スポンサーリンク

13日の金曜日|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

13日の金曜日
この記事は約5分で読めます。

1980年公開のアメリカ合衆国の映画。13日の金曜日とは、英語圏の多くとドイツ、フランスなどの迷信において不吉とされる日である。クリスタルレイクを舞台に、若者達が次々と正体不明の殺人鬼に惨殺されて行くというホラー・シリーズの記念すべき第1作。2009年に同名の『13日の金曜日』リブート版が公開されている。

13日の金曜日 映画批評・備忘録


13日の金曜日(原題:FRIDAY THE 13TH)

脚本:33点
演技・演出:16点
撮影・美術:14点
編集:9点
音響・音楽:9点
合計81点

キッキッキッキッキッ・・マッマッマッマッマッという最怖のBGMのような効果音が今作の代名詞のようになりましたが、元はキル・ママというジェイソンの叫びをBGM化したものです。

今作品、ホッケーマスクのジェイソンは出てこないどころか、ネタバレになりますが夢落ちシーンにしか出てこないんです。全世界に衝撃を与えた映画ですが、ラストシーンを除けば、さっぱり覚えていない。。。

それだけワンシーンの衝撃度が高かったという意味では、トラウマ映画として、意外とよくできた演出と脚本です。

amazonプライム・ビデオ

13日の金曜日 あらすじ(ネタバレ)

1958年6月13日金曜日のニュージャージー州ブレアーズタウンから少し離れた美しいキャンプ場、クリスタル・レイク。その緑深い美しい地が“呪われたキャンプ場”と呼ばれるようになったのは、その日に起こった若い男女の惨殺事件が原因だった。人々は、その地を恐れ、近づくことをためらった。

それから月日は流れ、そのいまわしい事件も忘れられかけた現在。スチーブ(ピーター・ブロウワー)を会長とする8人の若者たちの間で、そのキャンプ場の復活計画がすすんでいた。アリス(エイドリアン・キング)、ビル(ハリー・クロスビー)、ブレンダ(ローリー・バートラム)、スチーブの4人はすでに到着し復旧作業を開始していた。マーシー(ジャニーヌ・テイラー)、ジャック(ケビン・ベーコン)、ネッド(マーク・ネルソン)、アニー(ロビー・モーガン)らも、現地に向けて出発していた。ただひとりヒッチハイクで向っていたアニーが、途中、ブレアーズタウンの人々の不安な様子を見、さらに呪われた無気味な予言を聞いた。

そして、その予言どおりアニーは第一の犠牲者となった。続いてネッドがバンガローで殺され、ベッドの上でジャックとマーシーが惨殺された。ストリップ・モノポリ・ゲームに興じていたブレンダは、雨の中を自分のバンガローに戻って行ったが、やがて、誰もいないはずのアーチェリー練習場の照明の点滅と共に姿を消す。ブレンダの悲鳴を聞いたアリスは、やっとキャンプ場の異変に気づき、ビルと共に警察に連絡しようとするが、すでに電話線は切られていた。一方、町に出かけていたスチーブは、途中車が故障しながらも、なんとかキャンプ場まで戻った。しかし、その途端第6の犠牲者となった。

やがてビルも殺され、1人残されてしまったアリスは長い夜を恐怖のうちに過ごしていた。その時、突然扉が開き、見知らぬ中年の女性が入ってきた。その女性ボリーズ夫人(ベッツィ・パーマー)は、アリスに全てを語り出した。彼女の幼ない息子は、数年前キャンプ場の湖で溺れかかったが、監視官はそれぞれの快楽に耽り子供は見殺し同様に死んでいった。ボリーズ夫人は、ショックからキャンプ場を開こうとする者たちを憎み、殺人を犯したのだった。アリスは、この狂人と化した母親と格闘し、遂に相手を倒し、生命を取りとめるのだった。

13日の金曜日 スタッフ

監督:
脚本:
製作:
製作総指揮:
音楽:
撮影:
編集:
製作会社:,
配給:,

13日の金曜日 キャスト

ボーヒーズ夫人:
アリス:
ビル:
ジャック:
マーシー:
ネッド:
ブレンダ:
アニー:
スティーヴ:
ティアニー:
ラルフ:
トラック運転手(エノス):
ジェイソン:

13日の金曜日 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

13日の金曜日 シリーズ

13日の金曜日|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1980年公開のアメリカ合衆国の映画。13日の金曜日とは、英語圏の多くとドイツ、フランスなどの迷信において不吉とされる日である。クリスタルレイクを舞台に、若者達が次々と正体不明の殺人鬼に惨殺されて行くというホラー・シリーズの記念すべき第1作。2009年に同名の『13日の金曜日』リブート版が公開されている。 13日の金曜日 映画批評・備忘録 13日の金曜日(原題:FRIDAY THE 13TH) 脚本:33点 演技・演出:16点 撮影・美術:14点 編集:9点 音響・音楽:9点 合計81点 キッキッキッキッキッ・・マッマッマッマッマッという最怖のBGMのような効果音...
13日の金曜日 PART2|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1981年公開のアメリカ合衆国の映画。前作でヒロインを演じたエイドリアン・キングはこれをきっかけに狂信的なストーカーに狙われるようになり、命の危険まで感じるようになってしまったため、本作ではわずかな登場にしてもらい、冒頭で殺されるという設定になり、女優業を引退した。 13日の金曜日 PART2 映画批評・備忘録 13日の金曜日 PART2(原題:FRIDAY THE 13TH PART II) 脚本:23点 演技・演出:13点 撮影・美術:14点 編集:6点 音響・音楽:7点 合計63点 前作のヒロイン(アリス)を演じたエイドリアン・キングが前作をきっかけに狂信的...
13日の金曜日 PART3|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1982年公開のアメリカ合衆国の映画。本作は、3D映画「13日の金曜日 PART3D」(“Friday the 13th Part 3D”)として1982年に劇場公開されており、カメラへ物が向かってくる演出が多用されている。 殺人鬼ジェイソンは、被害者を歩いて追いかけそして追いついて殺害するという印象を持たれているが、前作・本作のジェイソンは全力疾走で追いかけてくる。 また、ジェイソンの容姿が前作から変更され、ホッケーマスクをかぶった大男として設定されており、のちにこのホッケーマスクは彼のトレードマークとして知られるようになる。 13日の金曜日 PART3 映画批評・備忘録 ...
13日の金曜日 完結編|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1984年公開のアメリカ合衆国の映画。不死身の殺人鬼ジェイソンの最期を描いた(この当時の)シリーズ完結編。再び登板の御大トム・サヴィーニの特殊メイクをふんだんにフィーチャーし、ジェイソンの素顔も見せてのサービス過剰ぶりは最終章の名にふさわしい派手な物となった。 13日の金曜日 完結編 映画批評・備忘録 13日の金曜日 完結編(原題:FRIDAY THE 13TH - THE FINAL CHAPTER) 脚本:28点 演技・演出:14点 撮影・美術:15点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計71点 完結編と謳いながらトミー3部作の序章になる作品。そのトミー役コリー...
新・13日の金曜日|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1985年公開のアメリカ合衆国の映画。新シリーズとなっての第5弾。前作「完結編」でジェイソンを倒したトミー少年が成長し、またしても連続殺人の渦中に投げ出される事になる。自分が殺したはずのジェイソンが本当に復活したのかどうか、謎のまま進むストーリーはシリーズ中では異色。 新・13日の金曜日 映画批評・備忘録 新・13日の金曜日(原題:FRIDAY THE 13TH PART V: A NEW BEGINNING) 脚本:20点 演技・演出:12点 撮影・美術:14点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計60点 思い切りネタバレになりますが、、、 偽ジェイソンなので、...
13日の金曜日 PART6 ジェイソンは生きていた!|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1986年公開のアメリカ合衆国の映画。前作「新」は、ジェイソンに代わる新たな殺人鬼誕生の物語であったのだが、興行収入が期待したほどではなかったため、今作では強引な形で殺人鬼ジェイソンの復活のストーリー展開がなされた。本作は「新・13日の金曜日」の直後の話であるが、「新」の一番最後の場面(シリーズ得意の最後の最後のショックシーン)とはストーリーが繋がらず、その直前の場面からの続きとなっている。劇中でトミーが病院から脱走し、捜索願が出ているというセリフがある。なお、トミーの出番は今作で最後である。予告編はジェイソンの墓石に落雷し、棺桶がせり上がって蓋が開き、ジェイソンの骸骨が露になるというもので、...
13日の金曜日 PART7 新しい恐怖|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1988年公開のアメリカ合衆国の映画。超能力少女が登場、ジェイソン初の苦戦を強いられるシリーズ第7弾。幼い頃父を死に追いやったティナは、父を蘇らせようと誤ってジェイソンを復活させてしまう。 13日の金曜日 PART7 新しい恐怖 映画批評・備忘録 13日の金曜日 PART7 新しい恐怖(原題:FRIDAY THE 13TH PART VII: THE NEW BLOOD) 脚本:15点 演技・演出:13点 撮影・美術:13点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計56点 もはや13日の金曜日なのか?ジェイソンVSキャリーみたいな感じの映画になっています。ジェイソンの非...
13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1989年公開のアメリカ合衆国の映画。パラマウント映画製作としては最後の作品。ジェイソンがマンハッタンに上陸して大暴れするシリーズ第8弾。 13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ 映画批評・備忘録 13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ(原題:FRIDAY THE 13TH PART VIII: JASON TAKES MANHATTAN) 脚本:15点 演技・演出:14点 撮影・美術:13点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計56点 水の中に数年もいれば、骨だけになってそうなものの、そこはジェイソン、ちょっと腐敗しているだけゴリゴリマッチョを...
13日の金曜日 ジェイソンの命日|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1994年公開のアメリカ合衆国の映画。本作よりニュー・ライン・シネマによる製作となる。前作のラストとも全く繋がらず、シリーズとしては雰囲気も異なる。第1作の監督でもある、シリーズ生みの親ショーン・S・カニンガムが自ら製作にあたったシリーズ最終作。 13日の金曜日 ジェイソンの命日 映画批評・備忘録 13日の金曜日 ジェイソンの命日(原題:JASON GOES TO HELL: THE FINAL FRIDAY) 脚本:-20点 演技・演出:10点 撮影・美術:12点 編集:6点 音響・音楽:5点 合計13点 もはや、違う題材の映画の内容をコピーしてくるような映画に...
ジェイソンX 13日の金曜日|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2001年公開のアメリカ合衆国の映画。ある殺戮の騒動の末に冷凍保存されたジェイソンが、そのはるか未来に荒廃した地球から宇宙船に回収され宇宙へと飛び立つ。その後、自力で蘇生したジェイソンが結果的に閉鎖環境となった船内で船員を相手に殺戮を繰り広げるストーリー。 ジェイソンX 13日の金曜日 映画批評・備忘録 ジェイソンX 13日の金曜日(原題:JASON X) 脚本:29点 演技・演出:14点 撮影・美術:13点 編集:8点 音響・音楽:6点 合計70点 実はシリーズ最高傑作かも?と思えてしまう突き抜けたストーリーと演出の作品です。SFなので超駄作なんじゃないかと思っ...
フレディVSジェイソン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2003年公開のアメリカ合衆国の映画。エルム街の悪夢シリーズのフレディ・クルーガーと13日の金曜日シリーズのジェイソン・ボーヒーズが共演するクロスオーバー作品。 フレディVSジェイソン 映画批評・備忘録 フレディVSジェイソン(原題:Freddy vs. Jason) 脚本:30点 演技・演出:15点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計77点 13日の金曜日シリーズの連続投稿も、今作で終わり。続けてスプラッタームービーを見るのは疲れますね。スプラッター映画はあまり好きじゃないのですが、ジェイソンというキャラクターはコメディ色が強いというかモンス...
13日の金曜日|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2009年公開のアメリカ合衆国の映画。『13日の金曜日』のリブート・リメイク作品で、ストーリーや設定はオリジナルの1-4作目を詰め込んだ内容で、主人公役にはスーパー・ナチュラルのサム役で有名なジャレッド・パダレッキを起用して話題になった。ジェイソン役にはデレク・ミアーズ、パメラ役にはナナ・ヴィジターが起用された。監督は『悪魔のいけにえ』のリメイク、『テキサス・チェーンソー』を手がけたマーカス・ニスペル。制作はオリジナル1作目の監督ショーン・S・カニンガムとマイケル・ベイ。 13日の金曜日 映画批評・備忘録 13日の金曜日(原題:Friday the 13th) 脚本:24点 演...