タイタニック|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

タイタニック
この記事は約9分で読めます。

1997年公開のアメリカ合衆国の映画。1912年に実際に起きた英国客船タイタニック号沈没事故を基に、貧しい青年と上流階級の娘の悲恋を描く。主にSFアクション映画を手掛けてきたジェームズ・キャメロン監督が、一転して挑んだラブロマンス大作である。タイタニック号沈没の史実を架空のラブストーリーを交えて展開される。前半のラブストーリーから一転して、後半ではパニック映画さながらの緊迫感のある展開で、ラストは悲劇的な別れとなる恋人たちが描かれている。興行収入は、全世界で21.9億ドルに達し、『ジュラシック・パーク』(1993年)を抜いて世界最高興行収入を記録した。第70回アカデミー賞では、歴代最多の14部門でノミネートされ、作品賞を含む歴代最多の11部門で受賞した。2012年には3D映画として再上映されている。

タイタニック 映画批評・備忘録



タイタニック(原題:Titanic)

脚本:40点
演技・演出:20点
撮影・美術:20点
編集:10点
音響・音楽:10点
合計100点(満点)

今作品は公開当時に劇場で鑑賞しました。当時20代前半で細身でピチピチ(僕)でした。

劇場の雰囲気は、静まり返っていて長時間の映画ですが完全に観客が見入っている状態でした。前半のシーンより後半のシーン(パニック映画シーン)とラストシーンが個人的には印象強く残っています。
ネタバレになりますが、漂流しているドアに二人とも乗れたのでは?と思ってしまうことや、そもそもドアが浮かんでいるなら一つや二つじゃないだろうと思いますし、ジャックが力尽きるシーンでなんかもうちょっと機転が利かなかったのかな?と、ずっと思ってましたが。世界的にほぼみなさん、同じように思ってることが分かりました。

余談(自慢)ですが、劇中で使用された碧洋のハートの現物を至近距離で見たことがあるんですよ。天然石とされていますが、この映画用に作られたガラス(スワロフスキー)なんですよ。

今作品のブルーレイが飛んでもないくらい高騰しています。DVDだと2枚組なので、入れ替えが必要なのですがブルーレイは通しで見ることができます。もちろん映像も美しいのですが、ありえない値段がついてました。人気映画なので再生産して欲しいものです。

ジェームズ・キャメロン監督は、2012年が客船沈没の1912年4月からタイタニック沈没100周年にあたることから、100年目となる2012年4月の公開に向けて本作の3Dリマスター版を製作。製作にはキャメロン自身も3D変換処理作業に参加しており、北米では2012年4月4日、日本は同年4月7日に公開されました。
Titanic3D
3D版は全米だけで既に興行収入4400万ドルを超えており、オリジナル版と通算して興収20億ドルを突破しています。 ストーリーの内容などは一切変わりませんが、Huffingtonpostによれば、クライマックスシーンに映りこむ星の位置に修正が加えられています。天文学者で宇宙物理学者のニール・ドグラース・タイソンから、そのシーンに映りこむ星の位置が正確ではないと指摘されたことがきっかけであり、それに対しキャメロンは「ちくしょう、分かったよ。じゃあ、1912年4月15日午前4時20分の星図を教えてくれたら、映画を修正する」と返し、実現されることとなりました。


amazonプライム・ビデオ

タイタニック あらすじ(ネタバレ)

1912年に当時最大級の豪華客船タイタニック号が沈没してから、84年後の1996年の洋上から物語は始まる。トレジャー・ハンターのブロック・ロベットらはタイタニックと共に沈んだとされる最高峰のダイアモンド・『碧洋のハート』の在り処を探るべく、小型潜水艇を用い深海のタイタニックの調査を行っていた。そして、上流階級女性が搭乗していたと思われる1等客室の部屋から1つの金庫を発見する。歓喜に包まれる調査団は金庫をこじ開けたものの、中にあったのは彼らが探していた宝石ではなく、古ぼけた紙切れだった。しかし、その紙切れを綺麗に洗い直すと『裸体の女性』が浮かび上がり、その胸には『碧洋のハート』らしきダイヤを身に着けていたのだった。この1枚の絵画の発見をブロックはテレビで堂々と報じ、その放送を見たある老女は驚きを隠せずにはいられなかった。そしてブロックに一本の電話が入った。その声の主はなんと沈没事故から奇跡的に生還し、今では100歳を超えるその絵のモデルだった。ブロックと連絡を取り合った女性は孫娘ともども調査団の船に訪れ、静かにあの豪華客船の中で起こった知られざる話を語り始める。

1912年4月10日、イギリスのサウサンプトン港から当時史上最大の豪華客船タイタニックはニューヨークへと向けた処女航海へと出発した。上流階級の令嬢だったローズ・デウィット・ブケイターは、その婚約者のキャルドン・ホックリーと未亡人となった母と共にタイタニックへと乗船するが、半ば強制された婚約に気分は晴れないでいた。ブケイター家は破産寸前で母親がホックリー家の財産を目当てにした結婚を強制したのである。その一方で、画家を目指している貧しい青年のジャック・ドーソンは、新天地ニューヨークでの成功を夢見て、出港直前にポーカーで船のチケットを手に入れ、友人のイタリア青年ファブリッツィオと共にタイタニックに乗船する。午後0時00分、正午きっかりにタイタニックは数多くの見物人や見送りの人々の歓声に包まれてサウサンプトンを後にする。故郷であるアメリカに帰れることになった画家志望のジャックは、政略結婚のためにアメリカに向かうイギリスの上流階級の娘ローズと運命的な出会いを果たし、2人は身分や境遇をも越えて互いに惹かれ合う。

しかし、航海半ばの4月14日午後11時40分、波一つない水平線の向こうに、見張り員はぼんやりとたたずむ白い影を発見する。それはタイタニックの針路に横たわる巨大な氷山の姿だった。「針路正面に氷山!!」。見張員から直進すると氷山に衝突すると報告を受け、当直士官(船長に代わって船を指揮する士官)のマードック次席一等航海士は「取舵一杯、後進全速」の号令をかけたが、衝突を回避することは出来ず、タイタニックは氷山の横を擦るように衝突してしまう。破損個所から浸水が進んで徐々に船体が沈み始め、船全体がパニックに陥る。女子供の救助が優先されるが、ローズは取り残されたジャックを探そうと船に残り逃げ遅れてしまう。多くの乗客を残したまま船は大きく傾いた状態で沈み始め、甲板の先端に逃げ延びていたジャックたちは手すりに決死の覚悟で捕まり、重量に耐え切れず沈んでいくタイタニックと共に海中へ落ちていく。

何とか無事に生き延びた2人だったが、周囲は深い闇に包まれ救援の姿は見えなかった。ローズを瓦礫の上に乗せ、自分はそれに捕まり極寒の海中に浸かっていたジャックは、冷たい水に体力を奪われて力尽きてしまう。ジャックとの約束を守り生き残るべく、生きる気力を振り絞ってローズは警笛を鳴らして自分の居場所を知らせ、救援を経て一命をとりとめる。

助けられたローズは、生き延びてローズを探していた婚約者のキャルドンから逃げて、「ローズ・ドーソン」とジャックの姓を名乗り、ジャックの名前と共に生きてきたことを明かす。
全てを語り終えた老女ローズは、こっそりと隠し持っていた想い出の『碧洋のハート』を海に捨ててしまう。そして、心の中でジャックとの再会を思い描きながら、静かに床に就くのであった。

タイタニック スタッフ

監督:ジェームズ・キャメロン
製作:ジェームズ・キャメロン,ジョン・ランドー
製作総指揮: レイ・サンキーニ
脚本:ジェームズ・キャメロン
撮影:ラッセル・カーペンター
美術:ピーター・ラモント
編集:コンラッド・バフ,ジェームズ・キャメロン,リチャード・A・ハリス
音楽:ジェームズ・ホーナー
ボーカル:シセル
衣装:デボラ・リン・スコット
主題歌:「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」セリーヌ・ディオン
VFX&CGI:デジタル・ドメイン,インダストリアル・ライト&マジック,シネサイト,VIFX,POP・フィルム・カンパニー,4ワード・プロダクション,ハイドラックス,マットワールド・デジタル,パシフィック・フィルム・カンパニー,ディジ・スコープ,ペルペチュアル・モーション・ピクチャーズ,リズム&ヒューズ・スタジオ
VFXスーパーバイザー:ロバート・レガート
製作:ライトストーム・エンターテインメント
提供:パラマウント映画,20世紀フォックス

タイタニック キャスト

ジャック・ドーソン:レオナルド・ディカプリオ
本作の主人公。アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身。画家として成功することを志し、世界中を旅する若者である。サウサンプトン港近くのパブにてポーカーでタイタニック号の切符を手に入れると、駆け込みで乗船し、そこでローズと出会うことになる。彼の絵はローズのお墨付きであり、彼が1ペニーで彼女のヌードをデッサンするシーンはよく知られている。

ローズ・デウィット・ブケイター:ケイト・ウィンスレット
本作のヒロイン。1996年から84年前の若きローズ。家が破産寸前のため母に言われるがままに政略結婚を強要され、彼女にとってのタイタニックは奴隷船同然であった。決められた人生に絶望する最中、船尾から飛び降り自殺を試みようとしたところを、ジャックと出会い、次第に惹かれていく。当時無名だったパブロ・ピカソやクロード・モネの才能を見抜く慧眼の持ち主であり、ジークムント・フロイトの研究を知っているなど博学である。

キャルドン・ホックリー:ビリー・ゼイン
ローズの婚約者。アメリカの大富豪の御曹司。劇中ではキャルと呼ばれることが多い。心より物や金で人を動かそうとする傾向にある。ローズを心から愛してはいたものの、ローズを自らの飾り物のように扱うなど、純粋な愛情とは言えず、彼女の心は離れていく。生存者の1人で、後に他の女性と結婚するも世界恐慌で破産してピストル自殺する。

ルース・デウィット・ブケイター:フランシス・フィッシャー
E・J・スミス船長:バーナード・ヒル
ブルース・イスメイ:ジョナサン・ハイド
スパイサー・ラブジョイ:デビッド・ワーナー
ファブリッツィオ・デ・ロッシ:ダニー・ヌッチ
ブロック・ロベット:ビル・パクストン
ミセス・カルバート:グロリア・スチュアート
トーマス・アンドリュース:ヴィクター・ガーバー
リジー・カルバート:スージー・エイミス
ルイス・ボーディーン:ルイス・アバナシー
トーマス・“トミー”・ライアン:ジェイソン・ベリー
ワイルド 主席一等航海士:マーク・リンゼイ・チャップマン
マードック 次席一等航海士:ユアン・スチュワート
ライトラー 二等航海士:ジョニー・フィリップス
ロウ 五等航海士:ヨアン・グリフィズ
ロバート・ヒッチェンズ 操舵手:ポール・ブライトウェル
ベンジャミン・グッゲンハイム:マイケル・エンサイン
ヘンリー・J・ベイリー 主任:ロン・ドナキー
ジョン・ジェイコブ・アスター大佐:エリック・ブレーデン
アーチボルド・グレイシー大佐:バーナード・フォックス
ジョセフ・ベル 機関長:テリー・フォレスタル
フレッド・W・バレット 火夫:デレク・リー
ロシズ伯爵夫人:ロシェル・ローズ
トゥルーディ・ボルト:エイミー・ガイパ
バンドマスター:ウォレス・ハートリー
フレデリック・フリート:スコット・アンダーソン
リー 見張り番:マーティン・イースト
ハロルド・ブライド 一等通信士:クレイグ・ケリー
マーガレット・“モリー”・ブラウン:キャシー・ベイツ

タイタニック 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ