スポンサーリンク

ラッキー・ガール|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ラッキー・ガール
この記事は約6分で読めます。

2006年公開のアメリカ合衆国の映画。何かとお騒がせな女優、リンジー・ローハン主演のファンタスティック・ラブコメディ! ことごとく幸運を引き寄せるニューヨークで一番のラッキー・ガール、アシュレーが、とある仮装パーティでキスした相手はニューヨークで一番不運な青年ジェイクだった。これを境に、2人の運命は入れ替わってしまい…。

ラッキー・ガール 映画批評・備忘録



ラッキー・ガール(原題:Just My Luck)

脚本:28点
演技・演出:12点
撮影・美術:14点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計70点

リンジー・ローハンがとても可愛く、クリス・パインが大物俳優になる前の作品になります。リンジーが、ゴールデン・ラズベリー賞にノミネートされましたが、役柄が似合っているのでそんなに悪い演技だとは思いませんでした。彼女のハスキーボイス、好みがあると思いますが僕は好きな声ですね。

今作品、製作になぜか重鎮のアーノン・ミルチャンとブルース・ウィリスがいるんですよね。監督のドナルド・ペリはロマンスコメディの達人みたいな感じのヒットメーカーです。製作費2800万ドルに対し、興行収益が3820万ドルなので成功した作品だと思います。日本ではビデオスルー、ロッテントマトの批評家からさんざん酷評されたわりに、僕は面白い作品だと思いました。

原題と邦題の意味が真逆になっているのが、面白い点でもあります。原題のJust my luckは、”なんて私はついてないんだろ” ”しくじった” ”また失敗だ”みたいな意味なのに、邦題がラッキー・ガールって?

この映画って、ちょっとした呪いじみたことがあって、超売れっ子だったリンジー・ローハンは転落の一途をたどり、新人俳優のクリス・パインは、あれよあれよと大作に抜擢され、大ヒット映画に主演続き。幸運がクリス・パインに残ったままだったりする?


amazonプライム・ビデオ

ラッキー・ガール あらすじ(ネタバレ)

アシュリー・オルブライトは、Braden&Coの広報部で働いており、極めて幸運なライフを持ち、子供のころから幸運の連鎖を経験、対照的に、ジェイク・ハーディンは日常的に不運を経験しています。

彼女は人気があり、彼女の親友と一緒に働いています、彼は彼が出会うほとんどの人々を悩ませます。彼の友達は、ホールの向こう側に住む叔母のマーサと、運が悪くてベビーシッターをしている孫娘のケイティです。ボウリング場の管理人であり、バンド・マクフライの無給のマネージャーでもあります。彼は何週間もの間、彼らのデモCDをレコードレーベルのオーナーであるデーモン・フィリップスに渡そうとし、彼らを発見して音楽プロデューサーになることを望んでいます。

アシュリーはフィリップスと会い、クライアントが演じることができる仮面舞踏会のチャリティー募金活動を含むPR戦略を提案します。彼はそのアイデアを気に入っており、上司のペギー・ブラッデンを喜ばせています。ペギー・ブラッデンは彼女に自分のオフィスを与え、ボールを担当させます。一方、ジェイクは音楽プロデューサーにマクフライの演奏を見るように勧めましたが、誤って音響機器を誤動作させ、彼らを追い払ってしまいました。

ジェイクは仮面舞踏会のことを聞き、雇われた仮面舞踏会を装って入場します。ボールの間に、占い師はアシュリーに彼女の運が変わると言います。フィリップスの注意を引くことができなかったジェイクは、アシュリーに気づき、彼女に踊るように頼みます。お互いに引き寄せられて、彼らはキスをし、その過程でどういうわけか彼らの運を切り替えます。ジェイクはフィリップスがボールを離れるのを見て、彼を追いかけます。彼女が彼が戻るのを待つ間、アシュリーのかかとが壊れ、彼女のドレスが裂ける。

外では、ジェイクはフィリップスが車にぶつかるのを防ぎます。彼の命を救ったことに対して彼に報いるために、彼はマクフライのデモを取り、バンドを彼のスタジオに招待します。幸運に驚いたジェイクはアシュリーを探しますが、彼女が逮捕されたことに気づかず、彼女を見つけることができません。彼女がペギーのデートに招待した隣人、アントニオは売春婦であり、彼女も逮捕されます。アシュリーは、救出されて刑務所で一晩を過ごすペギーによって解雇されます。

翌日、アシュリーズは彼女のアパートが洪水とカビのために非難されていることを知りました。友達のダナとマギーと一緒にいると、彼女はもっと不運を経験します。彼女は占い師を追跡します。占い師は誰かが彼女の運をもっと必要としていることを示唆しています。アシュリーは、彼女がキスした見知らぬ人が彼女の運を持っていることに気づきます。

フィリップスはマクフライに感銘を受け、彼らに署名します。アシュリーは、ボールを動かすために雇われたすべての男性ダンサーを追跡し、それぞれにキスをします。これが彼女の運を取り戻すことができず、空腹で圧倒された後、アシュリーはジェイクがいる食堂で公の崩壊を起こしました。彼女を認識せず、彼は絶え間ない不運に対する彼女のフラスレーションに同情し、彼女に仕事を見つけることを申し出た。彼女はボウリング場で彼の以前の仕事を引き受け、彼との友情を育んでいます。ジェイクがハードロックカフェでの次のギグに十分な資料がないことを心配しているとき、彼女は彼をシンガーソングライターのマギーに紹介します。感動した彼は、彼女の歌を使うことにしました。

レコーディングセッション中に、アシュリーはジェイクが仮面舞踏会以来ずっと幸運だったと言うのを耳にします。彼が仮面のダンサーであることに気づき、彼女は彼にキスして去り、運が戻ってきたのを見つけました。彼女はペギーに出くわします。ペギーは現在アントニオと婚約しており、その夜の会議を手伝ったら、アシュリーをブレーデンアンドカンパニーの副社長として再雇用することを申し出ました。その後、アシュリーはマギーの歌がコンサートで演奏されなくなることを知ります。

彼女が以前に壊した鏡を見て、アシュリーは彼女の幸運の代償を振り返ります。ペギーの再雇用の申し出を断念することを決心して、彼女はジェイクとバンドが不運に見舞われているコンサートに行き、コンサートをキャンセルしなければならないかもしれません。アシュリーはジェイクにキスし、状況は変化し、マギーの歌が演奏されるコンサートの成功につながります。アシュリーは彼女がジェイクに恋をしていることに気づきましたが、彼に再び不運を与えることを望んでいません。彼女はしばらく離れて両親と一緒に暮らすことにしました。

ジェイクはグランドセントラルでアシュリーを見つけ、彼女がボールの女性であることに気づきました。彼は幸運を使って他の人を助けたので、アシュリーはそれを奪いたくないと主張します。彼は彼女が不運でも良いことを経験したと指摘し、彼らが一緒なら再び不運を経験することをいとわないと言います。彼らはキスをし、幸運と不運を前後に切り替えます。ケイティが到着し、彼らは同時に各頬で彼女にキスし、別の運の転送を引き起こします。その後、彼女は25ドルの宝くじに当選します。ジェイクとアシュリーは、幸運がなくても生きていけるかどうかカルマについて話し合いながら手をつないで歩きます。

ラッキー・ガール スタッフ

監督:ドナルド・ペトリ
脚本:I・マーレーン・キング,エイミー・B・ハリス
製作:アーノン・ミルチャン,アーノルド・リフキン,ブルース・ウィリス,ドナルド・ペトリ
製作総指揮:ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr
音楽:テディ・カステルッチ
撮影:ディーン・セムラー
編集:デブラ・ニール=フィッシャー
配給:20世紀フォックス

ラッキー・ガール キャスト

リンジー・ローハン
クリス・パイン
サミーア・アームストロング
ブリー・ターナー
フェイゾン・ラヴ
ミッシー・パイル
マッケンジー・ヴェガ
カルロス・ポンス
トヴァ・フェルドシャー
クリス・カーマック

ラッキー・ガール 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ