スポンサーリンク

ハイテンション|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

映画 ハイテンション
この記事は約6分で読めます。

2003年公開のフランス映画。とうもろこし畑に囲まれた、田舎の一軒家を襲った惨殺を描いたスプラッター・ホラー。あまりに残酷な演出とあからさまな殺人描写で日本での公開が長らく封印されてきたフランス発の究極の直球スプラッター!劇場では耐え切れずに途中で席を立つ観客が続出。あなたはこの極限恐怖体験を何分正視できるのか!? 監督は『ヒルズ・ハブ・アイズ』『ピラニア3D』などで観客を恐怖のどん底に落とし続けるアレクサンドル・アジャ。

ハイテンション 映画批評・備忘録


ハイテンション(原題: Haute Tension)

脚本:29点
演技・演出:17点
撮影・美術:17点
編集:8点
音響・音楽:9点
合計80点

噂には聞いてた極上スプラッター映画の今作。めちゃくちゃ怖いだろうとハードルが上がっている状態で見ました。見終えて、センスがとてもあるなぁ~と思えましたが、思いのほか怖くなかったです。(※スプラッター映画を見慣れている人には)ただ、賛否両論のラストについては、このモヤモヤ感こそ狙ってるような気がします。『アメリカン・サイコ』とちょっと似てるかな。

伏線は序盤から中盤にかけて、だんだん分かりやすくなっていきますので、セリフや仕草で違和感を感じた時になんとなくラストが読めてしまうと思います。しかし、なんともモヤモヤします。アレクサンドル・アジャはホラーにこだわりがあるので、意図的にこのモヤモヤとした余韻が残るようにしたんじゃないかと。カルト的な人気を誇るホラー映画はすっきりしないんです。まるで見た人が悪夢にうなされるを願っている様に。。。

理解しようとしても理解できまい!とでも言わんかの如く、まさに狂気を描くということは、こういうことだなと思えました。
今作の影響を受けてるであろう『ファウンド』は、さらに狂気を際立ててるのでこちらの方が僕は怖かった。

今作品はU-NEXT で見ました。

amazonプライム・ビデオ

ハイテンション あらすじ(ネタバレ)

マリーとアレックスは、週末に勉強するためにアレックスの実家に滞在する途中の親友です。彼らが到着すると、アレックスはマリーに夕食に落ち着く前に彼女の家のツアーをします。夕食後、マリーとアレックスは寝る準備をします。アレックスが眠っている間、マリーはベッドに横になって音楽を聴き、自慰行為をします。マリーはドアベルの鳴り声を聞き、アレックスの父ダニエルはそれに答えるために目を覚ます。ドアの男は連続殺人犯で、ダニエルの顔をまっすぐなかみそりで斬ります。彼の頭は階段の2つのスピンドルの間に押し込まれ、殺人鬼は本棚を彼の頭に向かって突き刺し、斬首した。騒音はダニエルが死んでいるのを見つけて殺人鬼に近づいたアレックスの母親を目覚めさせます。

マリーは母親の叫び声を聞いて、すぐに客室を整えて、誰もそこにいないように見せ、ベッドの下に隠れます。殺人鬼はマリーの部屋を調べますが、彼女を見つけられません。マリーは階下に忍び寄り、アレックスが寝室に鎖でつながれているのを見つけます。彼女は助けを見つけることを約束し、電話を見つけるために両親の部屋に忍び込みます。大きな音を聞いた後、彼女はクローゼットの中に隠れ、ドアのスラットを通して、彼女の喉がかみそりで残酷に切り裂かれているときに、アレックスの母親が殺されているのを目撃します。

アレックスの弟トムは家からトウモロコシ畑まで走り、殺人鬼に追われた。マリーはアレックスに戻り、そこでトムが窓から殺害されたのを目撃します。マリーはアレックスを解放することを約束しますが、殺人鬼が戻ってくるのが聞こえます。マリーは台所に忍び込み、肉切り包丁を取ります。アレックスは殺人鬼のトラックに引きずり込まれます。マリーは肉切り包丁でトラックに忍び込み、アレックスと一緒にそこに隠れます。彼はそれらをロックインし、ドライブオフします。

殺人鬼がガソリンスタンドに立ち寄ると、マリーはアレックスにナイフを渡し、ガソリンスタンドの店に忍び込んで助けを求めます。殺人鬼が店に入ると、マリーは隠れて、店員のジミーが斧で殺されているのを目撃します。殺人鬼はトラックに戻り、マリーは警察に電話をかけますが、彼女がどこにいるのかわからないとき、欲求不満で電話を切ります。彼女は店員の鍵を受け取り、彼の車を使って人里離れた道を殺人鬼を追いかけます。殺人鬼はマリーが彼を追いかけているのに気づき、マリーの車にぶつかり、車を道路から押し出して、車を壊します。徒歩で出て、重傷を負ったマリーは、殺人鬼が彼女を探しているときに森に駆け込みます。最終的に、マリーは有刺鉄線で覆われた柵の支柱で殺人鬼を棍棒で殴ります。マリーが体を検査するとき、彼は彼女の喉をつかみます、それでマリーはプラスチックシートで彼を窒息させ、トラックに戻ります。アレックスはマリーが車に戻るのを恐れているようです。警察が店内のビデオテープを介してガソリンスタンドの殺人事件を調査しているとき、テープはマリーが店員を殺害していることを示しています。振り返ってみると、マリーは殺人的で妄想的であり、アレックスとアレックスの家族の本当の殺人鬼に恋をしていることが明らかになりました。

トラックで、マリーはアレックスを解きます。アレックスが自由になるとすぐに、彼女はナイフでマリーを脅し、家族を虐殺したと非難します。アレックスはマリーの顔を斬り、森に駆け込む前に彼女を胃に刺します。マリーはコンクリートのこぎりでアレックスを追いかけます。アレックスは道路を見つけて車に旗を立てます。アレックスが車に乗り込むと、マリーはコンクリートのこぎりを振り回しているように見え、ドライバーを解体します。漂遊したガラス片がアレックスのアキレス腱をスライスします。アレックスは車の工具箱からバールを取り出し、道路に沿って這う。マリーはアレックスに彼女が彼女を愛していると彼女に言うように強制し、彼女は彼女にキスします。キスをしている間、アレックスはバールをマリーの胸の上部に突っ込みます。マリーは、誰も彼らの間に入れないようにすると宣言します。

しばらくして、マリーは精神科の病室にいて、アレックスはマジックミラーを通して彼女を見ています。マリーはニヤリと笑ってアレックスに手を伸ばし、明らかに彼女がその後ろにいることに気づいています。

ハイテンション スタッフ

監督:アレクサンドル・アジャ
脚本:アレクサンドル・アジャ,グレゴリー・ルヴァスール
製作:アレクサンドル・アルカディ,ロベール・ベンムッサ
音楽:フランソワ・ウード
撮影:マキシム・アレクサンドル
編集:バクステール
製作会社:アレクサンドル・フィルム,ヨーロッパ・コープ
配給:ファントム・フィルム

ハイテンション キャスト

マリー:セシル・ドゥ・フランス
アレックス:マイウェン
殺人鬼:フィリップ・ナオン
ジミー:フランク・カルフン
ダニエル・ソラル(アレックスの父):アンドレイ・フィンティ
ミア・ソラル(アレックスの母):オワナ・ペレナ
トム・ソラル(アレックスの弟):マルコ・クラウディウ・パスク
警部:ジャン・クロード・デュ・ゴロ
自動車の男:ガブリエル・スパイユ

ハイテンション 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ