ロマンス

ロマンス

ノッティングヒルの恋人|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1999年公開のイギリス映画。ロンドン西部のノッティング・ヒルを舞台に、冴えない書店主とハリウッド女優の恋愛を描く。人気俳優陣の出演もあり、今なおとても人気の高いラブ・ストーリー。出演はジュリア・ロバーツとヒュー・グラントなど。韓国で、チェ・ジウ主演で、『スターの恋人』という題名でテレビドラマ化された。 ノッティングヒルの恋人 映画批評・備忘録 ノッティングヒルの恋人(原題:Notting Hill)脚本:36点演技・演出:18点撮影・美術:16点編集:9点音響・音楽:10点合計89点 エルビス・コステロが歌う『She』を聞いたら今作の映像が頭の中で流れてくるくらい映画と主題歌がシン...
ロマンス

レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1994年公開のアメリカ合衆国の映画。20世紀初頭にモンタナの荒野と平原に住んでいた3人の兄弟とその父親、そして彼らの生活と自然、歴史、戦争、愛を描いた壮大な時代劇であり西部劇。ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス、エイダン・クインほか出演。 レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い 映画批評・備忘録 レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い(原題:Legends of the Fall)脚本:36点演技・演出:18点撮影・美術:18点編集:8点音響・音楽:8点合計88点 ブラッド・ピット主演作品で一番好きな作品です。ブラピのすべてが見れる映画というか、彼の表現者としてのすば...
ロマンス

あなたが寝てる間に…|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1995年公開のアメリカ合衆国の映画。ブロックのかわいらしさがひときわ目立つ魅力的なラブコメディ映画。『スピード』でタフなヒロインを演じたサンドラ・ブロックが憧れの男性の名前さえ聞けない、純情な女性を演じる。製作費1700万ドルに対し、興行収入が1億8200万ドルを超え、重要かつ商業的な成功を収めました。 あなたが寝てる間に… 映画批評・備忘録 あなたが寝てる間に…(原題:While You Were Sleeping) 脚本:35点 演技・演出:18点 撮影・美術:15点 編集:9点 音響・音楽:7点 合計84点 なんて平和でキュートな映画なんだろう。サンドラ・...
ロマンス

プリティ・ウーマン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1990年公開のアメリカ合衆国の映画。リチャード・ギアとジュリア・ロバーツが主演するロマンティック・コメディ。ロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」が主題歌に起用され、リバイバルヒットとなった。『マイ・フェア・レディ』を下敷きにした、現代版ストーリーである。実際のオリジナルの脚本では、「プリティ・ウーマン」ではなく契約金の「$3000」という題名であったがタッチストーン・ピクチャーズ社の幹部が「$3000」だとサイエンス・フィクションの映画のような響きだと異議を唱えたので「プリティ・ウーマン」という題名になった。 プリティ・ウーマン 映画批評・備忘録 プリティ・ウーマン(原題:...
ロマンス

ゴースト ニューヨークの幻|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1990年公開のアメリカ合衆国の映画。愛する女性を守るため、命を落とした男が霊になって寄り添う――。ロマンティックな奇跡の愛に胸を打たれる永遠のラブストーリー。ロマンス、コメディ、ファンタジー、ホラーといったいくつかのジャンルに含まれる。愛する人が幽霊となって目の前に現れるというアイデアは、この映画のメガヒットで多くの亜流映画・小説を生む。 ゴースト ニューヨークの幻 映画批評・備忘録 ゴースト/ニューヨークの幻(原題:Ghost)脚本:35点演技・演出:18点撮影・美術:14点編集:8点音響・音楽:10点合計85点 CGの粗さなどツッコミどころがないわけではない作品ですが、そんなこ...
ロマンス

ラッキー・ガール|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2006年公開のアメリカ合衆国の映画。何かとお騒がせな女優、リンジー・ローハン主演のファンタスティック・ラブコメディ! ことごとく幸運を引き寄せるニューヨークで一番のラッキー・ガール、アシュレーが、とある仮装パーティでキスした相手はニューヨークで一番不運な青年ジェイクだった。これを境に、2人の運命は入れ替わってしまい…。 ラッキー・ガール 映画批評・備忘録 ラッキー・ガール(原題:Just My Luck)脚本:28点演技・演出:12点撮影・美術:14点編集:8点音響・音楽:8点合計70点 リンジー・ローハンがとても可愛く、クリス・パインが大物俳優になる前の作品になります。リンジーが...
ロマンス

フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1992年公開のアメリカ合衆国の映画。婚約するはずだった恋人が事故で植物人間化し、ショックを受けたパイロットが冷凍睡眠の実験台となり、50年の時を経て現代に目覚め、恋人がまだ生きていることを知り、愛を告白しようとする姿を描く。子役のイライジャ・ウッドをスターにのし上げた作品でもある。 フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白 映画批評・備忘録 フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白(原題:Forever Young)脚本:33点演技・演出:16点撮影・美術:14点編集:8点音響・音楽:7点合計78点 SFと愛を見事につなげた感動作。アクションで売ってきたメル・ギブソンが様々なジャンルの...
ロマンス

あなたに降る夢|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1994年公開のアメリカ合衆国の映画。ニコラス・ケイジ、ブリジット・フォンダの豪華共演で贈る人が良い警官が当てた宝くじの400万ドルを巡って展開する騒動を軸に、生きることのすばらしさや人情の機微を描いたラブコメディ。大幅に脚色されてはいるが、実際にあった出来事を基に製作されている。 あなたに降る夢 映画批評・備忘録 あなたに降る夢(原題: It Could Happen to You)脚本:31点演技・演出:15点撮影・美術:14点編集:8点音響・音楽:7点合計75点 1990年代を代表する俳優の二人が演じたロマンチックコメディ映画ですが、コメディというには笑う要素が少ないストーリー...
ロマンス

リベンジ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1990年公開のアメリカ合衆国の映画。トニー・スコット監督、ケビン・コスナーが製作総指揮と主演を兼ねて挑んだ異色のラブストーリー。海軍パイロットを退役したジェイは友人の妻・ミレアと恋に落ち、半殺しの憂き目に。傷の癒えたジェイは、復讐と彼女を探す旅に出る。マデリーン・ストウの美貌が話題を呼んだが本編については批評家に酷評された。 リベンジ 映画批評・備忘録 リベンジ(原題:Revenge)脚本:27点演技・演出:15点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:6点合計69点 マデリーン・ストウのファン必見の映画です。彼女の出演映画で最も脱いでます。同じくファンに人気のある『不法侵入』とは...
ロマンス

ロミオ+ジュリエット|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1996年公開のアメリカ合衆国の映画。シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』が原作で、台詞もそのままであるが、時代設定を現代に変えて、両家の争いをマフィア同士の抗争に置き換えられている。物語の舞台はヴェローナ・ビーチ(架空の都市)。そのため、服はアロハシャツを着、城は高層ビル、剣による決闘ではなく街を巻き込む銃撃戦となる。しかし銃のブランド名は"Sword"である。この映画は 1996年11 月1日に20 世紀フォックスによって公開され、商業的に成功を収めました。この映画は1450 万ドルの予算に対して1億5180万ドル以上の収益を上げました。1997年の第47 回ベルリン国際映画祭で、...
ロマンス

タイタニック|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1997年公開のアメリカ合衆国の映画。1912年に実際に起きた英国客船タイタニック号沈没事故を基に、貧しい青年と上流階級の娘の悲恋を描く。主にSFアクション映画を手掛けてきたジェームズ・キャメロン監督が、一転して挑んだラブロマンス大作である。タイタニック号沈没の史実を架空のラブストーリーを交えて展開される。前半のラブストーリーから一転して、後半ではパニック映画さながらの緊迫感のある展開で、ラストは悲劇的な別れとなる恋人たちが描かれている。興行収入は、全世界で21.9億ドルに達し、『ジュラシック・パーク』(1993年)を抜いて世界最高興行収入を記録した。第70回アカデミー賞では、歴代最多の1...
ロマンス

トーマス・クラウン・アフェアー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1999年公開のアメリカ合衆国の映画。1968年のスティーブ・マックイーン主演『華麗なる賭け』(原題:The Thomas Crown Affair)のリメイク映画。 トーマス・クラウン・アフェアー 映画批評・備忘録 トーマス・クラウン・アフェアー(原題: The Thomas Crown Affair)脚本:40点演技・演出:20点撮影・美術:20点編集:10点音響・音楽:10点合計100点 心地よいほどリズミカルなテンポでストーリーが展開していく素晴らしい作品です。プレデター、ダイハードとアクション映画で有名なジョン・マクティアナン監督の快作なんですが、ピアース・ブロスナンがジェ...
ロマンス

高慢と偏見とゾンビ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2016年公開のアメリカ合衆国・イギリス合作映画。セス・グレアム=スミスがジェーン・オースティンの『高慢と偏見』(1813年)を下敷きにして書いた同名小説(2009年)を原案としている。日本でのキャッチコピーは、『不朽の恋愛小説、感染。』 高慢と偏見とゾンビ 映画批評・備忘録 高慢と偏見とゾンビ(原題:Pride and Prejudice and Zombies) 脚本:29点 演技・演出:12点 撮影・美術:15点 編集:5点 音響・音楽:7点 合計68点 前半があまりにもダルすぎるというか、高慢と偏見要素が文学的過ぎてゾンビ映画の恐怖感が皆無で、そのわりにコ...
ロマンス

愛の渦|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2014年公開の日本映画。乱交パーティーに集った見ず知らずの男女8人が徐々に欲望を曝け出し本性を露わにしていく姿を真っ向から描いた問題作。裏風俗という設定と、本編123分のなかで服を着ているシーンが18分30秒のみという内容、三浦監督が役者に求める演技力といった理由から企画の立ち上がりから映画化にこぎ着けるまで、2年の歳月が費やされた。 愛の渦 映画批評・備忘録 愛の渦 脚本:36点 演技・演出:18点 撮影・美術:15点 編集:9点 音響・音楽:5点 合計83点 キャストの脱ぎっぷりが良く、ぼかしがなければAVにもなりえる作品でした。いろいろ大そうな評価が与えら...
ロマンス

幸福の条件|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1993年公開のアメリカ合衆国の映画。ジャック・エンゲルハードの同名小説を、ロバート・レッドフォード主演で映画化した作品。共演者にデミ・ムーアとウディ・ハレルソンなど、豪華な出演陣ではあったが、その年のゴールデンラズベリー賞のほとんどの部門にノミネートされ、そのうち「最低作品賞」「最低助演男優賞(ウディ・ハレルソン)」「最低脚本賞」を受賞した。 幸福の条件 映画批評・備忘録 幸福の条件(原題: Indecent Proposal) 脚本:10点 演技・演出:5点 撮影・美術:12点 編集:6点 音響・音楽:5点 合計38点 超大作みたいな豪華で演技力もあるキャスト...
ロマンス

ウォーム・ボディーズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2013年公開のアメリカ合衆国の映画。食べるつもりで襲った人間の女子に一目ぼれしてしまったゾンビ男子Rの恋を描く異色のゾンビラブコメディ。 日本国内ではマイナーな作品になりますが、「ゾンビ映画」歴代北米興行収入ランキングトップ25(2016年12月1日)で、第4位の興行成績6638万ドル稼いだ作品です。 ゾンビ映画の新境地を開拓した作品、見て感動しました。ゾンビ映画で心が温まったのはこの作品が初めてです。ジョージ・A・ロメロ監督も『ランド・オブ・ザ・デッド』でゾンビの感情らしきものを描いているので、ロメロ監督はどう思ったか気になるところです。作品の筋は、ゾンビ+ロミオとジュリエットって感じでしょうか。「人間を人間たらしめているものは愛である」というテーマを凝り固まった表現ではなく、ゾンビを通して表現しているところも新しい。ゾンビになった青年の視点から恋を描いていて、ヒロインの彼氏の脳みそを食べたことで記憶を追体験し、恋に落ちるとか斬新でした。
ロマンス

スターマン/愛・宇宙はるかに|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1984年製作のアメリカ合衆国のSF映画。主演のジェフ・ブリッジスは、この作品で1985年度サターン賞主演男優賞を受賞し、同年の第57回アカデミー賞主演男優賞およびゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞にノミネートされた。 スターマン/愛・宇宙はるかに 映画批評・備忘録 スターマン/愛・宇宙はるかに (原題:Starman) 脚本:35点 演技・演出:17点 撮影・美術:15点 編集:7点 音響・音楽:6点 合計80点 ジェフ・ブリジッズの独創性溢れる宇宙人像の表現は一見地味ながらも、地球人の事を良く知らない宇宙人が人間に擬態しただけの状態ならこうなるのかもしれな...
ロマンス

血と砂|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1989年公開のスペイン映画。アンダルシア地方を舞台に、スペインの人々が対峙する“光と影”を、闘牛を通して鮮やかに映し出したドラマ。シャロン・ストーンの大胆なSEXシーンが注目を集め、後の作品である『氷の微笑』に抜擢されます。ヴィセンテ・ブラスコ・イバニェスの小説『血と砂』を'1922年、'1941年に続く3度目の映画化。 血と砂 映画批評・備忘録 血と砂(英題:BLOOD AND SAND) 脚本:15点 演技・演出:11点 撮影・美術:12点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計50点 いわゆるリメイク作でもある今作だけど、過去の作品と違いエロスに特化したものと...
ロマンス

バラ色の選択|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1993年公開のアメリカ合衆国の映画。マイケル・J・フォックスとガブリエル・アンウォーが織り成すラブ・コメディ。ニューヨークの一流ホテルでコンシェルジュを務める男が、出世と恋の間で悩む姿をコミカルに描く。ホテルのオーナーを夢みるコンシェルジュ。本当に必要なのはお金?愛?大ヒット・ロマンティック・コメディの快作。 バラ色の選択 映画批評・備忘録 バラ色の選択(原題:For Love or Money) 脚本:32点 演技・演出:18点 撮影・美術:15点 編集:9点 音響・音楽:6点 合計80点 この映画、大好きなんです!夢見がちな男には、心地よい刺激があって明日へ...
ロマンス

(500)日のサマー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2009年公開のアメリカ合衆国の映画。ミュージックビデオを多く手掛けてきたマーク・ウェブの長編デビュー作である。本作は、脚本のスコット・ノイスタッターのロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでの実際のロマンスに基づいて作られている。2009年のサンダンス映画祭で上映された。第14回サテライト賞脚本賞などの多くの賞や映画祭で脚本賞を受賞した。作中ではイングマール・ベルイマンの『第七の封印』のパロディシーンなどが見られる。 (500)日のサマー 映画批評・備忘録 (500)日のサマー(原題:(500) Days of Summer) 脚本:39点 演技・演出:18点 撮影・美術:...
ロマンス

日の名残り|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1993年のイギリスの映画。2017年ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの同名の小説を映画化。アカデミー賞では、主演男優賞、主演女優賞、美術賞、衣装デザイン賞、監督賞、作曲賞、作品賞、脚本賞の8部門にノミネートされた。 日の名残り 映画批評・備忘録 日の名残り(原題:The Remains of the Day) 脚本:38点 演技・演出:18点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計88点 このまま、何も言わずに 愛し続けたい。カズオ・イシグロのベストセラー小説を巨匠ジェームズ・アイヴォリーが映像化した珠玉の名作。 原作者のカズオ・イシグ...
ロマンス

ターミナル|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2004年公開のアメリカ合衆国の映画。パスポートが無効になりターミナルに閉じ込められてしまった男と、ターミナル内の従業員との交流と恋模様を描いた作品で、ロマンスおよびコメディの要素がある映画。 ターミナル 映画批評・備忘録 ターミナル(原題:The Terminal) 脚本:33点 演技・演出:17点 撮影・美術:15点 編集:7点 音響・音楽:8点 合計80点 心が温まるハートフル・コメディ・ドラマで、元ネタは、フランスのシャルル・ド・ゴール空港のターミナル1で17年間生活することを強いられたイラン人男性がモデルとなったと言われています。こちらのモデルになった方...
ロマンス

めぐり逢えたら|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1993年公開のアメリカ合衆国の映画。トム・ハンクスとメグ・ライアンの共演による大人のラブ・ストーリー。※1957年の映画『めぐり逢い』にヒントを得ており、重要なシーンとそのテーマ曲が引用されている。 めぐり逢えたら 映画批評・備忘録 めぐり逢えたら(原題:Sleepless in Seattle) 脚本:35点 演技・演出:18点 撮影・美術:15点 編集:8点 音響・音楽:9点 合計85点 最高にキュートなメグ・ライアンとごく普通の男性を演じるトム・ハンクスの肩がこらないラブ・ストーリー。この作品で唯一の犠牲者であるビル・プルマン演じるアニー(メグ・ライアン)...
ロマンス

ワイルド・アット・ハート|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1990年公開のアメリカ合衆国の映画。セックスと暴力に塗れた男女の逃避行を独特の映像感覚で描き出したロードムービー。1990年のカンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞し、ヒロインの母親を演じたダイアン・ラッドがアカデミー助演女優賞にノミネートされた。挿入歌では、エルヴィス・プレスリーの『ラヴ・ミー』と『ラヴ・ミー・テンダー』が印象的に使われている。 ワイルド・アット・ハート 映画批評・備忘録 ワイルド・アット・ハート(原題:Wild at Heart) 脚本:35点 演技・演出:17点 撮影・美術:16点 編集:9点 音響・音楽:8点 合計85点 ...
ロマンス

トゥルーナイト|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1995年公開のアメリカ合衆国の映画。アーサー王の配下の“円卓の騎士”の長ランスロットとアーサー王妃グィネヴィアとの恋を中心に描く。アーサー王をショーン・コネリー、ランスロットをリチャード・ギアが演じている。 トゥルーナイト 映画批評・備忘録 トゥルーナイト(原題:First Knight) 脚本:25点 演技・演出:15点 撮影・美術:12点 編集:5点 音響・音楽:7点 合計64点 アーサー王(ショーン・コネリー)の配下の“円卓の騎士”の長ランスロット(リチャード・ギア)とアーサー王妃グィネヴィア(ジュリア・オーモンド)との恋を中心に描かれていておとぎ話のよう...
ロマンス

愛しのローズマリー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2001年公開のアメリカ合衆国の映画。監督は「ジム・キャリーはMr.ダマー」「メリーに首ったけ」のファレリー兄弟。主演は「ハイ・フィデリティ」のオタクなレコード店員ジャック・ブラック。スリムなグウィネス・パルトロウが肥満体メイクにも挑戦。興行収益は、4000万ドルの予算に対して1億4100万ドルの収益を上げました。 愛しのローズマリー 映画批評・備忘録 愛しのローズマリー(原題:Shallow Hal) 脚本:36点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:9点 音響・音楽:7点 合計82点 ハートフルコメディの傑作。心がとても温まり、心が清くなったような気...
ロマンス

タイムアクセル12:01|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1993年公開のアメリカ合衆国のテレビ映画。原作はアメリカの作家リチャードA.ルポフによる短編小説「12:01 PM」。この映画の製作前である1990年にロボコップの悪役クラレンスで有名なカートウッド・ラーソン・スミス主演で短編映画が製作されています。12:01になると同じ一日を何度も繰り返すタイムループ・サスペンス。監督は、『ヒドゥン』のジャック・ショルダー。 タイムアクセル12:01 映画批評・備忘録 タイムアクセル12:01(原題:12:01) 脚本:36点 演技・演出:17点 撮影・美術:15点 編集:9点 音響・音楽:7点 合計84点 この映画の影響を受...
ロマンス

シングルス|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1992年公開のアメリカ合衆国の映画。2組のカップルの恋愛の行方と、その周囲の人々の人間模様を描く。キャメロン・クロウ監督・脚本。ブリジット・フォンダやマット・ディロンなどの若手スターが多数出演。1990 年代初頭のシアトルでのグランジムーヴメントで有名なミュージシャンが出演しています。 シングルス 映画批評・備忘録 シングルス(原題:Singles) 脚本:35点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:7点 音響・音楽:9点 合計81点 大ヒットしたシアトル・サウンドにのせて若者たちの恋の物語が展開する。 キャメロン・クロウが監督・脚本なだけあって...