スポンサーリンク

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男
この記事は約4分で読めます。

2018年公開のアメリカ合衆国の映画。かつてヒトラーを暗殺した元兵士に舞い込んだ<ビッグフット討伐>難易度MAXの任務! 最強の兵士vsビッグフット! 勝つのはどちらか! ?サム・エリオット主演によるモンスターアクション映画。ジョン・セイルズとダグラス・トランブルが製作総指揮をつとめ、トランブルは特殊効果も担当した。カナダのモントリオールで開催されたファンタジア映画祭でデビューし、2018年7月20日に初公開されました。米国初演は、2018年8月10日にテキサス州エルパソで開催されたプラザクラシック映画祭で行われました。

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男 映画批評・備忘録


ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男(原題:The Man Who Killed Hitler and Then the Bigfoot)

脚本:29点
演技・演出:17点
撮影・美術:16点
編集:10点
音響・音楽:8点
合計80点

紛れもなくB級映画のタイトルにして題材で、しかも英題も邦題も同じ意味で、ストーリーもそのまんまというある意味、正直な作品です。どうせB級モンスター映画なんだろうと、暇つぶしがてらに見たところ、これが完全に予想の真逆を行く職人技のような演出とサム・エリオットの見事なまでの好演が光る作品でした。

98分に詰め込められた見事なまでの男の生きざまに魅了されました。愛と冒険と勇気、人生の葛藤を完璧な編集でヒューマンドラマを演出。感動しました。

amazonプライム・ビデオ

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男 あらすじ(ネタバレ)

1987年を舞台に、静かな故郷で犬と最後の日々を過ごした老人、カルバン・バー(サム・エリオット)の物語。

バーは、第二次世界大戦中にアドルフヒトラーを暗殺する任務で特殊部隊の兵士を務めたことを示すフラッシュバックで、彼の過去を回想します。、彼は成功裏に成功しましたが、操作は分類され、一般に公開されることはありませんでした。バーは、理髪店で弟のエド(ラリー・ミラー)を訪ねるなど、日常生活を送っています。彼は、車を盗もうとする凶悪犯のギャングと戦い、その後に2人の謎の男が続きます。公用車。男性は最終的に彼に近づき、アメリカとカナダの合同政府機関として自分たちを特定します。彼らは、奇妙なウイルスがカナダの荒野で人や動物を殺し、ウイルスの元の発生源がビッグフットであるため、地球上のすべての生命が終わりに近づいている可能性があると説明しました。バーが高度な訓練を受けた追跡者であり生存者であり、ウイルスに免疫がある地球上で数少ない人々の1人であることを知っているエージェントは、大流行を終わらせることを期待して、荒野に行きビッグフットを殺すことを依頼しようとします。

バーはビッグフットを狩り、負傷させた。多くの追跡の後、彼はビッグフットが死にかけているのを見つけます。バーは政府に引き渡すのではなく、体を燃やすことを選択しますが、ビッグフットはまだ生きていて、バーを攻撃し、彼を傷つけます。バーがビッグフットを刺し、最終的に射殺するまで、2人は戦います。バーは横になり、傷で死んでいるようだ。

弟のエドが美しい賛辞を与えると、画面はバーの葬式にフェードインします。時間が経ち、エドはバーの犬と釣りに行きます。密かに生きているバーが再び現れ、2人は一緒に釣りに行きます。

バーは後で棺を掘って古い箱を取り出し、家に帰ります。ボックスの内容が明らかになることはありません。

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男 スタッフ

監督:ロバート・D・クルジコフスキー
脚本:ロバート・D・クルジコフスキー
製作:ロバート・D・クルジコフスキー,パトリック・エウォルド,シェイクド・ベレンソン,ラッキー・マッキー
製作総指揮:ジョン・セイルズ,ダグラス・トランブル,ジル・ダオスト,デボラ・シュライバー,ジョン・シュライバー
音楽:ジョー・クレイマー
撮影:アレックス・ベンドラー
編集:ザック・パッセロ
配給:トランスフォーマー

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男 キャスト

カルヴィン・バー:サム・エリオット
青年時代のカルヴィン・バー:エイダン・ターナー
マキシン:ケイトリン・フィッツジェラルド
エド:ラリー・ミラー
ガードナー:ショーン・ブリジャーズ
カナダ政府官僚:リズワン・マンジ
FBI捜査官:ロン・リビングストン
エドの店の客:エラ・コルトレーン

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ