スポンサーリンク

トレマーズ4|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

トレマーズ4
この記事は約5分で読めます。

2004年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。第1作『トレマーズ』の100年前を描いた前日譚である。1889年のネバダ州。地中をうごめくモンスター“グラボイズ”専門のハンターであるバート・ガンマーの曽祖父、ラム・ガンマーの鉱山では、炭鉱夫が謎の死を遂げる事件が頻発していた。

トレマーズ4 映画批評・備忘録


トレマーズ4(原題:Tremors 4: The Legend Begins)

脚本:15点
演技・演出:12点
撮影・美術:13点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計53点

トレマーズのサーガ作品になるのですが、トレマーズファンでなければ、視聴もつらい感じがする間の悪い(退屈)編集になっています。低予算でも一定のクオリティを保っているのは良いのですが、演出がその分削られているので、これまでの作品に比べると退屈なシーンが多く見劣りします。バート・ガンマーの先祖ハイラム・ガンマーを演じるマイケル・グロスはこれまでの演技より芸達者なところを披露しているので、そこが見どころかと思います。


amazonプライム・ビデオ

今作品はU-NEXT で見ました。

トレマーズ4 あらすじ(ネタバレ)

1899年、ネバダ州の小さな町リジェクションは銀鉱山の採掘事業に携わる人々が落とすお金を唯一の収入源としていたが、銀鉱山で作業員が謎の生物に襲われて17人が死亡する事故が発生し、殆どの人々は町を立ち去ってしまう。そんな中、銀鉱山の所有者であるハイラム・ガンマーが駅馬車で町を訪れるが、彼は状況を把握しておらず護身用の銃すら持っていなかったので、残っていたクリスティーンたちに呆れられてしまう。次の日、ガンマーはフアンと共に残っていた作業員4人を連れて銀鉱山へ行き坑道内部を確認し、もうここは安全だと安易な判断を下す。日も暮れてきたので、その辺りでキャンプをはったその夜にグラボイドの幼体に襲われる。フアンは幼体1体を倒すが、彼とガンマー以外の作業員は全員殺されてしまい、ガンマーは凄腕のガンマンを雇ってグラボイドを退治しようと考える。

1か月後、ガンマン“黒手のケリー”が町を訪れる。ガンマーはケリーとフアンを連れて銀鉱山へ向かい、そこで銀鉱山から半年前に引いた温泉水によってグラボイドの卵4個が孵化したこと、フアンが1体倒したので残るグラボイドは3体であることを知る。3人はグラボイドを探す途中で壊れた馬車を発見し、幌の中で住民フレッドの死体を確認する。フレッドを弔った3人は、駅馬車が乗り入れる貨物駅で一夜を過ごすことにする。そこで成体に成長したグラボイドに襲われる。ガンマーとフアンは駆け付けたクリスティーンに助け出されるが、ケリーはグラボイドに殺されてしまう。ガンマーはグラボイドを倒すことは諦めてしまい、クリスティーンたちが引き留めるのを振り切り町を逃げ出してしまう。彼はそのまま故郷のフィラデルフィアへ帰ろうとするが、救援を求める住民たちの電信を聞き、武器を手に入れて町に戻ってくる。

ガンマーたちは町にグラボイドを誘き寄せて迎え撃ち、グラボイド2体を倒すことに成功する。しかし、彼らのやり方を学習した残り1体のグラボイドが逆襲を始めチャンの店が破壊され、クリスティーンとルー、フゥも襲われる。ガンマーは蒸気トラックのホイールとグラボイドを結び付け、巻き付けられたグラボイドは蒸気トラックに激突して死亡する。ガンマーは銀行の融資を得て銀鉱山を再開し、町を訪れる人々が減らないようにグラボイドの存在は秘密にすることをクリスティーンたちと約束する。ガンマーは町へ移住することに決め、町の名前も「リジェクション(拒絶)」から「パーフェクション(完璧)」に改名される。

トレマーズ4 スタッフ

監督:S・S・ウィルソン
脚本:スコット・バック
原案:ブレント・マドック,S・S・ウィルソン,ナンシー・ロバーツ
原作:キャラクター創造 S・S・ウィルソン,ブレント・マドック,ロン・アンダーウッド
製作:ナンシー・ロバーツ
製作総指揮:ブレント・マドック,S・S・ウィルソン
音楽:ケヴィン・カイナー
撮影:ヴァージル・L・ハーパー
編集:ハリー・B・ミラー3世
製作会社:ユニバーサル・ピクチャーズ,スタンピード・エンターテインメント
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ・ホームエンターテイメント

トレマーズ4 キャスト

ハイラム・ガンマー:マイケル・グロス
クリスティーン・ロード:サラ・ボッツフォード
黒手のケリー:ビリー・ドラゴ
フアン・パディラ:ブレント・ローム
テコパ:オーガスト・シェレンバーグ
フレッド:J・E・フリーマン
ピヨン・チャン:ロウ・ミン
ルー・チャン:リディア・ルック
フゥ・チャン:サム・レー
ヴィクトール:ニール・コピット
ブリック・ウォルターズ:マシュー・セス・ウィルソン
ビッグホース・ジョンソン:ジョン・ディクソン
ストーニー・ウォルターズ:ダン・レミュー
ソギー:ドン・ラフィン

トレマーズ4 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

トレマーズ シリーズ

トレマーズ|正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。
トレマーズは、1990年公開のアメリカ合衆国の映画。正体不明の地底生物(グラボイド)の恐怖に立ち向かう町の人々の活躍を描くアクション映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
トレマーズ2|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1996年販売のアメリカ合衆国のビデオ映画。1990年に公開されたモンスター・ウェスタン・ムービー『トレマーズ』の続編。前作では地中を這い回るだけだったグラボイズだが、地上でも動き回れる新種が出現。より凶悪になって人間に襲いかかる。 トレマーズ2 映画批評・備忘録 トレマーズ2(原題:Tremors 2: Aftershocks)脚本:26点演技・演出:15点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:6点合計68点 前作ほど予算もないビデオ映画ですが、アイデアを捻って進化要素を加えた結果、シリーズ化されカルト人気を誇る立派なものになっていきます。面白いのが、進化したのに弱くなるところで...
トレマーズ3|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2001年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。アルゼンチンでの怪物退治を終え、アリゾナの故郷パーフェクションに戻ったグラボイス専門のハンターたち。観光地と化した田舎町に再びグラボイスが出現した。しかも今度のモンスターは空を飛べるのだった。 トレマーズ3 映画批評・備忘録 トレマーズ3(原題:Tremors 3: Back to Perfection)脚本:29点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:7点合計74点 シリーズ屈指の面白さで、ラストまで飽きさせない演出が満載です。今作から主人公が個性派キャラのバート・ガンマーになります。バートを演じるマイ...
トレマーズ4|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2004年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。第1作『トレマーズ』の100年前を描いた前日譚である。1889年のネバダ州。地中をうごめくモンスター“グラボイズ”専門のハンターであるバート・ガンマーの曽祖父、ラム・ガンマーの鉱山では、炭鉱夫が謎の死を遂げる事件が頻発していた。 トレマーズ4 映画批評・備忘録 トレマーズ4(原題:Tremors 4: The Legend Begins)脚本:15点演技・演出:12点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:6点合計53点 トレマーズのサーガ作品になるのですが、トレマーズファンでなければ、視聴もつらい感じがする間の悪い(退屈)...
トレマーズ ブラッドライン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2015年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。テレビシリーズ『トレマーズ・ザ・シリーズ』の続編。「トレマーズ」シリーズの10年ぶりとなる第5弾。グラボイズを追い続けるバート・ガマーの下に、グラボイズが南アフリカで住民たちを襲っているという情報がもたらされる。バートは新たな相棒、トラヴィス・ウェルカーと共にアフリカに飛ぶ。 トレマーズ ブラッドライン 映画批評・備忘録 トレマーズ ブラッドライン(原題:Tremors 5: Bloodlines)脚本:20点演技・演出:14点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:7点合計62点 前作よりは工夫されて面白くなっていますが、...
トレマーズ コールドヘル|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2018年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。カナダを舞台に、地中、そして空から襲い来るモンスターとの死闘が繰り広げられる。 トレマーズ コールドヘル 映画批評・備忘録 トレマーズ コールドヘル(原題:Tremors: A Cold Day in Hell)脚本:20点演技・演出:14点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:6点合計62点 シャークネードシリーズみたいなノリになってきたトレマーズシリーズなんですが、もはやこのシリーズが好きな人しか見てないだろうと思えるマンネリ具合です。いやそれがいい。マイケル・グロスが老体にむち打ち演技で魅せてくれます。もはや彼が演じ...
トレマーズ 地獄島|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2020年に発売されたアメリカ合衆国のオリジナルビデオ映画。人気モンスターパニックアクションシリーズ第7弾。遺伝子操作されたモンスターが島に持ち込まれる。だが、最強のグラボイドハンター・バートはやる気を失い引退していた。 トレマーズ 地獄島 映画批評・備忘録 トレマーズ 地獄島(原題:Tremors: Shrieker Island)脚本:21点演技・演出:14点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:6点合計61点 トレマーズのタイトルよりも、バート・ガンマーの生きざまを見守る作風が濃くなってきてついに7作目。バートを演じるマイケル・グロスの演技とグラボイドのバリエーションで生き残...