スポンサーリンク

リベンジ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

映画 リベンジ
この記事は約6分で読めます。

1990年公開のアメリカ合衆国の映画。トニー・スコット監督、ケビン・コスナーが製作総指揮と主演を兼ねて挑んだ異色のラブストーリー。海軍パイロットを退役したジェイは友人の妻・ミレアと恋に落ち、半殺しの憂き目に。傷の癒えたジェイは、復讐と彼女を探す旅に出る。マデリーン・ストウの美貌が話題を呼んだが本編については批評家に酷評された。

リベンジ 映画批評・備忘録


リベンジ(原題:Revenge)

脚本:27点
演技・演出:15点
撮影・美術:14点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計69点

マデリーン・ストウのファン必見の映画です。彼女の出演映画で最も脱いでます。同じくファンに人気のある『不法侵入』とは尺が全く異なるうえに、露骨なベッドシーンとなっています。この映画のマデリーン・ストウの初々しさと美しさは鮮烈なものがあります。

不法侵入|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1992年公開のアメリカ合衆国の映画。正義を守るはずの警官に狙われた夫婦の姿を描いたサイコ・スリラー映画。カート・ラッセル、マデリーン・ストウ、レイ・リオッタ主演。レイ・リオッタは、精神病質の警官を演じたことで、1993 年のMTV ムービー・アワードの最優秀悪役にノミネートされました。 不法侵入 映画批評・備忘録 不法侵入(原題:Unlawful Entry) 脚本:32点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計77点 悪徳警官役といえば、この人!っていうほどはまり役のレイ・リオッタ。ハンサムなんだけど、なんか闇を感じる目が印...

シャロン・ストーンの『血と砂』と競えるレベル、いや今作の方が上のような気もします。

血と砂|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1989年公開のスペイン映画。アンダルシア地方を舞台に、スペインの人々が対峙する“光と影”を、闘牛を通して鮮やかに映し出したドラマ。シャロン・ストーンの大胆なSEXシーンが注目を集め、後の作品である『氷の微笑』に抜擢されます。ヴィセンテ・ブラスコ・イバニェスの小説『血と砂』を'1922年、'1941年に続く3度目の映画化。 血と砂 映画批評・備忘録 血と砂(英題:BLOOD AND SAND) 脚本:15点 演技・演出:11点 撮影・美術:12点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計50点 いわゆるリメイク作でもある今作だけど、過去の作品と違いエロスに特化したものと...

ストーリーはシンプルなもので、不倫→報復→復讐となりますが、描き方としては不倫のところが一番長いのでエロスを中心とした映画になるのかな?と思ったりもします。また最終的に和解するというのも、ちょっと面食らったところがあります。このあたりの微妙さ(失敗)は後の作品『トゥルー・ロマンス』に活かされているように思えるので良しとしましょう。

トゥルー・ロマンス|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1993年公開のアメリカ合衆国の映画。公開時のキャッチコピー「獰猛な愛だけが生き残る」。爽快な展開のロード・ムービーだが、アクション・バイオレンスとラブ・ロマンスの要素と暴力・ドラッグ、そしていくらかのセックスで満たされたラブストーリー。 主人公がコミック・ショップに勤め、千葉真一主演の映画『激突! 殺人拳』を観ているシーンや、主人公の部屋に千葉の主演映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』と『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』のポスターがそれぞれ貼ってある様は、脚本を執筆したクエンティン・タランティーノ自身を投影させている。 トゥルー・ロマンス 映画批評・備忘録 トゥルー・ロマン...

監督はトニー・スコット、数々の名作アクション映画を生み出した監督です。兄のリドリー・スコットとはまた違った魅力のある作品を生んでくれました。中でも『トップガン』『トゥルー・ロマンス』『クリムゾン・タイド』は素晴らしかったです。68歳で自ら命を絶たれたのが悔やまれます。

リベンジ [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥2,859(2021/09/19 00:42時点)

リベンジ あらすじ

映画 リベンジマイケル・ジェイ・コクラン( ケビン・コスナー ) は米国海軍の飛行士で、12 年間勤務した後、退職しました。彼はベレッタのマッチしたショットガンのペアと、裕福な友人のティブロン・”ティビー・メンデス (アンソニー・クイン) からメキシコの彼のアシエンダで時間を過ごすようにという招待状を受け取ります。ティビーは強力な犯罪組織のボスでもあり、常にボディーガードに囲まれています。

メキシコで、コクランはティビーの美しい若い妻、ミリヤ (マデリーン・ストウ) に出会う。

ジェイは、ネイビーの G-1 レザー フライト・ジャケットをティビーにプレゼントします。しかし、彼はティビーの疑わしい右腕であるセザール (トーマス・ミリアン) を、従業員のように振る舞わず、独立して行動することによって、侮辱した。夕食後、ティビーはビジネス関係者とプライベートな会合を開き、そのうちの1人を殺害したが、他の場所ではミリヤとジェイはより親しくなり、お互いにロマンチックな魅力を発展させた。

パーティーの最中、ティビーと彼の部下が近くにいる中、ジェイとミリヤはクローゼットで密かにセックスをする。ジェイは、ティビーが状況に気付くのではないかと心配しながら、メキシコを去るつもりだと彼女に話す。ミリヤは彼に留まるよう懇願し、彼女と恋に落ちたので、彼はそれに同意し、一緒にメキシコの人里離れたキャビンで秘密の待ち合わせをする。

ミリヤは、マイアミにいる妹に会いに行くとティビーに告げるが、ミリヤが妹に嘘をつくように頼む電話の会話をティビーは耳にする。ティビーはミレヤを空港まで車で送り、最後のキスをする。ジェイは空港でこっそり待っていて、車でキャビンに向かいます。

彼らの隠れ家で、彼らはティビーと彼の部下に驚かれる。ジェイの愛犬ロッキーが射殺される。ミリヤを「不誠実な売春婦」と呼んで、ティビーは彼女を殴り、ナイフで口を横切って (グラスゴーの笑顔の半分を作り出して) ティビーの部下がジェイを血まみれに殴り倒した。キャビンに火を放った後、彼らはジェイを砂漠に放り投げ、彼を死に至らしめた。。。。。

ミリヤは売春宿に入れられ、麻薬を投与され、虐待され、「一般的な使用」に追いやられます。彼女を薬漬けにした男はエイズにかかっている。ミリヤはもう生きたくないので、針を彼女と共有するように説得します。彼女に感染します。

意識不明のジェイは、家族がゆっくりとジェイを健康な状態に戻すために看護する農民のマウロ (ジョアキン・マルティネス)によって発見されます。ジェイは焼け焦げたキャビンに戻り、隠していたお金を取り戻します。マウロはジェイを町に連れて行き、「敵のボールを切り落とす」ためのナイフを彼に渡します。ジェイは馬を運んでいる病弱なテキサス人 (ジェームズ・ギャモン) に出会い、ジェイにデュランゴへの乗車を提案します。カンティーナの中で、ジェイは自分を殴った凶悪犯の 1 人に気づきます。彼は彼の後を追って男性用の部屋に入り、喉を切り裂く。

1 日旅をした後、テキサス人は裕福な男性に馬を引き渡します。裕福な男性は、午後からティビーの地所でジェイを認識します。フレンドリーなテキサス人はその後、ジェイが運転している間、彼の車の中で安らかに息を引き取ります。
映画 リベンジ
モーテルで、ジェイはアマドール (ミゲル・フェラー) マウロの義理の兄弟に出くわす。アマドールと彼の静かな友人、イグナシオ (ジョン・レグイザモ) はジェイを助けようとする。彼らは別のティビーの子分を捕らえ、ミリアの居場所を教えてくれる。ジェイは売春宿に押し入りますが、彼女が移動していることに気づきます。彼女がどこにいるのかは、ティビー以外誰も知りません。

ジェイ、アマドール、イグナシオは、朝の乗馬中にティビーとボディーガードを待ち伏せする. ジェイはミリヤの居場所を聞きに行くが、ティビーはまずジェイに妻を盗んだことを許してほしいと頼む。ジェイが銃を下ろしてティビーに許しを乞うと、ティビーはミリヤが修道院にいることを明かす。

ミリヤは修道院のホスピスにいて、エイズで死にかけています。ジェイは時間通りに到着し、ミリヤに愛していることを伝えます。その後、彼は彼女を外に運び、ミリヤはジェイに、彼女が彼の腕の中で死ぬ直前に、彼女も彼を愛していると伝えます。

リベンジ スタッフ

監督:トニー・スコット
脚本:ジム・ハリソン,ジェフリー・フィスキン
製作:ハント・ロウリー,スタンリー・ルービン
製作総指揮:ケビン・コスナー
音楽:ジャック・ニッチェ
撮影:ジェフリー・L・キンボール
編集:クリス・レベンゾン,マイケル・トロニック
配給:コロンビア,東宝東和,ニューワールド

リベンジ キャスト

J・コクラン:ケビン・コスナー
ティブロン“ティビー”メンデス:アンソニー・クイン
ミリエア・メンデス:マデリーン・ストウ
アマドール:ミゲル・フェラー
ロック・シンガー:サリー・カークランド
イグナチオ:ジョン・レグイザモ
セザー:トーマス・ミリアン
マウロ:ホアキン・マルティネス
テキサス人:ジェームズ・ギャモン
イバラ:ジョー・サントス
ディアズ:クリストファー・デ・オニ
マデロ:ジョシー・コーティ
ラモン:ルイス・デ・イカーサ
バローネ:クラウディオ・ブルック

リベンジ 予告編・無料動画


リベンジ [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥2,859(2021/09/19 00:42時点)