スポンサーリンク

カリフォルニア|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

カリフォルニア
この記事は約3分で読めます。

1993年公開のアメリカ合衆国の映画。連統殺人を研究している若者が恋人と憧れの地″カリフォルニア″に向かう途中で本物の殺人犯を便乗させてしまう地獄のロード・ムービー。原題の頭文字のKはKiller(殺人者)にかけている。

カリフォルニア 映画批評・備忘録


カリフォルニア(原題:Kalifornia)

脚本:28点
演技・演出:14点
撮影・美術:13点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計68点

ブラッド・ピットが演じた役柄で最も嫌悪感を抱くのが今作品じゃないでしょうか。演技力があるからこそなんでしょうが、不愉快な仕草や不愉快な言動、怖さ、不潔感など、とてもブラピから感じるものでは無さそうなものですがそれを見事に演じ表現しています。この映画が公開されたときはXファイルのモルダー役で人気のデイヴィッド・ドゥカヴニーでしたが、ブラッド・ピットとジュリエット・ルイスは食えないどころか見事に飲まれてしまった感じがしました。

カリフォルニア あらすじ

殺人鬼の心理に興味を抱くルポルタージュ作家のブライアンは、恋人の写真家キャリーと共に連続殺人犯の犯行現場を取材しながら憧れの地カリフォルニア州まで旅する計画を思いつく。

彼らは予算の都合で同乗者を募り、旅費を折半することにしたのだが、やって来たのはどう見ても旅費を払えそうにない貧相な身なりのカップル、アーリーとアデールだった。育ちや価値観のあまりにも違う二組。キャリーはアーリーの下品で粗暴な振る舞いに嫌悪感を隠せない。

だが、ブライアンはアーリーの性格に理解を示し、教養はないが能天気で明るいアデールも場の雰囲気を和ませ、どうにか旅はうまくいくと思われた。しかし、旅を続けるうちに次第にアーリーの本性が明らかになってゆく。

彼こそが、ブライアンがその心理を知りたがっていたサイコキラーそのものであり、恋人のアデールも過去に心と体に負った傷が原因で、アーリーだけが自分を守ってくれる存在と信じ、彼に依存し服従していたのだった。

カリフォルニア スタッフ

監督:ドミニク・セナ
脚本:ティム・メトカーフ
原作:スティーヴン・レヴィ,ティム・メトカーフ
製作:スティーヴ・ゴリン,シガージョン・サイヴァッツォン,アリスティデス・マクギャリー
製作総指揮:ジム・カウフ,リン・ビグロー
音楽:カーター・バーウェル
撮影:ボジャン・バゼリ
編集:マーティン・ハンター
配給:グラマシー・ピクチャーズ,東京テアトル

カリフォルニア キャスト

ブラッド・ピット
ジュリエット・ルイス
デイヴィッド・ドゥカヴニー
ミシェル・フォーブス
シエラ・ペシャー
グレゴリー・マーズ・マーティン

カリフォルニア 予告編・無料動画