スポンサーリンク

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
この記事は約8分で読めます。

ナイト・オブ・ザ・リビングデッドは、ジョン・A・ルッソの原作を、CM監督出身のジョージ・A・ロメロが監督した歴史的作品であり、ゾンビ映画の記念碑的作品である1968年公開のアメリカのホラー映画。全編に横溢するカニバリズムや反モラル的ラストなど当時のタブーに挑戦した内容は、根底に流れる独自のヒューマニズムが制作当時の世相を反映しており、賛否両論あったがロングランを続けた。結果として、ニューヨーク近代美術館にも所蔵されるカルト・クラシックとなっており、アメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録されている。リチャード・マシスン原作のSFサスペンス小説『アイ・アム・レジェンド』に感銘を受けていたロメロがその作品をヒントとして作られたのが今作。
また、後年に渡って数多く作られるゾンビ映画の礎でもある。『バタリアン』(1985年)はダン・オバノンによる続編的パロディ。『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀』(1990年)はトム・サヴィーニ演出による正統的リメイクとなっており、製作はキャノン・フィルムズ。

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 映画批評・評価・考察


ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(原題: Night of the Living Dead )

脚本:40点
演技・演出:20点
撮影・美術:20点
編集:10点
音響・音楽:10点
合計100点

何をもってゾンビの起源とするかは賛否のあるところですが、この映画が存在しなければ、、、またこの映画がパブリックドメインにならなければ、、、世界中にゾンビ映画が急速に広まらなかったわけです。そういうわけで映画やらゲームやらで僕らがゾンビ、ゾンビと楽しめる機会を大いに作ってくれた作品ということは間違いないかと思います。今日のゾンビ映画、ゾンビドラマは、今作品の子供たち、孫たちのようなものです。

 

1968年10月1日にピッツバーグで初演された後、ナイト・オブ・ザ・リビングデッドは最終的に国内で1,200万 ドル、海外で1,800万ドルの収益を上げ、予算の250倍以上を稼ぎ、これまでで最も収益性の高い映画作品の1つになりました。製作費は11万4000ドル。

今作品ではゾンビと翻訳されていますがゾンビという言葉使われておらず、グールとなっています。この映画は現代のゾンビ映画の出発点の1つと見なされていますが、脚本自体がこの言葉を使用することはありませんでした。実際、ロメロは後に、映画の敵対者がハイチのゾンビとは十分に異なるため、ロメロが2つの生き物の類似点を積極的に回避していることを認め、彼は微妙に触発された可能性があると述べています。

 

amazonプライム・ビデオ

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド あらすじ(ネタバレ)

兄弟のバーバラとジョニーは、ペンシルベニア州の田舎にある墓地に車で行き、父親の墓を訪れます。彼らのカーラジオは技術的な問題のために放送を停止します。彼らが去るとき、ボロボロのスーツを着た奇妙な男(グール/ゾンビ)がジョニーを殺し、バーバラを襲います。彼女は逃げて農家に避難しますが、そこに住んでいた女性が死んで食べかけになっているのを見つけます。彼女は、墓地から来た男が率いる奇妙なゾンビが家に近づいてくるのを目にします。ベンという男が到着し、窓やドアに乗り込んで農家を確保し、クローゼットの中で見つけたライフルと火でグール(ゾンビ)を追い払います。彼は以前にゾンビが恐れていることを発見しました。

ショックで緊張状態 にあるバーバラは、ハリー・クーパーとトムが地下室から出てきたときに驚いた。ハリーは、同じモンスターのグループが彼らの車をひっくり返し、カレンを噛み、彼女を深刻な病気にした後、妻のヘレンと彼らの若い娘のカレンと一緒にそこに避難してきました。トムは一連の残忍な殺害についての緊急放送を聞いた後、ガールフレンドのジュディと一緒に到着しました。トムはベンが農家を確保するのを手伝い、ハリーはセラーに戻る前に安全ではないと怒って抗議します。グール(ゾンビ)は増え続ける数で農家を包囲し続けています。

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
避難民は、共食いの生き返った死体の軍隊と、グール(ゾンビ)を殺すために田舎を巡視している武装した男たちの集団によって、米国の東海岸で大量殺戮の波が犯されたというラジオとテレビの報道を聞いています。彼らは、ベンが発見したように、銃弾や頭への激しい打撃、または炎によってグール(ゾンビ)を止めることができること、そしてさまざまな救助センターが避難と安全を提供していることを確認します。科学者たちは、金星からの帰りに地球の大気中で爆発した宇宙探査機からの放射線が原因で蘇生が起こっていると理論づけています。

ベンは、カレンの医薬品を入手し、トラックに燃料を補給してグループを救助センターに輸送する計画を考案しました。ベン、トム、そして近くのガスポンプに向かいガス欠のトラックに給油しようとした際に、ポンプからガスがこぼれ、トラックが発火して爆発し、トムとジュディが死亡しました。ベンは一人で家に戻り、ハリーが彼を戻さないときはドアを壊さなければなりません。ベンは彼の臆病さでハリーを打ち負かします。グール(ゾンビ)がトムとジュディの残骸をごちそうしている間、残りの生存者は逃げ道を見つけようとします。しかし、グール(ゾンビ)はバリケードを突破します。その後の混乱の中で、ハリーはベンに撃ち殺され、カレンは怪我で亡くなり、生き返り、父親の遺骨を食べ始め、ヘレンを石積みで刺して死にました。バーバラは緊張病状態から回復し、ベンがグール(ゾンビ)を締め出すのを助けようとしますが、生き返ったジョニーと他のグール(ゾンビ)に引きずり出されます。

大群が家に侵入すると、ベンは地下室に避難し、そこでハリーとヘレンの生き返った死体を撃ちます。翌朝、武装した集団が到着し、その地域に残っているグール(ゾンビ)を討伐し始めます。彼らの銃撃とサイレンによって目覚めたベンは地下室から現れますが、彼らが彼をゾンビと間違えると撃たれて殺されます。彼の体は焚き火に投げ込まれ、残りのグール(ゾンビ)と一緒に燃やされます。

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド スタッフ

監督:
脚本:
原案:
製作:,
音楽:
撮影:(クレジット無し)
編集:(クレジット無し)
特撮:
配給:

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド キャスト

ベン
演 –
本作の主人公。ゾンビに襲われたバーバラが逃げ込んだ民家にやってきた黒人男性。ドアや窓を塞ぎゾンビの侵入を防いだり、民家から銃を探し出すなど、比較的冷静に事態に対処する。
バーバラ
演 –
本作のヒロイン。兄を襲われた恐怖と混乱から茫然自失となり、最後はゾンビ化したジョニーに襲われて行方不明になる。
ハリー・クーパー
演 –
自己中心的な中年男性。ゾンビへの対処にも消極的で、ベンとの軋轢の原因となる。
ヘレン・クーパー
演 –
ハリーの妻。絶望的な状況の中で夫に対しての不満を募っている。
トム・レノックス
演 –
最初に民家へ逃げ込んでいた青年。ベンには比較的協力的でトラックを運転できるため、脱出のために手を打とうとするが、結果的に悲劇を招く。
ジュディ・ジャクソン
演 –
トムの恋人。トムを案じるあまり突発的な行動に出て、事態を悪化させてしまう。
カレン・クーパー
演 –
クーパー夫妻の娘だが、すでにゾンビに噛まれて意識朦朧の状態に陥っている。
ニュースキャスター
演 –
共同墓地のゾンビ
演 –
序盤からラストまで登場する見せ場の多いゾンビ。
ウォルト・マクレラン
演 –
舞台となるバトラー郡でゾンビ退治の先頭に立つ保安官。「一度死んでいるので動きが鈍い」「火を恐れる」「頭部を破壊すると動きを停止する」といったゾンビの特徴は彼の口から語られる。
リポーター
演 –
ジョニー・ウィルソン
演 –
バーバラの兄。物語の序盤でゾンビに襲われて死亡するが、終盤にゾンビ化して再登場し、バーバラを連れ去った。
ワシントンリポーター
演 –

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ジョージ・A・ロメロ ゾンビ映画

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
ナイト・オブ・ザ・リビングデッドは、ジョン・A・ルッソの原作を、CM監督出身のジョージ・A・ロメロが監督した歴史的作品であり、ゾンビ映画の記念碑的作品である1968年公開のアメリカのホラー映画。全編に横溢するカニバリズムや反モラル的ラストなど当時のタブーに挑戦した内容は、根底に流れる独自のヒューマニズムが制作当時の世相を反映しており、賛否両論あったがロングランを続けた。結果として、ニューヨーク近代美術館にも所蔵されるカルト・クラシックとなっており、アメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録されている。リチャード・マシスン原作のSFサスペンス小説『アイ・アム・レジェンド』に感銘を受けていたロメロが...
ゾンビ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
ゾンビは、1978年9月にイタリアで公開されたジョージ・A・ロメロ監督のホラー映画。数多くのホラー作品を手掛けている映画監督のダリオ・アルジェントが音響効果、ヨーロッパ公開版の監修および一部プロデュースを担当して制作費を集め、ヨーロッパでの配給権を得た。当時、無名だったロメロは、本作で一躍知られるようになった。 ゾンビ 映画批評・評価・考察 ゾンビ(原題: Dawn of the Dead) 脚本:40点 演技・演出:18点 撮影・美術:17点 編集:7点 音響・音楽:8点 合計90点 もう何回くらい見たのかなぁ~と回数が分からないくらい見た映画です。かといって鮮...
死霊のえじき|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
死霊のえじきは、1985年公開のアメリカ合衆国の映画。『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』から続く、ロメロが手がけたゾンビ三部作の第3作目である。7年前に制作された前作『ゾンビ』に引き続き、ダリオ・アルジェントと共同で制作する予定であったが、ヨーロッパの通貨に対して米ドルが高騰したため、アルジェント側からの協力が得られなくなった。単独で資金を調達することになったロメロは脚本を大幅に変更し、規模を縮小して本作を製作した。前作にフラン役で出演したゲイラン・ロスが本作のキャスティングスタッフ、ドライバーゾンビを演じたジョン・ハリソンが本作の音楽と第二助監督を担当し、キャスティングディレクターを務めた...
ランド・オブ・ザ・デッド|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
ランド・オブ・ザ・デッドは、2005年公開のアメリカ・カナダ・フランス合作映画。ジョン・レイグザモ、サイモン・ベイカー、デニス・ホッパーなどの豪華キャスト。『ゾンビ』などのヒット作で世界中にファンを持つロメロが、約20年ぶりにメガホンを取ったゾンビ映画である。残虐性の裏にあるテーマは、過去の作品でロメロが提唱してきた「世界事情(戦争・紛争など)の他方向からのアプローチ」であり、一握りの強者が多数の弱者を力で押さえ込もうとする覇権主義の姿を色濃く取り入れている。作中では明らかにされていないが、時系列上ではゾンビ発生から3年後であり、ピッツバーグで復活した共和党が作った都市が舞台である。 ラ...
ダイアリー・オブ・ザ・デッド|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
ダイアリー・オブ・ザ・デッドは、2007年公開のアメリカ合衆国の映画。ゾンビ映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督による作品。主観映像によるフェイクドキュメンタリータッチの作品となっている。ハンディ・カメラに映し出される極限の世界。目前に迫りくる恐怖を“体感”せよ。 ダイアリー・オブ・ザ・デッド 映画批評・評価・考察 ダイアリー・オブ・ザ・デッド(原題:Diary of the Dead)脚本:25点演技・演出:11点撮影・美術:13点編集:6点音響・音楽:6点合計61点 期待値が高かったので、今一つの出来栄えにちょっとがっかりしてしまったのが正直な感想です。前作の『ランド・オブ・ザ・...
サバイバル・オブ・ザ・デッド|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
サバイバル・オブ・ザ・デッドは、2009年公開のアメリカ合衆国の映画。ゾンビ映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督によるゾンビ映画『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の続編。過去にロメロが制作したゾンビ映画では「ゾンビに噛まれた生者もゾンビになる」という設定だったが、本作ではそれに加えて「ゾンビを噛んだ生者もゾンビになる」という描写が見られる。 サバイバル・オブ・ザ・デッド 映画批評・評価・考察 サバイバル・オブ・ザ・デッド(原題: Survival of the Dead)脚本:24点演技・演出:13点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:6点合計64点 『ダイアリー・オブ・ザ・デッド...