スポンサーリンク

エスター|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

エスター
この記事は約7分で読めます。

2009年公開のアメリカ合衆国の映画。※米国、カナダ、ドイツ、フランスの国際共同制作。原題の『Orphan』とは「孤児」という意味。ある家族に養子として引き取られた美少女エスターが巻き起こす惨劇を描いたサイコスリラー映画。監督はジャウム・コレット=セラ。2,000万ドルの予算に対して、世界中で7,800万ドルの収益を上げました。前日譚にあたる『エスター:ファースト・キルOrphan: First Kill(原題)』が製作公開予定となっている。

エスター 映画批評・備忘録


エスター(原題:Orphan)

脚本:36点
演技・演出:18点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計85点

子役の演技力が凄まじく上手いです。エスター役イザベル・ファーマン、ダニエル役のジミー・ベネットもそうですが、マックス役のアリアーナ・エンジニアの演技力が超自然でいて豊かです。とても可愛らしい彼女の表情ひとつひとつが観客の感情を動かします。アリアーナは、現実も難聴者で、この役は母親と手話を使っているところを目撃され、隣人でタレントエージェントのブレンダ・キャンベルがプロデューサーに推薦して抜擢されました。現在は女優業を引退し、学業に専念しているようです。イザベルとダニエルは元々人気子役でしたので見かけることが多いかと思います。

この映画に似た筋書きの『殺人犯』という香港映画があるのですが、これもエスターと同じ障害を持った少年の話になります。話の筋が似てはいるのですが、表現方法が大雑把なところがいかにも香港映画という感じでした。それはそれで面白いんですよ。



監督のジャウム・コレット=セラは、名プロデューサーのジョエル・シルバーが見出したスペインの天才なのですがデビュー作の『蝋人形の館』も面白かったですが、ブレイク・ライブリー主演の『ロスト・バケーション』も非常によくできたスリラー映画でした。エスターもそうですが、登場人物の感情表現の見せ方や背筋がゾクっとする演出が上手い監督です。

amazonプライム・ビデオ

エスター あらすじ(ネタバレ)

ケイトとジョン・コールマンの結婚は、アルコール依存症をリハビリ中であるケイトに特に大きなショックをもたらす3人目の子供ジェシカの死産後にナーバスになっています。夫婦は地元の孤児院から9歳のロシアの女の子、エスターを養子にすることにしました。5歳の聴覚障害者の娘マックスはすぐにエスターを抱きしめますが、12歳の息子ダニエルは彼女に向かって冷たく振る舞います。

ある夜、エスターが彼らの生活に入ってから物事がどのようになったかについて話した後、ジョンとケイトはエスターが彼らを邪魔する前にセックスを始めます。エスターが同年代の子供に予想されるよりもはるかに多くのセックスの知識を表明すると、ケイトは疑わしくなりますが、ジョンは彼女が以前の里親からこれを学んだかもしれないと結論づけています。その後、エスターは敵対的な行動を示し、負傷したハトを殺します。これは、子供の精神病質行動の前兆であることに広く関連する行為であり、いじめっ子の同級生を公園の登山フレームから押し出して負傷させ、ケイトの疑いを助長します。

孤児院の長であるシスター・アビゲイルが家族を訪ね、ケイトとジョンにエスターを取り巻く他の悲劇的な出来事について警告します。その後、エスターはマックスを道路に押し込むことでアビゲイルを餌にします。彼女は車を持って少女に轢かれそうになった。恐ろしい、シスター・アビゲイルはマックスをチェックするために急いでいます。エスターはシスター・アビゲイルの後ろを歩き、ハンマーで頭を槌で叩きます。彼女は意識を取り戻す道からさらに引きずり出されます。エスターは同じハンマーで彼女を仕上げ、ダニエルの樹上の家に証拠を隠して、彼女の体を溝に押し込みます。彼女はダニエルが彼女をスパイしているのを捕まえ、彼に尋問し、彼が両親に言うと彼を殺すと脅します。

ケイトがエスターの行動が不吉であるとさらに確信するようになると、ジョンはエスターがケイトのために何か良いことをすることを提案します。エスターはジェシカの墓から花束を持ってきて、ケイトを怒らせます。ケイトはそれに応じてエスターの腕を大まかにつかみます。その夜遅く、エスターは故意に腕を骨折し、ケイトを非難し、2本のワインボトルを購入するように導きました。しかし、彼女は飲むことに抵抗し、ボトルの1つを空にします。翌日、エスターは車のブレーキを解除し、Maxを中に入れて対向車に巻き込みます。エスターが台所で見つけたワインボトルを指摘すると、ジョンとケイトのセラピストであるブラウニング博士は、ケイトがリハビリに戻ることを提案し、ジョンは彼女が拒否した場合、彼女と離婚すると脅します。ケイトは後に、エスターがエストニアの精神病院から来たことを発見しました そして孤児院のエスターは、彼女が出身であると主張し、彼女の記録はありません。

ダニエルがマックスからシスター・アビゲイルの死を知り、樹上の家を探すと、エスターはそれを燃やし、ダニエルを倒し、意識を失い、重傷を負わせます。エスターは彼を殺そうとしますが、マックスによって阻止されます。ダニエルが病院にいる​​間、エスターは彼を窒息死させます。疑惑が確認されたケイトは十分に余裕を持って殴打したが、身体的に拘束され鎮静化された。その夜、エスターは酔っ払ったジョンを誘惑しようとします。ジョンは彼女の行動のためにエスターを孤児院に送り返すと脅します。

病院で、ケイトはサーン研究所のヴァラヴァ博士から連絡を受け、エスターが実際にはソビエト連邦のエストニアで生まれたリーナ・クラマーという33歳の女性であることを知りました。彼女は下垂体機能低下症、つまり彼女の身体的成長を阻害し、比例した小人症を引き起こしたまれなホルモン障害を患っており、彼女は人生のほとんどを小さな女の子のふりをして過ごしてきました。ケイトはまた、リーナが養父を誘惑しなかった後、彼女を養子にした最後の家族を含む少なくとも7人を殺害し、エスターが手首と首につけているリボンが傷跡を隠して脱出しようとしていると言われていますがんじがらめ。その間、リーナは彼女の変装を取り除き、マックスが目撃したジョンを刺して死にました。ケイトが急いで家に帰った後、リーナは銃を手に取り、ケイトを撃つことを試み、腕を負傷させた。マックスは温室に避難しようとしています。リーナは撮影する家族を探し、ケイトはグラスの上に隠れようとします。リーナがマックスに発砲し始めた後、ケイトは叫び始め、リーナに彼女の場所を公開します。リーナはそれから彼女を撃とうとします、しかしケイトは屋根を突破して彼女の上に着陸します。

警察が到着するとケイトとマックスは逃げるが、リーナは凍った池の近くでケイトを攻撃し、ケイトから銃をノックアウトして氷の上に投げつけた。マックスはリーナを撃とうとしますが、氷を砕き、リーナとケイトを水中に送ります。ケイトは、リーナが彼女の足にしがみついて、登ります。リーナは、最後の必死の試みで、ケイトにナイフを後ろに隠しながら自分を救うように懇願します。ケイトはリーナに母親ではないと叫び、彼女のあごを蹴り、首を折って殺します。ケイトとマックスが警察に会うと、リーナは凍った池に沈みます。

もう一つのエンディング

別の結末では、血まみれの顔をしたエスターは、自分の部屋で化粧を塗り直し、学校の初日に着ていたドレスを着て、スタイケースの上から警察に自己紹介します。ケイトの電話を受けた後、彼女が家に着く前に到着した。その後、エスターは階段を下りて警察の群衆の中に入る。ジョンの死体はこのエンディングで見られますが、ケイトとマックスの運命は不明のままです。しかし、エスターの顔の過剰な血と彼女が濡れていないという事実のために、彼女がケイトとマックスを殺した可能性があります。

エスター スタッフ

監督:ジャウム・コレット=セラ
脚本:デヴィッド・レスリー・ジョンソン
原案:アレックス・メイス
製作:ジョエル・シルバー,スーザン・ダウニー,ジェニファー・デイヴィソン・キローラン,レオナルド・ディカプリオ
製作総指揮:スティーヴ・リチャーズ,ドン・カーモディ,マイケル・アイルランド
音楽:ジョン・オットマン
撮影:ジェフ・カッター
編集:ティム・アルヴァーソン
製作会社:ダーク・キャッスル・エンターテインメント,アッピアン・ウェイ・プロダクションズ
配給:ワーナー・ブラザース

エスター キャスト

ヴェラ・ファーミガ
ピーター・サースガード
イザベル・ファーマン
ジミー・ベネット
アリアーナ・エンジニア
CCH・パウンダー
ローズマリー・ダンズモア

エスター 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ