1980年

1980年公開映画を紹介

洋画・年代別・興行収入ランキング

1980年代 洋画興行収入ランキング

1980年代 洋画興行収入ランキング 1980年 洋画興行収入ランキング 順位 作品名 配給収入 1位 スター・ウォーズ 帝国の逆襲 32.0億円 2位 007/ムーンレイカー 22.8億円 3位 地獄の黙示録 22.5億円 4位 クレイマー、クレイマー 16.0億円 5位 スター・トレック 11.0億円 6位 マッドマックス 10.8億円 7位 1941 8.6億円 8位 カリギュラ 6.0億円 9位 青い珊瑚礁 5.5億円 10位 バ...
邦画・年代別・興行収入ランキング

1980年代 邦画興行収入ランキング

1980年代 邦画興行収入ランキング 1980年 邦画興行収入ランキング 順位 作品名 配給収入 1位 影武者 26.8億円 2位 復活の日 23.7億円 3位 二百三高地 17.9億円 4位 ドラえもん のび太の恐竜 15.5億円 5位 戦国自衛隊 13.5億円 6位 ヤマトよ永遠に 13.5億円 7位 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 12.5億円 8位 男はつらいよ 寅次郎春の夢 12.2億円 9位 天平の甍 11.5億円 10位...
80点台の映画

野獣死すべし|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1980年公開の日本映画。大藪春彦の同名小説の映画化作品の一作である。松田優作が鬼気迫る演技で主演を務めたが、人物描写などに原作との差異が少なからず存在するため、原作とは同名異作のハードボイルド映画とする評価もある。 野獣死すべし 映画批評・備忘録 野獣死すべし 脚本:30点 演技・演出:19点 撮影・美術:18点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計82点 ハードボイルド映画の傑作として名高く、村川透監督、松田優作の作品の最高傑作と評されています。ハードボイルドって何?っていう方のために、あえて書きますが、『感傷や恐怖などの感情に流されない、冷酷非情、精神的・肉体...
80点台の映画

13日の金曜日|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1980年公開のアメリカ合衆国の映画。13日の金曜日とは、英語圏の多くとドイツ、フランスなどの迷信において不吉とされる日である。クリスタルレイクを舞台に、若者達が次々と正体不明の殺人鬼に惨殺されて行くというホラー・シリーズの記念すべき第1作。2009年に同名の『13日の金曜日』リブート版が公開されている。 13日の金曜日 映画批評・備忘録 13日の金曜日(原題:FRIDAY THE 13TH) 脚本:33点 演技・演出:16点 撮影・美術:14点 編集:9点 音響・音楽:9点 合計81点 キッキッキッキッキッ・・マッマッマッマッマッという最怖のBGMのような効果音...
70点台の映画

ゴースト/血のシャワー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1980年制作のカナダ・イギリス合作のホラー映画。大海原に浮かぶ巨大な密室と化した幽霊船を舞台に、忌まわしいナチスのイメージに斬新なアイデアを盛り込んで誕生したオカルト映画。1隻の鋼鉄船との衝突事故で海にさらされた豪華船の生存者が、その場に現われた無気味な船に乗り込んだことから、怪奇な事件に次々に巻き込まれるという恐怖を描く。 ゴースト/血のシャワー 映画批評・備忘録 ゴースト/血のシャワー(原題:Death Ship) 脚本:25点 演技・演出:17点 撮影・美術:14点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計70点 当時テレビで繰り返し放送されていた作品で、シャワ...
40点台の映画

マニアック|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1980年のアメリカ合衆国のホラー映画。『タクシードライバー』、『ロッキー』、『ロッキー2』などの名脇役として知られる俳優ジョー・スピネルが脚本・主演し、特殊メイクアップアーティストのトム・サヴィーニが特殊効果を担当するとともに、役者としても出演している。交友をもっていたシルヴェスター・スタローンが、未だ日の目を見なかった時代に企画した『ロッキー』によって成功したことに感化され、自作映画を企図し、今作で製作総指揮、脚本、主演を担った。なお、スピネルはキャロライン・マンローのファンで、この作品で彼女を出演させている。 マニアック 映画批評・備忘録 マニアック(原題:Maniac) ...
80点台の映画

復活の日|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1980年公開の日本映画。角川春樹事務所とTBSが共同製作し、東宝が配給した。アメリカ大陸縦断ロケや南極ロケを敢行し、総製作費は25億円とも32億円ともいわれたSF大作映画。 殺人ウイルスと核ミサイルの脅威により人類死滅の危機が迫る中、南極基地で生き延びようとする人々のドラマを描いた作品。 復活の日 映画批評・備忘録 復活の日(英題:Virus) 脚本:32点 演技・演出:17点 撮影・美術:18点 編集:6点 音響・音楽:8点 合計81点 小松左京原作、深作欣二監督、撮影は木村大作。従来の邦画の製作規模を超越している上に、原作を忠実に映像化しようとした意気込み...
70点台の映画

アリゲーター|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1980年公開のアメリカ合衆国のホラー映画、パニック映画。 スティーヴン・キングが大絶賛!良質なB級ホラーエンターテインメント作品にして元祖ワニパニック映画。といっても映画「ジョーズ」の大ヒットにより生物パニック映画ブームが起こり、この作品もその一つでピラニアでも脚本を書いたジョン・セイルズが今作の脚本を書いている。ピラニア同様、老若男女、子供も襲うアリゲーター。 アリゲーター 映画批評・備忘録 アリゲーター(原題:Alligator) 脚本:35点 演技・演出:12点 撮影・美術:12点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計73点 アリゲーターは主人公の女性が幼少...