スポンサーリンク

ポゼッション|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ポゼッション
この記事は約7分で読めます。

2012年制作のアメリカ合衆国のホラー映画。実話に基づいた物語を、サム・ライミがプロデュース!

ユダヤの民話に伝わる邪悪な魂を封じ込めたとされる“ディビュークの木箱”の記事がロサンゼルス・タイムズ紙に掲載された。背筋が凍りつくような話に多くの人々が魅了されたが、サム・ライミもまたこの真実の物語に魅了され、映画化されることになった。
その撮影中にも数々のエピソードがあり、悪魔祓いのシーンが撮影された“リバービュー精神病院”は瞬時に凍りつくような雰囲気があることで有名な廃墟で、部屋に入れないスタッフもいたり、本物のディビュークの木箱を離れた場所に保管しておいたにもかかわらず、とつぜん電球が破壊したりと怪奇的な裏話も尽きない。

ポゼッション 映画批評・備忘録


ポゼッション(原題:The Possession)

脚本:30点
演技・演出:17点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計77点

サム・ライミがプロデユースということもあり、期待しながら見ました。率直な感想は面白かったです。怖さもまずまず、ストーリーもまずまず、演出もまずまずで、過度な期待をしなければ丁度いいホラー映画でした。

米ドラマ『スーパーナチュラル』のジョン・ウィンチェースター役(サムとディーンの父親)が印象的だったジェフリー・ディーン・モーガンが主演で、ホラーものが得意というか演技力があって表情とか慣れたものです。最近は、米ドラマ『ウォーキング・デッド』のニーガン役で強烈なインパクトを残してますね。

妻役のキーラ・セジウィックは、ケヴィン・ベーコンが旦那で、『シングルス』が印象に残ってますし、結婚後もコンスタンスに映画出演しています。

シングルス|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1992年公開のアメリカ合衆国の映画。2組のカップルの恋愛の行方と、その周囲の人々の人間模様を描く。キャメロン・クロウ監督・脚本。ブリジット・フォンダやマット・ディロンなどの若手スターが多数出演。1990 年代初頭のシアトルでのグランジムーヴメントで有名なミュージシャンが出演しています。 シングルス 映画批評・備忘録 シングルス(原題:Singles) 脚本:35点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:7点 音響・音楽:9点 合計81点 大ヒットしたシアトル・サウンドにのせて若者たちの恋の物語が展開する。 キャメロン・クロウが監督・脚本なだけあって...

配役で面白いのはユダヤ教の牧師役のマスティヤフで、売れっ子レゲエ・ミュージシャンです。かなり様になっています。プライベートでも熱心なユダヤ教徒だったこともあり、キャスティングされたのかもしれません。

日米問わずホラー映画は、子供たちの演技がうまいことに見慣れてしまった感じですが、憑りつかれた少女を演じたナターシャ・カリスも姉役のマディソン・ダヴェンポートも圧巻の演技力でした。

ポスターが強烈なので相当怖い映画じゃないかと思えるんですが、悪魔祓い映画ではソフトな方だと思います。確かに怖いシーンも多いのですが、スプラッター要素がないのと家族愛の描写が強いので『エクソシスト』<『ポルターガイスト』な感じです。

エクソシスト|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1973年公開のアメリカ合衆国の映画。少女に憑依した悪魔と神父の戦いを描いたオカルト映画の代表作であり、その後さまざまな派生作品が制作された。本国において1973年の興業収入1位を記録した。第46回アカデミー賞の脚色賞と音響賞を受賞。 題名となっているエクソシストとは、英語で"悪魔払い(カトリック教会のエクソシスム)の祈祷師"という意味である。 エクソシスト 映画批評・備忘録 エクソシスト(原題:The Exorcist) 脚本:35点 演技・演出:19点 撮影・美術:19点 編集:8点 音響・音楽:9点 合計90点 オカルト・ホラーの金字塔といえば今作で、...
ポルターガイスト|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1982年公開のアメリカ合衆国の映画。ある平凡な一家を襲う怪奇現象を描いた SFXホラームービー。スティーヴン・スピルバーグが製作したホラーシリーズの第1作。本作の制作期間が『E.T.』の公開と重なり多忙を極めたスピルバーグは、監督をトビー・フーパーに任せ、自身は製作に回った。監督の重複契約が禁止されているためでもある。シリーズ出演者4名の急死(恋人による殺害、原因不明の病による死など、ほとんどが若年層で最年少は12歳)により、『ポルターガイスト』シリーズは「呪われた映画」と称された。2015年には、サム・ライミが制作に携わったリメイク版が制作されたが、日本では劇場公開されずビデオスルーさ...

ホラー映画を見慣れている人間の感想なので、苦手な人には怖すぎる映画かもしれませんが。。。。

amazonプライム・ビデオ

ポゼッション あらすじ(ネタバレ)

中年の女性が居間に立って、ヘブライ語で書かれた古い木箱を見て、ささやきながらポーランド語の「Zjem twoje serce」という言葉を口ずさみます。これは、「私はあなたの心を食べる」という意味です。戦間ポーランド)。女性はハンマーで箱を破壊する準備をしますが、彼女は手に負えないほど揺れ始めます。動くことができず、顔の左側が垂れ始め、目に見えない攻撃者に床に叩かれ、力が彼女を部屋の周りに激しく投げつけます。彼女の息子が到着し、床で怪我をして無意識になっている母親を見つけました。

バスケットボールのコーチ、クライド・ブレネック(ジェフリー・ディーン・モーガン)と彼の妻のステファニー・ブレネック(キーラ・セジウィック)は、離婚を終えて別々の道を進んでいます。彼らの娘–エミリー “エム”(ナターシャ・カリス)とハンナ(マディソン・ダヴェンポート))–週末にクライドが新しい家に落ち着くのを手伝っています。ガレージセールで、エムは中年の女性の居間から同じ箱を発見しました。箱を持っている間、エムは女性の家の窓をのぞき込み、彼女がベッドに横たわり、包帯に包まれ、看護師が付き添っているのを見る。女性は、エムが箱を持っているのを見て、エムを驚かせながら恐怖で叫びます。クライドは彼女のために箱を購入します、そして彼らは後でそれを開ける方法がないように思われることに気づきます。その夜、彼女は箱からささやき声が聞こえます。彼女は箱を開くことができ、彼女が歯、死んだ蛾、木製の置物、そして指輪を見つけます。エムは孤独になり、彼女の行動はますます邪魔になり、箱を所有するようにさえなります。学校では、クラスメートが箱を持っていくと、彼女は激しく攻撃し、その結果、クライド、校長のステファニー、そして彼女の教師と面会しました。エムの先生は、箱から離れて時間を過ごすことを勧めているので、それは教室に残されます。その夜、箱からの不思議な音に興味を持った先生は箱を開けようとしたが、悪意のある力が彼女を激しく窓から投げ出した。

エムはクライドに、エムは「特別」だと言う彼女の箱に住む目に見えない女性について話します。彼女の行動に驚いたクライドは、箱を処分しようとします。クライドでの次の週末に、エムは箱の消失に次第に腹を立て、クライドが彼女を虐待したと非難します。彼女は家から逃げ出し、箱を取り戻します。箱からの声は、彼女を所有しているように見える前に、ポーランド語で彼女と会話を始めます。クライドは箱を大学の教授に持って行き、彼はそれが1920年代にさかのぼるディブクの箱であると彼に話しました。それは悪魔のように強力な脱臼した精神であるディブクを含むために使用されました。クライドはエムの部屋に入り、暗くて目に見えない力がタナハを投げるまで詩篇91を読みます部屋の向こう側。その後、クライドはブルックリンのハシディズムのコミュニティに移動し、ラビのツァドク(マティスヤフ)から、所有には3つの主要な段階があることを学びます。第3段階では、ディブクは人間の宿主にラッチし、それと1つのエンティティになります。ディブクを倒す唯一の方法は、強制的な儀式によってそれを箱の中に閉じ込めることです。箱をさらに調べてみると、ツァドクはディブクの名前が「アビゾウ」または「子供たちのテイカー」であることを知りました。

エムは発作を起こし、MRIのために病院に運ばれます。手術中、ステファニーとハンナは、エムの心臓の横にあるMRIスキャンでディブクの顔を見るとぞっとします。クライドとツァドクは病院で家族に加わり、悪魔払いを行おうとします。その結果、クライドとディブクの間で闘争が起こります。クライドは攻撃を生き延びますが、ディブクはエムから彼に渡されます。ツァドクは悪魔払いを成功させます。アビゾウはクライドから現れ、箱の中に這って戻ります。家族は再会し、クライドとステファニーの愛が再燃しました。

ツァドクはクライドの車の箱を持って走り去ったが、車はトラックにぶつかって彼を殺した。箱は残骸から少し離れたところに無事着陸し、そこからアビゾウのささやき声が聞こえます。

ポゼッション スタッフ

監督:オーレ・ボールネダル
脚本:ジュリエット・スノードン,スタイルズ・ホワイト
製作:サム・ライミ,ロバート・タパート,J・R・ヤング
製作総指揮:スタン・ワートリーブ,ピーター・シュレッセル,ジョン・サッキ,ネイサン・カヘイン,ジョー・ドレイク,マイケル・パセオネック,ニコール・ブラウン,マティスヤフ
音楽:アントン・サンコー
撮影:ダン・ローストセン
編集:エリック・L・ビーソン
配給 :ライオンズゲート,ブロードメディア・スタジオ

ポゼッション キャスト

ジェフリー・ディーン・モーガン
キーラ・セジウィック
ナターシャ・カリス
マディソン・ダヴェンポート
マティスヤフ
グラント・ショー
ジェイ・ブレイジョー
ブレンダ・クリックロウ
ロブ・ラブレ
アンナ・ハゲン
クイン・ロード
キャメロン・スプレイグ
グレアム・ダフィー
アイリス・クイン
クリス・シールズ
ジョン・カッシーニ
エリン・シムズ
ジム・ソアバーン
アガム・ダッシー
シャーメイン・ヨー
ジャレット・ジョン
ネッド・ベラミー
ティモシー・ポール・ペリッツ
マリリン・ノーリー
アレックス・ブラハンスキー
チャールズ・シエゲル
グレッグ・ロジャース

ポゼッション 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

コメント