヘル|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2018年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。カナダを舞台に、地中、そして空から襲い来るモンスターとの死闘が繰り広げられる。 トレマーズ コールドヘル 映画批評・備忘録 トレマーズ コールドヘル(原題:Tremors: A Cold Day in Hell)脚本:20点演技・演出:14点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:6点合計62点 シャークネードシリーズみたいなノリになってきたトレマーズシリーズなんですが、もはやこのシリーズが好きな人しか見てないだろうと思えるマンネリ具合です。いやそれがいい。マイケル・グロスが老体にむち打ち演技で魅せてくれます。もはや彼が演じ...
トレマーズ 地獄島|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2020年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。人気モンスターパニックアクションシリーズ第7弾。遺伝子操作されたモンスターが島に持ち込まれる。だが、最強のグラボイドハンター・バートはやる気を失い引退していた。 トレマーズ 地獄島 映画批評・備忘録 トレマーズ 地獄島(原題:Tremors: Shrieker Island)脚本:21点演技・演出:14点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:6点合計61点 トレマーズのタイトルよりも、バート・ガンマーの生きざまを見守る作風が濃くなってきてついに7作目。バートを演じるマイケル・グロスの演技とグラボイドのバリエーションで生き残...