スポンサーリンク

Mr.タスク|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

Mr.タスク
この記事は約3分で読めます。

2014年公開のアメリカ合衆国の映画。豪華キャスト陣で送りだす、前代未聞の“セイウチ・ホラー・エンターテインメント”!!人間とセイウチの融合をもくろむ老人の狂気により、セイウチへと変えられてしまう男の運命を描いたホラー・コメディ。

Mr.タスク 映画批評・備忘録


Mr.タスク(原題: Tusk)

脚本:25点
演技・演出:14点
撮影・美術:15点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計67点

かつて子役俳優として大人気だったジャスティン・ロングとハーレイ・ジョエル・オスメントが悪ふざけが過ぎる演技で魅せるセイウチ・エンターテイメントホラーです。この二人に便乗して、ジョニー・デップもノンクレジットで出演しています。特殊メイクキャップで全く別人になっていますが、カメオ出演ではなくメインキャラで出演しています。ジョニーの娘リリー=ローズ・デップは、今作ではちょい役コンビニ店員ですが、続編では監督の娘と共に主演になります。さすがなのはジャスティンもハーレイも芸歴はベテラン級なので演技上手でおしゃべり上手です。好き嫌いがはっきり分かれる内容なので、グロが得意で下ネタやブラックユーモアに対して寛容になれる人なら楽しめると思います。


amazonプライム・ビデオ

Mr.タスク あらすじ

友人とポッドキャストを運営するウォレスは、『キル・ビル』を真似て片足を失った少年を取材するためにカナダを訪れるが、少年はすでに自殺しており取材は空振りに終わる。落胆するウォレスだったが、過去に遭遇した奇妙な体験を語ってくれる元船乗りの老人がいることを知った彼は、その老人に会うため人里離れた屋敷へと足を運ぶのだった。

車椅子に乗ったその老人はハワードと名乗り、ウォレスは手厚く迎えられ、彼が遭遇した過去の航海での体験談を聞かされる。何十年も昔、航海中に船が氷山にぶつかったことで難破してしまったハワードだったが、彼はなんとセイウチによって命を助けられたというのだ。ウォレスはこの話を聞きながらハワードが淹れた紅茶を飲むが、それには睡眠薬が入っており、彼はたちまち意識を失ってしまうのだった。

目を覚ましたウォレスは車椅子に縛りつけられ、そして片足は切断されていた。驚いたウォレスはハワードを激しく責め立てるが、ハワードは車椅子から立ち上がってウォレスを殴りつけ、そして彼をセイウチに変えるために手術を行うという恐ろしい計画を話し始めるのだった。

Mr.タスク スタッフ

監督:ケヴィン・スミス
脚本:ケヴィン・スミス
製作:シャノン・マッキントッシュ,サム・イングルバート,ウィリアム・D・ジョンソン,デヴィッド・S・グレートハウス
製作総指揮:ジェニファー・シュウォールバック
音楽:クリストファー・ドレイク
撮影:ジェームズ・R・ラクストン
編集:ケヴィン・スミス

Mr.タスク キャスト

ジャスティン・ロング
ハーレイ・ジョエル・オスメント
ジェネシス・ロドリゲス
マイケル・パークス
リリー=ローズ・デップ
ハーレイ・クイン・スミス
ジェニファー・シュウォールバック
ハーレイ・モレンスタイン
ラルフ・ガーマン
ダグ・バンクス
ザック・ナットソン(クレジットなし)
ビル・ベネット
マット・シヴリー
ロブ・ケーベル
アシュリー・グリーン
ジョニー・デップ(クレジットなし)

Mr.タスク 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ