スポンサーリンク

ビッグ・バグズ・パニック|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ビッグ・バグズ・パニック
この記事は約7分で読めます。

2009年公開のアメリカ合衆国の映画。『スターシップ・トゥルーパーズ』のスタッフが放つパニック・アクションの傑作誕生!昆虫と人類の戦いをコンパクトにまとめたコメディ・ホラー映画。製作会社はメル・ギブソンが経営するアイコン・エンターテイメント。

ビッグ・バグズ・パニック 映画批評・備忘録


ビッグ・バグズ・パニック(原題:Infestation)

脚本:30点
演技・演出:15点
撮影・美術:12点
編集:8点
音響・音楽:6点
合計71点

低予算映画で紛れもなくB級映画なのですが、冴えた脚本と演出で気持ち良いほどに軽快なテンポで楽しめる映画となっています。『スターシップ・トゥルーパーズ』のスタッフといえど、予算の都合を感じるクオリティです。それでも『スターシップ・トゥルーパーズ2』の品質は維持している感じです。虫キャラや技術の使いまわしも予算の都合かと思いますが作品そのものは面白いので結果オーライじゃないでしょうか。

amazonプライム・ビデオ

ビッグ・バグズ・パニック あらすじ(ネタバレ)

クーパー(クリス・マークエット)はスラッカーであり、テレマーケティング業者として働いています。金曜日に、彼は仕事に遅れて現れ、彼の上司であるモーリーン(デボラ・ジェフナー)によってすぐに解雇されます。彼は遅れて来て、顧客を追い払い、オフィスで浮気したことで解雇されます。その直後、非常に大きな音が聞こえ、クーパーは痛みを伴う表情で失神します。

クーパーは数日後に目を覚ますが、彼自身が吐き気を催し、弱く、彼のオフィスでウェビング(繭)で覆われていることに気づいた。クーパーが繭から奮闘するとき、彼は大きなカブトムシのような虫に襲われます。彼はバグを撃退し、上司のモーリーンを繭から救い出します。モーリーンは意識を取り戻し、娘のサラ(ブルックネヴィン)がオフィスの外で彼女を待っていたことに気づきます。クーパーとモーリーンは外に出て、意識を失い、車の繭の中に閉じ込められているサラをチェックします。クーパーが繭からサラを助けている間、モーリーンは大きなハチのような生き物に襲われて捕らえられます。他のバグがそれらを取り囲み、サラのカーアラームを使用してバグの気をそらし、レストランに逃げます。

そこで彼らは、シンディ(キンゼイ・パッカード)、ヒューゴ(E.クインシー・スローン)、ヒューゴの父アルバート(ウェスリー・トンプソン)、リーチー(リンダ・パーク)、ロジャー(ブルー・ミューラー)、PJ(ウラド・ミハイロフ)、警官(トッド・ジェンソン)を復活させます。PJとロジャーは他の人のアドバイスに反してロジャーのトラックで脱出することにしました。彼らはバグに襲われ、混乱したPJで、ロジャーと警官が殺されます。アルバートはバグに悩まされ、クーパーはシンディがロジャーの暴走したトラックに押しつぶされるのを防ぎ、グループの残りは屋内にとどまることにしました。

ライチとそのグループは建物の屋根に向かい、ハチのグループが彼らに向かって飛んでいるのを見る。その後、グループは、ハチが彼らを攻撃しなかったので、バグが盲目であり、彼らが犠牲者を追跡するために音を使用していることに気づきます。彼らはラジオを使って収納クローゼットの虫を誘い込み、搾乳して毒の内容を特定します。ライチは毒を分析し、鎮静剤といくつかのタンパク質が含まれていることに気づきます。彼らは翌日ギブソンの最寄りの軍用飛行場に行き、同じ建物で一晩キャンプすることにしました。彼らはまた、赤い色のガスを放出しているバグハイブを見ます。翌日、グループはクーパーのお父さんに向かうために建物を離れ、リーチーはより多くの人々を復活させ、虫を研究するために後ろにとどまることにしました。

グループの残りは出発し、最初にヒューゴとアルバートの家に行きます。アルバートの妻は自然死したようです。彼らは次にシンディの兄弟、チャド(マイク・ストローブ)の家に行きます。シンディは義理の妹スーザン(ダニエラ・トノバ)が繭になっているのを見つけ、彼女を復活させます。彼らはまた、巨大なハチの刺し傷のために大きなクモのような生き物に変異したチャドを見つけます。チャドは繭の人間を集めており、グループを攻撃し、スーザンを殺し、サラをノックアウトし、シンディを救おうとしたときにクーパーを突き刺し、最終的にヒューゴとアルバートに殺されました。

彼らはチャドの家で一晩キャンプし、サラはクーパーにパッチを当てます。シンディはクーパーにグループを捨てて彼女と一緒に来ることを望んでいますが、クーパーはサラに恋をしていて、彼は申し出を断ります。次の日、彼らはクーパーのお父さん、イーサンの(に行くことにしたレイ・ワイズ) 家。イーサンは元軍人で、家に武器と掩蔽壕を持っています。サラはクーパーに、母親を見つけるためにバグハイブに行くつもりであることを知らせます。クーパーは彼女に彼と一緒に軍用飛行場に来るように説得しようとしますが、彼女は同意しません。彼らはいくつかの飛んでいる虫に出くわし、橋の下に隠れます。シンディはクーパーとサラが手をつないでいるのを見て、激怒し、グループに向かって虫を引き付けるために叫びます。アルバートはグループを救うためにシンディを撃ちますが、サラはバグに捕らえられます。最後に、グループはイーサンの家に到着し、アルバートはチャドに似たミュータントに変わります。ヒューゴは彼自身、イーサン、そしてクーパーを救うために彼の父を撃ちます。

クーパーはイーサンを説得してサラを救おうとしますが、失敗するとイーサンとヒューゴを置き去りにします。クーパーは別のグループに捕らえられ、彼らは彼を放棄された警察署の独房に閉じ込めました。そこで彼はプエルトリコ人の男性に会いました。彼は彼がリーチのグループの一員であり、虫や巣から放出された可燃性の赤い色のガスによって引き起こされた爆発で他の人が死んだと思っていると言います。ヒューゴとイーサンは同じグループに捕らえられています。イーサンがハチに刺され、プエルトリコ人が突然変異体に変わったことが明らかになりました。イーサンは気晴らしを使って敵グループのメンバーを殺し、クーパーとヒューゴを救います。

その間、サラは虫の巣箱で目を覚まし、繭の人間を消費している女王に出くわします。イーサン、ヒューゴ、クーパーが巣箱に到着します。イーサンはクーパーを木に手錠をかけ、ヒューゴの頭を殴った。クーパーとヒューゴが逃げられるように、彼は鍵を残します。イーサンはそれを破壊するために一人でハイブに入り、サラに出くわします。サラはイーサンを女王に連れて行くことを申し出ます。その後、イーサンとサラは女王に襲われます。ヒューゴとクーパーはバグハイブに入り、サラとイーサンを助けるために間に合うように到着します。グループは武器で女王を攻撃し始めます。これは大声で泣き始める女王を怒らせるだけです。グループが叫び声の大きさで痛みを感じていると、聴力を失ったために叫び声を聞くことができなかったヒューゴは、爆薬を女王の口に投げ込みます。イーサンは、サラ、クーパー、ヒューゴに、爆発物をトリガーする間、バグハイブから脱出するように依頼します。しかしすぐに、イーサンは突然変異体に変わります。クーパーは父親からリモコンを取り、爆発物を引き起こし、巣と中の昆虫を全滅させます。

映画は、クーパー、サラ、ヒューゴが大きなゴロゴロという音に向かって向きを変えることで終わります。

ビッグ・バグズ・パニック スタッフ

監督:カイル・ランキン
脚本:カイル・ランキン
製作:ブルース・デイヴィ,ローズ・レイダー,ジェフ・ベイリス,T・J・サカセガワ
製作総指揮:ヴィッキー・クリスチャンセン,マーク・グッダー,ステファニー・ヒューイ
音楽:スティーヴン・ガセインズ
撮影:トーマス・E・アッカーマン
編集:デイヴィッド・フィンファー
配給:アイコン・プロダクションズ,プレシディオ

ビッグ・バグズ・パニック キャスト

クリス・マークエット
ブルック・ネヴィン
レイ・ワイズ
E・クインシー・スローン
リンダ・パーク
ブル・ミュラー
ジム・コーディー・ウィリアムズ
キンゼイ・パッカード
ローデス・レイダー
ウェスレイ・トンプソン
デボラ・ジェフナー
ダイアン・マーシャル・グリーン
マイク・ストローブ
エフラム・ポテル
トッド・ジェンセン
イスマエル・イースト・カルロ
アタナス・スレブレフ
ヴラド・ミハイロフ

ビッグ・バグズ・パニック 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ