スポンサーリンク

ゲット・アウト|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ゲット・アウト
この記事は約9分で読めます。

2017年公開のアメリカ合衆国の映画。白人のガールフレンドの実家を訪れたアフリカ系アメリカ人の青年が体験する恐怖を描く。監督・脚本はジョーダン・ピール、主演はダニエル・カルーヤが務めた。ヒットの仕掛け人、ジェイソン・ブラム製作。全米初登場NO.1!米映画レビューサイト99%の高評価!

ゲット・アウト 映画批評・備忘録



ゲット・アウト(原題: Get Out)

脚本:36点
演技・演出:18点
撮影・美術:17点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計87点

ポスターのインパクトが強烈で、いったいどんなホラーなんだろうか?と気になっていた映画でした。
ただ、なかなか見てみようと思うまで、時間がかかってしまい結局、劇場ではなくアマゾン・プライムで見ました。あの沈んでいく映像を見せられるなら劇場の方が良かったなと思いました。

作品をよく表したポスターであるものの、見終わってみて、勿体ないな。と思いました。作品はとても素晴らしいのですが、日本人はこのポスターでは見にいかない。『ハッピー・デス・デイ』も大ヒット間違いないような素晴らし内容でしたが日本では特段ヒットすることもありませんでした。

ハッピー・デス・デイ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2017年公開のアメリカ合衆国の映画。マスクを被った謎の人物に殺される誕生日を何度もループする女子大生を描いたタイムリープホラー。世界興収135億円突破!時を駆けるビッチが誕生日に何度も殺されまくる?自己中でイケイケな女子大生が、“殺される誕生日”を何度もくり返しながら殺人鬼の謎に迫っていくタイムループ型学園ホラー!無名のキャスト&監督にもかかわらず大作『ブレードランナー2049』を押さえ、全米初登場No.1を獲得!世界興収も約135億円を超える大ヒットを記録(2019年2月時点) ハッピー・デス・デイ 映画批評・備忘録 ハッピー・デス・デイ(原題: Happy Death Day...

日本人向けのPRが上手くできていないように思います。ポスターやPRの仕掛けは大事なんです。

長らくコメディアンとして活躍してきたジョーダン・ピールにとって、本作は監督デビュー作であると共に初めて製作に携わったホラー作品ででした。長らく「ホラー映画に取り組んでみたい」と公言してきたピールでしたが、監督デビュー作がコメディ作品ではなかったことは少なからぬ驚きを与えました。

このことに関して、ピールは「ホラーとコメディは、多様な要素が絡み合いながら展開しているという点で似ている」「コメディアンとしての経験は、ホラー映画を監督するための訓練にもなっていたんだ」と説明しています。また、ピールはレイシズムをテーマに盛り込んでいることに関して「ストーリーは個人的な経験に依るところもある」と述べる一方で、「自伝的な作品ではない」と明言しています。


amazonプライム・ビデオ

ゲット・アウト [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥2,075(2021/10/12 00:59時点)

ゲット・アウト あらすじ(ネタバレ)

クリス・ワシントンは恋人であるローズの実家に挨拶へ行くことになった。クリスが「何故君は僕が黒人であることを両親に伝えないのか」と尋ねると、ローズは一瞬動揺した素振りを見せたものの、「父さんと母さんは人種を気にするような人たちじゃないわ。貴方のことを歓迎してくれるはずよ」と答えた。ニューヨークの高級住宅街にあるローズの実家へ向かう途中、2人の乗る車は鹿に衝突した。クリスは撥ねてしまった鹿を見て何かを思い出していた。事故現場にやって来た警官がクリスに横柄な態度を取ったため、ローズは警官を一喝した。その一方で、事態をこじらせたくないクリスは、不快に思いつつも警官の質問に答えていった。
ゲットアウト
アーミテージ家に到着した2人は、ローズの両親であるディーンとミッシーから温かい歓迎を受ける。ディーンの案内で家を回ったクリスは、甲斐甲斐しく働くジョージナとウォルターに挨拶する。クリスはミッシーから「禁煙のために催眠療法を受けなさい」と言われたが、丁重に断った。家を一通り見て回った後、ディーンとミッシーから「明日はパーティーがあるんだ」と告げられたローズは露骨に嫌な顔をしたが、クリスは特に気にも留めなかった。クリスはケンカとスポーツに明け暮れているローズの弟、ジェレミーにも会った。その日の夜、クリスが一服するために家の外に出ると、ウォルターが家の周りを全力疾走していた。ジョージナに至っては窓を凝視していた(夜の窓ガラスに映った自分の姿に見惚れていた)。2人の奇行に恐怖を感じたクリスはミッシーの部屋に駆け込んだが、そこで彼は強制的に催眠療法を受けさせられた。催眠によって、クリスは母親が亡くなった夜を思い出す羽目になった。母親はローズと自分が撥ねた鹿と同じようにひき逃げに遭っており、子供だったクリスはその知らせを聞いてもショックのあまり動けず、何もできなかったのだという。催眠療法の最中、何故かミッシーは紅茶の入ったティーカップをスプーンで頻繁にかき混ぜ、音を鳴らしていた。
ゲットアウト
翌日、クリスは煙草を見ると強烈な不快感を抱くようになっていた。クリスはウォルターに話しかけたが、彼は昨夜の全力疾走はただの運動だった、などと決まり切ったことしか言わなかった。そうこうしているうちに、パーティーの招待客が続々とアーミテージ家にやって来た。ディーンは半ば興奮して招待客をクリスに紹介した。ほとんどの招待客が白人だったこともあって、クリスは少々気分を害した。黒人差別を受けているわけではないが、やたらとクリスのことを褒め、黒人の社会的待遇を聞いたり、ゴルフ経験を聞くだけでなくスイングを見せてくれと言われたり、体格を触って調べたりしてくる客ばかりだった。さらには、盲目の画商ジム・ハドソンに「僕は君の写真が大好きなんだ」と言われた。居心地が悪いクリスはアーミテージ家の2階に上がると、何故か招待客全員が静まり返り、2階を見上げていた。まるで客のほとんどがクリスを見るために訪れたようだった。

気分が悪くなる一方のクリスは、友人のロッドに連絡を取ろうとしたが、携帯電話の充電が切れていることに気がついた。ジョージナが充電コードを勝手に抜いていたのである。クリスはジョージナを詰問したが、彼女は「清掃中に誤って抜けてしまったんです。申し訳ありません」という。しかし、クリスが「パーティーの招待客が白人ばかりだから、僕はいらいらしているんだ」と言った途端、ジョージナは狂ったように「No, No, No…」と繰り返し、涙を流しながら笑い出してどこかへ行ってしまった。その後、クリスはローガンに出会った。ローガンはずっと年の離れた白人女性と結婚した黒人の青年で、アーミテージ家で働くスタッフと同様に感情表現に乏しく、まるで白人のような振る舞いだった。クリスはローガンの写真を撮ろうとしたが、フラッシュをオフにするのを忘れていた。光を浴びた瞬間、ローガンは突然鼻血を出しながら「Get out! Get out!(出ていくんだ!出ていくんだ!)」と叫びはじめ、クリスに襲いかかってきた。ローガンはミッシーの部屋に連行された。催眠療法を受けたローガンはすっかり落ち着きを取り戻していた。

気分転換のためにクリスがローズと外出していた頃、アーミテージ家では怪しげなオークションが開かれていた。が、その対象はなんとクリスであった。そしてオークションの結果、盲目の画商ハドソンが“落札”した。クリスとローズが家に戻る頃、招待客の白人は続々と帰っていくところだった。家に入る際ウォルターとジョージナは怪しげに微笑み、ジェレミーはウクレレを弾き、ディーンとミッシーもこちらを凝視していた。クリスはもう我慢の限界だったため、ローズにその事を伝え急遽帰ることになる。ローズが身支度をしている間クリスは自宅で愛犬の世話を任せているロッドに、倍ほど年上に見える白人の女といたローガン・キングの事を話す。ロッドは何やらピンときたようでネットで何かを調べ始める。実はその日パーティーで出会ったローガン・キングとは、以前から行方不明になっていた「アンドレ・ヘイワース」である事が判明した。二人は得体の知れない不安を感じ始めた。ロッドは警察署に行き、クリスの事を色々と話したが信じてもらえずまともに相手にされなかった。クリスは、部屋の奥にドアが開いているクローゼットを見つけそこに向かうと赤い箱があり開けるとローズが写っている写真が入っていた。その中には黒人のボーイフレンドらしき人物と写っている写真が何枚もありクリスはなおさら奇妙に思った。するとそこへ身支度を終えたローズが来た。やっと帰路につけるかと思えたその矢先、ローズが車の鍵を失くしたという。ローズが鞄の中を探している間にクリスは一階に下り、玄関のドアを開けようとするとタイミングを合わせたかのようにディーン、ミッシー、ジェレミーが3方向からやってくる。クリスはローズにまだ鍵は見つからないのかと問い詰めるがローズは見つからないため戸惑っている。だが、クリスはそれ以上に戸惑っているため思わずローズを怒鳴ると、ローズは鍵を手に持ちこれは渡せないと言う。そこからクリスは再び催眠術をかけられる。

クリスは地下室の椅子に縛り付けられて目覚めた。ビデオプレゼンテーションで、ローズの祖父ローマンは、家族が彼らの脳を他の人の体に移植し、彼らに好ましい身体的特徴とねじれた形の不死を与えていると説明する。ハドソンはクリスに、ホストの意識は沈んだ場所にとどまり、意識はあるが無力であると言う。アーミテージは主に黒人を対象としているが、ハドソンはクリスの体を視覚と写真撮影のスキルのためだけに望んでいることを明らかにする。ミッシーは催眠術をかけ、クリスをノックアウトした。

ゲットアウト
ジェレミーが手術のためにクリスを連れてくると、クリスは椅子から引っ張った綿の詰め物で耳を塞ぐことで催眠術をブロックし、意識を失った。彼はディーンに鹿の角の角を突き刺し、ディーンにろうそくをたたき、ハドソンを中に入れて手術室に火を放った。クリスはミッシーを殺しますが、ジェレミーがドアに向かっているときに攻撃される。彼は車に乗る前にジェレミーを圧倒して殺し、ジョージナを襲いました。彼は母親の死を思い出し、ジョージナを車に運ぶ。しかし、ローズの祖母マリアンヌに取り憑かれた彼女は彼を攻撃します。闘争の最中に車が墜落し、彼女を殺した。

ローズは、ローマンに取り憑かれているウォルターと一緒に彼を捕らえた。クリスは携帯電話のフラッシュを使ってローマンを無力化し、ウォルターが自分の体のコントロールを取り戻すことができるようにした。ウォルターはローズのライフルを手に取り、彼女を胃の中で撃​​ち、自分自身を撃ち、彼とローマンの両方を殺した。クリスはローズの首を絞めた。ロッドはTSAの車に到着し、クリスを救助し、ローズを道路に放置した。

ゲット・アウト スタッフ

監督:ジョーダン・ピール
脚本:ジョーダン・ピール
製作:ジェイソン・ブラム,ショーン・マッキトリック,エドワード・H・ハム・Jr.,ジョーダン・ピール
製作総指揮:レイモンド・マンスフィールド,クーパー・サミュエルソン,ショーン・レディック,ジャネット・ボルトゥルノ
音楽:マイケル・エイブルズ
撮影:トビー・オリヴァー
編集:グレゴリー・プロトキン
製作会社:パーフェクト・ワールド・ピクチャーズ,ブラムハウス・プロダクションズ,QCエンターテインメント
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ,東宝東和

ゲット・アウト キャスト

クリス・ワシントン – ダニエル・カルーヤ
11歳のクリス – ザイランド・アダムス
写真家の黒人青年。
ローズ・アーミテージ – アリソン・ウィリアムズ
大学生。クリスの恋人の白人女性。
ミッシー・アーミテージ – キャサリン・キーナー
ローズの母親。催眠術を使用する心理療法家。
ディーン・アーミテージ – ブラッドリー・ウィットフォード
ローズの父親。脳神経外科医。
ジェレミー・アーミテージ – ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
ローズの弟。医学生。
ロッド・ウィリアムス – リル・レル・ハウリー
クリスの親友。黒人系。TSA(運輸保安庁)に勤務している。
アンドリュー・ローガン・キング – ラキース・スタンフィールド
アーミテージ家のパーティに招かれた客。黒人系。
ジョージナ – ベッティ・ガブリエル
アーミテージ家の使用人。黒人系。
ウォルター – マーカス・ヘンダーソン
アーミテージ家の庭の管理人。黒人系。
ジム・ハドソン – スティーヴン・ルート
盲目の画商。クリスの写真も審査しているという。

ゲット・アウト 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ
ゲット・アウト [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥2,075(2021/10/12 00:59時点)