スポンサーリンク

ゾンビーバー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ゾンビーバー
この記事は約3分で読めます。

2014年公開のアメリカ合衆国の映画。『ハングオーバー』シリーズの製作陣が贈る“前代未聞”のラブリー・パニック襲来!!強烈なインパクトを放つタイトルで話題となった奇跡の大ヒット作『ゾンビーバー』かわいいビーバーとゾンビが融合するというとんでもない設定、しかもゾンビーバー人間、ゾンベア(熊)などが次々と登場し、まさしく前代未聞の映画が誕生!日本でもメガ・ヒットの『ハングオーバー』シリーズを仕掛けた男たちが、時代の真逆をいくようなマペット感丸出しのゾンビーバーと、どこまでもアメリカンなお約束(キャンプ、カップル、SEX、惨殺)映像を融合させて話題沸騰!また、本作には信じられないビッグ・ネームのミュージシャンがカメオ出演! 音楽ファンにも熱い注目を浴びている。

ゾンビーバー 映画批評・備忘録


ゾンビーバー(原題:Zombeavers)

脚本:16点
演技・演出:14点
撮影・美術:11点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計55点

クソ映画を狙って製作したことが予想できる演出とストーリーですが、ゾンビ映画としてもホラー映画としてもちゃんとしてる作品です。ビーバーとゾンビを組み合わせたらおもしろいんじゃね?という軽いノリで作ってるとは思うんですが、女優さんが美人揃いでしかも主演女優が脱ぎまくる、セックスしまくるというのは、斬新だったし、こういう作風が好きな観客の求めるものをよく理解してる作品でした。そういう意味ではちゃんとしてる。うん、ちゃんとしてる映画だ!
今作品はAmazonプライムで見ました。
amazonプライム・ビデオ

ゾンビーバー あらすじ

 女子大生のメアリー、ゾーイ、ジェンの3人はバカンスで湖畔のロッジに来ている。昼は湖で遊び、夜になると恋人のサムとトミー、バックが現れ一緒に泊まる事に。やがて痴話喧嘩で揉めはじめるが、突如現れたゾンビーバーによって危機的な状況に。何とか撃退し、翌日も湖で遊んでいるとゾンビーバーの大群に襲われてしまう。6人は何とか逃げ出そうとするが次々とゾンビーバーの犠牲となり、逃げ延びた一人も事故で死んでしまうのだった。

ゾンビーバー スタッフ

監督:ジョーダン・ルービン
脚本:ジョン・カプラン,アル・カプラン
製作:エヴァン・アストロウスキー,クリス・ルモール,ティム・ザジャロフ,クリス・ベンダー,
J・C・スピンク,ジェイク・ワイナー
音楽:アル・カプラン,ジョン・カプラン,ジョーダン・ルービン
撮影:ジョナサン・ホール
編集:エド・マルクス

ゾンビーバー キャスト

レイチェル・メルビン
コートニー・パーム
レクシー・アトキンズ
ハッチ・ダーノ
ジェイク・ウィアリー
ピーター・ギルロイ
レックス・リン
ビル・バー
フィリス・カッツ
ジョン・メイヤー

ゾンビーバー 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ